« やっぱり暗い、夜の公園 | トップページ | 雨でお散歩無しよりも »

2011年8月20日 (土)

背中ぽっこり☆

 トリミングの翌日(19日)の午前中、みんとさんの背中が直径1cm位円く赤くなっているのに気が付きました。被毛が短くカットされている為、肌が赤くなっているのが毛の間から見えたから気が付いたのですが、長い時なら気が付くのがもっと遅かったかもしれません。

なんで赤いのかねぇ?(・_・)

その時は、円く赤く、中心にぷち☆っと針を刺したような穴があるように見えただけだったのですが、午後になったらどんどん大きく腫れて来て、夕方遅くになったら触ると熱く感じるような熱を持った状態になってしまいました。腫れはりどみぃが定規で測ったところ、2.5cm位ありました。

翌日、しつけ教室の後、動物病院で診ていただきました。

患部は相変わらず熱を持っていましたが、マイクロチップリーダーによる検温では、みんとさんは平熱でした。食欲もあり、元気な上、みんとさん自身はちっとも背中を気にしていないことをお伝えしたところ、獣医師の先生が腫れている部分に注射針を刺して組織を調べて下さり、膿の成分である事が判りました。

原因ははっきりとはわかりません。何かに刺されたか、嚢胞の周囲が何かのきっかけで腫れたのかが考えられるそうです。抗生物質と消炎剤を朝晩の2回、1週間飲むことになりました。

みんとさんは、背中に類表皮嚢胞(るいひょうひのうほう)というのがあり、マイクロバブルのお風呂に入っていることでその存在は「どこにあったっけ?」とりどみぃにもわからなくなってしまっている位なのですが、そういうのの1つが何かのきっかけでその周囲を腫らせてしまったのかもしれませんし、19日に気が付いた時、赤くなっていて針の穴の様な傷があったということは、嚢胞は関係無くて、虫か何かに刺されたのかもしれません。そう言えば、夜の保土ヶ谷公園でぐりぐり☆と背中を臭いつけのように地面にこすりつけ、「やめなさーい!」と言ってやめさせたような気もします。

あの時に何かに刺されたか?(・_・)

先生が腫れの大きさを計って下さったところ、2.5×2.5cmで、高さは1cmとのことでした。これだけ腫れると、腫れによって地肌が伸びてしまうような状態となり、被毛が立ったり勝手に分け目の様な状態となり、なんだか背中につむじがあるみたいです。

ぽっこり☆と腫れた事で、背中につむじが出来てしまったみんとさん、早く薬が効くように祈っています。

|

« やっぱり暗い、夜の公園 | トップページ | 雨でお散歩無しよりも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/41295238

この記事へのトラックバック一覧です: 背中ぽっこり☆:

« やっぱり暗い、夜の公園 | トップページ | 雨でお散歩無しよりも »