« 釜利谷市民の森に行ったけど | トップページ | 夕方から海の近くへ »

2011年7月10日 (日)

日曜日のレッスン

 「どの時間のクラスに来ても良いけれど、いろんなクラスに参加した方が良いよ」という意味の先生のおすすめ(?)があったので、いつもは土曜日に受けているレッスンを、日曜日のクラスで受けてみることにしました。

みんとさんとしては、普段会うことのないわんこ達や飼い主さん達とお勉強することになり、嬉しくなってしまったのか、怪しい微笑み・・・

犬も同じ犬同士が何度も顔を合わせているとお互いの距離感がつかめるようになりますが、馴染みの無いわんこ同士だと腹の探り合いのようになるのか、ちょっと難しい面もあります。

念入りにみんとさんの匂いを近距離で嗅ぎ過ぎた小さなプードルさんを、みんとさんが「近いっ!しつこいっ!!(`△´)」とわんわん鳴いて追いかけ、退けるという事がありました。

なんという・・・!(・△・;)

日頃、公園等で遠慮を知らぬパピーさんとのご挨拶などでは、みんとさんとしては3回ルールを適用。3回までは匂いを嗅ぎに来ても良いけど、それ以上は「しつこい!」とわんわん鳴いて不快感を表し、退けます。犬の世界では、大人の犬からパピーへの礼儀指導の意味があるようですが、自分ちの犬がよその犬に(たとえ相手の犬にも問題があると思われる場合でも)わんわん鳴くのは許したくありません。りどみぃは、みんとさんを直ちに叱って止めるようにしています。

が・・・今回は、室内トレーニングルームという事と先生の指示でノーリード状態にしていたからではありますが、プードルさんを追い払うという行動に出たのでびっくりしました。

そんなに許せないと・・・?( ̄△ ̄;)

りどみぃが「みん!」と制止したので、みんとさんはりどみぃの方へ戻って来ましたが、追われたプードルさんは、見学していた飼い主のパパの足元に逃げ込んでいました。

が、すぐに立ち直って生き生きとレッスンに参加していたので、みんとさんのせいで心に傷を負ったりはしなかった模様。

よかった。(・_・;)

 他のクラスのレッスンに参加させてもらってのお勉強は、これで3クラス別々の時間帯や曜日で受けたことになりますが、りどみぃにも、それぞれのクラスによって、雰囲気やレベルがかなり違う事が解ってきました。

この日のクラスの課題は、”待て”や脚側での”ふせ”。みんとさんも、先生の指示で遠隔による”立て”や立ったままでの”待て”、”ふせ”の状態での何分もの”待て”をしましたが、それなりに出来ていました。

先生は「いろいろな経験をした方が良いんだよ」とおっしゃるのですが、この日のレッスンでは待たせたら鳴くというのを克服する為の練習になっているという実感が最後まで得られず、精神的に凹みました。

鳴くのを直したくて一度は折れちゃった気持ちをなんとか立て直して通っているので、もし「日頃自分で練習するしかない」というのであれば、しばらくレッスンを休む方が精神的には良さそうだと思ったりしました。

でも、日頃練習って、ずっと何年もやって来たのです。それでも根本的には直らなかったので、これまでと違う努力をしてみなくてはなりません。

もう諦めるという選択肢もあるけど・・・(・_・、)

そこで、レッスンの主催者である獣医師の先生と相談して、次回はみんとさんのメッシュクレートを持参し、レッスン後に”クレートトレーニング”をさせて貰うことにしました。これは、みんとさんが自分だけの時間を過ごせるようになって欲しいので、敢えてクレートの中で過ごさせるというお勉強。

試しに、トレーニングルームにメッシュクレートに入ったみんとさんを置き、じじくんとりどみぃは外に出てみるつもりです。

そんな風に、待てない事を克服する為の努力をすることで、凹んだ気持ちが前向きに保てそうな気がします。

そして、少しは良い方向に向かっていると実感を得られるまでは、いろいろなクラスでレッスンを受けるだけの精神力は、現状のりどみぃにはまだ無いのだと解ったので、また土曜日の入門クラスに戻ろうと思います。

先生、根性無しで、すみません・・・(_ _;)

|

« 釜利谷市民の森に行ったけど | トップページ | 夕方から海の近くへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/40759613

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日のレッスン:

« 釜利谷市民の森に行ったけど | トップページ | 夕方から海の近くへ »