« 笑って待てます | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト14 セッティング »

2011年7月30日 (土)

”おいで”と“持って来い“

 この日、みんとさんは難しい事を教わりました。それは、”おいで”と“持って来い“とは違うという事です。

例えばこんな風に目の前にねずみのぬいぐるみが投げられて、りどみぃが「“持って来い“」と言ったら、みんとさんはねずみをくわえてりどみぃの元へ持って来なくてはいけません。

しかし、もし、りどみぃが「”おいで”」と言ったのならば、ねずみには一切触らず、みんとさん自身だけがりどみぃの元に行かなくてはなりません。

りどみぃの言葉を聞いて、持って行くべきなのか、そのまま置いて行くべきなのかを、みんとさんが判断しなくてはならないわけです。

ところが、みんとさんは、りどみぃが「”おいで”」と言っても、独自の判断でねずみをばくっ☆っとくわえてから来てしまいます。

みんとさんとりどみぃは、公園で良くボールやフリスビーを投げての“持って来い“をして遊びますが、今まで一度だってりどみぃが物を投げておいて「“持って来い”」以外の言葉をかけた事はありません。どちらかと言うと、りどみぃが投げた物は必ず持って来るようにさせていました。だって途中で他のわんこの匂いの痕跡に気を取られて、その場にボールを放り出したりされると困っちゃいますから。

だから、みんとさんが「自分のおもちゃやボールが見える所にあれば、それはりどみぃに持って行くべき」と考えていたとしても当然なのです。

しかし、みんとさんには、持って行く事ばかりではないということも覚えて貰わなければなりません。

大切なのは、りどみぃが“持って来い“と指示したのか、”おいで”と指示したのか・・・みんとさんが、きちんと聞き分けて、その指示通りのことを行うことが必要なのです。

どんなにねずみをばくっ☆っとやりたくても・・・!(・◇・;)

でも、みんとさんは、ねずみを持って来たくてたまらないので、「”おいで”」と言われても、後ろ髪を引かれるようにやって来ます。

難しいね、みんとさん!

|

« 笑って待てます | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト14 セッティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/41069425

この記事へのトラックバック一覧です: ”おいで”と“持って来い“:

« 笑って待てます | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト14 セッティング »