« 替え保冷剤を持って行けば | トップページ | 振り向けど動かず »

2011年7月 5日 (火)

替えの保冷剤入れを作ろう

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんがお散歩の時に着けて行く“保冷剤入れ付きバンダナ”*1に入れる保冷剤の替えを帰り道用に持って行くことにする為、保冷剤を入れておくポーチを作る事にしました。

*1 保冷剤入れ付きバンダナ 型紙変更編 制作編 

これが完成した物です。

銀色の部分は、100円ショップで買った流し台の下に敷くシートの残りで、縁取りは涼しげなイメージでブルー系のプリント布をバイアスに裁ってくるんであります。

型紙を作り

みんとさんがバンダナの内側ポケットに入れて使っている保冷剤は、りどみぃがケーキを買った時に入れて貰った物なので、完成した保冷剤入れの大きさは横12×縦8cmにしてみることに。

そこでこんな寸法の型紙を作ってみました。

替え保冷剤入れは、銀色の台所の下に敷くシートの残り(以下、保冷シート)シートが一重よりも二重の方が保冷力が高かろう・・・ということで、外表に二つ折りにしたシートの上に型紙を置いて印付け。鉛筆等では書けなかったので、赤いボールペンを使ってみました。

保冷シートを二つ折りにした時、”わ”になった方を保冷剤の出し入れをするポケット状の部分するので、必要な保冷シートの長さは縫い代1cmの分を合わせて46(23の2倍の長さなので)×14cm程度です。

バイアステープは、プリント布を3.5cm幅の布目に対して45℃のバイアスに裁って用意しました。

保冷シートの“わ”の部分を8cmのところで上に折り、縫い代部分をミシンで縫ってポケット状にしてからバイアス布をつけました。下の写真では、保冷剤を出し入れする部分が解りやすいように、白い紙を入れてあります。

バイアス布の端0.7cmの部分を保冷シートの仕上がり線に合わせて縫い付け、縫い代は0.7にcm裁ち揃えます。布用ハサミを使うと切れ味が悪くなると思いますので、キッチンバサミやクラフト用のハサミで切るとよろしいかと。

縁全体をバイアス布でくるんで、縫い代部分(バイアス布の上のみ)に待ち針を打って、バイアスの上から端ミシンで縫いつけました。

仕上げに、粘着剤付のフリーマジックというマジックテープを貼ってみました。

マジックテープ フリーマジック クラレ 25mmX150mm紺 [2531600] マジックテープ フリーマジック クラレ 25mmX150mm紺 [2531600]

販売元:DIYツールストア 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

これは、1本のテープにフックとループの機能を備えてあるそうなので、ふたの方にフックをつけて本体にループをつけるべきかどうか等迷わなくても良いのでした。気が楽です。

こういうシートに貼るのは初めてなので、はがれちゃうかな?と心配でしたが、かなりしっかり付いて、毎日使って何度も開けたり閉めたりしてもはがれて来る様子は見られません。

機能的には、二重にしてあるのが良いのか、かなりの保冷力を感じます。

これに冷凍庫から出した直後の保冷剤を入れ、このポーチごとお散歩バッグに忍ばせて出かけるのですが、1時間後に保冷剤を入れ替える時にはがちがち☆のままです。

1時間半以上過ぎると保冷剤の回りから半分程度の面積がやわらかくなりかけていますが、真ん中は硬いままだし十分冷たいので、日々の使用には問題ありません。

たくさん公園で走った後も、保冷剤を交換してやることでみんとさんの体温を速やかに下げることが出来ます。

帰り道を歩くみんとさんは替えたばかりの保冷剤の力で涼しげなので、作って良かったとしみじみ思うのでした。

惜しむらくは、土曜日のしつけ教室の時等、外に長い時間出かける時には保冷剤を2個持って出ることがあり、がちがち☆の保冷剤を2個入れるにはマチ部分が無い為に少し窮屈な大きさに感じます。

保冷剤を2個以上入れるには、完成後に10×12cmの大きさになるよう、深さをあと2cmばかり深くしておいた方が良いようです。

|

« 替え保冷剤を持って行けば | トップページ | 振り向けど動かず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/40682623

この記事へのトラックバック一覧です: 替えの保冷剤入れを作ろう:

« 替え保冷剤を持って行けば | トップページ | 振り向けど動かず »