« 心のへこみは耳に出る? | トップページ | 期待と不安で見極める »

2011年7月24日 (日)

黄昏の保土ヶ谷公園

 日中は暑いので、涼しくなってからお散歩に。じじくんが運転して、久しぶりに保土ヶ谷公園に行きました。この公園には屋外プールがあり、2年に渡って改修工事が行われていましたが、この夏から利用できるようになったようです。

しかしすでに到着したのが夕方ということもあり、駐車場は空いてました。

みんとさん、駐車場横の多目的広場を囲む緑地でロングリードにしてやったら、草の感触が嬉しいのか、ひとりではしゃいで走りまわっています。

楽しくて楽しくて、走らずにはいられないという感じ。ぐるぐる走り回っている内に、こんな風に木にリードが一巻きしてしまいましたが、りどみぃが「”ラウンド”!」と言えば自分で絡んでいる方向と逆に回って解いてくれるようになったので、かなり楽になりました。前は、みんとさんがその仕組みが理解できていなくて、「回ればいい」と思っていた為、2重巻き3重巻きになるという逆効果だった”ラウンド”ですが、最近は理解したようなのです。

公園の匂いチェックもそれなりに済ませたみんとさんリクエストで、“持って来い“をして遊びます。この日は、ただ投げるだけの遊びの他に、みんとさんをスタート地点に待たせて、りどみぃだけが10~20m位離れた場所に行き、掌に隠した茶色のねずみのぬいぐるみをそっと置いて来て、それをみんとさんが探すという遊びもしました。

スタート地点
(みんとさん)

A  B  C

このようにABCの場所をそれぞれ3~5m間隔で適当に決め、どこかにねずみのぬいぐるみを置いて来るのですが、最初はAとBだけの2ヶ所から始め、スタート地点からの距離も10m程度。みんとさんにも、りどみぃが置きに行く姿を見せておきました。

それでも、りどみぃが、みんとさんに背を向けたまま、Aでしゃがみ、立ち上がってBに移動してしゃがみと同じ動作をするようにして、どちらでねずみのぬいぐるみを置いたのかはみんとさんには見えないようにするので、「”探して“」と指示して行かせると、一所懸命探していました。見つかると尻尾がぱたぱたぱた☆っと速く振るのが、「見つけた!」という嬉しい気持ちを表しているようで、とても可愛らしいです。

最初の簡単な設定(=置く姿を見せる&距離が近い)でコツをつかんだ後は、みんとさんをスタート地点でA~Cにお尻を向けた形で”ふせ”や”おすわり”をさせて、りどみぃがどの辺りでしゃがんだのかを見せないようにしたり、距離を20m程離したりして難易度を上げます。

みんとさん、ちょっぴりズルする心で、体はちゃんと”ふせ”のままでも、首だけくるり☆と後に向けて、りどみぃがどこに置くのかをカンニングしようとするので気が抜けません。みんとさんが見ていたとしても見えないように、りどみぃの体の前側に両手を隠して、音もしないようにそっと置きます。

難易度を上げれば探すのは難しくなりますが、それだけに見つけた時の喜びも大きいようで、みんとさんはとても嬉しそうです。

こうして頭を使って持って来る遊びをした後は、公園内にあるザイム・カフェでひと休み。みんとさんには、わんこのクッキーを買ってあげました。

前日のしつけ教室のレッスンやその後のクレートで待つ練習でも良い状態だったみんとさんなので、この日もじじくんとりどみぃの足元で、おりこうさんにしていました。

こんなに穏やかな日々が続くと、犬を飼うって根性がいると思わなくなれそう・・・楽だわぁ~

|

« 心のへこみは耳に出る? | トップページ | 期待と不安で見極める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/40945434

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏の保土ヶ谷公園:

« 心のへこみは耳に出る? | トップページ | 期待と不安で見極める »