« みんとの扇風機 | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト7 出来上がったブロック »

2011年6月 6日 (月)

胸やけ?それとも大腸炎?

 遠足という遠出の上に暑さにさらされた1日を過ごした後、帰宅してからと翌日は良く寝ていたみんとさんですが、その程度では疲労は回復していなかったのかもしれません。

そんな時、5日にじじくんと買い物に出なくてはならなくて、みんとさんにはお留守番をしてもらいました。留守番中の喜びに・・・と、ポークリブボーン(犬用の骨のおやつ)を1本渡して行ったのですが、帰宅した時にはほとんどの部分が食べられていました。

6日の早朝、夜が明けたので、みんとさんをベッドサイドのクレートから出してりどみぃのベッドに上げてやりましたが、みんとさん、ちょっといつもと様子が違っていました。

いつもなら、りどみぃと枕を並べるようにしてすぐに丸くなって寝ようとするのに、この日は出入り口のドアの方を見てベッドの上で立っているのです。こういう時は、トイレに行きたいからベッドから下りたいとか、気持ち悪くて吐きそうなので部屋の隅っこに行って吐きたいとかなので、「昨日やった骨が消化不良起こしたかな?」と思いつつベッドから下ろしてやるべきかどうか考えていたら、みんとさんのお腹がぎゅるぎゅる鳴りました。

む・・・大腸炎ですかい?(・△・;)

疲れが残っていて胃腸の消化機能が落ちている所に、骨は厳しかったのかもしれません。また、この日の朝は格別に冷え込んだので、暑くなったり寒くなったりにみんとさんの身体がついて行けなかったのかも。

「お水でも飲んだら良くなるかな?」と思ってりどみぃも起きてリビングに連れて行ったら、「遊びましょう」と誘う時の様なお尻を高く上げて前足をぐーっと前に突き出すポーズを何度もやっていました。みんとさん、胸焼けした時なんかにすっきりしたい時にやるようなので、やっぱり胃腸の調子がよろしくないらしい・・・

その後は、上の写真のように硬直したかのように動きを停めて立っていました。顔は真面目で、りどみぃからは自分の吐き気と戦っているようにも見えました。

結局、1度も吐く事はありませんでしたが、みんとさんは自分のお腹がぎゅるぎゅる鳴る度に気になるようにお腹を見ていました。

こんな時は1食や2食抜いてお腹を休めるという対策もありますが(前にみんとさんが大腸炎になった時に獣医師の先生に教わった)、数時間後、少しお腹の音が小さくなり、じじくんの朝ごはんに興味を示す等食欲もあるようなので、ご飯をやわらかく煮て、細かくした鶏のササミを煮た物と混ぜた消化の良いごはんにしたら、喜んで食べた上、お昼までにはお腹も治ったようでした。

やれやれ、やっぱりお腹が不調だったのねん。(^▽^;)

過労と季節の変わり目に気をつけなくては!と気を引き締めたことでございました。

|

« みんとの扇風機 | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト7 出来上がったブロック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/40311140

この記事へのトラックバック一覧です: 胸やけ?それとも大腸炎?:

« みんとの扇風機 | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト7 出来上がったブロック »