« ブレーキ!ブレーキ! | トップページ | 3代目、よろしく! »

2011年6月22日 (水)

ごほうび入れを作ろう!2 完成

 じじくんのお下がりのジーンズの生地を使った”ごほうび入れ“制作、表側の本体と両サイドの準備は出来ましたが、内側は内側で同様に縫わなくてはなりません。

内側は、お肉タイプのごほうびをそのまま入れたりすると汚れやすいので、ナイロンの生地を使いました。みんとさんのロングリードを入れる巾着を作るのに買った生地の残りです。

表側と同じ型紙を使って、縫い代1cmつけて両サイド分裁ち、本体部分になる幅9cm×27程度(=AからBまでの10+2.35+0.5+2.35+12=27.2cmだから)に縫い代1cmをつけたものを用意し、中表に縫いました。

カーブと縫い合わせる部分の本体側に、1cm間隔で切り込みを入れておくと縫い易かったです。縫い合わせた後で、縫い代を0.5cm程度に切り揃えると縫い代がごろごろしません。

また、本体の後側になる部分には、ベルト通しを縫いつけてから側面と縫い合わせた方が良いのですが、りどみぃはうっかり忘れてサイドを片側縫い付けてしまってからベルト通しを縫い付けたので、ちょっとやり難かったです。

作業がこの辺になる頃には、自分で作ろうと思ったことを後悔していました。ミシンをフリーアーム仕様にしても、小さなチョークバッグを縫うのは細かい作業でやり難くて、「買った方が安い!(T▽T)」とか考えましたが、途中でやめるわけにもいかず、なんとか自分をだましだまし進めていました。

表側と内側が両方とも立体になったら、表側に内側をすっぽりかぶせるようにして口部分を整えます。

ここに口布とワイヤー*1を合わせ、100円ショップで買ったバッグの持ち手用テープで縁を挟むようにして、ぐるっと1周ミシンで縫います。この時、テープのスタート&ゴールは、ベルト通しをつけた側になるようにすると、継ぎ目が目立たずにきれいに仕上がります。

*1 チョークバッグの口がいつもきれいに輪になっているのは、ワイヤーが入っていたからだったのです。3代目のチョークバッグをほどいて使えるパーツを調べていたところ、ワイヤーが入っていた驚いたのでした。

また、今回使った持ち手用テープは、オレンジ白赤のストライプ柄だったので、2つ折りにすると表がオレンジでその裏に当たる部分が赤になります。そこで縫い目が目立たぬように、ミシンの上糸をオレンジに、下糸を赤にしました。

口布の引き絞り用の紐はゴムで、締め具合を都合するパーツを通してあります。

思惑通りに両サイドにメッシュポケットがついた、使いやすそうな物が出来たのでほっとしました。

今使っているチョークバッグがもうすぐヘタりそうなので、その次はこの自作のごほうび入れを使おうと思います。

おしまい

|

« ブレーキ!ブレーキ! | トップページ | 3代目、よろしく! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/40562227

この記事へのトラックバック一覧です: ごほうび入れを作ろう!2 完成:

« ブレーキ!ブレーキ! | トップページ | 3代目、よろしく! »