« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

タイサンボク見えた?

 今日も空模様が怪しいなぁ・・・と思ってみんとさんと出かけた里山の公園で空を見上げたら、手前にあるタイサンボクの木が目に入りました。ところどころ、白い部分が見えて、どうやら花の季節を迎えているようです。

りどみぃは、タイサンボクの花を見る度、その花の大きさと花弁の白さに感じ入ってしまいます。1つの花だけでも豪華なのに、高い木のあちこちに惜しみなく花が咲くので、なんだか嬉しくなってしまうのです。

しかし、高い所に咲くので、みんとさんには見えません。

下の方の枝に咲いている花が無いかな・・・と探したら、まだつぼみのがありました。一番下の枝でもりどみぃの頭の上にあるので、腕を伸ばしてぱちり☆

明日晴れたら開くのかしら?

タイサンボクが大きく開いているところもちょっと見たいりどみぃですが、みんとさんには、ずっと上の方にあるタイサンボクの花よりも、公園のサツマイモ畑の縁どりに種蒔かれたひまわりの成長の方が気になるらしいのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

お留守番の後だから

 結構順調に進んでいたシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんのきゅん☆とも鳴かないで待つ練習ですが、法事等でお留守番をさせた為、りどみぃの後を一時も離れないわんこに戻ってしまいました。

そこで、りどみぃもつい疲れが残っている間はサボりがちでしたが、公園での距離を長く取る“ぐるぐる歩く”練習を再開しました。

最近では、待つ練習が何回目かを数えることも忘れてしまいました。心が折れちゃった後に「とりあえず100回やってみよう」となんとか前向きになれるように思いつきましたが、1回1回を必死にこなしていた当時に比べると、気にならなくなって来たのかも。

みんとさんが鳴くこともありません。しかし、りどみぃが遊歩道の端っこにある大木の向こうを回って来る時、木の幹の陰に身を潜めると不安になるようで、おすわりしてても立ち上がって良く見ようとしたり、ロングリードなのを良い事にちょっとだけ後を追って探しに行こうとしたりします。りどみぃが、再び歩き出して姿が見え始めると安心するようですが、みんとさんの「心配になって探しに行きたくなっちゃう」心を鍛えるには、この練習は効果があるようです。

心配になる距離までりどみぃが離れても、またこちらへ戻って来るということで、動きたい気持ちがぎりぎり我慢出来るらしい・・・きちんと最初にりどみぃが命じた場所から動いていません。

置いて行ったロングリードは少しも状態が変わっていないので、みんとさんが1度立ち上がって歩いてからまた座ったのではなく、1回も動かなかったのがわかります。

すごいじゃない・・・(・◇・;)

お留守番させたせいで不安になって家中りどみぃについて回るようになってしまったみんとさんでも、こういう練習ではちゃんと我慢出来て嬉しかったのでした。

待つ練習を終える時にみんとさんの側に戻っても、嬉しさから大興奮で跳びつこうとしたりする行動は一切見られなくなりました。みんとさんの顔も「必死で待ってました」という悲壮感の様な物が見られなくなり、単にりどみぃが戻って来たのでお散歩の続きが出来ることの喜びのみが見られるように。

でも、レッスンの時にはまだ鳴くのよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

滝ノ川あじさいロードふたたび

 花の時期には少し遅くなってしまいましたが、今年も滝ノ川あじさいロードを訪れることが出来ました。

実際に行ったのは、25日のレッスン後です。

昨年、とてもきれいだったので是非また見たかったのですが、今年は何かと用事があって時間が作れず、ほとんど諦めていました。最近、とても暑い日が続き、みんとさんを伴うには厳しいと思っていましたが、この日は空が曇って来て凌ぎやすい気温になり、行ってみることになったのでした。

前回は、とても近い場所にあるコインパーキングに駐車出来たのですが、生憎と今回は満車で、以前はあった別のコインパーキングも廃止されていた為、三ツ沢公園の第3駐車場(有料。2時間300円 以降20分:50円)に駐車するつもりで向かったところ、戦没者慰霊塔の前のスペース(普段は慰霊に訪れる方の為の駐車スペースなのか?)が臨時駐車場(1日1回500円前払い)に吸い込まれるように入れてしまいました。

この臨時駐車場は、ニッパツ三ツ沢球技場で試合がある日等に運営されるらしいです。わしらがあじさいロードへ向かっていたら、地下鉄駅から歩いて来たらしき男性に、「ニッパツ球技場ってどこですか?ラグビーの試合とかをするところで・・・」と道を聞かれたので、この日はラグビーの試合が開催されていたのかもしれません。

三ツ沢公園の臨時駐車場は坂の上にあるので、あじさいロードに向かう時は下り坂のみだったので楽々でしたが、観賞後に車に戻る時には上り坂がどこまでも続く様相で、途中で一息入れたくなりました。

みんとさんは、バンダナに入れる替えの保冷剤を持って行ったので、レッスン後に交換してやったのと、曇り空となってどんどん涼しくなって行くのとで、暑さに辛そうな様子も無く楽しそうでした。

今年も、遊歩道途中にある野菜の即売所に寄り、あれやこれやと買いました。バジル、キャベツ、ニンジン、インゲンどれも100円。

帰宅後に早速バジルを使ってパスタを作って食べましたが、香りが良くてとても美味しかったです。

あじさいの花の盛りは逃してしまいましたが、手ぶらでは帰って来ないわしらなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

エイトポイント・スターのベビーキルト9 ピンクの分量

 ボーダー&ラティスにはピンクのギンガムチェックの生地を使うつもりなので、全体としての印象を見る為に作業台の上に大きく広げ、今現在出来上がっている14ブロック分のピンクの生地を使ったエイトポイント・スターを並べてみました。

全体としてのピンクの量と所々に配置するつもりの黄色や青の生地とのバランスを見る為なので、並べ方はまったくの適当です。

どうでしょうか?

全体的に可愛い雰囲気のベビーキルトが出来そうな予感で一安心しましたが、りどみぃの抱いていたイメージとしては、黄色系が多過ぎるように感じました。特にオレンジ色の花の布の印象が強過ぎて、ピンクの布より目立ってしまっているように見えました。

大好きな生地なのですが、今回は使わないことにしました。イメージはあくまでもピンク系なのです。

手持ちのピンク系の生地の中から、他のブロックとも合う生地をチョイス。置いてみたら良い感じでした。

だいぶ黄色が多めに見えたイメージが薄らいだように思います。

これで25ブロック分のスター部分に使う生地が全て決定となり、残り11ブロック分の印付け&裁断という作業を一気に進めることにいたしましょう~

可愛いの作るわよぉ~\(^^@)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

頑固な先読みわんこ

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、りどみぃのことを見張っています。

りどみぃが椅子から立ち上がったり、テレビのスイッチを切ったり、着替えを始めたりというきっかけでチェックが厳しくなり、りどみぃが出かけるのか出かけないのか、自分は一緒に行けるのか留守番なのかを判断しようとします。

26日に親戚の法事があった時も、みんとさんはお留守番と決まっていたので、りどみぃは喪服や黒のストッキングを用意した後、みんとさんのお留守番中の時間つぶしのおやつの骨ガムを出そうと開封済みのごほうびが入れてあるミニトートバッグの方を向いた瞬間、足元に居たみんとさんが視界から消えました。

あ、あれっ?(・_・ ) ( ・_・)

その姿は、みんとさんの居場所であるマットの上にも無くて、物音もしなかったので本当に忽然と消えた感じでした。

と・・・部屋の隅にしつらえてあるペットサークルの中のバリケンネルのクレートの中から、ちょっとだけみんとさんの黒いお鼻が出ているを発見。

そうです、りどみぃが留守番中のごほうびを用意し始めたと見てとるや、「これは留守番だな」と判断し、「ハウス」と言われる前に、さっさと自分で入って「さぁ、ごほうび下さい」体制になっていたのです。

このような場合、サークルの扉を閉めて、みんとさんにごほうびを渡せばすぐに出かけることが出来ます。しかし、それではりどみぃがみんとさんの意のままになったことになるので、例え結果がお留守番という同じ事であっても、先読みを受け入れることは出来ません。

面倒でも、みんとさんには一度クレート(&サークル)内から出て来て貰って、あくまでもりどみぃの「”ハウス”」という指示で入って貰わなくてはならないのです。

ところが、りどみぃがみんとさんに「おいで」と言っても頑としてクレートから出て来ようとしません。みんとさんはみんとさんで、「おいでって言われて出て行っても、どうせまた”ハウス”って言うんでしょ?どうせお留守番なんでしょ?で、ここでお留守番用のおやつを貰えるんでしょ?」と先読みなりに呼ばれたからと1度出るのが面倒らしくて、来ないのです。

留守番用のおやつとは別のおやつ入れから出した小さなチーズを見せて「みんと、おいで!」と重ねて呼んでいたらやっと出て来てりどみぃの正面に座りましたが、そこでチーズを与えたら、またりどみぃが何も言わない内に踵を返し、サークル内へと戻ってしまいました。

きいぃぃっ、出かけなきゃならないのにぃ~!( ̄□ ̄;)

みんとさんが、りどみぃの指示でハウスに入るという流れを全うする為に、こんなに手間と時間がかかり、忍耐力が試されることになろうとは!

結局、またまたりどみぃが「みんと、おいで!」と足元に来るように呼び寄せ、やっとのこと「”ハウス”」と指示をすることに成功したのでした。

先読み能力に長けているみんとさん相手だと、すんなり出かけることも難しい・・・すっかり身支度が出来ていても、こんな理由で出かけられなかった忙しい朝のことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

お勉強の場所

 この日のレッスンでは、“行進“の練習をしました。今回も入門クラスにお邪魔させて貰っています。

コの字型に犬と一緒に歩くコースを往復するのですが、右に曲がる右回り(往路)と左に曲がる左回り(復路)をみんとさんはノーリードで行わなくてはなりませんでした。

スタート位置からまっすぐ歩いている間は良いのですが、最初のコーンで右に曲がる時、コーンの左側にじじくんが見学者として居るので、みんとさんはついついそちらへふら~っと行こうとしてしまいます。「あ、じじくん!みんとねぇ、今りどみぃと歩いてんだよ♪」とでも報告したいのかしらん。

りどみぃがふら~っと行きそうなみんとさんに「みんと」と声をかけるとはっと気がついて「あ、行かなきゃ」と思うのか、ちゃんと遅れまいとついて来るのですが、毎回毎回同じことが起こるので、アタクシ気疲れしました。

みんとさん、じじくんが好きなのは解るけど、お勉強中だからね!(・△・;)

それでも、この室内ジムでお勉強し始めた頃に比べると、ここが遊ぶ場所ではなくてお勉強する場所だということが解って来たようです。レッスン中に大好きな獣医師の先生が近くを通っても、りどみぃがみんとさんが勝手に行かないように「みんと!」と名前を呼んで注意を促すだけで、行こうとするのを思いとどまったり、すぐにりどみぃの元へ戻って来るようになりました。以前は、みんとさんが気が済むまでお愛想を振りまいてからでないと戻って来なかったので、りどみぃの意向に従うようになったと言えましょう。

しかし、この日は行進や遠隔の練習はしましたが、待つ練習はしませんでした。待たせると鳴くのをなおしたくて通っているので、練習出来ないのは気になるところです。

とは言え大好きなじじくんが真横に居ても、ちゃんとりどみぃを見ているみんとさんのこんな写真を見ると、成長を感じられて嬉しいのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

涼感1番乗り

 今年、節電しなきゃならなくなる前から、ひんやり感のある敷きパットを買おうと思っていました。去年の夏は寝苦しくて、少しでも眠れそうな場所を求めて部屋から部屋へと夜中に移動していたりしたもので・・・

あんなに寝苦しいと昼間も寝不足で目が回っちゃう!(@ @)

そこで、まだ梅雨時で肌寒いような日がある6月でも、通信販売のカタログに出ていた何種類かを見比べて、ある涼感敷きパットを選んで注文してみました。

数ある製品の中からりどみぃが求めていたのは、生地がひんやりとした涼感を持ち、吸湿した汗などは早く発散させてくれる等で使用感がさっぱりとした物。また、家で気軽に洗濯出来るのも大事なポイントでした。

それらを全て満たしたのは、”ペアクール(R)SP*1素材使用涼感敷きパット”なる物。2,880円(税込)でございました。

*1 

ペアクールというのは、旭化成せんいの開発した繊維で、ベンベルグ(接触冷感性に優れている)と極細・超マルチのポリエステルを特殊複合した、高いクーリング性能を持つ繊維のブランド名です。
ベンベルグは、同社のコットンから作る再生セルロース繊維のブランド名で、りどみぃは、服の裏地などに使われていることもある光沢のある薄手のひんやりした生地として見たことがあります。

その敷きパットが届いたこの日はかなり暑い晴れた日だったので、りどみぃはいそいそと梱包を解き、

今日から涼しく眠れるぞ~\(^^@)/

と喜びつつ、一緒に買った涼感枕カバーの包装を取り除いておりました。

と・・・みんとさんがちゃっかり☆と涼感マットにのってリラックスしているじゃありませんか!

みんとさん的には、「寝心地の良さそうな物が来たぞ」とりどみぃが包装から出して床の上に置いた涼感マットを見とがめ、早速お試しになったらしい・・・そして、上に乗ってみたらひんやり☆と快適なので、即その上でお昼寝することに決め、リラックスした・・・と。なんという早業。

返してよぉぉぉぉぉ~(T▽T)

新品の涼感マットを、なんと1番にみんとさんに使われてしまったショックも冷めやらぬ内「どいて」と言ったら、「はーい」とばかりに結構素直にどいてくれました。涼感マットはみんとさんのお腹の熱を吸収して温まっていましたが、すぐにひんやり感を取り戻し、期せずしてその優れた性能を証明してくれたのでした。買って良かった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

3代目、よろしく!

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんがお世話になっていたトリマーさんが、7月いっぱいで退職なさることになりました。

2011年になってからのトリミング数回で、既に次に引き継いで下さるトリマーさん(3代目)にみんとさんの切り方が伝授されているので安心です。

2代目、お世話になりました~m(__)m

今回は、最初から最後までその3代目が切って下さったとのこと、とってもきれいに出来ています。

前回、脇腹に直線的に入っていた長めの毛によるラインも、今回は「ハムのように円い胴体」という注文通りにすっきり☆

「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」のみんとさんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

ごほうび入れを作ろう!2 完成

 じじくんのお下がりのジーンズの生地を使った”ごほうび入れ“制作、表側の本体と両サイドの準備は出来ましたが、内側は内側で同様に縫わなくてはなりません。

内側は、お肉タイプのごほうびをそのまま入れたりすると汚れやすいので、ナイロンの生地を使いました。みんとさんのロングリードを入れる巾着を作るのに買った生地の残りです。

表側と同じ型紙を使って、縫い代1cmつけて両サイド分裁ち、本体部分になる幅9cm×27程度(=AからBまでの10+2.35+0.5+2.35+12=27.2cmだから)に縫い代1cmをつけたものを用意し、中表に縫いました。

カーブと縫い合わせる部分の本体側に、1cm間隔で切り込みを入れておくと縫い易かったです。縫い合わせた後で、縫い代を0.5cm程度に切り揃えると縫い代がごろごろしません。

また、本体の後側になる部分には、ベルト通しを縫いつけてから側面と縫い合わせた方が良いのですが、りどみぃはうっかり忘れてサイドを片側縫い付けてしまってからベルト通しを縫い付けたので、ちょっとやり難かったです。

作業がこの辺になる頃には、自分で作ろうと思ったことを後悔していました。ミシンをフリーアーム仕様にしても、小さなチョークバッグを縫うのは細かい作業でやり難くて、「買った方が安い!(T▽T)」とか考えましたが、途中でやめるわけにもいかず、なんとか自分をだましだまし進めていました。

表側と内側が両方とも立体になったら、表側に内側をすっぽりかぶせるようにして口部分を整えます。

ここに口布とワイヤー*1を合わせ、100円ショップで買ったバッグの持ち手用テープで縁を挟むようにして、ぐるっと1周ミシンで縫います。この時、テープのスタート&ゴールは、ベルト通しをつけた側になるようにすると、継ぎ目が目立たずにきれいに仕上がります。

*1 チョークバッグの口がいつもきれいに輪になっているのは、ワイヤーが入っていたからだったのです。3代目のチョークバッグをほどいて使えるパーツを調べていたところ、ワイヤーが入っていた驚いたのでした。

また、今回使った持ち手用テープは、オレンジ白赤のストライプ柄だったので、2つ折りにすると表がオレンジでその裏に当たる部分が赤になります。そこで縫い目が目立たぬように、ミシンの上糸をオレンジに、下糸を赤にしました。

口布の引き絞り用の紐はゴムで、締め具合を都合するパーツを通してあります。

思惑通りに両サイドにメッシュポケットがついた、使いやすそうな物が出来たのでほっとしました。

今使っているチョークバッグがもうすぐヘタりそうなので、その次はこの自作のごほうび入れを使おうと思います。

おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

ブレーキ!ブレーキ!

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、ボールや紐付きコング等を投げては持って来る“持って来い“の遊びが大好き。

投げれば直ちに拾いに行って持って来るので、繰り返し投げるりどみぃもかなりの重労働です。なるべく遠くへ投げて、みんとさんが往復する間に休みを取るという体力温存作戦は大事です。しかし、遠くへ投げた時は、みんとさんが走って戻る時もかなりスピードがのってしまい、りどみぃの脚にどーん☆と体当たりという大胆な方法で停まろうとします。

これって、りどみぃには痛いし、ジーンズはみんとさんの泥足スタンプで汚れちゃうしで、歓迎出来ないことでした。

みんとさん、近くに投げた物を持って来る時は距離が短い為にスピードも出ないので、ちゃんと”フロント”という指示で、りどみぃの足元正面におすわりする事が出来ます。なので、例え遠くに投げた時でも、りどみぃの近くまで来たらスピードを落とし、ちゃんとぶつからないで前で”おすわり”して欲しいものだと思った次第。練習することにしました。

方法はいたって単純で、みんとさんがりどみぃより10m手前まで戻って来た時に気迫を込めて「”フロント”!」と叫ぶだけ。5m手前で言ったって遅いので、ずっと手前で指示を出すことによって、りどみぃの目の前に来るまでにスピードを落としてもらおうというわけです。

ちゃんと正面の足元で”おすわり”(=”フロント”)をしたら、みんとさんがくわえている物を受け取って、すぐにまた投げてやるのですが、ちゃんと停まれなかったら、りどみぃがどーん☆と当られない距離まで数歩後ずさりし、正しい位置関係に正してから投げるようにしました。

ちゃんと正面で停まるとすぐに遊びは再開されるけれど、失敗すると中々次を投げてもらえないという法則、みんとさんもすぐに理解したようで、りどみぃの足元近くで急ブレーキをかけるようになりました。

この地面の痕跡は、みんとさんの急ブレーキをかけた時の足跡です。何度も遊びながら練習したので、同じ場所に足跡がいっぱいになりました。この足跡が出来る間、りどみぃは投げる位置から1歩も動いていません。

みんとさん、少し前までは「停まる時はりどみぃにぶつかるもんだ」程度に思っていたようですが、この練習で「ぶつかっちゃいけないらしい」と理解した模様。今後もどかーん☆禁止を徹底していきたいものです。

 この日は、待つ練習もしましたが、前のように悲壮な顔をしていませんでしたし、お鼻を鳴らすこともありませんでした。良い兆しなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

ごほうび入れを作ろう!1

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんのお散歩やしつけ教室に行く時は、ごほうび入れを携帯して行きます。

りどみぃ愛用のごほうび入れは、アウトドア用品売場で買った物で、本来はチョークバッグ*1です。

*1 山登りをする人が滑り止めのチョークの粉を入れて腰に下げる為のチョーク入れのバッグ。タウンユースでは、単なる小物入れとして使っている人も多いようです。

この製品は、外にファスナー付きのポケットがついているとか、サイドにメッシュのポケットがあるとか、口布がついていてゴムの紐を引き絞ると中身がこぼれにくい等使いやすいと感じていて、汚れたり生地がくたびれたりした時に買い替え、現在使っている物で4代目。しかし、いつも買っていたホームセンターで売られなくなってしまいました。

4代目がくたびれて来たこの頃なので、捨てずに取ってあった3代目から使えるパーツ(ファスナー、口布、ゴム紐、長さ調節用の部品、ワイヤー)を使って、自分で作ってみることにしました。

本体の大きさや深さは、同じ程度の大きさにするつもりだったので、物差しで大体の寸法を測り、サイドの型紙はこんな感じにしてみました。

本体は長方形の1枚布がAからBまでつながっている構造ですが、Cの辺りにファスナーをつけておく必要があります。

ポケットの内布は、じじくんの壊れちゃった傘から取った布を使いました。

傘布イの部分とファスナーの下側であるイの部分が縫い合わされて、ポケットになります。

サイドのメッシュのポケットは、両側にあったら良いな・・・と思っていたので、手元にあるメッシュの布を使ってみます。本体の赤い布の部分は、じじくんの古いジーンズの太もも部分の生地を使う事に。サイドのグレーの布の部分は、犬用というイメージと汚れにくさを考えて、黒地にカラフルな骨の模様の生地を使うことにしました。縫い代1cm程度をつけて、布を裁ちました。

骨柄のプリントは、そのままだとジーンズのデニムに対して厚さが薄過ぎるので、厚手の接着芯を貼りました。

この段階で、表側に、メッシュの外ポケットになる部分を縫い付けてしまいます。

両サイドと本体が揃いました。

次は、これを縫い合わせます。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

てるこ登場

 衣替えの季節にちなんで着けていた”ゴンゴンのチャーム”がだいぶ傷だらけになって汚れてしまったのと梅雨時ということで、今年も”てるこ”の出番がやってまいりました。

去年は量産して洗い替えも用意してあったし、それもすべて夏になる前に洗濯ネットに入れて洗ってから保管してあったので、ちゃんときれいなてるてる坊主です。

ボディ部分の白い生地のみ、アイロンの先の方を使ってしわを伸ばし、ボリュームが出るように仕上げました。

お散歩大好きわんこのみんとさんの為に、がんばってちょ~だいっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

”行こう”が難しい

 今日のレッスンでは、「“行こう”」と言って一緒に歩き出す練習をしました。実はりどみぃとみんとさん、5年前からこれが苦手。

だって、みんとさんは、こんな風にりどみぃの方を向かずによそ見していることが多いのです。つまり、それだけりどみぃに向けている注意力が無いということです。

先生は、「飼い主に魅力が無いから」って・・・(・△・;)

そんな注意を払ってもらえない飼い主が「“行こう”」と言おうが「”ふせ”」と言おうが同じ事で、みんとさんは「えっ?今何か仰いました?」とりどみぃが声をかけたことに対しては反応しますが、何を指示したのかは必ずと言っていい程聞き逃してしまうのです。

が・・・先生からは、違うご意見が。なんと、みんとさんは「“行こう”という言葉を覚えていない」のだそうです。

”おすわり”という言葉(指示)が、お尻を地面に下ろす事だと理解しているように、“行こう”と言われたらりどみぃと一緒に歩き出さなくてはならないのだというのが結びついていないということらしい・・・先生の観察では、みんとさんは、りどみぃが歩き出した脚の動きを見てそれと察して動き出しているそうです。

りどみぃの言葉を聞いていないから出遅れるのだと思っていましたが、言葉は聞いてるけど(よそ見をしつつも)、意味が解ってないから直ちに指示に従えなかったってこと?

”聞いてない”よりはイメージ良いですな。(・_・)

「みんとに教えないと」と、先生は、りどみぃが“行こう”と声をかける→歩き出すというのを教えつつ練習しろとおっしゃいますが、「やってごらん」の言葉にやってみても「違うな」とダメ出しの連発。

でも、どうダメなのかがわからんのです。

何度も繰り返している内に、先生が「よし、良くなった」とほめて下さっても、それは偶然良かっただけ・・・りどみぃとしては、どこがどう良くなったのかもわからんのです。

りどみぃが解ってないのだから、みんとさんも良く解っていません。何度も“行こう”の練習をするので、みんとさんとしても「これは歩き出す練習なんだな」と察したのか、脚側停座(りどみぃの左脚の横で“おすわり”の状態)から立ち上がって歩き出す反応は速くなりましたが、りどみぃの何を見て(感じて?)立ち上がっているのか明瞭ではありません。みんとさんはみんとさんなりに、ヤマ勘で立つタイミングを決めている節がありました。

そこで、先生がみんとさんのリードを持ってお手本を見せて下さったら、みんとさん、別の犬のようにさっ☆っと立って一緒に歩き出すじゃありませんか!

「こうやって教えないと」と先生は仰いますが、りどみぃには先生がみんとさんにどうやって合図を出しているのか全然わかりませんでした。

足?膝?左手?肘かっ?( ̄□ ̄;)!!

解らん・・・りどみぃには全く解らんのです。でも、みんとさんにはちゃんと伝わっていて、正しきタイミングに動き始めるのです。

詳しく教わってみると、やっぱり原因はりどみぃの動きにあるらしい・・・初めて“行こう”を教わった5年前もそうでしたが、りどみぃは声をかけるタイミングと自分の左脚を動かし始めるタイミングが微妙に良くないらしいのです。

でも、これって振り返ると以前にも指摘されて、それなりに気をつけたり練習したりしたので、自分としてはもう出来るようになっていると思っていたのになぁ。まだ出来ていなかったのかっ!>自分

自分は、不器用ですから・・・(´ヘ`;)

みんとさん、苦労かけるね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

わんこのしょうがと黒蜜のシフォンケーキ

 家にある材料で何かシフォンケーキが作れないかな・・・と考えていて、ジンジャークッキーのイメージから、しょうがのみじん切りを入れたしょうがのクッキー(人間用)を焼いたことがあるりどみぃ、しょうが入りのシフォンケーキを焼いてみました。

自分としては、しょうがのさわやかさ・・・を求めていたのですが、結果的には冬に向く体の温まるケーキになってしまった模様。美味しかったけど。

わんこ友達の飼い主さん達にも好評でした。(わんこ達の好評なのは言うまでも無い。)

焼き上がりは漢方薬の様な匂いですが、しょうがが好きな人にはウケてました。冷めてから食べると焼き立てよりずっと美味しかったです。

わんこのしょうがと黒蜜のシフォンケーキ

材料:

17cmシフォン型用

卵黄

4個分

卵白

4個分

小麦粉(薄力粉)

90g

砂糖

30g

黒蜜

50cc

しょうが

30g(すりおろす前の皮ごとでの計量)

下準備:

材料は量って用意しておく。

オーブンは180℃に予熱しておく。(りどみぃの場合は、メレンゲが出来上がりそうになった段階でスイッチを押して予熱を始めるようにしています)

型の用意も忘れずにd(*^^*)

しょうがは、皮の硬い部分等を取り除き、皮ごとすりおろす。汁も繊維もすべて使うので分ける必要はない。
(すりおろしただけで長く残ったしょうがの繊維は、すりおろしたしょうがを入れた器にキッチンバサミの刃先を入れるようにしてちょきちょき切り、ケーキになった時に気にならないようにしました。)

3で混ぜる直前にすりおろすときれいな色のまま使える。
(すりおろして時間が経つと茶色くなるので。もちろん茶色くなっても使えますが、焼き上がりのケーキの色がより茶色くなってしまうかもしれません。)

1.

卵を卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖(今回は20g)でメレンゲを作る。

メレンゲの作り方は別に詳しく書いてあります。d(*^^*)

冷凍庫に白身を入れる容器は、平らでふたが出来るタイプの物が使い勝手が良いように感じています。

白身が凍った時、1cm程度の厚さになると、ハンドミキサーで泡立てる時に平均して解けて、出来上がりの泡立ちにむらが出来にくいからです。

これが、白身が厚過ぎると、端っこは解けて泡立ってしまい、真中はカチンカチン☆のまま・・・というように泡が平均してきれいに立たないので、ケーキに使うと焼き上がりが良くないようです。粗い泡の部分は、一度膨らんでもしぼんでしまったりするからです。

シフォンケーキの作り方はいつも同じ手順です。一応書いておきます(^^;)

2.

卵黄をボウルに入れ、軽く泡立て器で割りほぐしてから、残してあった10gの砂糖を入れ、泡立て器で良く混ぜてマヨネーズ状にする。

3.

2にすりおろしたしょうがを入れて良く混ぜる。その上で黒蜜を入れて良く混ぜる。

4.

3に小麦粉を1/3量ふるいながら加えてなめらかになるまで混ぜる。(最近のりどみぃは、この辺はゴムベラで混ぜております)

この時、まだオーブンの予熱が完了していなかったら、完了するまで小麦粉を混ぜないで予熱が完了するまで手を止めて待っています。

小麦粉は混ぜてから時間が経つと粘り気が出てしまうので、ケーキの焼き上がりが重たくなってしまうからです。

5.

4に残りの小麦粉を1/3ずつ2度に分けてふるいながら加える。練らないように短時間で混ぜ、多少粉が見える程度でも良い。

6.

メレンゲを今一度かき混ぜて泡を均一化し、1/3量を5に混ぜる。
この時は、粉っぽい部分が無いように全体的にきちんと混ぜること。

7.

6にメレンゲの残りを2度に分けて加える。

8.

7を型に流し込み、表面を軽く平らにする。型の底を2,3cm持ち上げてトン☆と落とすことを2,3回繰り返して、もし型に入れた時に大きな気泡が出来ている場合に備えて空気を抜く。

9.

180℃で30分焼く。20分程度焼いて焼き色がついてしまったら、アルミホイルをあらかじめ用意しておき、オーブンを一瞬だけ開けてふんわりのせると焦げなくて良い。

10.

焼きあがったらオーブンから出して型ごと逆さまにして冷ます。

11.

型の上から素手で触っても熱くない程度まで冷ましてから、パレットナイフやシフォンナイフ、竹串などを使って型から外し、切り分けて食べる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

アジサイあれこれ

 みんとさんが愛する公園では、「アジサイで有名な公園にしたいのか?」と思う程、数年前から園内のあちこちに新たに苗を植えて、アジサイの咲く散策路を計画的に作っているようです。

これは石の階段横に咲いているアジサイ。この木はずっと前からあって立派な株になっています。この公園では、こういうのは青や紫のアジサイが多いです。

これはガクアジサイの仲間。花びらが白いのに、同じ株の花でも、縁だけがピンクに色付いている物と真っ白なままの物があるし、花の外側も、リボンマカロニの端のようにギザギザの物とギザギザがほとんどない物があります。

こういうアジサイは、まだ植えられて何年も経っていないせいか、株も小さいし枝も細く華奢な感じです。周囲のシダやドクダミに押され気味で、ちょっと気の毒。

これもアジサイの仲間。花がみんとさんのように大きい円錐形をしています。アジサイの仲間だと知る前は、ライラックの仲間かと思っていました。これは葉っぱの切れ込みが大きくて、ちょっと他のアジサイと違うとは思っていましたが、調べてみたら八重(やえ)カシワバアジサイと言う名前らしいです。

確かに柏餅に使われている柏の葉っぱに似ています。八重と付くのは花が八重だから。一重のカシワバアジサイもあるそうな。

同じ公園内でもたくさんの種類が見られるので、アジサイは奥が深い。まだまだ花の盛りは続きそうなので、みんとさんと楽しもうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

こ~い鯉

 公園の遊歩道を歩いていたら、ホタルブクロがたくさん咲いていました。本当の蛍が飛び始めるよりずっと早く咲くんですね。

釣鐘型の花は、スズランの花のように1枝にいくつもの花が並んでいて仲良しっぽくてラブリー♪

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんには、白百合だろうがホタルブクロだろうが、花なんてどうでもいいようです。

みんとさんが興味があるのは池の鯉とか動く生き物。

こんな風にみんとさんが熱心に池を覗き込んでいると、りどみぃはつい

みんとさん、落ちないでよ!鯉は獲れないよ!(・◇・;)

などと声をかけてしまいますが、そんな時、みんとさんは振り向いて「でへへ。解ってますよぉ」っとテレ笑いの様な顔を見せます。

でも、もし声もかけずに放っておいたらどうなるんでしょう・・・?

名残惜しさのあまり、池の深さも考えずに1歩踏み出して池に落ちそうな気がする・・・おそろしい~!


今日ものんびりしているアオサギ

池に落ちたみんとさんは泳げるのか?!

いざという時、りどみぃは、この池に飛び込んでまでみんとさんを助けることが出来るのかっ?!

あれこれ考えている内に、なんとなく池から遠ざかってしまう、小心者の飼い主でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

白百合

 お散歩の途中で良い香りの風が吹いて来て、みんとさんほどの性能は無い物のりどみぃの鼻をくんくん☆やって香りの元を探すと、とある建物のプランターで白百合が満開となっておりました。

百合にとって良い環境なのか、毎年花の数が増えていく様な気がします。

まだつぼみもあり、一番きれいな時期と見て、みんとさんを前に座らせて美少女風スナップを1枚☆

しかし、先を急いでお散歩を続けたいせいか、百合の香りが性能が良いみんとさんのお鼻にはキツ過ぎるのか、表情は冴えなかったのでした。

ああ・・・花の可憐さが台無し。(- -;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

危険な芝生

 公園では芝生が養生中・・・

この四角く土が見えてる場所に芝生シートを植えて、根付くまで立入禁止となっております。

でもね、りどみぃ、ここが芝生で青々としても、その内やっぱり同じようになると思うのです。なぜなら、この公園ではウォーキングをしている人がたくさんいて、ここもコースにして通過なさる方が多いのですが、その方々はりどみぃが撮影したエントランスから入って、右奥へ抜けて行くのです。(逆回りの方も同様)

エントランスから左の方へ敷石が敷かれていて、それは左奥で大きく90度近く右方向へ曲がりベンチの前を通るべく並んでいるのですが、右奥へ抜けて行くという目標があると、敷石を踏んで行くのは遠回りに感じるようで、皆様ショートカットなさいますの。

だから、きっとまた同じように土が見えるようになっちゃうと思う・・・(・_・)

いっそ、エントランスからベンチ方向に敷石を敷いた方が芝生を守れるのではなかろうか?

なんて思いながら見ていたら、みんとさんの背後のテープの文言が目に入りました。

”きけん立入禁止”とな。

・・・立入禁止は解るけど、”きけん”じゃないだろう!それともきけんな芝生なのかっっ?!(・◇・;)

とか1人で突っ込みを入れてみたりして・・・”きけん”じゃなくなる日が待ち遠しい、みんとさんとりどみぃでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

エイトポイント・スターのベビーキルト8 出来上がったブロック

 制作中のエイトポイント・スターのベビーキルトは、全体としてはピンク系にまとめるつもりですが、25ブロックの星は全部ピンクにするわけではありません。少しだけ黄色や青や緑のスターを配することで、可愛いだけではなくて明るく元気な雰囲気が出せたら良いな・・・などと野望を抱いています。

全部で縦5段×横5列の25ブロックなので、その内20ブロック程度をピンク系のスターにして、残りの5ブロックを別の色のスターにしてみてはどうだろうかという漠然とした計画はありますが、そこは途中で出来上がったブロックを並べてみて塩梅するつもりです。

先日、必ず使うと決めているピンク系のスター部分の布を印付けをして裁っておきましたが、それらを縫いました。


9/25

これは楽しいスイカ柄。ベースの布は無地感覚の細いストライプです。


10/25

これは+記号が並んだような柄。チェックとは違う趣で、直線を意識させる柄なのですっきりしつつ印象が強く、スターの形がきれいに出ました。


11/25

これは優しいピンクの地にスズメの和調の柄です。織りも質感がある少し厚地の生地です。


12/25

これはサーモンピンクの地にマーガレット(?)と水玉の生地です。ちょっとレトロ調。

同じピンク系の布でも、暗いピンク、白っぽいピンク、オレンジがかったピンク・・・とバリエーションを豊かに合せることで、単調ではない作品になるといいな~と思います。


13/25

ピンクに赤で格子の上に美味しそうなイチゴと花や葉の柄の生地です。こういう生地を使うと動きがあると言うか、小紋の生地で作るのとは違った魅力があるように思います。


14/25

これは織りがジャガード風の生地。紅い小花で地が薄いピンクなので、優しい印象のスターになりました。

使うと決めてはいるもののまだ縫っていない先染めチェックのピンクの生地を合わせて、現在15ブロックのピンク系のスターは決定。

次は残り10ブロックに使おうと思って最初に選んでおいた生地を改めて見直しつつ、残っているベース布とを組み合わせてみて使えるかどうかを検討しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

みんとのお家じゃないけど

 みんとさん、クレートのドアを閉めた途端、鳴き始めました。まだりどみぃが目の前に居るのに。先生は、まさかみんとさんがこの段階で鳴くとは思っていなかったそうで、ものすごくずっこけてました。

この不満そうな顔!

甘い・・・と言ったらそれまでですが、りどみぃは、みんとさんが鳴いても仕方ないなと思ってました。だって、レッスン開始直後で、みんとさんとしてはお勉強モードになっていなかったし、ここはお家じゃないし、このクレーともみんとさんのじゃないし・・・そんな所に「”ハウス”」と指示されて入ったら、扉を閉められちゃったら、みんとさんだって「えーっ?!」っとなって「出して~」と鳴きますよ。

でも、こんな状況下であっても、ゴールド(クラブ認定試験合格犬)は鳴いちゃいけないそうです。

ゴールド取れば楽になると思ったのに・・・(--;)

ゴールドというクラブ内で最高位の資格に対して、こんなに求められる物が多い&高いと知っていたら取得したりしなかったのに・・・最近、ゴールドが重くてイカンです。みんとさんは金メッキなので、すぐに地金が出ちゃうのです。

クレート内で鳴き止んだ後に先生の指示で出してやったら、みんとさん、せいせいした顔をして出て来ました。

クレートから2~3m離れた場所にみんとさんを呼び寄せ、一呼吸置いた後にこれまた先生の指示でりどみぃが「”ハウス”」とみんとさんに入るように命じ、みんとさんだけが自分でとことこ歩いて行ってクレートに入る・・・という遠隔に挑戦しました。

りどみぃとしては、せっかくクレートの外に出られたのですから、入れと言われても、みんとさんは聞こえないふりをして入らないだろうと予想していました。

が、みんとさん、素直に入って行きました。

おおっ!(☆☆)

りどみぃ、ちょっと感動。入りたくなくても、入れと言われれば入るなんて、みんとさんの心にも服従というものが育っているのでしょうか?

その後、みんとさんに”ふせ”を命じて、りどみぃは離れてしまう練習をしました。この時は、りどみぃの姿は見えたり見えなかったり・・・クレートに入って扉を閉められてしまうよりは不安は小さいようですが、決して楽しくはないようです。

入門クラスのレッスンでみんとさんの前を飼い主さんとわんこ達とが何度も通りましたが、みんとさんはちゃんとこのままの姿勢を保っていました。15分間もこの状態に置かれていたので、お顔が段々悲しそうに・・・

それでもちゃんと、解除されるまでこのままでいました。

入りたくないクレートに再び入るところと言い、言われたままにじっとしている事と言い、みんとさん精一杯頑張っていると思います。

後はこういう状況に慣れて、こんな悲しい顔をしないで平気でいられるようになれば良いのですが、それはいつのことやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

ちょっと前進そして後退

 今年は、何かと忙しいので、滝ノ川あじさいサイロードにお花見に行けないかもしれません。

きっと四季の森公園の菖蒲も今頃きれいに咲いているんじゃなかろうか・・・と思いつつ、見に行ける予定は立ちません。

ま、遊びに行く事ばかり考えちゃダメよね。(・_・)

最近、お友達わんこがいっぱい居る公園に、わんこのお散歩時間に行くようにしています。心が折れちゃった時、誰にも会いたくなくて違う公園や時間帯をずらしてお散歩していたのに比べると、かなり進歩です。

人目もはばからずにみんとさんを押さえつけたり、りどみぃが”待て”と待機させていたのにみんとさんが勝手に駆け寄った時等は、情け容赦無くお友達わんこと引き離したりしていたりして、ことある毎にお友達わんこの飼い主さん達に

5年目の本気なんです!(・_・;)

と言っていたら、遊歩道で会った時も、まずはみんとさんが興奮する前に、「”おすわり”」と言って座らせて下さるようになりました。(毎日会ったら毎日にやってくれる)

ありがたいことです。りどみぃ1人の力ではしつけしきれないので、よそ様のお力も借りて、しつけしていただいているわけです。りどみぃがお願いした訳ではないのですが、みんとさんがうかつに跳びつこうとでもしたらりどみぃに叱り飛ばされるので、そうならないようにご配慮いただいているようです。

おかげさまで、みんとさんも「この世に跳び付いていい人なんて1人もいないのだな」と理解した模様。習い症で、嬉しい時等、思わず跳びつこうとしてしまうこともありますが、声をかけるとあげかけた前足を自分でぐっ☆っとこらえて下ろし、跳び付かずに済ませていることも。

かように、かなり良い状態になって来たみんとさんですが、逆に良くない状態になっているのが待たせた時の鳴き声です。これがね・・・わんわんとか聞こえる様な声では鳴かないのですが、みんとさんの近くに立ったら聞こえる程度の小さい声できゅうん☆きゅん☆とか鳴くんですの。

以前待つ練習をして、何年も鳴いたことの無い場所であっても、きゅぅん・・・きゅん。

そして、りどみぃがみんとさんの方へ戻るとぴた☆っと鳴き止み、「今まで一度も鳴いたりしないで、良い子で待ってました」って顔をするんです。

こ、こいつ・・・女優だなっ(・△・;)

対人的に良くなった分、待つのはひとりじゃ耐えきれないようになっちゃったのかなぁ・・・全てが同時に上手く行くようには出来ていないのですね、不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

花が次々

 お天気が良いと公園の花が次々に咲いて行きます。ついこの間まで緑一色だったヒペリカム・ヒデコートも黄色い花がいっぱい。

これから咲くつぼみもいっぱいですが、既に満開を過ぎてしぼんだ花ガラも。もう少しすると落ちた花で木の下が散らかってしまいます。今の内にみんとさんとヒペリカム・ヒデコートの記念撮影をぱちり。

こういう階段での撮影の場合、みんとさんに階段を指さして「みんとさん、上がって」とか「見て来て」と言うだけでとんとん段を上がってくれるので楽です。おすわりしてもらいたい段にみんとさんが乗ったら、「”待て”」とか「”おすわり”」と言うだけで、こうしてポーズになるのでした。

少し行くと、ピンクのきれいな花がいっぱい咲いていました。これは、マツバボタン?

これも次々に花が咲きますが、花の数がたくさん咲いている時は迫力です。大きなピンクのハートみたい♪

お花が喜ぶ良いお天気だとみんとさんにはちょっと暑い・・・いっぱい歩いて少し“持って来い“をして遊んだだけで、すぐに自主的に休憩していました。

みんとさん、家に帰ったらお腹洗うからね!(・△・;)

クールダウンしつつも遊びたいみんとさん、いっぱい走ってから家に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

なかなか日が暮れない公園

 お散歩に出る時間が遅くなってしまいました。こんな時、緑が豊かで木がいっぱい茂っている公園だと、すぐに薄暗くなってしまいます。

住宅街を通り抜けて、丘の上の公園に行くとしましょう。

丘の上の公園は、住宅街の途中にある公園等よりも高い所にある為、夕日が地平線近くに落ちるまで明るいのです。

被毛が黒っぽいみんとさんも、十分に遊ぶことが出来ます。

少し前に来た時には咲いていなかったクローバーの花がいっぱい咲いていました。もう少し伸びたら、みんとさんのロングリードが引っ掛かって遊び難くなるような予感がします。

なかなか日が暮れないこの公園に差す光も夕焼け色になって来ました。

みんとさん、もう帰ろうよ~(・◇・;)

明日のお散歩は長めにしてやろうと心に誓って帰宅するのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

エイトポイント・スターのベビーキルト7 出来上がったブロック

 縦5段×横5列の全部で25ブロックのエイトポイント・スターのベビーキルト制作は地道に進んでいます。

新たに2ブロック縫えました。


7/25

レース模様の様な柄で、やわらかい印象です。


8/25

こちらはちょっと花火の様な和風の柄。ベースには無地感覚のバラの柄を使っています。

少しずつベース布とエイトポイント・スターの部分との組み合わせが破たんしないかどうか気をつけなくてはならなくなって来ました。ベース布は25ブロック分ぎりぎりの枚数しか用意出来ないので、ベースが格子なのにスター部分も同じような大きさの格子だったら合わないかもしれない・・・とか、ベース布に円の模様が入っているのに、スター部分が水玉だったらしつこい感じがするかもしれない・・・とかが心配されるわけです。

そこで、必ず使うと決めているピンク系の布を必要な分だけ裁ってしまいました。

これらスター部分とベース布とを組み合わせてしまい、残ったベース布を元に、使いたい差し色(ピンク以外の色のスターになる)の布との相性を見て、良くないようならスター部分用の布を選び直すつもりです。

それに、ピンク系のブロックが全部縫い終わったら並べてみて、全体としての色の濃淡のバランスや差し色が多過ぎないかどうかもチェックしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

胸やけ?それとも大腸炎?

 遠足という遠出の上に暑さにさらされた1日を過ごした後、帰宅してからと翌日は良く寝ていたみんとさんですが、その程度では疲労は回復していなかったのかもしれません。

そんな時、5日にじじくんと買い物に出なくてはならなくて、みんとさんにはお留守番をしてもらいました。留守番中の喜びに・・・と、ポークリブボーン(犬用の骨のおやつ)を1本渡して行ったのですが、帰宅した時にはほとんどの部分が食べられていました。

6日の早朝、夜が明けたので、みんとさんをベッドサイドのクレートから出してりどみぃのベッドに上げてやりましたが、みんとさん、ちょっといつもと様子が違っていました。

いつもなら、りどみぃと枕を並べるようにしてすぐに丸くなって寝ようとするのに、この日は出入り口のドアの方を見てベッドの上で立っているのです。こういう時は、トイレに行きたいからベッドから下りたいとか、気持ち悪くて吐きそうなので部屋の隅っこに行って吐きたいとかなので、「昨日やった骨が消化不良起こしたかな?」と思いつつベッドから下ろしてやるべきかどうか考えていたら、みんとさんのお腹がぎゅるぎゅる鳴りました。

む・・・大腸炎ですかい?(・△・;)

疲れが残っていて胃腸の消化機能が落ちている所に、骨は厳しかったのかもしれません。また、この日の朝は格別に冷え込んだので、暑くなったり寒くなったりにみんとさんの身体がついて行けなかったのかも。

「お水でも飲んだら良くなるかな?」と思ってりどみぃも起きてリビングに連れて行ったら、「遊びましょう」と誘う時の様なお尻を高く上げて前足をぐーっと前に突き出すポーズを何度もやっていました。みんとさん、胸焼けした時なんかにすっきりしたい時にやるようなので、やっぱり胃腸の調子がよろしくないらしい・・・

その後は、上の写真のように硬直したかのように動きを停めて立っていました。顔は真面目で、りどみぃからは自分の吐き気と戦っているようにも見えました。

結局、1度も吐く事はありませんでしたが、みんとさんは自分のお腹がぎゅるぎゅる鳴る度に気になるようにお腹を見ていました。

こんな時は1食や2食抜いてお腹を休めるという対策もありますが(前にみんとさんが大腸炎になった時に獣医師の先生に教わった)、数時間後、少しお腹の音が小さくなり、じじくんの朝ごはんに興味を示す等食欲もあるようなので、ご飯をやわらかく煮て、細かくした鶏のササミを煮た物と混ぜた消化の良いごはんにしたら、喜んで食べた上、お昼までにはお腹も治ったようでした。

やれやれ、やっぱりお腹が不調だったのねん。(^▽^;)

過労と季節の変わり目に気をつけなくては!と気を引き締めたことでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

みんとの扇風機

 暑い日、日向に車を駐車しておかなくてはならないこともあり、用事を終えて戻った時には、車内はかなり高温になっています。ドアを開けて換気を行い、エンジンをかけたら冷房を利かせることで車内の環境を整えています。

みんとさんと出かける時は、保冷剤の用意をしたり、冷たい缶飲料を買って保冷剤代わりにすることで、涼を取らせることにしていますが、今年、ミニ扇風機を買いました。車内の空気を回して、みんとさんも早く涼しくなれば良いな・・・ということで。

これは、単1乾電池2個で動くコードレスのミニ扇風機で、これを運転席と助手席の間に置いて後に向けて運転することによって、前面パネルのエアコン吹き出し口からの冷気を後部座席に設置したメッシュクレートのみんとさんへ効率良く届けられるのです。

単1乾電池そのものではなくて、単3充電池(エネループ)をスペーサー(単1サイズにする為のプラスチックのケース)に入れて使っていますが、ちゃんとパワフルに動いています。

【デスクまわりで使用できる】 ポータブルファン ブレッザ BA-3 Kitchen 【デスクまわりで使用できる】 ポータブルファン ブレッザ BA-3

販売元:高敏
発売日:2011/06/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

安い割に効果があったので、買って良かったと思ったアイテムなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

遠足はほどほど

 今年もみんとさんが通っているしつけ教室の遠足の時期がやって来ました。行き先は昨年までと同じ、宮ヶ瀬です。

お教室の主催者である獣医師の先生は今年も誘って下さいましたが、りどみぃは、1週間前のお教室の時まで、参加するかどうかお返事出来ないでいました。

というのは、みんとさんのしつけに関して心が折れちゃって以来、まだダメージから立ち直っていない綱渡り状態なので、遠足参加わんこ達の優秀なる姿を見て、かつりどみぃがハイになったみんとさんを制御出来なかったとしたら、ものすごく落ち込んでしまいそうで怖かったのです。

しかし、家の近所のお散歩では、大好きなお友達わんこの飼い主さんに会った時でさえ、りどみぃの言う事をきいて離れた場所で待機できるようになってきていたりして、明るい兆しも感じていたので、違った場所でも同じように出来るかどうかを確かめたい気持ちもあり、参加することにしました。

 宮ヶ瀬は、良いお天気で、みんとさんも濡らしたパイルの服と保冷剤を入れたバンダナを首に巻いていても舌が紅くなる位暑かったです。

みんなでお散歩の練習としてダム湖の周囲を歩いたり、大吊橋を渡ったりしました。

みんとさん、ロングリードにしてやったので、鹿のふんなどくんくん☆したり、小走りにお友達わんこの後を追ってみたり・・・と楽しそうでした。

その後、合同レッスンとなりましたが、みんとさんは楽しくてたまらない風に笑いながらも、きちんとりどみぃの言うことに従っていました。昨年までの「ちゃんとやるかな~?どうかな~?」と思っていたのに比べると、今年は「ちゃんとやるだろう」程度まではみんとさんのことを信じていられたので、少しはりどみぃも心が強くなりつつあるでしょうか・・・

みんとさんがちゃんと言う事を聞いていたのでりどみぃに新たなダメージはありませんでしたが、日頃別の時間帯でお勉強しているので会うことが無いわんこ達は、予想通りみんなとても良い子でした。ちゃんと飼い主さんを見てアイコンタクトしているし、呼び戻しも百発百中。何よりお天気が良くて犬にとっては暑かったでしょうに、指示に従ってサボろうともしないところに、素直で忠実なわんこの素晴らしさを見ました。

みんとさんが制御不能の状態でこれを見ていたら、早退して帰りたくなっちゃったかもしれません。

お昼はバーベキュー。ここのバーベキューサイトは、犬も入れるのですが、みんとさんは敢えて外で待機してもらうことにしました。大好きなダックスフンドのサブちゃんや黒ラブのトトロちゃんと一緒なので寂しくないはず。みんとさんも、一人ぽっちで待つ時よりも余裕のある顔をしています。

みんとさん達以外も、かなりの数の犬が外で待たされましたが、多くの小型犬がわんわんと飼い主を呼び続けたりしていたので意外でした。

みんな、鳴くじゃん!( ̄□ ̄;)!!

毎週のお教室では、みんとさんが鳴いてしまうのを、さもお教室に学ぶ他の犬は一切鳴くこと等無いのにみんとさんだけが鳴いてしまうように捉えていましたが、みんとさんより鳴く犬がいっぱいいて、安心するやらあきれるやら・・・まぁ、他のわんこはまだゴールドクラブ試験に合格していないので、比べちゃいけないんでしょうけど。(ゴールドに受かってるくせに鳴くところが、みんとさんのいけないところらしいので)

それでも、「あっ、みんとさんが鳴いてる?!」っと思って見ると、当のみんとさんは全然鳴いていなくて、近くに居たトイ・プードルの鳴き声だったなんてことが度々あったので、みんとさんは鳴かない方だと安心したのでした。

食後は、みんなで集合しての記念撮影をし、一応解散となりました。希望者だけ、車で10分程離れた所にある観光牧場の服部牧場へジェラートを食べに寄る事に。

みんとさんは、バーベキューの間木に固定されていて運動出来なかったし、お利口さんでいたごほうびに、フリスビーで遊んでから行くことにしました。

かように、遠足は、みんとさんがほどほどに良い子だったのでりどみぃのダメージもほどほど。明日への希望をほどほどに残した1日として、無事に済んだのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

マルモの橋

 フジテレビ系列で放送中のドラマ「マルモのおきて」*1は、阿部サダヲさん演じる高木護(たかぎまもる)が、親友の忘れ形見である双子(芦田愛菜ちゃん&鈴木福くん)を引き取って家族になって行く様子を描いていますが、その一員にはミニチュア・シュナウザーのムックも含まれています。

*1 マルモとは、護(まもる)の名前を子供たちが上手に言えずマルモと呼び、そのまま愛称となった事に由来したタイトルのようです。

ムックの表情やしぐさにシュナプーのみんとさんとの共通点を見出すことも多く、じじくんも一緒に毎週楽しく観ています。

ドラマスタート直後、あるシーンに出て来た橋に見覚えがありました。東京から千葉方面へ移動する時、電車の車窓から見える橋ではないかと思われました。

先日、目的地への移動中、日が暮れる前にみんとさんのお散歩をしなくては・・・という状況の時に通りかかり、改めて気をつけて見ていると、電車の窓から見えた橋は、やっぱりドラマで見かけた物と同じに見えました。

あれ・・・”マルモ”の橋じゃないかしらねー?(・_・)


特徴のある形

位置的にはJR総武線の新小岩―小岩駅間の小岩寄りにあるので、小岩駅で下車してから線路沿いに新小岩方面に歩き、突き当たったところで堤防の上に上ってみたら行けるのではなかろうか?と思って行ってみたら、予想通りに目の前にする事が出来ました。

家に帰って来てからロケ地として調べたら、やはりこの橋でロケが行われ、橋の名前は辰巳新橋(たつみしんばし)というそうです。

りどみぃが、見た事あるという記憶は正しかったのです。(橋の名前は知らなかったけど)

ドラマでは、この橋を背景に堤防の上の遊歩道を歩いているシーンがあり、何度も登場していました。

河川敷はきれいに草が刈り込まれていて、階段を下りて行くことが出来ます。(立ち入り禁止ではない)

みんとさんも河川敷に下りて、ロングロングリードで遊んでみました。河川敷と川の間は1m以上あるフェンスで区切られていて、フェンスの向こう側には葦がいっぱい茂り、ちょっとした壁のようになっていましたが、河川敷が広々としているので圧迫感はありませんでした。

フリスビーを投げても川に落ちる心配が無かったので、フリスビーでも遊びましたが、ほとんどは手作り紐付きコングを投げて「“持って来い“」をして遊びました。

この地域の皆さんがお散歩(わんこ連れとは限らず)やウォーキング(ウェアがスポーツ仕様)で利用なさっているようでしたが、りどみぃとみんとさんが使った階段でこの河川敷に下り、そのまま橋に向かって歩いて行き、橋の下をくぐってそのまま川下の方へ歩いて行くか、その逆向きのコースで階段を上って行くようです。(堤防の上の遊歩道を歩くよりも河川敷を歩く人の方が多かった)

時間と体力があったら、もっと橋の近くまで行ったり、橋の向こう側へ渡ってみたりしたかったのですが、小岩駅からこの川まで歩いた距離が結構あったので疲れていたのと、日暮れが近かったのでやめておきました。

橋を背にしてみたら、りどみぃ達が乗って来たのと同じ電車が鉄橋を通過するのが見えました。

と、電車の向こうには、スカイツリーも見えるじゃありませんか!

今度はじじくんも一緒に、もっと早い時間に寄ってみたいものだと思いつつ、りどみぃとみんとさんはマルモの橋が見える河川敷を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

背後を山鳩が

 みんとさんを遊歩道の隅っこに置いて、りどみぃがぐるぐる歩き回る練習をしていた時のこと。

この場所での練習にも慣れたのか、鳴いたりはしなくなりましたが、ある時に「”おすわり”」と指示して、わざと「”待て”」は言わずに側を離れたら、りどみぃが周回路の一番遠い方を回ってみんとさんの近くに戻ってみると、みんとさんが立ち上がっていました。

これは、りどみぃの「”おすわり”」と指示した事を解除されてもいないのに勝手に立ったことになるので指摘して修正。改めて”おすわり”させてから離れたところ、その後勝手に立つ事はありませんでした。


みんとさん、何を思う?

りどみぃがぐるぐる歩いている間、みんとさんがずっとその姿を目で追っている・・・ということも無く、こうしてよそ見しています。ちゃんと”おすわり”の指示を守りつつ、自分の時間を過ごせるようになって来たのでしょうか?

ぐるぐる歩きも終わろうとする頃、みんとさんの座っている場所の後を、山鳩が歩いているのが見えました。

餌を探しながらなのか、いろいろと辺りをついばみながら歩くので、カサカサと大きな音がして、みんとさんもすぐに気がつきました。

みんとさんがじっと動かないので、山鳩としても脅威を感じないのか、ネットがあるので安心しているのか・・・どんどんみんとさんの方へと近付いて行きました。

りどみぃ、みんとさんはどうするだろうかと見守っておりましたところ、目は確かに釘付けになって追っていましたが、“おすわり”の姿勢を崩す事はありませんでした。

最初に勝手に立って叱られたので、その後はりどみぃの指示を守っていたと思われます。

エライ!(^▽^;)

山鳩という誘惑を前にしても(後にしても?)ちゃんと”おすわり”していたみんとさんに、少なからず成長を感じて感動したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

わざとじゃないよね?

 みんとさん、もしかしてわざと?(・△・;)

りどみぃ、思わずみんとさんの顔を見て聞いてしまいました。だって、わざとだったら大変な事だから・・・

何のことやら解らんようないたいけな顔をして見上げるみんとさん・・・これは本当に無垢な表情なのか?それともとぼけた演技なのか?

わざとじゃないよ・・・ね・・・(・◇・;)

りどみぃとしてはそう信じたいのですが、真実を見極めなくてはなりません。だって一大事なのです、みんとさんがりどみぃの左脚におしっこをひっかけたんですから!

この事件、家を出て少ししてから通りかかった公園の水道の近くで起こりました。

家を出る時にペットボトルにお水を汲み忘れたので(おしっこを洗い流す為に持ち歩いている水)、通りがかった公園の水道で汲ませて貰うことにして、りどみぃが水道の蛇口をひねってお水を汲んでいた時、みんとさんがその足元でふんふん匂いを嗅いでいたかと思うと、片足をさっっと上げて(みんとさんは女の子ですが)しー・・・

放物線を描いたみんとさんのおしっこは、りどみぃのジーンズの裾近い場所にしみ込みました。

お水を汲む時、りどみぃはAの位置に立って水道の横から汲んでいたので、少し後のBの位置に居たみんとさんの姿はほとんど水道の立ち上がりの石に隠れて見えていませんでした。

「わざとか?」と思うのは、最近りどみぃがみんとさんにはきっぱりした態度で接しているので、その主導権争いの中でみんとさんが不満を表明したということもあり得るからです。(りどみぃとしては、もう何年も前から自分が主導権を握っていると考えていたけれど、みんとさんの身勝手さはそうではなかった証明なので)

まさか・・・うちの子に限って・・・(・◇・;)

と、みんとさんのことを信じたい気持ちが強かったので、そのままお散歩に行ってしまいました。着替えて出直すと日が暮れそうだったから・・・でも、普通なら着替えに帰りますかね?

大きな公園まで行ってのお散歩では、みんとさんに反抗的な態度は微塵も見られなかったので、やっぱり偶然かかっちゃったというだけの事のようです。

しかし、結果的にりどみぃの左脚はみんとさんのおしっこの匂いを漂わせ続けた事となり、お散歩で会ったよそのわんこ達がやたらに匂いを嗅ぎに来るので、かけちー(他の犬のしたおしっこの上に自分のおしっこをかけることを個人的にこう呼んでおります)をされやしないかとヒヤヒヤしておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »