« 昼間の散歩はもう暑い | トップページ | とってもお気楽わんこ? »

2011年5月14日 (土)

ノーリードは試される

 りどみぃが思っていた通り、みんとさんは、ふらふら~っと歩き出すと、入門クラスのレッスン中である飼い主さんの方へと近付いて行きました。

これが証拠写真です。

入門クラスの時間にお邪魔してお勉強中のみんとさん、この日はレッスン開始の直後から、先生の指示でノーリード状態に。

みんとさんが自由に行動できる条件下で、どれだけりどみぃのコントロールがきくか、それが無理でも、りどみぃに意識を残しているかがわかるそうな。

実際、みんとさんは、りどみぃが、自分の横に”おすわり”を指示したのに、しばらくしたら座っているのが退屈になったのか、レッスン中のT.プードル&飼い主さんにお愛想うしたくなったのか、こんな風に勝手にふら~っと行ってしまいました。

行っちゃダメなのよ・・・(- -;)

りどみぃが「”おすわり”」と指示したからには、その命令を解除するまではずーっと命令は続いているわけなので、みんとさんは座ったままでいなくてはいけないのです。なのに、りどみぃが「みんと!」と声をかけても歩みは止まらず、りどみぃの方へ戻って来ることもせず・・・となると、事態は非常にまずいのです。

まず、みんとさんにとっては、りどみぃの指示なんてすぐに記憶から消えちゃうくらいの重みしかないことがバレバレ。次に、みんとさんは、りどみぃの言うことを聞かないということがバレバレ。その上、みんとさんは、りどみぃの事を常に意識している状態にはないということがバレバレ。

ああ、せつない・・・(・_・、)

これが屋外のレッスンだと、通行人や自転車や車のことを考慮しなくてはならないので、リードを着けたままが基本ですし、”呼び戻し”の練習をするにしても、りどみぃの手からリードを手放すだけの、みんとさんがリードを引きずっている状態なので、そのリードの重みがみんとさんの意識をりどみぃに少しばかり残してくれていたらしい。

りどみぃが隣に居てさえ、勝手に立って行ってしまうみんとさんですから、椅子の横に単独で”おすわり”させておいても、「一人ぼっちはいや~ん」とばかりに、独自の判断で勝手にじじくんやりどみぃの居る方へ来ようとします。

それも、「ゆっくり動けばバレない」と思っているようで、そーっと動くのです。

あっ!( ̄□ ̄;)!!

と、みんとさんが動いたことをりどみぃが気づくと、みんとさんは、その場に座り、「ずっとちゃんと座っていましたよ。動いてませんよ。」というふりをします。それも笑顔で。

ここで、「勝手に動くことは許さん!」という気迫が必要らしいのですが、りどみぃ、みんとさんの小知恵には脱力してしまいます。

これによって「ゆっくり動けば、りどみぃにはわからないだろう」とか「バレても白を切ればごまかせるだろう」とか、みんとさんが考えているのが白日の元にさらされちゃうわけです。

飼い主りどみぃ、どれだけ威厳が不足しているものやら・・・

ノーリードって過酷だなぁ(・_・、)

それでも、繰り返し練習している内に、みんとさんのへらへらした顔も真面目になって行きました。少しは「言うこと聞かねばならんのか」と思ったらしい。

日頃からそんな風に思われるようになるのは、いつのことやら・・・りどみぃはへなちょこなので、結構厳しい道のりになりそうです。

|

« 昼間の散歩はもう暑い | トップページ | とってもお気楽わんこ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/39985671

この記事へのトラックバック一覧です: ノーリードは試される:

« 昼間の散歩はもう暑い | トップページ | とってもお気楽わんこ? »