« 草の露でびしょびしょ | トップページ | 苺が紅くなったよ »

2011年5月24日 (火)

エイトポイント・スターのベビーキルト5 型紙追加

 全部で25ブロックのエイトポイント・スターのパターンを縫うつもりですが、1つのパターン中に星のとんがりである直角二等辺三角形が8つ(エイトポイントですから)存在する為、同型紙を使って8回(①~⑧)印付けをする必要があります。

3ブロック分(24個の直角二等辺三角形)も印付けをしたら、型紙の角が鉛筆の摩擦で傷んで来ました。

このような時、同じ型紙を用意しておいて、角が傷んだら使う型紙を替えるとか、型紙の角を最初からセロハンテープ等で補強しておくという方法もありますが、りどみぃは中抜きの型紙を作る事にしました。

中抜きの型紙は、今回は、型紙にする厚紙の上に普通の型紙を置いて印をし、カッターでその鉛筆の印の線の外側を切って作ってつくりました。周囲には1cmの縫い代分を付けてあるので、生地の上で縫い代の目安がつけやすくなるという利点もあります。

最初から中抜きの型紙を作る場合は、製図した時に作ると良いのでしょう。

大切なのは、カッターで切り抜く時に、鉛筆の線の真上ではなくて、線の外側を切る事です。こうすることで中抜きの型紙の直角二等辺三角形は、普通の型紙よりも鉛筆の線の分だけ大きくなり、結果的にその型紙で印付けをすると、普通の型紙で直角二等辺三角形の外側に引いた線と同じ大きさになるのです。

線1本分がいかに存在感があるかというと、中抜きの型紙の中に普通の型紙を入れてみることで解るかと思います。

このように、ちゃんと線1本分の隙間が出来るので、下の茶色(サンドペーパーの上の置いて撮影)が見えています。この隙間が直角二等辺三角形の3辺の周囲全部にあることで、鉛筆で印付けをした時に、同じ大きさに印が出来るのです。

まぁ、こうして0.何mmのような型紙を作っても、実際には布に印をするので、多少の狂いは生じて来るかと思われます。それでも、印付けをする鉛筆を常に細い線が描ける状態にしておくとか、縫う時に線の真上を縫うか外側を縫うか等、こまごまとした事を気をつけることによって、出来上がるブロックの寸法の狂いが最小限に抑えられ、結果的に出来上がりが正確できれいになることが制作を楽にすることにもなると思っています。

|

« 草の露でびしょびしょ | トップページ | 苺が紅くなったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/40153811

この記事へのトラックバック一覧です: エイトポイント・スターのベビーキルト5 型紙追加:

« 草の露でびしょびしょ | トップページ | 苺が紅くなったよ »