« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

暑い時に寝るには

 かなり気温の高い日があるので、みんとさんには暑いようです。これは、暑い時の寝相・・・熟睡しております。

黄色のキルト素材の巾着に入っているのは、みんとさん用のミニ湯たんぽで、本来は人間がオフィスなどで手を温めたり、ちょっとしたカイロ代わりに使う物のようです。冬に使わせようと買ってはみたものの、みんとさんは冬でも体温が高いので、フリス毛布やキルティングのクレートカバーをかけるだけで防寒対策は十分らしく、ほとんど使っていませんでした。

クーボ ミニ湯たんぽ (イエロー)ミツミ クーボ ミニユタンポ−イエロー【5営業日発送(土日祝日休業)】 クーボ ミニ湯たんぽ (イエロー)ミツミ クーボ ミニユタンポ−イエロー【5営業日発送(土日祝日休業)】

販売元:A-PRICE楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

今年、せっかくなのでこれに水を入れてマットの上に置いてみたところ、暑い時には自分で頬を寄せてひんやり☆感を楽しみながら寝ていました。湯たんぽとは全く逆に冷やす為・・・氷枕や氷のう的な使い方です。

最初はキルトの袋には入れずに置いたのですが、金属のままでは当たりが硬かろう・・・と、感触をソフトにする為に、今では袋に入れてあります。

この日も、最初はこの水たんぽ(?)をあご枕のようにして寝ていましたが、深く眠るに従ってお腹が開いて仰向けに・・・寝苦しさを取り除く役を終えた水たんぽ、中の水は温かくなっているかもしれないです。

デニムマットの下は綿のロング座布団を2つ折りにした物なので、水たんぽがあってもみんとさんの体温で温まって寝心地が悪くなるようです。そんな時は、より涼しい場所へと移動しています。

トイレの換気扇は、家の空調の排気の役割を果たしているので24時間運転していますが、その為にドアの下のアンダーカットされた部分から屋内の空気が吸い込まれている為、すーすーして涼しいらしい・・・みんとさん、お気に入りの場所です。トイレの前という場所の手前、りどみぃが寝転がって試してみた事はありませんが、相当気持ち良い場所らしい・・・

だから、写真をバチバチ☆撮られて、こんな風に目が開いていても

だんだん瞼が重くなり、また深い眠りに落ちてしまうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

アオサギですか?

 以前はしばしばカワセミが見かけられた公園の池ですが、最近はとんと見かけなくなりました。姿が見られた頃は旺盛な食欲が感じられたので、子育て中だったのかしらん? 今はどこで活動中なのか謎です。

いつも元気に鳴いていたウグイスも、高台からもっと標高(?)の低い公園の入り口付近へと居場所を移したようですし、季節の移ろいによる事情なのでしょうか。

先日見かけた”まむしのお知らせ”は、その後公園のあちこちで見かけられ、「実際にまむしの目撃された場所はどこなんだろう?」と思っていた矢先に「池の近くで目撃されたそうだ」との情報を得た為、「カワセミも見られないし、まむしも怖いしな~」と、お散歩コースから池の木道を外したり、長い間池の近くに居ないようにしていました。

が、近くの遊歩道を通りかかったら、サギらしき鳥の姿が見えた為、久しぶりに池の畔に行ってみました。

前日、高台に近い遊歩道から池を見下ろした時、灰色の細長い物が池の中の大きな石の上に乗っているのを見かけて「何だろう?」と思っていたのでした。

ネットで調べてみたら、とても似ているサギを見つけ、その画像の鳥がアオサギとの事なので、この池に居た鳥もそうではないかと思いました。

前日アオサギらしき鳥がとまっていた石は、カワセミのお気に入りだった場所でもあるので、これからはその石を目印として「アオサギ居るかな?」と注目してみたいと思います。

この日、もっと見ていたかったけれど、アオサギは芦原の中へと歩いて行ってしまいました。日が暮れる前にお腹いっぱい食べようと餌を探しているように見えました。

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんには、アオサギの姿は見えていなかったようで、池の中の紅い鯉の方にご執心でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

祝・みんと大総合優勝

 箱根駅伝のレースをテーマにした歩数計で、みんと大が総合優勝しました。

めでたい!\(^^@)/

そう、実は優勝にこぎつけるのは大変だったのです。以下、流れを書いておきたいと思います。

箱根駅伝、スタートの不正を許さず?!

購入した直後、すぐに電池の絶縁体のシートを取り除いてゲームをスタートし、時計を設定したり大学名をみんと大と入力したりしてお散歩の時に携帯し始めましたが、3日目位過ぎた後、雨が何日も続いたことがあり、家の中で携帯していても歩数が稼げませんでした。 

スタートは10位からというのは決まっているようなのですが、コンスタントに5000歩程度歩いていれば順位がキープ出来たり1つ上がったりするようです。もちろん逆に歩く歩数が少な過ぎれば、順位はじわじわと下がってしまいます。

雨が続いたので、順位は14位程度まで落ちてしまい、それ以前スタート時から3日間で7位まで上げてあった事を考えると、がくーん★と下がってしまったのでした。りどみぃ、ちょっと悔しくて、「3日歩いた分は諦めて、リセットして最初から始めよう」と思い、リセットボタンを押しました。

が・・・リセット出来るのは時刻の入力だけで、歩いた歩数や順位はリセット出来ませんでした。ボタン電池を本体から抜くということまでしましたが、やっぱり成績はリセットされず、レース自体は続きから走る(?)形になるのでした。

惜しい!携帯忘れによる損失!

雨による歩数の減少により14位まで順位を落としてしまったみんと大でしたが、電車に乗って出かける用事があった日等は20000歩近くも歩き、実況アナウンサーの台詞に「みんと大ごぼう抜きすさまじい!」とまで出たりして、挽回して行きました。

しかし、用事が多くてみんとさんのお散歩が短い時間だったり、みんとさんはフリスビーで運動しても、投げ役のりどみぃはその場所から動いていなかったりすると意外に歩数が稼げない事がわかって来ました。そこで、なるべく家の中でも朝から晩まで携帯するようにして、歩数の合計を増やすようにしていました。

が・・・これがあだとなり、着替えてお散歩に行く時に歩数計を家に忘れて行ってしまうという事が度々起こりました。いくらたくさん歩いても、歩数計上の歩数は0でしかなく、当然成績に反映されません。

がっくり・・・(‐"‐;)

公園のはしごをした時も忘れてしまった日で、足が筋肉痛になる程歩いたのに、カウントされなかったという悔しい結果になってしまったのでした。(当然順位は落ちました)

油断?!往路優勝を逃す

その日(24時間)に歩いた総歩数によって順位が変動するようで、0時になるとみんと大の現在の順位が確定していて、その時間まで起きていることの多いりどみぃは、夕方の散歩の結果を確認していました。

コンスタントに5000歩~7000歩歩いてると順位は1つずつでも上がって行き、ゲーム上では大磯を過ぎた辺りから1位となり、5区の箱根の上りもそのまま「2位以下を大きく引き離して」とアナウンサーに実況表示される程快走しておりました。

4日間も1位が続いていたので、毎晩0時に確認するのも期待感も無くなり、自分が駅伝の区間中のどの辺りを走っているかの確認もお散歩中にしなくなっていたところ、ある日気が付いたら往路が終わっていて、なんと2位でゴールしたことになっていました。往路優勝をライバル大(?)の逆転によって逃してしまったのです!

きゃー!こんなのってくやしいぃぃぃぃぃぃ~(T▽T)

どうやら、往路の終盤、歩数が微妙に落ちていて、順位の変動を呼んでしまった模様。みんと大、痛恨のミスです。

この反動で、復路こそは優勝したいと燃えた、みんと大でした。

みんと大、ぐるぐる歩きで順位をキープ

りどみぃが離れてしまうと鳴いたりお鼻を鳴らしたりするみんとさんの我慢する心を育てる練習として、みんとさんはリードを固定して待たせておき、りどみぃだけが遊歩道をぐるぐる歩き回るという”見えてる待ち”の練習を始めたところ、ぐるぐる歩いているだけで1000歩もカウントしていました。

みんとさんの匂い嗅ぎの度に停まらないし、早足で歩くので短時間で歩数がカウントされるらしい・・・以後、その日の散歩でそれまでに歩いた歩数が3000歩台だったら「ぐるぐる歩く練習をしよう」と取り入れ、最低でも毎日5000歩以上歩くようにしました。

みんと大、みんとさんの協力を得られず危機に

往路スタートは2位からだったので、たまに歩数計を携帯し忘れたり、雨の日が続くと順位が毎日落ちてしまい、りどみぃはちょっと小ずるい事を考えました。みんとさんに手伝ってもらおうと思ったのです。

雨の日は、みんとさんにリビングでおもちゃを投げて“持って来い“をして気晴らし&運動をさせるので、歩数計をみんとさんに装着して、その運動時に歩数をカウントさせようという計画でした。暑い時に使う保冷剤入れのポケットをつけたバンダナがありますが、その保冷剤用のポケットに歩数計がちょうど入って、「こりゃいいや」とりどみぃほくそ笑みました。

が・・・みんとさんとしては、走る時に胸に歩数計がどかんどかん☆当たるのが嫌だったようで、なんとか自分で外そうとしたりして、走るどころではなくなってしまい、外してやるしかなくなりました。計画倒れです。

結局、みんと大の歩数をみんとさんに稼いでもらう事は出来ませんでした。

と、まぁ残念なことがあっても、7位程度までしか落ちることが無く済み、その後も毎日のチェックを怠らなかったので、無事に復路で1位に逆転することが出来ました。

往路で優勝したチームを抜いたので、その時点でみんと大が復路優勝&総合優勝の可能性が大きくなり、日々そのペースをキープすることで、最後まで走り抜きゴール。

お疲れさまでした、みんと大。

電池もちょうど取り換えるように表示が出たので、その後、2回目の箱根駅伝に挑戦です。今度は往路も優勝出来るように、気を抜かずに楽しみたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

初めて自分で鳴きやんだ!

 おおっ!みんとさんが初めて鳴きやんだ!(; ̄□ ̄)( ̄□ ̄;)

あまりの驚きに、じじくんとりどみぃは顔を見合わせてしまいましたのよ。


鳴きやんだ時のみんとさん

この日のレッスンはノーリードでみんとさんを部屋の隅っこに置いてから、りどみぃだけが離れた場所で他の人とお話をしているという状況を作っての練習で始まりましたが、やっぱりみんとさんは勝手にりどみぃの方へ歩いて来ようとしてしまい、何度戻しても何度でも勝手に動いて話にならず、先生の指示でリードをつけて居場所を固定することになりました。

前回は、ノーリードであったこともあり、入門クラスのお勉強を邪魔するようなこともありましたが、今回はリードが固定されているので、自ら出向いて行って勝手に参加することも出来ないみんとさん、「それならば・・・」と思ってか、ずっとわんわん☆きゃうんきゃうん☆と鳴き続けておりました。どうやら、先生やお勉強中の飼い主さん&わんこ達に「私動けないので、そちらが自分の近くに来て~」とか、「誰か助けてぇ~!リードを外してぇ~」とアピールしていたらしい・・・

日常生活の中では、こんなに長い時間みんとさんが鳴き続けていたらご迷惑なので、放置することはあり得ないのですが、ここはお勉強として敢えて叱ったりせず、聞こえないふり。いや、聞こえていても取り合わない(無視)という態度をアピールなのです。

レッスン中のみなさん、申し訳ない!うちの犬がうるさく鳴いてすみませんっっっ!(T▽T)

この1週間の生活やお散歩中、みんとさんの態度がかなり忠犬色を帯びて来たので楽になっていたのですが、やっぱり本質はそんなに簡単には変わっていないのですね、がっくり・・・★

あまりにも鳴き続けるので、先生も「少し良くなっていたのにね」と先週のみんとさんの鳴き具合と比較して1歩後退感を抱かれたご様子。りどみぃ、ちょっと内心では「やっぱり私?いけないのは私?」と冷や汗がたらり。

実は、少しだけみんとさんに忠犬ぶりが見られたので、その前の週よりも話しかける回数が増えていたり、些細なことでもごほうびをやる回数が多めになったり、自分が食べる姿を見せていないのに先にみんとさんにごはんを食べさせてしまったり・・・と、こちらの態度に適当さがあったのです。

やっぱりすごく強い気持ち持ち続けて、きちんとしないとダメなのねん・・・(・_・、)

しかしこの後、鳴き続けていたみんとさんが、誰に注意されることも無く、自らの判断で鳴きやんだのです。こんなことは、パピーの頃から5年間で初めてです!! じじくんもりどみぃもびっくり。(記事の冒頭)

この時、ジムの中には入門クラスのレッスン中の方やそのご家族で見学をなさっている方、先生やわしらを合わせて9名程が居たのですが、みんとさんが鳴いても誰も声をかけたり見たりしないので(ご協力感謝です!(T▽T))、みんとさんも「鳴いても無駄なのね」と悟ったらしい・・・レッスン開始から、30分が過ぎていました。

30分鳴き続けても無視してれば諦めるのか?(・_・;)

このまま鳴かない犬になってくれるなんて甘い事は期待しませんが、自ら鳴き止んだのを目撃した事で、「みんとさん、やれば出来るんじゃん」と希望が持てました。

レッスン終盤、鳴き止んだみんとさんの隣にりどみぃが戻ってやると、みんとさんが頭をすりすりとすりつけて来て、「なんですぐに来てくれなかったのよぉ~寂しかったよぉ」と訴えているような態度に出とりました。

かわいい・・・(^◇^;)

とか思っちゃだめなのよね、「うむ(・_・)」的に鷹揚に受け止めないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

広場のルール

 公園の芝生の広場には、お散歩の時間ともなるとたくさんの飼い主&わんこが三々五々集まり、わんこにとっても友達と会える楽しいひと時となっているようです。

以前は、みんとさんもその広場の見える場所に行くと、遊んでいる友達や飼い主さんの姿に目が釘付けとなり、リードをぐいぐい引いて自分も参加しようと夢中になっていました。

その状態は、りどみぃがみんとさんをコントロール出来ない状態に他ならず、そのまま合流したみんとさんは嬉しさから興奮状態になって、りどみぃの言うこと等耳に入らなくなってしまっていました。

最近、みんとさんに対して、これまでのりどみぃだったら意地悪をしているように感じることでも、なんとか強い気持ちを持って行うようにしているので、このお友達との合流にも、ルールを設けることにしました。

それは、みんとさんがリードを引っ張らず、りどみぃと一緒に歩いて行けるなら広場のみんなに近付き、引っ張ったら停止。その停止した状態で名前を呼んだ時に、みんとさんがりどみぃにアイコンタクトをしたらまた前に進むけれど、しなかったら広場から数m離れる(後退する)というお作法のルールです。

つまり、「興奮しないでお行儀が良く出来るならみんなに会わせるけれど、出来ないならご挨拶だって出来ないよ」ってことです。

16日に初めてこのルールを実行してみた時、みんとさんもルールが出来たとは知らないので、広場が見える場所に到着した直後から

1歩進む→みんとさんがリードを引っ張る→停まる→名前を呼ぶ(→みんとさんアイコンタクトせず)→5歩程度広場から離れて脚側停座→1歩進む→以下繰り返し

となり、結果的に少しずつ遠ざかる事になってしまい、20分も広場までたどり着けませんでした。

以前のりどみぃならば、みんとさんがお友達に会いたいのが解るので、引き止めたりするのは可哀想だと思っていたし、自分が意地悪しているような気がして居心地が悪いので出来ませんでした。また、お友達わんこの方が「みんとさんが来た!」と歓迎の気持ちから駆け寄って来てくれる事もあり、いかにみんとさんが落ち着いていようとしても嬉し過ぎて無理という状態になっていました。

しかし、最近はりどみぃが「5年目の本気でやってるんです」と、人目もはばからずにみんとさんの首根っこを押さえて跳び付きを制したり、みんとさんが興奮し過ぎてりどみぃの言葉が耳に届かなくなった時は、友達わんこが近くで遊んでいる時でも、みんとさんに”ふせ”を命じて落ち着く為の時間を設けたりしていたせいか、お友達わんこの飼い主さん達が協力してくれるようになりました。

それまでは「いいのよ」とみんとさんが自分に跳び付くのを許していた飼い主さんも、跳び付きそうになったみんとさんに注意してくれたり、「”おすわり”」とお行儀良くさせてからおやつをくれるようになったのです。

りどみぃが注意しなくても、友達わんこの飼い主さんに跳び付かないようになって来ました。以前は、誰にでも、何度でも跳び付いていた事を考えると、すごい事です。

 初日こそ広場からどんどん遠ざかってしまい、りどみぃの根気も尽きそうになり、「どうなってしまうんだ?!」と思ったのですが、2回目以降はみんとさんもルールを飲み込んだのか、広場までリードを引っ張らずに近付くことが出来るようになりました。

その後、もっとルールのハードルを上げて、”飼い主だけ先にごあいさつ”というのをやっていました。これは、みんとさんは広場の隅っこに到着した時点で”おすわり”をさせておき、りどみぃだけが前進してお友達わんこの飼い主さんと合流してご挨拶を済ませるというものです。そのご挨拶が終わるまで、みんとさんがちゃんとロングリードの端っこでお行儀良く待てたら、解除して自由にさせるというものです。

みんとさん、このルールもクリア。

やれば出来るんじゃん・・・(・◇・;)

みんとさんの興奮は、どうやってもコントロール不能だと絶望していましたが、興奮しないようにルールを設けることで、みんとさんも「りどみぃの言う事を聞いてお行儀良くしていた方が、結果的に早く友達と合流できる」という法則を見出したようです。

そしてりどみぃ、もう1段階ルールを厳しくしてみました。りどみぃが友達わんこの飼い主さん達とごあいさつしている間、広場の隅っこで待っていたみんとさんをそのまま解除するのではなくて、「”おいで”」と足元に呼び寄せ、ちゃんと”フロント”の状態でりどみぃに対してアイコンタクトが出来たら、「OK」と友達に挨拶しても良いルールにしたのです。

みんとさん、これも出来るようになりました。

今までの大興奮で制御出来ない5年間は、何だったんでしょう・・・?(・_・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

エイトポイント・スターのベビーキルト6 出来上がったブロック

 ピンクを基調にしたエイトポイント・スターのベビーキルト制作は、目標の1日1ブロックとまではいかずとも、順調に進んでいます。

全部で5段×5列の25ブロック縫う予定ですが、これまで出来上がった分を、制作順に記録しておこうと思います。

まず、最初に縫ったのは、パターンのピースワークの説明で使った小紋の生地のブロック。


1/25

ベース布には、無地感覚の生地を使っていますが、実はピンクのバラの花束らしき柄です。バラのピンクとエイトポイント・スター部分のピンクが馴染むので、可愛らしい雰囲気です。

次に縫ったのは、これ。


2/25

ピンクの地に白いうさぎと青い花の柄です。ベース布は、このキルトの中で1番多く使うベース布で、グレーがかった格子と円の組み合わせの生地です。ベース布がブルーがかったグレーなので、うさぎの生地の青い花部分としっくりきます。

3番目は、アメリカンなイメージのプリントです。絵柄の大きさが中くらいで、リズム感が出ますが、エイトポイント・スターのとんがった部分はちゃんとシャープに見える程度の柄行ではないかと思います。(柄が大き過ぎて、その部分が星のとんがりの先端に配置されると、柄の色とベースの色の相性によっては、とんがった感じが失われてみえることがありますので)


3/25

ベースの布は、グレーっぽい細かい縞で、これも無地感覚ですが、グレーが青っぽいグレーなので、プリントの柄の中の青と馴染んでいます。

4番目に縫ったのは、植物っぽい柄の布を使ったブロックです。葉っぱと紅い実かな?


4/25

5番目は、唐草模様の様な図案化された植物のようなプリントを使ってみました。このブロックだけ見ると大人っぽい雰囲気になっていて、他の可愛らしい雰囲気のブロックにアクセントになると思われます。


5/25

6番目は、またまたうさぎの柄ですが、上着を着た擬人化されたものであり、人参やステッキ等も配された楽しい柄を使ってみました。この地のピンクは、白が混じったようなピンクなので、ベース布に柄が目立つ物を使うと、負けてしまうと思われ、3/25のアメリカン・プリントの時に使ったのと同じ、グレーの細い縞柄の布を使いました。無地感覚に使える程の縞柄なので、画像として見ても縞であるのが良くわかりません。


6/25

25ブロックまではまだまだですが、それぞれ柄が違う上、差し色として、今後は青系や黄色系のプリント布でもエイトポイント・スターを縫うので、また楽しいと思われ、今からわくわくしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

苺が紅くなったよ

 みんとさんの(?)が色付き始めました。完熟を待って食べることにしましょう。

とは言え、みんとさんは完熟苺であっても生の苺は食べません。苺のシフォンケーキにしたらばくばく☆食べるくせに・・・

去年は、日当たりが良い場所にプランターを置いたら、葉っぱや丈だけがぐんぐん伸び過ぎてしまったので、今年は半日陰の場所に置いてみました。しかし、葉っぱや丈はちょうど良いように見えていましたが、苺を生らせるというパワーには欠けてしまったようで、小さい粒の苺しか生りませんでした。

来年は、最初は半日陰に置いて、花が咲く頃になったら日向に置いてみようかしら・・・

実の数も少なめで、ちょっと寂しいりどみぃなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

エイトポイント・スターのベビーキルト5 型紙追加

 全部で25ブロックのエイトポイント・スターのパターンを縫うつもりですが、1つのパターン中に星のとんがりである直角二等辺三角形が8つ(エイトポイントですから)存在する為、同型紙を使って8回(①~⑧)印付けをする必要があります。

3ブロック分(24個の直角二等辺三角形)も印付けをしたら、型紙の角が鉛筆の摩擦で傷んで来ました。

このような時、同じ型紙を用意しておいて、角が傷んだら使う型紙を替えるとか、型紙の角を最初からセロハンテープ等で補強しておくという方法もありますが、りどみぃは中抜きの型紙を作る事にしました。

中抜きの型紙は、今回は、型紙にする厚紙の上に普通の型紙を置いて印をし、カッターでその鉛筆の印の線の外側を切って作ってつくりました。周囲には1cmの縫い代分を付けてあるので、生地の上で縫い代の目安がつけやすくなるという利点もあります。

最初から中抜きの型紙を作る場合は、製図した時に作ると良いのでしょう。

大切なのは、カッターで切り抜く時に、鉛筆の線の真上ではなくて、線の外側を切る事です。こうすることで中抜きの型紙の直角二等辺三角形は、普通の型紙よりも鉛筆の線の分だけ大きくなり、結果的にその型紙で印付けをすると、普通の型紙で直角二等辺三角形の外側に引いた線と同じ大きさになるのです。

線1本分がいかに存在感があるかというと、中抜きの型紙の中に普通の型紙を入れてみることで解るかと思います。

このように、ちゃんと線1本分の隙間が出来るので、下の茶色(サンドペーパーの上の置いて撮影)が見えています。この隙間が直角二等辺三角形の3辺の周囲全部にあることで、鉛筆で印付けをした時に、同じ大きさに印が出来るのです。

まぁ、こうして0.何mmのような型紙を作っても、実際には布に印をするので、多少の狂いは生じて来るかと思われます。それでも、印付けをする鉛筆を常に細い線が描ける状態にしておくとか、縫う時に線の真上を縫うか外側を縫うか等、こまごまとした事を気をつけることによって、出来上がるブロックの寸法の狂いが最小限に抑えられ、結果的に出来上がりが正確できれいになることが制作を楽にすることにもなると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

草の露でびしょびしょ

 前日が一日中雨だったので、午前中の内にお散歩に出ました。既に朝から雨は止んでいましたが、窓から外の様子を見て、少し乾くのを待っていたつもりです。曇り空だったので、見る見るうちに路面が乾いて・・・とは行きませんでしたが、それでも乾いたようなので家を出ました。

目的地は丘の上の公園。みんとさんに2日分運動してもらうのが目的です。雨の翌日なので草が生き生きしているとは思いましたが、それもそのはず、葉っぱの上には玉のような水滴がいっぱいでした。

雨の名残?それとも朝露?(・△・;)

ロングロングリードにして、「フリスビーやる?」と見せたら、にへら~っと笑顔が返って来ました。

この時点で、みんとさん、既に胸元が濡れております。公園内のあちこちの匂いを嗅いだだけですが、草に付いている水滴で濡れてしまった模様。

これは、帰ったら丸洗いだね・・・(・_・;)

りどみぃには単に一面の草っぱらで、10日程前に来た時と変わっていないように見えていましたが、かなり草の丈が伸びていて、みんとさんのお腹に届く程で、フリスビーを持って来る時、草を飛び越えるように走るので、ぴょんこぴょんこ☆しとりました。

連続写真で撮ってみたら、みんとさんがくわえているフリスビーが草の上になるようにジャンプして走っているのが解りました。草にフリスビーが引っ掛かるのが嫌なのかもしれません。

とまぁこんな草深い所で遊んでいたので、フリスビーは水に漬けたようにびしょ濡れ、みんとさんの脚もすっかり濡れてしましました。いつもはふわふわ☆の被毛に包まれているみんとさんの脚も、濡れると細くて折れそうです。

この濡れた足も、住宅街を通って家に着く頃にはすっかり乾いていました。みんとさんとしては、その後お風呂場で洗われるとは思っていなかったようで、「せっかく乾いたのになんでー?」という顔をしとりました。

放射性物質がさ・・・気になるからね・・・すまんのぅ(・_・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

公園のはしご

 22日の日曜日は1日中雨で、お散歩も無しだったので、前日の21日土曜日の事を書くといたしましょう。

この日は、レッスン後に公園のはしごをしました。

みんとさん、最近は正午からのレッスンを受けているので、午後がまるまる自由になります。外でランチも良し、高速をひた走って遠くの公園に行くも良し・・・で、レッスンでずーん★と落ち込んだ気持ちをリフレッシュ。

じゃなきゃ、やってられないさー(T▽T)

最初に訪れたのは、横浜市三ツ沢公園。横浜駅から近い割には行ったことが無かったので、頑張って行ってみました。


三ツ沢公園の案内図と

が、これが大失敗。1時間も居ないで、別の公園に移動しました。

三ツ沢公園はサッカー場であることで有名ですが、陸上競技場やテニスコート等もあり、スポーツがテーマの公園だったのです。(そこまで特化されているとは思っていなかった)

第1駐車場と第2駐車場が満車で、入場待ちの車の列に並ぶ為に迂回した結果、空いていた第3駐車場に車を止めた時は、「季節も良いからスポーツを楽しみに来ている人がいっぱいなのね」なんて軽く考えておりました。

ところが、陸上競技場では市内(?)の高校生の大会が行われていて、周辺の遊歩道はウォーミングアップの為に全力疾走する若きランナーが休み無く行きかい、接触でもしたら事故につながりかねない危険地域と化していたのです。

みんとさんが踏まれたり、逆に選手の行く手を遮った事で怪我でもさせたら大変なので、わしらはほうほうの態で河岸を変えることにしたのでした。

みんとさんは、どこの公園でも楽しめるんですけどね・・・

 じじくんの提案で、以前行ったことのある四季の森公園に行きました。こちらもお天気が良いせいか、駐車場に一番近い場所にある展望広場は、ボール投げ等して遊ぶ家族連れで混み合っていました。

みんとさんは、遠慮して、公園内の西口方面の行ったことのない遊歩道を行くことに。

緑が豊かで、昼なお暗い・・・夏でもさぞかし涼しいでしょうが、日が傾きかけたらすぐに真っ暗になりそうで、ちょっと怖い。

公園の横はすぐ住宅街なのに、この自然の豊かさと言ったら!

みんとさん、ロングリードで散策しつつ進みますが、遊歩道の向こうから人影が見えたら、りどみぃはすぐに足元に呼び戻して、りどみぃの前に向かい合う形で”おすわり”をさせて、人影の主が通り過ぎるまで遊歩道の端っこで待つことにしています。この時も、何組かの家族とそうしてすれ違いましたが、きちんと座っているみんとさんを見て、「おりこうね」と言って下さる方もいて、数時間前にレッスンで挫かれた心がちょっと救われます。

呼べばすぐに言うこと聞くんだから、みんとさんは、いい子だよね・・・なのに鳴くのよね~(・_・)

ちびっこ広場という場所に出ましたが、ちびっこどころか誰も居なかったので、ロングロングリードにして、フリスビーをして遊びました。

みんとさんは、本当にフリスビーが好きみたいです。紐付きコングを投げる遊びよりも空中キャッチという難易度が高いところが魅力らしい。

半日陰ででしたが、激しい運動なので、みんとさんは暑くなって、お水を出してやったらがぶがぶ飲んでいました。

しょうぶ園がある公園なので、もう咲いているかと思って行ってみたら、まだ咲いていませんでした。見頃は6月とのことです。

風情のある水車小屋の前でぱちり☆

この水車が動くことってあるのかな?あるなら見てみたいものです。

水車小屋の近くでも、池の近くでも見かけましたが、こんな立て札が。

みんとさんが最近、近くの公園で見た印刷した紙にパウチ加工したお札なんぞとは比べ物にならない位しっかりした鉄製(?)の立て札です。

こんなしっかりした立て札をあちこちに設置しておかなきゃいけない位、この公園ではまむしの存在が確認されているってことでしょうか。

みんとさん、気をつけましょうね。(・△・;)

池の方まで行ったのは初めてだったので、北口広場というのも初めてでしたが、とても大きな石があってびっくり。

みんとさんを君臨させてみると、いかに大きな石かが解ります。

この辺りで公園駐車場の閉場のお知らせがアナウンスされたので、歩き疲れたこともあり、最短距離を探して南口へ戻る事にしました。

途中、じゃぶじゃぶ池も見かけましたが、犬は立ち入り禁止なので、前の方でパチリ☆

まだ季節が早いせいか水は入っていませんでしたが、夏になったら子供たちでにぎわいそうです。

三ツ沢公園で高校生に轢かれそうになった時はどうなる事かと思いましたが、四季の森公園で十分リフレッシュできた午後でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

叱る時と叱らない時

 みんとさん、この日のレッスンも最初からノーリード。

ああ、厳しい・・・(_ _;)

こんな風にへらへらしとります。みんとさん的には遊ぶ気になっているようで、これっぽっちもお勉強だとは思っていないらしい。

りどみぃが自分の横に「”つけ”」と命じれば従いますが、それはりどみぃが隣に居る間だけ。みんとさんを残して離れると、身勝手タイムが始まります。

りどみぃ、まだ叱らなきゃいけない時と叱っちゃいけない時の違いが良く解かりません。

みんとさんだけ”おすわり”させておいたのに、勝手に立ち上がって遊びに行こうとした上のパターンだと、立ち上がった瞬間にでも叱らなくちゃいけないらしい・・・

りどみぃがみんとさんの側を離れても、遠隔の練習のようにずーっとみんとさんを睨みつけるように見ていれば、みんとさんは立ちません。しかし、視線さえ合わせちゃいけないらしい・・・というのは、みんとさんが注目されるべくリーダーだと思い上がるから(?)。

だけど、見てないと勝手なことやられちゃっても気がつかないのよね・・・( ̄  ̄;)

また、みんとさんがその場にとどまっていても、お鼻をきゅんきゅん鳴らして鳴いていたら、叱ってもいけないらしい・・・叱るということが、みんとさんの要求に応えることになるからみたいで。

何度も元の位置に戻されると、遊びたいのに遊べない・・・と被害者意識を持つのか、こんな風にじじくんに助けを求める顔をしたりして・・・

結局りどみぃには、いつ叱るべきか、叱ってはいけない場面なのか、まだまだ全然わからなくて、先生に「元に戻して」と言われれば「はい」と言ってみんとさんを元の位置におすわりさせたり、「見ちゃだめよ」と言われれば「はい」と言って背を向けますが、自分ではその時どうすべきかの判断がついていないので、平日に自主練のしようも無いわけです。

叱るのか叱らないのかがわから~ん!( ̄□ ̄;)

平日は、みんとさんもリードを引っ張らなくなったり、指示に従うのが早くなったりと良い面が増えたようにも感じるのですが、こうして週に1度のレッスンの時にノーリードで開放されると身勝手みんとさん100%に戻ってしまい、良くなったと感じたのは気のせいだったかと、またどーん★と落ち込んで帰るのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

麻溝公園のカフェのこと

 みんとさんと近くの公園をお散歩していると、「ああ、この公園にもカフェがあったらいいのに」と毎日のように思います。そう、麻溝公園にあったカフェみたいなやつが・・・

そこで、随分前(4月29日)の事ではありますが、麻溝公園のカフェについて書いておこうと思います。

Common

オープンカフェ(麻溝公園園内マップによる)

年中無休(雨天休業)

AM11;00~PM5:00(3月~11月)

AM10:30~PM4:00(12月~2月)

この日はゴールデンウィークの晴れた日ということで、たくさんの人が公園に来ていたのでカフェも混み合っていましたが、回転が良いのと席数が多いのとで、長く待つことはありませんでした。

ウッドデッキのあるカウンターで注文&支払いを済ませ、その横で商品を受け取るセルフサービスです。(食べ終わった後の食器の片付けも自分で運び、同じカウンターでスタッフに渡す)

大きな木の間の空間を使ってカフェがしつらえてあるので、木陰あり木漏れ日ありの気持ち良さ。りどみぃは、東京・三鷹にある井の頭公園を思い出しました。

麻溝公園自体は、犬が立ち入り禁止の場所が多い為、みんとさんと遊び難さを感じましたが、隣の相模原公園の犬OKスペースからも近いので、そちらで遊んで喉が乾いたらりりちゃん橋を渡ってこのカフェに行くってのはやりたいものです。

カフェ周辺のスペースは犬も立ち入りOKなので、他にも犬連れのご家族が何組も居て、それぞれが軽食でのランチやアイスクリームと好みの物を楽しんでいました。

カフェで休憩した後、近くに盲導犬のブロンズ像があったので、みんとさんもなりきってぱちり☆

みんとさんに、優秀なわんこにあやかってもらいたい願いが込められております。

この後は、相模原公園側に戻り、たけのこと背比べをしたり・・・

ネモフィラのたくさん咲いている花畑を眺めたりして・・・


撮影や観賞用に設けられた遊歩道のスペースで撮影しております

まことに盛りだくさんな1日でございました。

こんな風にお散歩中に休憩出来るカフェが近所にあればなぁ・・・毎日のように行っちゃうんだけどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

エイトポイント・スターのベビーキルト4 ピースワーク

 今回は、りどみぃがエイトポイント・スターのパターンを縫う時のやり方を書いておきたいと思います。

りどみぃが作業中、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、自分のマットのスペース待機しとります。

基本的に、手縫いで縫う時もミシンで縫う時も作業の順番は同じですが、手縫いの時には所々で返し縫いをします。また、ミシンで縫う時は、効率を上げる為に、2ブロックを同時に縫って行きます。

今回は、手縫いの場合を書いておくことに。

星の部分であるプリント布とベース布とをそれぞれの型紙を使って必要枚数分、布の裏側に鉛筆で印付けをし、縫い代をおおよそ1cmつけて裁ちます。

りどみぃの場合は、これをコルクボードの上に並べて、枚数確認や同じプリント布でもどの部分に配置すると良いかをあれこれ並べ替えて、ブロック完成形のイメージを決めます。


コルクボードの上に並べてみたところ

この全部のピースに、説明しやすいように仮の名前(背番号)をつけるとこんな感じ。

この背番号で言うところの2のピースとcのピースを中表に合わせて、布の裏側の印同士を合わせて待ち針で留めます。

パターン中に同じ作業が3ヶ所(4とe、6とg、8とi)あるので、同時に進めます。

赤い線で記してある部分が縫う場所で、それぞれ印(青い線の部分)より2mmほど多めに縫う”縫いきり”にします。

縫い始めは、糸端に結び玉を作り、印より2mm手前で1針返し縫い(緑の線の部分)をしてから印上を縫い進め、縫い終わりも1針返し縫い(緑の線の部分)をしますが、印と印の真ん中辺りで1針返し縫い(白の線の部分)をしておくと、布が伸びにくく、寸法の狂いを押さえることが出来ます。縫い終わりは、玉結びをしてから糸を切ります。

4ヶ所分(2とc、4とe、6とg、8とi)縫い終わったら縫い代を7mm幅に切り揃え、印の上をプリント布の方へ倒してきれいに倒せるように癖をつけてから、中表にしてあった2とcとを開き、アイロンで軽く押さえます。(4とe以下同様にする)

次に縫い合わせるのは、2とb、4とd、6とf、8とhです。

やはり中表にして、印同士を合わせ、印から2mm手前から縫い始めて、印より2mm多く縫う縫いきりで縫います。この時、縫い始めと縫い終わり、印の真ん中の返し縫いに加えて、縫い代がc側に倒されていることで出来る段差の部分(赤の線の部分)にも1針返し縫いをします。

2とb、4とd、6とf、8とh全部を同様に縫えたら、縫い代を7mmに揃え、縫い線の上をプリント布側に倒して癖をつけてから開き、アイロンで押さえます。

だいぶパターンらしく星の形が見えて来ました。

後は、これを上から3段、左から横に3列と考え、横同士を縫い合わせた帯状の物にします。

縫い合わせるのは、

1段目は1+bの部分とc+3の部分

2段目は(i、h)+aの部分とa+(d,e)の部分

3段目は7+gの部分とf+5の部分です。

青ので記したのが縫い始めと縫い終わりの時にする1針の返し縫いの部分で、赤ので記したのは、印と印の真ん中の伸び止めの1針返し縫いと縫い代との段差の部分の1針返し縫いをする部分です。

結構何回も返し縫いしとりますな。(・_・)

列同士をつないだら、縫い代を7mmに切り揃え、今までと同様に縫い線で癖をつけてから開き、アイロンで押さえます。この時、縫い代はプリント布側に倒します。

最後に、1段目と2段目、2段目と3段目を縫い合わせます。

1段目と2段目は

(1、b、c、3)+(i、a、d)部分

2段目と3段目は

(h、a、e)+(7、g、f、5)部分

をそれぞれ縫い合わせます。(必要な場所の返し縫いも忘れずに)

縫い代を7mmに切り揃え、縫い線の上に折り癖をつけてから開き、アイロンで押さえます。

縫い代は、1段目も3段目も2段目側に倒します。裏から見るとこんな感じ。

縫い上がってから寸法を確認する為に、手芸用の青いマーカー(水で消える)で16×16cmの正方形の型紙を置いて、裏から印をしてみました。1mm程縫い縮まっているところもありますので、次のブロックを縫う時は、気をつけたいと思います。

これでやっと1ブロック出来上がったわけですが、あと24ブロック残っています。25ブロック全部縫えてから、5段5列の配置を考えることにいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

まむしのお知らせ

 どしゃ降りから丸1日経って、すっかり地面が乾いた公園にお散歩に行きましたが、みんとさんはご機嫌でした。

みんとさんと“一本橋”芸として細いコンクリート上を歩くのも、以前は画面奥側の階段の上の段の方から下の方に向かって歩くことしか出来ませんでしたが、最近では一番下の段の手前から、ひょい☆と跳び乗って段の上の方へ歩くという、りどみぃが目標としていた技の高み(?)にまで達しています。

みんとさん、かっこいい~(☆☆)

これが出来たからって、意味なんて無いんですけどね。

こちらは、みんとさんが得意な”君臨“。

本来は子供の遊具なので、誰も遊んでいない時に限られますが、この3つのステップ、支柱が赤、青、黄と3色に塗り分けられており、それぞれの高さが違っています。一番高いのが赤、次が青、一番低いのが黄という具合。

子供がステップからステップへぴょんぴょん跳んで遊ぶ為の物なので、みんとさんも単に君臨するのではなくて、隣のステップにぴょん☆と跳んだら面白かろう・・・と、「みんとさん、今度こっち」と指さしてみたら、簡単に隣のステップに跳び移っていました。

そこで、ぴょんぴょんと、真ん中のステップは跳び箱のように一瞬しか着地せずに連続ジャンプして端から端まで移動させてみると、これは少々難しいらしい・・・3つのステップが直線上に並んでいるのではなくてくの字のように並んでいるのと、高低差があるのが難しさの理由のようです。

しかし、そこはみんとさん、出来ない事に挑戦するのが喜びらしいので、今後も誰にも迷惑にならない機会があったら、練習してみることにいたしましょう。

 さて、池の近くに行ったら、まだ白くて新しい掲示がついていました。

蛍の季節には早いし、何のお知らせだろう?と思って近寄ってみたらびっくり。

ぎょええええーっ!まむしですかっっっ!?( ̄□ ̄;)

まむし(蝮):蛇の1種で、毒を持っている。人間にも危険な毒なので、小さい犬なんてもっと危険?

まむしなんて、子供の頃にお酒の瓶の中に入っていたのを見たっきり、とんとお目にかかっておりません。それが、公園に居るとな!?

みんとさん!やめなさいっっ!(T▽T)

これまでも、ロングリードでお散歩とは言え、遊歩道を進んでいて藪に入らせたりはしていませんでしたが、今後も警戒しつつお散歩しなければ・・・と思った、”まむしのお知らせ”でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

25分後の傘

 今日は夕方雨が降ると天気予報。それならば、その前にお散歩に行きましょうと、みんとさんと外に出てみたら、まだ良い天気でした。

本当に雨降るのかなぁ(・_・)

と思わせる程、湿度も高くないし、明るいし・・・公園の一角にあるハーブ園では、花々が平和に咲き誇っています。


良い天気じゃないですか、ねぇ?

みんとさん、クロープピンクというナデシコ科の花の前でぱちり☆

カーネーションの原種の1種であり、本物のクローブ(丁子)が高価だった為、似た香りがするこの花が、お酒の匂い付けにクローブの代用品として使われたとのこと。

そんなこんなで公園内のお散歩を楽しんでいたら、なんだか空に雲がすごい勢いで移動して行くのが見え始め、公園の東の端っこまで行き着いた頃には、ぽつぽつ☆と雨が降り始めました。

みんとさん、帰ろうか!(^▽^;)

「天気予報当たったねぇ~」なんて言いながら家路を急いでおりましたが、なんと公園を出る前にどしゃぶりに。

大きな木の下を縫うように小走りに移動し、公園の隅っこにある橋の下に逃げ込みました。あまりにも急にたくさんの雨が降って来た為、いままで乾いていた場所にも、集まった雨が一気に流れて来ます。橋の下は、公園の敷地より少し低くなっている緩やかな斜面に面しているので、公園に降った雨がより低い方へと流れて来るわけです。


一気に雨水が押し寄せて来た!

目の前に流れて行く大きな川の様な流れに目を丸くしていたら、今度はすぐに雨宿りしているりどみぃ達の背後からドドドドドドドッ☆っという大きな滝つぼに水が落ちる時の様な音が響いて来て、みんとさんがぎょっとして振り返っておりましたが、これは、公園内の各所に降った雨が側溝に集まって流れて行く音でした。

側溝の中を、ものすごい勢いで水が流れて行くのが、側溝のふたの金網になっている部分から見えました。

りどみぃとみんとさんが雨宿りした橋の下には、ウォーキングをしていらした年配の男性と女性とが駆け込んで来ました。なんでも、家を出る前に折りたたみ傘を持っていたけれど、「まだ降らないでしょ」と判断し、わざわざ家に引き返して置いてきたとのこと。

小雨に降られた時ならば、「少しばかり雨に濡れても、家に帰ってお風呂に入って着替えればいいや」と考えられるのですが、この雨の中を出て行ったら、りどみぃは家にたどり着く前に靴の中までちゃっぽちゃぽ☆になりそうだったので、みんとさんとじっとしていました。時々雷も鳴っていましたが、”雷ごろごろチーズでしょ”の要領で持っていたごほうびを食べさせたので、みんとさんに動揺はありませんでした。

空も明るいし、これは夕立のようにしばらく降ったら止むのではなかろうか・・・と思って待っていたら、段々日暮れ時になってきて、日が落ちて暗くなるのと雨が止むのとどちらが早いか?という感じになって来ました。

ウィンドブレーカーの懐にみんとさんを抱いて、自分だけはずぶ濡れになろうが靴の中が濡れようが歩きだすべきか迷い始めていた時です、見ず知らずの男性が、「これ、良かったらどうぞ」と雨宿りしていた3人(年配の男性と女性とりどみぃ)に、ビニール傘を1本ずつ下さいました。

この方は、やはり公園の別の場所で雨宿りしていた奥さんと子供さん達からSOSの電話があり、家から車で公園の入口(橋のすぐ脇)までお迎えに来て、まずは家族が雨宿りしている場所まで傘を抱えて徒歩で迎えに行き、一緒に車まで戻った後、「うちはもう使いませんから」と車から戻って来て傘を下さったのです。

ご親切に、ありがとうございます!(☆☆)

その男性にはよくよくお礼を申し上げ、「助かりましたね」と一緒に雨宿りしていた方たちと雨の中へいただいた傘をさして歩きだしたら、雨宿りを始めてから25分が経っていたのでした。

雨に降りこめられて25分後に差し出された傘のありがたさよ・・・!

りどみぃも、もし知らない人でも困っている人がいたら、こんな風にさりげなくお助けすることで、この日のご親切に報いたいと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

ぐるぐる歩く

 公園の一角に、周囲が遊歩道になっている花壇があります。

みんとさんを、この囲いの杭にリードを固定して待たせる練習をすると、近くのベンチにりどみぃが座っているけれどみんとさんを無視している状態の”見えてる待ち”なら何分でも黙っているのに、りどみぃが歩き出して20mも離れると、お鼻をキュンキュン鳴らします。

置いて行かれてしまう・・・とか不安に思うらしいので、この遊歩道を、りどみぃがぐるぐる歩くことにしました。みんとさんが多少鳴いてもご迷惑になるような場所ではないので、”鳴いても無視”。

りどみぃとしては、遠ざかってもまた近くまで戻って来るというのを繰り返すことによって、みんとさんが自分で「また戻って来るだろう」と考えるようになって欲しいのです。

案の定、2週もする頃には、みんとさんは鳴かなくなっていました。それよりも、「何してるんだろう?あの人は・・・ずっと同じところを歩いたりして」と、りどみぃの行動そのものを不思議そうに見ていたようです。

この遊歩道は平行線の両端に半円がついている形になっていて、なおかつ真ん中に二分割するような遊歩道があるので、8の字になるように歩いたり、大きく外周だけ回ったりと、りどみぃの歩き方もランダムにしてみました。

見守るみんとさんが、「あ、近付いて来た・・・と思ったら、また離れてっちゃった」とその時々でいろいろ考えることでしょう。

ぐるぐる歩くりどみぃなんて見ていても退屈なのか、何周も歩いている内に、みんとさんがよそ見するようになって来ました。良い感じです。

不安から解放されつつあるのかしらん?

時間にして10分弱ぐるぐる歩いてみました。

待つ練習を終えて、みんとさんの側に行って「いい子だったね」とほめた時も、嬉しそうではありましたが大興奮せず、良い感じでした。

りどみぃが近付いたり遠ざかったりを数多く繰り返すことが良いようなので、しばらくの間、機会がある毎にぐるぐるしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

とってもお気楽わんこ?

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、室内ジムのレッスンでノーリードになったら勝手なことをしていましたが、日常生活においては、かなり良くなっているように思われます。

いい子になってもらいたいけれど、「生き生きとしたみんとさんらしさを失ったら嫌だな」とも思っていましたが、それは杞憂だったようです。

りどみぃとしては、胸が潰れるような思いで厳しく接しているのですが、みんとさんは心が相当打たれ強いようで、けろり☆としています。みんとさんは、並外れたお気楽わんこなのかもしれません。

公園駐車場に到着する時に興奮した鳴くのを叱っても、その時は大袈裟にキャン☆なんて声を出していたくせに、すぐにフリスビーで遊び、何事も無かったように輝く笑顔になるので、りどみぃが強い態度に出るようになったからと言って、不幸にはなっていないらしい・・・

ロングリードでお散歩中に、やらたに急に呼ばれても、その場で”待て”と止められたりしても、特に不満そうな顔もしません。

これでいいのか?(・△・;)

なんの拍子でか、ロングリードがマズルに引っ掛かっても、そのまま走っていたりして・・・きっと、どこまでもお気楽わんこなのね、みんとさんって。

そんなお気楽わんこと公園をお散歩していたら、季節柄いろいろな花を見かけました。

これは、すみれの一種?

みんとさん自身は花の香りには興味が無いようですが、りどみぃが「見て来て」とか「くんくんして」と促すと、とことこ歩いて行って見て来てくれます。

別の場所では、たくさんのスイートピーが並んでいるところがありました。

これも、りどみぃが「くんくんして」と言ったのに、みんとさんが応じたところ。

なんてセリフをつけてみたりして。

土曜日のレッスンでずーんと落ち込んでも、こうして楽しそうなみんとさんと楽にお散歩出来るようになりつつあるので、なんとかバランスを保っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

ノーリードは試される

 りどみぃが思っていた通り、みんとさんは、ふらふら~っと歩き出すと、入門クラスのレッスン中である飼い主さんの方へと近付いて行きました。

これが証拠写真です。

入門クラスの時間にお邪魔してお勉強中のみんとさん、この日はレッスン開始の直後から、先生の指示でノーリード状態に。

みんとさんが自由に行動できる条件下で、どれだけりどみぃのコントロールがきくか、それが無理でも、りどみぃに意識を残しているかがわかるそうな。

実際、みんとさんは、りどみぃが、自分の横に”おすわり”を指示したのに、しばらくしたら座っているのが退屈になったのか、レッスン中のT.プードル&飼い主さんにお愛想うしたくなったのか、こんな風に勝手にふら~っと行ってしまいました。

行っちゃダメなのよ・・・(- -;)

りどみぃが「”おすわり”」と指示したからには、その命令を解除するまではずーっと命令は続いているわけなので、みんとさんは座ったままでいなくてはいけないのです。なのに、りどみぃが「みんと!」と声をかけても歩みは止まらず、りどみぃの方へ戻って来ることもせず・・・となると、事態は非常にまずいのです。

まず、みんとさんにとっては、りどみぃの指示なんてすぐに記憶から消えちゃうくらいの重みしかないことがバレバレ。次に、みんとさんは、りどみぃの言うことを聞かないということがバレバレ。その上、みんとさんは、りどみぃの事を常に意識している状態にはないということがバレバレ。

ああ、せつない・・・(・_・、)

これが屋外のレッスンだと、通行人や自転車や車のことを考慮しなくてはならないので、リードを着けたままが基本ですし、”呼び戻し”の練習をするにしても、りどみぃの手からリードを手放すだけの、みんとさんがリードを引きずっている状態なので、そのリードの重みがみんとさんの意識をりどみぃに少しばかり残してくれていたらしい。

りどみぃが隣に居てさえ、勝手に立って行ってしまうみんとさんですから、椅子の横に単独で”おすわり”させておいても、「一人ぼっちはいや~ん」とばかりに、独自の判断で勝手にじじくんやりどみぃの居る方へ来ようとします。

それも、「ゆっくり動けばバレない」と思っているようで、そーっと動くのです。

あっ!( ̄□ ̄;)!!

と、みんとさんが動いたことをりどみぃが気づくと、みんとさんは、その場に座り、「ずっとちゃんと座っていましたよ。動いてませんよ。」というふりをします。それも笑顔で。

ここで、「勝手に動くことは許さん!」という気迫が必要らしいのですが、りどみぃ、みんとさんの小知恵には脱力してしまいます。

これによって「ゆっくり動けば、りどみぃにはわからないだろう」とか「バレても白を切ればごまかせるだろう」とか、みんとさんが考えているのが白日の元にさらされちゃうわけです。

飼い主りどみぃ、どれだけ威厳が不足しているものやら・・・

ノーリードって過酷だなぁ(・_・、)

それでも、繰り返し練習している内に、みんとさんのへらへらした顔も真面目になって行きました。少しは「言うこと聞かねばならんのか」と思ったらしい。

日頃からそんな風に思われるようになるのは、いつのことやら・・・りどみぃはへなちょこなので、結構厳しい道のりになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

昼間の散歩はもう暑い

 終日雨だった翌日なので、みんとさんと昼頃にお散歩に出ました。


28/100回目

丘の上の公園まで行っていっぱい走ってもらうコースなので、まずは電車をチェック。(みんとさんは、電車が通過する間だけごほうびが連続して貰えます)

みんとさん、まんまとお肉をゲット。上り線と下り線が続けて来ると、2連続肉食べ放題状態になります。

電車を眺めつつのお肉タイムも終了し、日陰の少ない住宅街を進みます。程なく、丘の上の公園へ到着。

みんとさん、やる気満々です。

木陰でフリスビーや紐付きコングを投げる“持って来い“をして遊びましたが、かなり気温が上がっていて、みんとさんには暑そうなのに、前日の雨で遊べなかった分も遊びたいのか、自主的には休もうとしません。

りどみぃが投げるのをやめたら、やっとお休みする気になったようです。

みんとさん、片耳が裏返っていますが、その色が真っ赤で、かなり体温が高いのが見て取れます。りどみぃ、持っていた水でみんとさんのお腹をぴちゃぴちゃ☆濡らしてみました。気化熱で少しでも涼しくなると良いのですが・・・

もう保冷剤入れ付きのバンダナの出番なんだなぁ(・△・;)

みんとさんが熱中症にならないように、昼間のお散歩を控えるか、保冷剤を内ポケットに入れたバンダナを巻くか工夫しなくてはならない季節となったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

エイトポイント・スターのベビーキルト3 ベース

 この日、みんとさんはトリミングだったので、10時から家にはいませんでした。外は朝から雨なので、りどみぃはパッチワークにゆっくり取り組みます。

1パターンが16×16cmのエイトポイント・スターの型紙が出来たので、先にベース布を必要な数だけ裁ってしまう事にします。

4×4cmの正方形は4枚、直角二等辺三角形が4枚。それが25ブロック分なので、それぞれ

正方形 4×25=100(枚)

直角二等辺三角形 4×25=100(枚)

必要となります。

25ブロックすべてのベースを同じ布にする場合は、用尺として1×1mもあれば足りるのではないかと思いますが(各型紙に1cmの縫い代をつけても)、今回は3種類の布を使うことにしました。もちろん、4種類の布の色や雰囲気は同じような物を選んで統一感が出るようにしました。ベースに統一感が無いと、パターン同士がごちゃごちゃし過ぎてしまうからです。

 必要枚数が途中でわからなくなりそうだったので、クリップを25個用意しました。正方形4枚、直角二等辺三角形4枚の計8枚を揃えたらクリップでまとめるという作戦です。

これなら土台布をたくさん切り過ぎることが無い!\(^^@)/

(クリップの数を数え間違えたら意味無いけれど)


4種類のベース布

正方形と直角二等辺三角形合わせて200枚の印付けをし、裁断し、必要枚数を揃えてクリップでとめるというのを25組分終える頃、みんとさんのトリミング終了のお知らせが。雨は昼過ぎになっても降り続いていました。

みんとさん、いつもならトリミングの帰り道には公園でお散歩という段取りでしたが、雨に含まれる放射性物質のことも考えなくてはならないので、お散歩も無しです。

だって、雨に濡れたら、せっかくきれいにしてもらったばかりなのに、また丸洗いしなきゃならないじゃありませんか!

せっかくプロのトリマーさんがきれいに仕上げて下さったのに、素人のりどみぃが直後に適当に丸洗いしちゃうなんて、あまりにももったいない・・・かと言って、濡れちゃったら洗わないわけにもいかないし・・・ねぇ。

みんとさん、風呂上がりのけだるさなのか、おとなしく寝ておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

エイトポイント・スターのベビーキルト2 製図

 エイトポイント・スターというパターンは、プリント地で構成する正方形(×1)と直角二等辺三角形で作られたスター部分(×8)とベースとなる布によって構成された大きな直角二等辺三角形(×4)と小さな正方形(×4)とで出来ているので、型紙の種類としては4種類あれば事足ります。

でも一応製図してみました。

エイトポイント・スターは、正方形のそれぞれの1辺を4分割することで出来ているので、1パターンの出来上がりを16×16cmと決めて製図すると、こんな感じになります。

寸法を詳しく書くと、こんな感じ。

こうして製図して型紙を作ったら、それぞれのピースに必要な数だけ布に印付けをし、裁っていきます。

ちなみに、布目は型紙に対してこんな感じにするとバイアス分が伸びにくく、縫い合わせてパターンになった時の形がゆがみ難く正確に出来るようです。

スター部分の8つのポイントになる小さな直角二等辺三角形の布目が書いてありませんが、ベース布の大きな直角二等辺三角形と同じで、一番長い辺に布目を通すようにします。

このように布目を通しておくと、バイアスと布目を縫い合わせるという組み合わせになり、バイアス同士を縫い合わせるよりは寸法が狂い難くなります。しかし、柄優先でどうしてもそのプリント地のその部分を使いたい!ということであれば、バイアス地同士を縫い合わせる時に伸ばさないように留意すれば、必ずしも布目が通って無い状態でもどうにかなります。

ようは、自分さえ良ければいいんだもんねー(・◇・;)

でも、りどみぃは小心者なので、そんなことはするつもりはありません。それに今回は、星の形をくっきりとさせたいので、小紋のような柄行のプリントを選んでいるので、そこまでして優先したい柄の部分って気にしなくていいかと思われるのです。

これが、1パターンだけ作って、額に入れて壁に飾る・・・なんて事だと、話は違って来て、布の柄が小紋だと面白味のない出来上がりになってしまうから不思議です。(そういう場合は大きな花柄とか柄行が大胆な物が映えるそうな)

ここまでに、みんとさんの写真が1枚も無いので、不敵な微笑みの1枚を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

独自のナイス判断で

 今日の午後、みんとさんを花壇の杭につなぎ、りどみぃは少し離れたベンチで手元の何事かに(携帯メールとかカメラ操作とか)忙しいふりをする・・・という”(りどみぃの姿が)見えてる待ち”の練習をしておりました。

この後、年配の男性・・・平たく言うとおじーさんがウォーキングなさっているらしく通りかかったのですが、みんとさんがぽつん☆と待っているのをごらんになって、遊歩道からわざわざみんとさんの方へと近寄り、「よしよし」とみんとさんの頭をなでなでして下さったのでした。

りどみぃ、見て見ぬふり・・・顔は膝の上にのせた手元を見るかのようにして、横目でその様子を観察しておりました。みんとさんは、おじーさんに撫でられて大変喜び、尻尾を千切れんばかりにぷりぷり振ってはおりましたが、立ち上がって跳びついたりはしませんでした。おじーさんが撫で終わってみんとさんの側を離れるまでもずっと、きちんとおすわりしたままでした。

これは、りどみぃにとっては驚きの、みんとさんにとっては何重にもすごい事なのです。

まず、これまでに、スーパーマーケットの出入り口付近やコンビニの出入り口付近で待たせる練習をした時は、りどみぃがしっかりとみんとさんにアイコンタクトを確認してから、声に出して「”待て”」と命じてみんとさんの側を離れました。

しかし、今回は通りがかりにいきなり思いついたかのように無言のまま&アイコンタクトも無しでリードをくくり、そのままみんとさんの側から離れたので、残されたみんとさんの振る舞いは、みんとさん独自の判断によるものと言えます。

以前のみんとさんなら、りどみぃが止めてさえ、声をかけてもらったり撫でてもらったりすれば、喜んで興奮して跳びついていました。それなのに、誰が止めるでもないのに、自分の判断で跳び付かなかったのです。

すごいじゃない・・・(・◇・;)

しつけ教室の先生のご指導が良いのか、日頃のりどみぃの対処が功を奏したのか、理由はわかりませんが、みんとさんの判断が良くなったという事実だけは輝かしく確認出来たのでした。

もしかして、1週間以上前に同じ場所で待つ練習をしていた時、パピヨンとその飼い主の女性が通りかかった時に喜びのあまりに跳びついて、りどみぃから一喝されたのを覚えていて、今回は「これは跳びついたりしない方が良さそうだ。叱られちゃうから。」と思ってお利口にしていたのでしょうか?

もし、そうだとしたら、嬉しいなぁ(T▽T)

未来は明るいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

ゴンゴンのチャーム

 8日日曜日で母の日が終わってしまったので、みんとさんがいつまでもカーネーションのチャームを着けているのもはばかられ、替える事にしました。

今度はこれです。なーんだ?

カーネーションの替わりに着けるとしても夏のひまわりには早いし、梅雨入りもしていいないからテルテル坊主でもないし、若葉の季節だから葉っぱか何かにしようかな?と季節感のあるテーマを探していたところ、材料用のストックにガチャガチャで出たストラップがあったので、これにしました。

なんと、キンチョーの防虫剤ゴンゴン1年用のミニチュア版のチャームです。

衣替えの季節だから、良いかと思って・・・(^▽^;)

フロントライン(犬用ノミ・ダニ駆除薬)の代わりにはならないけれど、なかなかラブリー。

ゴンゴンのチャームをつけて、今日のみんとさんは、まずは郵便局へ。


25/100回目の待つ練習

局内にいるりどみぃの姿を、ガラス越しに注目し続ける程の緊張感は無くなったようです。この場所で待つという事に慣れたのかもしれません。

次に公園でいっぱい走って遊び・・・

最後にハンバーガーショップの前で待って・・・と待つ練習2回を含め、いっぱい歩きました。


26/100回目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

東扇島西公園

 みんとさんが良くドッグランや草地を利用させて貰うのに訪れる川崎市東扇島東公園は良い所ですが、少し離れた場所に東扇島西公園があり、ずっと前から行ってみたいと思っていたので、じじくんとみんとさんとで行ってみました。

東扇島西公園(ひがしおうぎしまにしこうえん)

所在地:川崎区東扇島94-1

電話:044-287-6034(港湾局川崎港管理センター港営課)

トイレ:2ヶ所(車椅子で利用可のトイレあり)

駐車場:あり(有料172台) 利用時間 24時間

東扇島東公園が釣り禁止なのに対して、この公園は釣りOKなので、この日もたくさんの人が釣り糸を垂れていました。飲み物やスナック類も同時に販売している釣り道具屋さん(勇竿釣り具店)が来ているので(営業時間は確かめていません)、餌やしかけ、針なども購入出来るらしい・・・

釣り好きにはたまらんですな!(・◇・;)

行ってみるまでは、「もし釣り糸や釣針が散らかっていてみんとさんに危険だったら、すぐに引き上げて東公園の方へ移動しよう」と思っていましたが、釣り人のマナーが良いようで、落ちている針や糸は1つも見かけませんでした。

運河に面したデッキ部分は石造りで柵があり、釣りをする人が並んでいましたが、その背後に当たる陸側には芝生で整備された広々とした空間があり、ボール遊びをしている家族連れもいれば、ピクニックをしている人もいました。

あまりにも広いので、みんとさんがその方々のお邪魔になる事も無く、運河に沿って細長い公園を、遊びながら進むことが出来るので、みんとさんも相当楽しかったようです。

みんとさんがいつも行くような山方面の公園に比べれば木の数は少ないですが、東公園よりは木陰が期待出来ます。(東公園は防災基地になる為にヘリコプターの離発着を考慮して木が植えられないとのこと)

上の写真でみんとさんが目指している丘の頂上に1つ目の展望台があり、そこを超えると下の写真のクローバーの広場が見えます。

クローバーがいっぱい茂っている場所では、何組もの親子連れが上手に花冠を編んでいました。

運河では、大型船がタグボートに引かれてUターンするという方向転換を目撃しましたが、そのスピードとなめらかさにはびっくり。

見事なものです。東公園からは飛行機と船が通過するのが見えますが、西公園は船の方向転換が見えるのでしょうか。日頃から行われているとしたら、また是非見たいものです。

公園の一番海側近くにある展望台は、階段の他にスロープがらせん状に作られていて、車椅子で上まで上がる事も出来るようになっていました。しかし、震災の時の地震によるものか、亀裂が入っている場所や段差が出来ている所があり、なだらかさは少しばかり失われてしまったようです。

しかし、眺めは素晴らしく爽快で、みんとさんも気持ち良さに「うひひっ」と笑っていまました。

釣り具屋さんのお話では、犬連れの人に、「こっち(西公園)は芝生だけど、あっち(東公園)は雑草地だから、こっちの方がいい」と聞いたことがあるとのこと。

わしらもみんとさんも気に入ったので、今後はその日のお天気や気分によって、東公園に行くか西公園に行くかを選んで利用したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

入門わんこ

 レッスンを2週連続でサボっている間に、自分なりに出来る範囲のことをしていたら、みんとさんの生活態度が変わる兆しが見えて来たような気がしたので(この辺希望的観測かも知れず)、レッスンに行ってみることにしました。

レッスンに出ることによって、またどーん★と落ち込んだら、その時はもっと長期に休んじゃう事にするか、

もう、みんとは困った犬のままでいいです!(・◇・;)

と開き直ってしつけ教室自体をやめてしまうか・・・と、そこまで腹をくくっての参加です。

 お教室を運営している獣医師の先生に、どのクラスに参加したら良いか問い合わせたら、どの時間帯でも良いということだったので、試しに一番最初の入門クラスと一緒に学ばせて貰う事にしました。

基本的には、入門クラスのわんこ&飼い主さん達がレッスンを受けている間、みんとさんは、室内の隅っこにリードをつない座らせておいたり、りどみぃが部屋の中央壁際の椅子に腰かけている左横に座らせてみたり、一緒に室内を歩いて入門クラスのペア(飼い主&犬)とすれ違ってみたり・・・と、その都度みんとさんの様子を見ての判断による先生の指示で、あれこれやらされました。

これが何の訓練になっとるのか、さっぱりわからん!(@_@)

みんとさん、やっぱりキュンキュン鳴いてみたり、身勝手に立ち上がったりしていましたが、りどみぃの心が折れちゃった日よりは全然マシでした。

この程度なら、来週のレッスンも来られるかなぁ~?(´ヘ`;)

自分でも自分の心がどの程度ダメージを受けるか、次のレッスンまでの1週間の様子にかかっているので、予想が付きません。

入門クラスの始まりの時、入室して良いのかどうか不明だったのでしばし屋外で待機していたので実際にレッスンに参加したのは10数分過ぎていた為か、入門クラスの終了時に帰り損ない、次の初級クラスにも巻き込まれるように参加させられ(先生があれこれ指示下さるので)、結局この日は2時間もレッスンを受けたことになってしまいました。

キ、キツ過ぎる・・・( ̄  ̄;)

先生がおっしゃるには、最近りどみぃが自主練していた方法では、現時点で効果が出ていなければ、効果は無いだろうとのことでした。

でも、りどみぃとしては、先生がみんとさんの全てを知っているわけでもないので(訓練の為にとお泊りで預けたことが無いので)、「100回やってみるまではわからん!(‐_‐)」と思っています。とは言え、毎日10回目標にしていた程の勤勉さは失いそうな予感。

一方で、先生は「なおるよ」と、なんとかこちらに希望を抱かせようと励ましては下さいますが、その言葉を信じられないりどみぃです。だって、先生みたいに犬に対応するのは無理だし(というかやる気無いし)、もうこれから長い間レッスン続ける(=努力し続ける)気にもなれないし・・・やっぱり心がまだ疲れているようなのです。

来週レッスンに参加するとしたら、また入門クラスにしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

お外で朝ごはん

 みんとさん、今日はお外でドッグフードの朝ごはん。

フィラリア予防の為の血液検査を受ける為、前日の夜のごはん以降は何も食べていませんでした。

例年、動物病院の待合室で、血液検査の結果待ちをしている間に食べさせてやるのですが、今回は、他に順番を待っているわんこ達が複数いて、その目の前でみんとさんが食べたら一騒動ありそうだったので遠慮しました。

動物病院を出てから、近くのビジネスビルで1階がカフェになっている建物の近くに行き、地域公園として提供されているスペースで、やっとみんとさんの朝ごはんです。

みんとさん、パピーの頃からずっと、ドッグフードは良く噛んで食べています。

もしかして、1粒ずつ噛んでいるんじゃあるまいか?(・△・;)

と思う位、じっくり食べております。

パピーの頃、きょうだい犬と我先に食べた経験が無いのか、まことにのん気なことです。

もしかして味わってる?(^▽^;)

ごはんが済んだみんとさんを近くにある外灯の根元につなぎ、りどみぃは少し離れた石造りのベンチに腰掛けて、携帯やカメラ等何か手元の作業で忙しいふりをして、みんとさんには目もくれない・・・”見えてる待ち”の練習をしてみました。


周囲を見る余裕あり?

全館禁煙になっているらしいビジネスビルからは、三々五々ビジネスマンが敷地隅の喫煙コーナーへ行く為にみんとさんの近くを通りますが、誰にも跳びつこうとしませんでした。みんとさんの跳び付き癖も、だいぶ良くなったものです。

う・うれしい・・・(T▽T)

どうも、背格好的にじじくんに似ている雰囲気の人が多数通るので、みんとさんとしては「あれはじじくんかな?違うか・・・」とイチイチ気にしていたようです。

この状態で5分近く経っても良い子だったので、試しにりどみぃがベンチから立ち上がってビルの陰に隠れてみました。

30秒もしない内にきゅんきゅん鳴きました。

ちっ、ダメか。(-"-;)

この後、りどみぃがカフェで買って来たお茶を飲む間、テラス席のテーブルの下にみんとさんが”ふせ”して待つ練習もしました。

みんとさんの待つ練習は、この日の午後別の場所でも行われ、通算24/100となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

人間用フリスビーでも遊べるか?!

 大型おもちゃ店で、人間用のフリスビー(キャンバス製)を買ってみました。自分でフリスビーを作る手間は惜しみませんが、ディスク自作本体部分や縁に入れる素材は試行錯誤中なので。取り敢えず・・・です。

人間用のフリスビーのこの製品は、縁が少し厚めに出来ていて、それだけに回転して飛んでいる時の安定が良く、ゆっくり降下して来るような気がします。心配だったのは、2cmもある厚さを、みんとさんのお口がぱく☆っと出来るかどうか・・・ラテックス製のおもちゃやぬいぐるみは、大きくてもばくっ☆っと行くみんとさんですが、飛んでいる物体となると勝手も違うかと思いまして。

これは厚みが厚過ぎてお口に入らなかったのではなくて、単に落下地点にみんとさんが間に合わなかっただけ・・・

顔がおもしろい・・・(^▽^;)

ばっちりぱくっ☆っと出来た時のどや?!顔とは対照的です。

このフリスビーは、みんとさんが使っていた160サイズの犬用の物よりも少し大きくて縁に厚みがあるので、日頃使っているフリスビー巾着に入りませんでした。

前のフリスビー巾着を作った時の要領で、もう一回り大きいのを作る必要がありそうです。お散歩バッグに入れるとバッグのファスナーが閉まらないので、持ち手もつける必要があるかも。でも、手にフリスビーバッグを提げているのも邪魔なので、バッグのショルダー紐の付け根に引っかけられるように工夫するのが良いかもしれません。

取り敢えず、みんとさんが人間用のフリスビーでも使えるってことがわかったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

とある公園

 みんとさん、とある公園で遊んだ後、記念に公園名の碑とぱちり☆


公園名はモザイクかけてあります

今回、初めて行った公園は、丘陵地形を生かした気持ちの良い所でしたが、園内のトイレは壊れているのかベニヤ板が打ちつけられていて使用不可だし、駐車場が無いので隣接する農道(?)に路上駐車する以外は、近隣のスーパーマーケットの無料駐車場を利用させて貰う(もちろんお買い物をするとして)位しか無さそうなので、りどみぃとしては「この公園に是非行ってみて!」という感想も持てず、具体的に場所や名前を紹介するのは差し控えることにしました。

みんとさんが居る横にあるのは階段の鉄製の手すりで、こちら側の入口からだと階段を上った後にも偽木で土留めして段を作った遊歩道があり、うっそうと茂った木が濃い木陰を作っていて、トンネルを抜ける様な錯覚を起こさせます。しかし、段を一番上まで上がれば、子供向けの遊具がある広場があったり、東屋があったり、緑が豊かな斜面が広がっていたりして、すがすがしい空間となっています。

この日は、東屋でトランペットの練習をしている方が居たのですが、かなりお上手で良い音を出していて、BGM付きのお散歩って感じでした。

みんとさんは、初めて訪れる公園も好きだし、緑がいっぱいなのも、高い所から下の方を見下ろしたりするのも好きなので、わくわくしていたようです。風邪で両耳が裏返っていても気にせず、積極的に楽しもうとしています。

最初、上の方の芝生の広い運動広場らしき場所では、ボール遊びをしている子供たちやキャッチボールを楽しんでいる親子がいたので、みんとさんはお邪魔にならないように低い場所にある草地でフリスビーなどして遊びました。

ここも公園の敷地内らしいのですが、少し草が伸びていてロングリードが引っ掛かりやすくなっていたので、みんとさんは走り難そうにしていて、フリスビーの落下地点に間に合わないようで気の毒でした。

そこで、一旦フリスビーをしまって、みんとさんが匂いを嗅いだりして楽しみながら散策していたら、上の方で遊んでいた子供達も全員引き揚げ、芝生の広場が無人となったので、改めてみんとさんが走りやすい環境でフリスビーを楽しみました。

みんとさんが公園に居た間にお散歩していたわんこは2頭しか見かけませんでしたが、どちらのわんこも吠えたりせずに穏やかな雰囲気でした。

みんとさんも気に入ったようなので、ぜひまた訪れたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

貸切でも気後れ

 憲法記念日であるこの日、大井海浜公園のしおさいドッグランに寄りました。

東扇島東公園のドッグランに行っても感じることですが、みんとさんはドッグランで初めてあったわんこと一緒に走ったりして遊ぶ気は無いようです。性質の良さそうな子が誘いに来てくれてもほとんど応じないのです。

ドッグラン自体は、いろいろな犬の情報を知る事が出来る場として好きらしく、入場するのをためらったり嫌がったりはしません。しかし、入場して一通りの匂いを嗅ぎ終わったり、すでに入場済みのわんこ達に挨拶を済ませてしまうと、「もう、気が済んだんで・・・行きますか?!」とじじくんやりどみぃの方とドッグランの出入り口とを見比べて、退場したい様子を見せます。

この日はお天気が悪かったので、公園自体に人気が少なく、ドッグランからちょうど遊び終わったグループが退場して帰るタイミングだったので、みんとさん小型犬エリア貸切となりました。

しかし、みんとさんの表情はどうも冴えません。匂いチェック自体もあまり熱心では無くって、一応チェック・・・程度。

みんとさん、気後れしてます?(・◇・;)

少しは走ればいいのに・・・と思ったので、じじくんとりどみぃとが15m程離れて向かい合い、お互いが交互にみんとさんを自分の元に呼ぶという形で走ってもらいました。

これで少しは明るい顔になりましたが、呼ばれなければすぐに立ち止ってしまうので、みんとさんとしては警戒モードなのかもしれない、他の犬の匂いが強過ぎるのかもしれないと思い、退場しました。

その後、近くの野球グラウンドとトイレの建物を兼ねている東屋の横の緑地で、ロングロングリードにして遊びました。

飼い主としては、ノーリードで走った方が長いリードを引きずるよりも楽に思うのですが、みんとさんにとっては、多少のリードの重さはあっても、フリスビーなどで遊ぶ方が楽しいらしい・・・

それも絶好調だったようで、フリスビーが飛んで来る場所で、ちょうど良いタイミングと高さにぴょーん☆と跳んでは、見事にキャッチするのを連続して成功させていました。

みんとさん、目測が上手になったのか?

空中姿勢も、幅跳びの選手のように美しい!

みんとさん、とっても楽しそうです。本犬も、キャッチが上手く出来ると、とても嬉しいようです。

みんとさんがロングリードで遊ぶのが好きなら、貸切でさえ気後れするドッグランで走らなくても良いか・・・そんな風に思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

郵便局の反対側は

 書留で送らなくてはならない物があったので、みんとさんのお散歩も兼ねて、郵便局へ行きました。連休中の平日ということもあり、駅の近くや家の近くの郵便局は混む事が予想されたので、ちょっと遠い局へ足を伸ばします。

跨線橋の上では、いつものように電車の通過をチェック。

遮音壁のある部分は日陰で良いのですが、電車が見えません。電車が来たらお肉(市販の犬のおやつ)がもらえるので、みんとさん真剣です。少しくらい日向で眩しくても、電車が来るかどうかを見極めようと致します。

電車が来て跨線橋の下を通過して、姿が見えなくなって音が聞こえなくなるまでの間、みんとさんはお肉が食べられます。

首尾良くお肉が食べられたので、みんとさん、ごきげん。

この後も、郵便局までの道のりを機嫌良く歩いて行きました。


待つ練習18/100回目

郵便局では、ポストと局の建物の間のスペースで待つことにしていますが、ガラス張りの為にりどみぃの姿が見えるせいか、鳴かないで待つことが出来ます。

郵便局での用事が済んだ後、信号のある交差点まで戻って来た時、来た道を戻る帰り方ではつまらないような気がして、ちょっと冒険してみることにしました。いつもは郵便局へ行くには左に曲がっているので、「ここで右に曲がったらどこに行くんだろう」と気になっていたのです。

地理的な配置を時計の文字盤に例えると、郵便局が9時の所だとすると、家は5時か4時位の位置だと思われるので、今回反対の3時に向かって行っても遠回りにはならないであろうという予想です。


19/100回目

しかし、これは大外れでした。どこまで行っても家から遠ざかるばかりで、なかなか家の方向へ戻る事が出来なかったのです。

というのは、来た時に線路を跨ぐ跨線橋を渡ったのですが、郵便局の反対側へと歩くと、どこまで行っても線路と平行している道路を歩くことになり、跨線橋も無ければ踏切も無く、線路の下をくぐれる地下道も無いという具合で、時計の文字盤で言えば3時を突き抜けてそのまま地平線まで行ってしまいそうな感じだったのです。

ようやく線路の向こう側(家がある方)に行けたのは、駅と駅の中間地点程の距離まで歩いてからでした。

コーヒーショップでアイスティーを買うことにして、みんとさんにもお水を飲ませてしばし休憩。(計らずもこれが20/100回目の待つ練習に)


21/100回目

その後、公園でみんとさんを杭につないでから、りどみぃは少し離れたベンチに腰掛けてアイスティーを飲んでいるので忙しいふりをするという、みんとさんに自分だけの時間を過ごさせる為の待つ練習をしました。

少しでもりどみぃが離れるとずっと見ていたのに比べて、花壇の向こうの遊歩道を歩く人や犬を見ていたりするので、それなりに余裕が出て来たのかもしれません。

アイスティーを飲んでいるという仕事(?)を終えるまでは、時間的に7分程かけてみましたが、その間にパピヨンを連れた年配の女性が通りかかり、みんとさんはパピヨンさんと挨拶を交わし、悪乗りして飼い主の女性に跳びつこうとし、りどみぃに「いけない!」と遠くから一喝されとりました。

一喝されてやめたので、本当は跳び付いてはいけない事は理解しているのでしょう。りどみぃの声は、跳び付かれそうになっていたパピヨンの飼い主の女性には聞こえなかったようで、みんとさんが自主的に跳び付くのをやめたように感じたようです。

家に帰ったら、最初に郵便局を目指して家を出た時から2時間半が経過していました。その間、ほとんど歩いていたことになります。

ちょっとした冒険心が大変な結果をもたらしたので、郵便局の逆方向へ行く事は、2度と無いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

カーネーションのチャーム

 昨年の今頃のみんとさんは、”緋鯉のチャーム“を着けていたなぁと町を彩る鯉のぼりを見ていて思い出したりどみぃ、今年は5月だからというテーマのチャームは特に用意していなかった事に気が付きました。

富士山の近く、河口湖で空模様を心配していた時でさえ、やっぱり昨年着けていた”苺のチャーム”でした。

5月というキーワードで思いつく季節感のあるもの・・・ということで、今回は母の日(5月の第2日曜日)にちなんで、カーネーションのチャームを作ってみることにしました。

使ったカーネーションは、100円ショップで買った装飾用の造花(商品名:カーネーションワイヤー)です。

3輪の小さなカーネーションが束ねられていますが、梱包を解けば1輪ずつバラバラに出来ます。本来は、プレゼントのラッピングの袋の口を閉じるのに使ったり、リボンを結んだ結び目にあしらったりする為の物のようです。

色は赤とピンクがありましたが、赤は母の日のりどみぃ母へのプレゼントに使う為に、ピンクはみんとさんのチャーム用に買ってみました。

裏を見ると、ガク部分は柔らかいプラスチックのような素材で出来ていて、茎に当たる部分は白いワイヤーになっています。

ガクを外して、挟まっている細いリボンと白い茎のワイヤーを取り除いてみたら、ガクと花芯の部分は強く接着されていない事に気が付きました。部品として、ぷち☆っとはめられているような感じです。このままだと、みんとさんがチャームとして使っている内に分解してしまいそうなので、ビーズとスパンコールを使って、花芯側とガク側とを糸で縫い止めました。

カニカンと丸カンを組み合わせた物を花びらの一番後列に丈夫な糸(ボタン付け用の太い糸)で縫い止めて完成。

みんとさんの首輪に迷子札と一緒に揺れる、カーネーションのチャームなのでした。

みんとさん、とてもお似合いよ~\(^^@)/

5月8日の日曜日までは、このチャームで過ごそうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »