« サボり | トップページ | ライラックが咲いたよ »

2011年4月24日 (日)

大池公園のワイルドな一面

 お天気の良い日曜日、みんとさんを連れて、横浜市こども自然公園(通称:大池公園)へ遊びに行きました。高速道路を使うと意外に時間がかからずに行けることがわかってから、出発時間を気にせずに、気楽に行けるようになりました。

季節が良いせいか、公園での休日を楽しもうとする家族連れがたくさん来ていました。駐車場からも、バーベキュー場の方が人でいっぱいなのが見えた位です。

平日に、りどみぃとみんとさんとで来た事があり、その時はロングロングリードで“持って来い“をして遊んだ場所も、子供たちがボール遊びをしているのが見えました。また、池の周囲の遊歩道は人通りが多く、公園というよりは繁華街を歩いているような感覚で、みんとさんも短いリードのまま隅っこを歩くしかありません。

そこで、公園内でもいつもは行かない場所へ行ってみることにしました。

案の定、少し池から離れたら、人通りは減り、みんとさんもロングリードで散策出来るように。

アスレチックがある方は、たくさんの子供たちでにぎわっていましたが、そこを通り過ぎたらまた静かな広場があり、そこにも遊具がいくつかありました。みんとさん、なぜかこの丸太を渡る気になったらしい・・・りどみぃが促してもいないのに、自主的に乗ろうとしていました。

が・・・動く物だとは思っていなかったようで、自分が前足を乗せたことでゆらりん☆と動いたら、照れ笑いをしながら戻って来ました。

怖いんだ・・・!(・◇・;)

別の遊具では、出入口のようになっている所があったので、みんとさんに「見て来て」と指さしたら、向こう側へ見に行き、「何も無かったです~」とばかりに戻って来ました。

公園の奥の端っこには、初めて行った広場があり、そこでも家族でフリスビーやバドミントンをしている姿が見られました。みんとさんも、遊ぼうと思えば他の方にご迷惑になること無く遊べそうでしたが、まだまだ先まで行ってみることに。

やがて、遊歩道は林道の様な趣になり、この公園にこんなにもワイルドな場所があったのかとびっくり。夏でも涼しく歩けそうです。

遊歩道の少し脇は藪になっているので、ネズミやタヌキが棲んでいそうな雰囲気です。みんとさんも、お鼻をひくひくさせて楽しそうでした。

地面にリスが下りてうろうろしていた形跡でもあるのか、みんとさん、木の上を名残惜しそうに見上げていたりして・・・

木に登れれば、リスを追いかけたかったに違いありません。

木の間に池に光が反射しているのが見え、いつも遊んでいる池の周辺も見えました。林の中の様な遊歩道は、池から随分と上の方にあることがわかりました。

夏でも木陰が涼しそうなので、また遊びに行きたいものです。

|

« サボり | トップページ | ライラックが咲いたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/39741546

この記事へのトラックバック一覧です: 大池公園のワイルドな一面:

« サボり | トップページ | ライラックが咲いたよ »