« 救援物資と一緒に | トップページ | 小石川後楽園 »

2011年3月26日 (土)

考えて動かないということ

 公園に行ったら、駐車場横でいつもみんとさんが短時間だけロングリードで遊んでいる場所は、お花見の集まりらしき方々による宴の真っ最中でした。

そこで、みんとさんは、別の場所で紐付きコングを投げての“持って来い“をすることに・・・ちょっと斜面がきつくて、下の方には人が通れる位の小道めいた土がむき出しの場所がありますが、そこも大ジャンプで難無くクリアするのですから、みんとさん元気いっぱいです。

短時間ではありましたが、いつもと違うジャンプありの“持って来い“はわくわくするような楽しさだったようで、この後のしつけ教室ではよく集中していました。やっぱりみんとさんは、運動してからお勉強するのが良いようです。

この日は、一緒に歩く”行進”や犬と5~10m離れて指示を出す”遠隔“、みんなで横一列に並んだ状態からの1頭ずつの”呼び戻し”のお勉強をしました。

りどみぃ、”呼び戻し”の順番待ちをしている時、正面に居るみんとさんを見て、しみじみと思いました。

みんともちゃんと考えるようになったんだなぁ(´ー`)

というのは、お勉強を始めた頃、みんとさんはどの飼い主さんが自分の犬を呼ぶ順番でも、「おいで」という言葉が聞こえれば、だーっとその家の犬よりも我先に走って行ってしまったり、りどみぃがまだ読んでもいないのに目の前まで来てしまったり・・・を毎回やっていたからです。だから、4人でお勉強していたら、4回の内1回だけがりどみぃの番なのに、みんとさんは全部動くので、お教室は大混乱なんてことになっていたのです。

また、りどみぃも他の飼い主さんの元に行ったみんとさんを連れ戻しては、イチイチ元の位置に待たせ直して・・・と人より余分に走ったのなんの。

そんな困ったわんこだったみんとさんが、「ん?今のはりどみぃが呼んだんじゃないな」とちゃんと自分で考え、自分が呼ばれたのではない時には動かないでいられるようになったのですから、すごい事です。

みんとさんの成長が感じられ、嬉しかったのでした。

|

« 救援物資と一緒に | トップページ | 小石川後楽園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/39408147

この記事へのトラックバック一覧です: 考えて動かないということ:

« 救援物資と一緒に | トップページ | 小石川後楽園 »