« 地震! | トップページ | 防災ラジオを聴きながら »

2011年3月12日 (土)

自宅待機

 11日の東北太平洋沖地震が発生したのは午後2時46分の事でしたが、4時過ぎになってから、みんとさんを散歩に連れ出しました。

みんとさん、地震直前にはすっかり出かけるつもりになっていたので、数時間家の中でテレビからの情報を得ながら様子を見ているりどみぃの元に、何度も「行かないの?」と問いたげに来るので、少しでも外に出してやらないと収まらない感じになっていました。

あまりにも大きな地震だったので、町全体の安全が確保されているかどうか確認したい気持ちもありましたが、通り道にある消防署には消防車が格納されていて、近隣では火事が起こって出場したりしなくて済んだのだと察することが出来ました。

 公園は通常見られるようなウォーキングやジョギングの人は見られなくて、必要に迫られて犬の散歩に出て来たらしい飼い主さんと犬のペアを数組見かけた程度で、すごく静かでした。

午後遅くなったら雨が降る天気予報もあったので、空模様も怪しく、ひと気が無いのはそのせいだったかもしれません。

やはり犬のお散歩に来ていた顔見知りの方に、そう遠くない地域では停電が発生して、信号機なども機能しなくなり、交通事情も悪くなっているという事を教えてもらい、地震の影響の小さくない事を感じました。

みんとさんと行ったのは、大きな木がたくさんある公園なので、ことによっては地震のせいで朽ちかけている枝が折れて落ちて来るような事も考えられる為、みんとさんの気が済む程度に歩いた後は、ただちに家に戻りました。

大規模な停電のせいで鉄道運行に支障が出て、首都圏の帰宅困難者が多数出ているという報道があり、じじくんもこの日は帰宅出来ませんでした。

 11日の夜から12日の朝にかけて、何度も地震があって揺れるので、いつもならみんとさんはベッドルームに置いてあるメッシュクレートの中で寝るのですが、りどみぃのベッドで一緒に寝ました。

普段、じじくんの帰宅が遅い時は、玄関の方を見て待っていたりするみんとさんですが、この日はじじくんからの連絡を受けたりどみぃが「みんと、じじくんは今日は帰って来られないってさ」と教えたせいなのか、帰宅を待ったり、群のメンバーが欠けていることに対して心配している様子を見せませんでした。

 12日はしつけ教室はお休みになりました。まったく、被害状況を知るにつけ、犬のしつけどころではありません。

お昼頃にじじくんが帰宅しましたが、1時間程度の通勤時間のところ、帰って来るのに4時間かかったそうです。

今のところ、テレビのニュースを見て1日を過ごし、被災地に思いを致すしか出来ることがありません。冬ごもりの動物のように、ひっそりと身を潜めているりどみぃとみんとさんなのでした。

|

« 地震! | トップページ | 防災ラジオを聴きながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/39221549

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅待機:

« 地震! | トップページ | 防災ラジオを聴きながら »