« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

トリマーさんの練習

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、トリミングでした。

今回は、3代目のトリマーさんが2代目に見守られつつ切って下さったそうです。

前回は、2代目のトリマーさんが切るところを3代目が見学しているという形だったそうですが、今回は3代目が挑戦してくれたそう。

頭もふんわりと丸味を出せているし、尻尾や耳の毛の長さもちょうど良いし、口から耳にかけての横顔も良い感じに仕上がっていました。

が・・・ちょっとだけ気になるところがありました。

それは身体の側面です。

どうもみんとさんを横から見ると、脇腹に一本線があるように見えるのです。背中から脇腹、お腹へという流れはなじんでいて欲しいので、この線状のラインが無い方が好みなので、次回はそこをどうにかしていただきたいものです。

じじくん曰く、「シュナウザーの切り方に似せたんじゃない?」とのこと。確かに、ミニチュア・シュナウザーで背中を短く、横から腹側へは少し長く残した切り方をされている個体を見かけた事があります。

あれはあれで可愛いです。でも、みんとさんには、シュナっぽさは求めていない、りどみぃとじじくんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

苺が来たよ

 ピンポーン☆っとチャイムが鳴って

はぁーい!(・◇・;)

と出たら、そこにはりどみぃ父がいたのでした。

「明日寄るね」も「後で行くね」も無かったのに現れたのでちょっとびっくり。みんとさんは、「ここでお会い出来るとはっ!!」と大興奮。身もだえする程喜んでおりました。

近くに仕事があって車で行くついでに、家からりどみぃにくれる為の苺の苗を植えたプランター×2を持って来てくれたとのことでした。

毎日お水をやっていれば、また大きくて美味しい苺が生ることでしょう。ここ何年もの間、毎年こうして苺の苗が植えてあるのを貰っていて、収穫時期が終わったら、プランターを返しに行っています。

以前、たくさん採れた時は、”苺のシフォンケーキ”を焼いた事もありました。

雨が多くて実が水っぽくなってしまった年もありましたし、夜の間になめくじにばくばく☆食べられてしまい、穴がぼこぼこあいた苺ばっかりになった時もありましたっけ・・・

 りどみぃ父の車が少し先の角を曲がって去って行く時、りどみぃに抱っこされて門口まで見送りに出ていたみんとさん、「くぅ~ん」と後を追って鳴きました。もっと遊びたかったのかも。

りどみぃ父に感謝して、いちごを大事に育てようよ。

楽しみだね、みんとさん!(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

エイトポイント・スターのベビーキルト1

 みんとさんのわんこ友達のお家に赤ちゃんが生まれたので、ベビーキルトを作ることにしました。

今回は、エイトポイント・スターというパターンを使って、ピンク系の配色で作ろうと思い、生地を選びました。

①はボーダーやラティスに使うつもりのギンガムチェックの生地です。

買った時は真っ白と明るいピンクによるギンガムチェックでしたが、ベースやパターンに使う布を落ち着いた色味にしてカントリー調にするつもりだったため、色なじみが良いように紅茶で染めてみました。

②は、パターンのベースに使おうと思っている布です。

ボーダーやラティスをつけての出来上がりが1×1m程度のキルトにしたいので、エイトポイント・スターのパターンの寸法は、1つ16×16cmにするつもりです。

16×16cmのパターンが、それぞれ幅4cmのラティスを挟んで縦5段×横5列の合計25ブロックが並び、周囲に幅10cm程度のボーダーがつく・・・というプランです。(出来上がりは120×120cmになる?)

その25個のパターン部分には、③で用意してあるプリント布を使って、25個の星は全部違う柄にしたいと思います。

生地を選んで作ろうとする作品としての雰囲気が決まったので、次は型紙を作ろうと製図するりどみぃに、これ見よがしにぶたのぬいぐるみのあご枕を差し出して、なんとか遊びに誘おうとするみんとさんでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

洗濯ネット

 バス停5つ先のホームセンターまで歩いて行ったのに、お散歩を忘れて買えなかったオカメインコのぴこちゃんのフード・・・いよいよ家の在庫が底をついて来たので、どうしても買わなくてはなりません。

今度こそ・・・!と、家を出る前にちゃんとお財布を持った事を確認し(お金が入っている事も合わせて確認)、山の向こうのいつも買っているフードが売っている方のホームセンターに行くことにしました。

地図で確認しましたが、直線距離だとかなり近いのです。しかし、みんとさんのお散歩を兼ねているので、歩道がある道や車が通らない道を選んで、のんびり行く事にしました。

が・・・のんびり歩いても山は山、どこまでも上り続ける坂道はきつかったし、稜線まで出てホームセンターが見えたのに、今度は下り続けて行かなくてはならないという、文字通りりどみぃにとっての”一山越えて“の道のりは、予想以上に体力を消耗させたのでした。

おまけにホームセンター内がこれまた広い!

みんとさんはペット用カートを借りて乗せる事が出来たので抱いていないで済みましたが、鳥のフードは店内の一番奥の端に置いてあるので、りどみぃは、みんとさんのカートを押しながら、てくてく☆てくてく☆と店内を進んで行ったのでした。

1kg入りを2個買う事にし、せっかく一緒に来たみんとさんにも骨ガムを買ってやることにしましたが、そこで帰り道の事を考えました。

家まで、買った物を持って、また山越えをして歩いて帰るのはキツイ・・・( ̄  ̄;)

で、どうしたかと言うと、同ホームセンターの洗濯用品の売り場で、60×50cmの大判の洗濯ネットを買いました。

みんとさん、後でこれに入ってね・・・(・_・;)

そう、りどみぃは既にホームセンターで、帰りは一部バスに乗ることを考えておりました。ホームセンターの表側からバスに乗ると、山の向こうの自宅に帰るまでには1~2回は別系統のバスに乗り換える必要があります。おまけにバスルートは大きく迂回することになります。その上震災の影響でバスは平日でも休日ダイヤで運行されている為、それぞれの系統のバスの本数は少なくなっており、乗り換えによる待ち時間等を考えると、帰宅出来るまでには2時間近くかかることが予想されました。

しかし、ホームセンターの裏側から最短距離で越えて来た山を再び越えれば、山の向こう側のバスに乗るだけで家の近くまで戻ることが出来る為、所要時間も半分で済むのではないかと思われ、もうひと頑張りすることに。

 山越えをして、目当てのバス停に到着した頃には、辺りは暗くなりかけていました。バス停の横の歩道の上で買ったばかりの洗濯ネットを開き、みんとさんに入ってもらいます。

みんとさん、洗濯ネットに入るのなんて初めてなので、「えーっっ???」っと言うような顔をしてはおりましたが、別に嫌がる様子はありませんでした。

バスが来たのが見えたので、ファスナーも閉めます。そうです、洗濯ネットであっても、頭から尻尾まで全部が袋に入っていれば、犬はバスに乗れるのです!

りどみぃ、以前そこのところをバス会社の本社に問い合わせた事があり、確信を持っていたので自信を持ってみんとさんを抱きかかえてバスに乗り込みました。もちろん、運転手さんは何も言いませんでした。

既に乗っていたバスの乗客から「なんだろう?あれは」という風に視線を送って来られましたが、りどみぃ、気がつかないふりでさりげなさを演出。

ええ、犬が洗濯ネットに入っていますが、なにか?(´ー`)

その後、空いた席に腰掛けて膝の上にみんとさんをのせましたが、しみじみとふくらはぎなどに疲労を感じ、「これは歩いて家まで帰るのはきつかったな」とバスに乗ることにしたナイス判断をひそかに自賛したのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

小石川後楽園

 りどみぃは、お友達と東京・文京区にある小石川後楽園で枝垂れ桜を見てからランチを楽しみ、その後は神楽坂散策をして来ました。

枝垂れ桜の向こうに見える白い山状の物は東京ドームです。小石川後楽園は、東京とは思えない程静かで緑がいっぱいの空間で、心から伸び伸びする事が出来ました。

元は水戸藩の大名屋敷で、回遊式の泉水庭園になっているので、池や川を模した流れがあったり、築山があったりと表情豊かでした。

公園内のあちこちが工事中で立ち入りが制限されている場所もあったので、是非、工事終了後にまた訪れて別の季節も楽しみたいものです。

 その頃、みんとさんはどうしていたかと言うと、家でお仕事をしていたじじくんとお留守番をしとりました。

みんとさんをお迎えするまで犬を飼った経験が無かったじじくんにとっては、1人でリードを握ってみんとさんをお散歩に連れて行くと言うのはハードルが高かったようで、数える程しか実行された事はありませんでしたが、じじくんも飼い主として成長しているらしく、この日はりどみぃが頼んだわけではないのに、ちゃんとお散歩に行って、晩御飯まで食べさせてくれていました。

じじくん、エライ\(^^@)/

このように証拠写真もばっちり☆みんとさん、笑っとります。余程じじくんにお散歩に連れて行ってもらえたのが嬉しかったようです。

みんとさんも、じじくんと行き慣れない内は、玄関で家の中を振り返るとか玄関から出るのをためらう等の様子が見られましたが、今ではすっかりじじくんも”お散歩に連れて行ってくれる人”リストに載ったようです。

じじくんとみんとさんの間に、より強い絆が感じられる今日この頃なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

考えて動かないということ

 公園に行ったら、駐車場横でいつもみんとさんが短時間だけロングリードで遊んでいる場所は、お花見の集まりらしき方々による宴の真っ最中でした。

そこで、みんとさんは、別の場所で紐付きコングを投げての“持って来い“をすることに・・・ちょっと斜面がきつくて、下の方には人が通れる位の小道めいた土がむき出しの場所がありますが、そこも大ジャンプで難無くクリアするのですから、みんとさん元気いっぱいです。

短時間ではありましたが、いつもと違うジャンプありの“持って来い“はわくわくするような楽しさだったようで、この後のしつけ教室ではよく集中していました。やっぱりみんとさんは、運動してからお勉強するのが良いようです。

この日は、一緒に歩く”行進”や犬と5~10m離れて指示を出す”遠隔“、みんなで横一列に並んだ状態からの1頭ずつの”呼び戻し”のお勉強をしました。

りどみぃ、”呼び戻し”の順番待ちをしている時、正面に居るみんとさんを見て、しみじみと思いました。

みんともちゃんと考えるようになったんだなぁ(´ー`)

というのは、お勉強を始めた頃、みんとさんはどの飼い主さんが自分の犬を呼ぶ順番でも、「おいで」という言葉が聞こえれば、だーっとその家の犬よりも我先に走って行ってしまったり、りどみぃがまだ読んでもいないのに目の前まで来てしまったり・・・を毎回やっていたからです。だから、4人でお勉強していたら、4回の内1回だけがりどみぃの番なのに、みんとさんは全部動くので、お教室は大混乱なんてことになっていたのです。

また、りどみぃも他の飼い主さんの元に行ったみんとさんを連れ戻しては、イチイチ元の位置に待たせ直して・・・と人より余分に走ったのなんの。

そんな困ったわんこだったみんとさんが、「ん?今のはりどみぃが呼んだんじゃないな」とちゃんと自分で考え、自分が呼ばれたのではない時には動かないでいられるようになったのですから、すごい事です。

みんとさんの成長が感じられ、嬉しかったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

救援物資と一緒に

 今日は、みんとさんとりどみぃ父母の家に行って来ました。

東北太平洋沖地震発生当日に行くはずだったのを急遽取りやめて以来なので、随分と久しぶりです。みんとさんがバスや電車に乗るのも久しぶりでしたが、今回はみんとさんが入っているキャリーバッグと同じ位の大きさの荷物も持って行くので、りどみぃとしては両肩にバッグを担いでいるようなスタイルになります。いや、その上に斜めがけにしてショルダーバッグも身につけているので、もっと大仰。

人が見たら歩く荷物って感じ?(^▽^;)

大きな荷物は、父に親戚宅まで持って行ってもらう救援物資です。家にあった新品のタオル類や靴下、下着、フリースやカットソー等なのですが、着の身着のまま避難して来た家族が困っているという事なので、りどみぃも父に託そうと思ったのです。

大きな荷物とみんとさんとなると駅での移動がきついので、「いっそ家から車で持って行くことにしようかな・・・」とも思ったのですが、やっぱりまだガソリンの供給が不安なので、温存しておくことに。

幸い、お天気は良かったので、交通機関乗車時以外は、みんとさんには自力で歩いてもらいました。大きな荷物でみんとさんがりどみぃを見上げる視界が遮られそうになっていましたが、お互いの協力で問題無く歩き(りどみぃがみんとさんを踏んでしまう事など無く)、目的地まで行けたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

節電わんこの悲劇?

 消化しきれない骨等は食べさせていないのに、みんとさんが朝っぱらから吐きました。

外が明るくなる頃には目が覚めるみんとさん、その気配にりどみぃが気がつけば、ベッドサイドのクレートから出して、りどみぃのお布団に入れてやります。起きなきゃならないまでの1時間余、みんとさんとしては、りどみぃのぬくぬく☆のお布団の中での2度寝は極楽らしい・・・

しかし、そのみんとさんがお布団からもぞもぞ出てりどみぃの足元へ行くと、ベッドの端から顔を出すようにして立ちつくしました。

みんとさんがこんな風にするのは、前日にポークリブボーンや骨付きカルビ(犬用のおやつ)などを食べて消化が悪かった時か、トイレに行きたい時です。

そこで、りどみぃが抱いてベッドから下ろしてやると、部屋の隅っこの床の上にうつむくようにして、これまた長い時間その姿勢のままで固まります。

みんとさん、吐けないの?トイレ行ってみる?(・△・;)

おしっこしたい時等は、「トイレ」という単語に反応して部屋の外に出たがったり、階段の下の方へ視線を送ったりするのですが、この時も部屋から出たそうにドアを見ました。この時、時計を見たら午前5時頃でしたが、じじくんは何も気付かずにぐーぐー寝ておりました。

階下のリビングに連れて行ったら、みんとさんも一度はサークルの中のトイレトレーの上まで行ったのですが、匂いを嗅いだだけですぐに出て来てしまいました。やはり、下から出したいわけではなくて、上から出したいらしい・・・吐きたいけど吐けない、そんな風に見えます。

お水飲んでみたら?吐けるかもよ?(・△・;)

等と声をかけても飲まないので、りどみぃとしては見守るしかないのですが、リビングは滑り止めの意味でカーペットを敷いてあるので、掃除しやすいフローリングの部屋のように、「どこでもいいから吐きたまえ!」という気持ちにはなれません。

みんとさんはみんとさんで、「吐くなら部屋の隅!」と決めているようで、2階の寝室では出入り口のドア手前の隅っこでスタンバイ(?)していましたが、1階では、ソファーの背もたれの後側でじじくんの書棚の前に当たる部屋の隅っこに決めたようです。

その時、りどみぃは新聞紙とペットシーツ(ワイドサイズ)を用意して、みんとさんがうつむいている前の空間に「ちょっとごめんね」と広げさせて貰いましたが、みんとさんとしては、そうされると少し方向を変えようとしたりして・・・

そ、その向きで吐いたら、新聞紙とか敷いた意味無いんですけど・・・!(・◇・;)

結局、みんとさんがどの方向で吐いても良いように、りどみぃが新聞紙を手にして待機しておりました。みんとさんが吐く時は、「げっぽん★げっっぽん★げっぽんんっ★」と、「どこからこんな音が出るんだろうか?」と思う程大きなポンプで水を汲み上げる様なごぽっっとしたような音が響きます。

文字通り、みんとさんの胃がポンプのような動きをするのではなかろうか・・・?と思われますが、その3拍子の様なリズムの最後のげっぽんんっ★の時に吐くので、大きな音がし始めた時にみんとさんのお口の前に新聞紙を差し入れたら、ちゃんとその上に吐いてくれました。

 吐くだけ吐いたら楽になるらしく、お口を拭いてやるともう平気になって寝てしまいましたが、どうやら胸やけの様な物だったようです。みんとさんが吐いた物を検めましたが、固形物はありませんでした。前の晩のごはんに入れてやったサーモンオイルが原因かもしれません。

りどみぃ、震災以後は自分に出来る事として節電に努めていた為、前日に雨に濡れてしまった後にお風呂でみんとさんを洗った後、いつもよりドライヤーをかけ始める時間までが長かったので、冷えちゃったのかもしれないのです。

テレビで「タオルドライをしっかりやって、ドライヤーの使用時間を短くする事が節電になる」って言っていたので実行してみたのですが、タオルドライの時間が長過ぎたらしいです。

ドライヤーの後も部屋の暖房は点けずに湯たんぽ&寝袋こたつだったので、風呂上がりのみんとさんには寒かったのかもしれません。

節電も、りどみぃはともかく、みんとさんの健康を害する程するのは無理があるのね・・・と悟った事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

雨に降られて

 天気予報では、2日連続の雨が上がってお天気とのことだったので、「今日こそは!」と長い距離のお散歩にしようと家を出ました。行き先は、バス停5個分先にあるホームセンターです。

今日は、いっぱい歩くのが目的だからね!(^▽^;)

みんとさんは、普段はあるか無い幹線道路沿いの歩道だったので、それなりに楽しそうにしていました。

ひたすらてくてく☆歩いてホームセンターに到着。ペット用のカートがあるので、みんとさんはそこに乗って、りどみぃが押して移動。

どうもカートに乗ると視線が高くなるので、みんとさんとしてはいろいろ見えてとても楽しいようです。この日のホームセンターへのお買い物の目的は、オカメインコのぴこちゃんのフードの購入なので、まずはそれを選びます。

ぴこちゃんがいつも食べているフードは、”プロショップ専用 中型インコ専用 マニア・シリーズ”とパッケージに書いてあってオカメインコの写真がプリントされている物です。

これがぴこちゃんには一番合っているようで、食べ残しが少なく、かつ卵を産もうとする気持ちが高まることも無い程度のカロリーのようです。(麻の実やカナリーシードが多めのブレンドだと、栄養過多になってしまい、すぐに卵を産みたくなってしまうぴこちゃんなのです。)

オカメインコのフードと言ってもいろいろなメーカーから出ているので、ある物は輸入品で妙に果実の様な甘ったるい・・・しかし人工的な香りが付けてあったり、「こんなの食べても大丈夫なの?(・_・;)」とりどみぃが思う程の色が着けてあったり・・・と様々なので、どれでも良いというわけではありません。

しかし、そのフードは、山の向こうの別のホームセンターで売られている商品で、今日訪れたホームセンターとは別の系列の店なので、こちらでは売っていませんでした。

そこで、ペットカートの上で尻尾をぷりぷり☆振っているみんとさんを「待ってね、今ぴこちゃんのごはんを選んでるからね」となだめつつ真剣に選び、初めて見た商品だけれど良さそうなのがあったので、それを買う事に決めました。

みんとさんが良い子で待っていたので、みんとさんにも国産の材料だけを使っているささみ巻きガムを買ってやることにしてレジの列に並んだのですが、あと順番としては3人目位になった時にバッグからお財布を取り出しておこうとして気がついたのです。

財布・・・家に忘れて来た・・・( ̄□ ̄;)!!

それでどうしたかって?すごすごとレジ待ちの列を離れ、一度はかごに入れた商品を、それぞれの売り場に戻しに行きましたよ。それから、みんとさんを乗せたカートをお店の出入り口付近まで戻し、みんとさんを抱いて店を出て・・・

何の事は無い、りどみぃとみんとさんは、ホームセンター内をカートでお散歩する為だけに来たようなものです。銀行のキャッシュカードかクレジットカードでも持っていれば、近くのコンビニのATMでお金を下ろして来る事も考えられましたが、そんな物も持っていなかったのでした。

そして、ホームセンターを出て家路をたどり始めたら、暗雲垂れ込めて雨がぽつぽつ降り始めるじゃありませんか!それも結構な大粒で。

聞いてないよっっっ( ̄□ ̄;)

と空に向かって叫んでみても、雨が止むわけで無し・・・りどみぃとみんとさんは、足早に急ぎましたが、家に到着するまでにはかなり濡れてしまいました。

放射性物質を含んでいる可能性が高いので、りどみぃもみんとさんもお風呂場に直行。頭からつま先まで丸洗いです。

いっぱい歩いて疲れ、お風呂に入って気持ち良くなったのか、みんとさんは眠ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

お家で遊ぼう

 また雨が降っていたので、今日もみんとさんはお散歩無しです。でも、みんとさん、家のトイレでもちゃんとうんちしていました。

エライ!\(^^@)/

最近、お天気が良い時のお散歩では、相変わらず“一本橋”芸を磨いたりして楽しくやっています。

みんとさん、やっぱり何か新しい事をお勉強するのが好きらしい・・・この練習をする階段の近くに通りかかった時に「みんとさん、“一本橋”しようか!」と声をかけると、いそいそと走り寄って来てやる気を見せます。

“一本橋”でみんとさんが歩くのは、幅が細いコンクリートの部分なので、みんとさんが急いで歩こうとし過ぎるとバランスを崩して足を踏み外してしまったりもします。それだけに、端まで落ちないで歩けると達成感があるらしい・・・

ご褒美ももらえるしね♪(^▽^;)

雨の日はそういう楽しい事が出来ないので、家の中で出来ることをしますが、2日連続の雨ともなると単なる“持って来い“を繰り返すだけでは単純過ぎるので、植木鉢を出して来て”フラワーポットサーチ”をして遊びました。

それも、みんとさんにとって複雑になるように、植木鉢の中に隠すごほうびをチーズとジャーキーのかけらという風に別の種類の物を用意したり、みんとさんお気に入りのぬいぐるみを隠しておいたりしつつ、当りが1つの時や複数の時をランダムに作ったりして、みんとさんがじっくり探さなくてはならないようにしてみました。

植木鉢の前で「これが当りです」という意思表示として”おすわり”するみんとさんは、とっても可愛いのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

お散歩は諦めて

 雨が降ったので、みんとさんを抱いて窓から外を見せ、お散歩は諦めてもらいました。

最近は、雨でも平気でお散歩に行く傾向にあったみんとさんでしたが、今回は東北太平洋沖地震の影響で福島の原子力発電所が被害に遭い、放射性物質が放出されてしまった事から、雨には濡れない方が良いとのこと。

前日、ぽかぽか陽気で混んでいた公園を後にする時は、「また明日来たらいっぱい走ればいいよ」と言っていたけど、雨に降られちゃ仕方ありません。

リビングを片付けて、みんとさんが走れるようにし、家の中で何度も「“持って来い“」をして、みんとさんが発散出来るようにしました。息が弾む程楽しく遊んだせいか、満足して眠ったのですが、その寝相が・・・

こんなんなのです。

最初は、座布団と綿入れ半纏やフリースを重ねた”みんとさんの寝床(マット)“で寝始めたのですが、寝ている内に暑くなってしまったようで、ずるずると半身が床へ滑り落ちて行きました。

ここで寝られると、キャスター付きの椅子で轢いちゃいそうなんでけど・・・(‐_‐)

みんとさんの肉球は、何も語ってはくれなかったのでした。熟睡中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

公園がにぎやかで

 この前「見られてラッキー!(☆☆)」と思っていたくらいなのに、また公園の池にカワセミがいるのを見る事が出来ました。それも2羽。

じじくんが一緒だったので、カワセミの写真を撮ってもらいました。が、持っていたのがコンパクトカメラだけだったので、あんまりハッキリ写っていません。

それでも、この前りどみぃが自力で撮ったのよりはずっとマシかと。

オスとメスのつがいなのか、親子なのか?事情はわかりませんが、1羽がもう1羽を縄張りから追い出そうとするような仕草は見られなかったので、仲良く暮らしているもの同士のようです。

フェンスの前にとまっているこのカワセミは、くちばしが上下とも黒く見えるので、オスではないかと思われます。

一方、こちらは高い木の枝に居た方。こちらはくちばしの下側が黄色いので、メスではないかと思われます。

やっぱりつがいかな?(・_・)

じじくんが、「家にらカメラ取りに行こうかな」とつぶやいたのですが、りどみぃ、止めておきました。公園の真ん前の家に住んでいるわけじゃ無し、わざわざ家まで戻ってカメラを持ってまた公園に来る頃には、もうカワセミは居ないと思ったからです。

少なくとも、この公園に居るカワセミは、木の枝の上で眠っていたりするようなのんびりした様子を見た事がありません。池の上に張り出した枝に居るのは、常に池の中の小魚を狙っていて、言わば食べる為に来ているようなので、お腹一杯になったら、さっと居なくなってしまいます。そしてまた、それも何十匹も食べるわけではないので、そう長い時間居てくれた事がありません。

 この日、暖かかったせいか、震災以来のガソリン不足から遠出を控えている家族が多いせいか、公園は人が多くてにぎやかでした。

みんとさんも、ロングリードで歩き回るわけにはいかない程の遊歩道の混雑ぶりで、いつものお散歩よりは自由がきかなかったように思われます。

カワセミの池のほとりでも退屈してたし、菜の花の前では”おすわり”しろと言われるし・・・で、みんとさん、少しも楽しそうではありません。

明日は平日だから、こんなに混んでないと思うよ!(・△・;)

また次の日にいっぱいお散歩することを約束して、帰り道にやっと笑顔になった(別の理由であろうが)みんとさんでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

先を読まれるな!

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんとりどみぃが通っているしつけ教室、今回は犬に先を読まれないようにするという訓練でした。

みんとさん、かなり先を読む犬なので、これを読まれないように・・・となると、かなりこちらの工夫が必要です。

例えば、じじくんが帰宅してから最初に「膝の上にのっても良いよ」と許可を与える為、よく“お手”と”おかわり”をさせていました。みんとさん、勝手に「この人には“お手”と“おかわり”をすればいいんだな」と解釈したようで、じじくんが何か言う前に前足を上げるようになってしまいました。先を読んでいるわけです。

みんとさんの読んだ通りに物事が進むと、それはみんとさんの考えに従っていることになってしまい、りどみぃやじじくんの指示に従ってみんとさんが行動するという形の真逆になってしまいます。

先生は、犬達の様子を見ながら飼い主に次々と指示が出されましたが、それは人間の予想をも裏切る展開であり、あっちへ行っては犬を座らせ、こっちへ飼い主が動いては、また犬の近くまで行って・・・と、右往左往。

ここまで予想だにしない行動をしないと、犬は読み切ってしまうのかっ?!(・◇・;)

犬が飼い主が離れた事で「”呼び戻し”をするのかな?」と先を読もうとするところを遠隔で”おすわり”→”ふせ”なんてやってみたりして・・・それでみんとさん「ああ、”おすわり”の次は”ふせ”をすればいいのね」と思うところを、今度は”おすわり”→”立て”って言ってみたりする・・・と。

日頃単純に考えて行動しているりどみぃには、先読みするわんこの裏をかくのは、結構難しいと感じた事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

計画停電の町

 計画停電によって18日の夜停電するグループに入っている親戚の家に届けたい物があり、じじくんは週末にでも行くつもりでしたが、りどみぃとしては「少しでも早い方が良いだろう」と思ったので、1人で持って行く事にしました。

いつもなら車で行くお家でしたが、ガソリン不足によるスタンドの長蛇の列がニュースになっていることもあり、バスを乗り継いで行く事にしました。

とは言え、バスルートの道路が渋滞するのかしないのか、付近の交通事情もしかと把握出来ない状況で往復にかかる時間も読めない為、みんとさんは家でお留守番して居て貰う事に。

まだ連日余震があるので、みんとさんだけを家に残すのも心配ですが、連れて行って道中何かあったらそれも危険なので、りどみぃとしては、一緒に出かけるよりも家に居た方が安全という判断なのです。

そこで、お留守番の前にお散歩に行っておくことにしました。

お天気が良い日で、みんとさんはごきげん。こうしてみんとさんが屈託無く笑うと、大きな災害の事を一瞬だけでも忘れさせてくれるような気がします。

 お散歩から帰ってから、みんとさんのいつも時間より2時間位早かったのですが、晩御飯を食べさせました。りどみぃが留守の間、腹ペコだと不安な気持ちになるのではないかと思ったので、満腹にしてから出かける作戦です。

湯たんぽのお湯を温め返して充分暖かいものにし、みんとさんのサークルの隅っこにフリースを2枚並べて敷き、1方のフリースの上に湯たんぽを置きました。これで寒ければ自分で湯たんぽに寄り添うでしょうし、必要無ければ単にフリースの上に居ることもできます。

じゃ、みんとさん、お留守番お願いね!(・_・)

りどみぃ、防災ラジオやお水等、出先で何かあった時の為の用心に、あれこれ入れたリュックを担いで家を出ました。

 バスは休日ダイヤで遅れなく運行しているようで、車内は混んではいましたが、バスのルート上にはガソリンスタンドが無い為(もしくは既にガソリンが完売で閉店している状態?)か、道路は渋滞していませんでした。

目的地の最寄り駅のバスターミナルに到着し、駅の反対側まで行って別のバスに乗りました。こちら側のバスルートも渋滞無く順調に行けて、特に困難も無く目的地へ到着する事が出来ました。

親戚の家で談笑中に、停電の予定時間より数十分過ぎてから、いきなり電気が消えました。

おお、停電だっ!来た来た!!(・◇・;)

蝋燭を点け、ラジオからの情報を聞きながら、お湯を入れたペットボトルを熱源としたこたつで暖を取りながら、しばらくお茶など飲んで過ごしていましたが、停電が終了する予定時刻は10時とのことなので、とてもそれまでお邪魔していると帰宅が遅くなり過ぎてしまい、バス便の有無も心配なので、おいとまする事にしました。

手回しラジオについているライトで夜道を行くことを覚悟していましたが、昼間天気が良かったせいか空が澄み切っていて月明かりが明るく、ライト無しでも十分にバス停までの道が見えました。

しかし、バス停でバスを待ち始めると、時々車が通ることでヘッドライトの眩しさによって目がくらみ、かえって車が通り過ぎた後は漆黒の闇といった風情。遠くから蛍のような小さな光がこちらに向かって来るな・・・と思ったら、歩いて家に向かっているらしい会社員らしき女性の手持ちの懐中電灯でした。

闇の中のバス停にりどみぃが立っているせいで驚かせてはイカン・・・と、わざと動いてみたりして。

やがて闇の中にバスのヘッドライトが浮かび上がり、運転手さんは、ちゃんと暗いバス停にいたりどみぃを発見し、停車してくれました。暗い外に比べれば車内は明るくて、ホッとしましたが、それだけに駅までの車窓に広がる暗い町並は妙に沈んで見えました。

建物の中には人がいるのでしょうが、灯りが漏れてこない事で誰もいないように見えます。街路灯も消えているところが、真夜中に人が寝静まった後の町ともまた趣が違います。

信号機は動いていたので、この界隈では事故などは起こっていないようでしたが、建物があっても灯りがどこにもともっていない町というのは、寂しいものなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

好きな桜

 みんとさんと良くお散歩する公園の中で、りどみぃが好きな桜があります。


りどみぃの好きな桜

公園内で1本しか見かけません。

ソメイヨシノが咲き始めるより早く咲くのですが、花の形は似ていて、でも花弁の色が少しばかり濃いめに見えます。でも、緋桜と名のつく種類の桜よりは薄い色です。

木に名札が付いていないので、何という種類の桜なのか、毎年眺める度に知りたかったのですが、わかりませんでした。

みんとさんは、カワセミの時と同様、桜の花になんて何の興味も無いらしい・・・

いや、桜のシフォンケーキは食べられるぞ!(・◇・;)

ま、それは別の日に焼くとして・・・りどみぃの好きな桜は、オカメザクラよりは1つ1つの花が大きいし、花の色も薄め。もちろんヨコハマヒザクラ程の濃い桜色でもないし、それにヨコハマヒザクラが咲くのはもっと後になってからです。

すごく気になっていたので、調べてみる事にしました。

お世話になったのは、「このはなさくや図鑑~美しい日本の桜~(http://hccweb5.bai.ne.jp/nishicerasus/index2.html)」というサイトです。

このサイトの豊富な桜の画像や解説を見せていただいていてわかったのは、桜を見分ける時には、花の色や花弁枚数、萼(がく)の萼筒(がくとう)と萼片(がくへん)の形、葉っぱがいつ(花が咲く前か後か)どんな風に出る木なのか、幹はどんな風か等の情報が大切らしいです。

「開花時期別(早い)」に分類されている3月上旬と中旬の桜の花の画像を1つずつ見て行きましたが、どれも違うようで特定するには至りませんでした。

きれいだな~(  ̄_ ̄)

なんて花をボーっと見てばかりいたので、萼の形がどうだったかなんて全く覚えていません。

次回は萼や幹の写真を撮って来て、じっくりと”このはな~”のサイトで紹介されている物と見比べてみることにいたしましょう。


りどみぃの好きな桜

花が咲いている間は葉っぱが無いタイプの桜であることは確かです。それから、萼は、りどみぃには釣鐘型のように見えます。

りどみぃ推理では、オオシマザクラの1種ではないかと。

さて、真相はいかに?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

カワセミより鯉

 みんとさんと池のある公園に行ったら、カワセミがいました。

いつもここを通る時には、

カワセミいないかな・・・(((・・ )( ・・)))

と探してはみるのですが、みんとさんとお散歩に行く時間帯が悪いのか、年に数えるほどしか見られませんでした。

が、この日は、元気に活動しているのを見る事が出来ました。池の魚を獲っては、付近の石や木の枝の上で休むという具合で、明るい日差しに映えて、とてもきれいでした。

どうやらカワセミのごはんの時間のようで、高い枝にとまっては池の中を見ていて、魚が真下に来たのを急降下でぽちゃん☆と飛び込んでぱくっ☆っとくわえて枝に舞い戻ります。

銀色に光る小魚をうぐうぐっ☆っと飲み込んでしまい、また枝の上から次の獲物を狙っているらしい・・・しかし、狩りは必ず成功するわけではないようで、池に飛び込んでみても手ぶら(?)で枝に戻ることも何度もありました。

みんとさんには、きれいだけれど遠くて小さいカワセミは見えなかったようで、足元まで来る鯉の方に関心が高そうでした。

みんとさん、落ちないでよっ!(・◇・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

ぴこちゃん、無傷ではなし

 東北太平洋沖地震の直後、りどみぃがオカメインコのぴこちゃんの無事を確認しに行ったら、のんきな顔をしてぽりぽり餌を食べていたので安心したのですが、やっぱり驚いて暴れたようです。

後で鳥かごの底を見たら、本来ならば抜けるはずの無いような羽が落ちていましたし、その根もとには血がついていました。また、その内の1本は折れてしまったらしく、かなり出血があったようです。折れた羽の端には、血の塊がついていました。

ぴこちゃん、さぞや痛かったろうね・・・(・_・、)

ぴこちゃんは無事だったかと思いましたが、ひっそり怪我していたのでした。

ちなみにその後、ぴこちゃんが抜けてしまった羽のあった場所等を気にする事も無く、傷は癒えたようです。

強いなっ!(・◇・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

湯たんぽわんこ

  テレビで被災地の被害の大きさを報道しているのを息詰まるような思いで見ながら考えました。

今、私に何が出来るか・・・?(・_・)

この時思いついたのは、節電と義援金の捻出でした。

暖房は点けず、湯たんぽその他で作った自家製こたつで暖を取ることに。

床の上に、りどみぃ母の家からのお下がりで、「みんとが使えば良いや」と貰って来てあったこたつ用の敷きマットと昨年の冬にりどみぃが使っていたボアシーツを重ねて敷き、その真ん中に湯たんぽをのせ、上からは寝袋になるアウトドア用の布団をかけて完成。

中に入るりどみぃは、上は長袖のカットソー2枚を重ね着し、その上にシープスキン風のフリース、更にその上から綿入れ半纏を羽織り、下は内側がフリースになっているナイロンパンツとパイルの靴下を着用。

みんとさんは、そんなに寒さを感じていないらしく、自家製こたつの上で寝ておりました。お布団越しの湯たんぽのぬくもりで十分らしい・・・

それでも室温が低いので、湯たんぽに顔とか前足とか、どこかくっついているように工夫していたようです。

りどみぃが1階から2階へ居場所を移す時は、片手にみんとさん、片手に湯たんぽを抱えて移動し、行った先の部屋でも座布団を重ねた上に湯たんぽを置いて、みんとさん用の暖かい居場所を作ってやりました。

みんとさん、どこの部屋でも素直に湯たんぽに寄り添っておりました。すっかり湯たんぽわんこです。

出来ることから一緒にがんばろうね、湯たんぽわんこ!(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

防災ラジオを聴きながら

 12日の夕方、ほんの短い時間のみお散歩に行きました。地震後の津波の影響で福島の原子力発電所にも被害が出て予断を許さない状態となり、刻一刻と変わる状況を把握していたかったので、普段は車に積んである防災グッズを持ってラジオを聞きながら歩いて行きました。

これは、主に車用に作られているアイテムで、赤いキャップが付いている所は金属のハンマーになっていて、事故等でドアが開かなくなった様な時でも、キャップを外してガラスを叩き割って外に脱出するのに使えるそうです。また、下の方の切り込みは、カッターの刃になっているそうで、シートベルトが外れなくなった時に切ることが出来るそうな。

電池が無くても、手回しハンドルを回すことで発電&蓄電し、ラジオを聴く事も出来るし、スイッチを入れればライトを灯すことも出来るとのこと。

じじくんとりどみぃとでハンドルをぐるぐる回してラジオを点けて家を出ましたが、聴くばっかりだとすぐに電力が消耗してしまうようで、アナウンサーの声が小さくなってぷつ☆っと切れてしまうので、聴き続ける為には、ハンドルを休み無くぐるぐる回していなければなりませんでした。

かように油断ならない雰囲気で出たお散歩でしたが、みんとさんは短い時間でも走れたので少しは満たされたようです。

 13日は、じじくんが14日からの週が忙しくなることを見越して、どうしても済ませておきたい用事があったので、60km程離れた所に出かけました。車のガソリンはあと1目盛りだったので、帰りに出先で入れるつもりだったのですが、通りかかったガソリンスタンドで長蛇の列を見たり、いつもなら日曜日も営業している店が閉まっているのを見かけ、「これはただならぬ事だ」と気が付きました。

用事を済ませた後、どこかで並んででもガソリンを入れる事が出来なくては、家に帰ることが出来そうもないという状況に2人で真っ青。家にはみんとさんがお留守番していますが、電車で帰るったって動いているかどうか怪しいところでした。

普段はあまり通らな街道沿いのスタンドで10台待ち程度で入れる事が出来ましたが、レギュラーが売り切れだという事で、ハイオクを入れてもらいました。ハイオクなんて入れたの初めてです。

なんとか家に帰りつく事が出来、みんとさんに晩御飯を食べさせる事が出来た夜でしたが、震災の影響が広範囲に及んでいる事を実感したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

自宅待機

 11日の東北太平洋沖地震が発生したのは午後2時46分の事でしたが、4時過ぎになってから、みんとさんを散歩に連れ出しました。

みんとさん、地震直前にはすっかり出かけるつもりになっていたので、数時間家の中でテレビからの情報を得ながら様子を見ているりどみぃの元に、何度も「行かないの?」と問いたげに来るので、少しでも外に出してやらないと収まらない感じになっていました。

あまりにも大きな地震だったので、町全体の安全が確保されているかどうか確認したい気持ちもありましたが、通り道にある消防署には消防車が格納されていて、近隣では火事が起こって出場したりしなくて済んだのだと察することが出来ました。

 公園は通常見られるようなウォーキングやジョギングの人は見られなくて、必要に迫られて犬の散歩に出て来たらしい飼い主さんと犬のペアを数組見かけた程度で、すごく静かでした。

午後遅くなったら雨が降る天気予報もあったので、空模様も怪しく、ひと気が無いのはそのせいだったかもしれません。

やはり犬のお散歩に来ていた顔見知りの方に、そう遠くない地域では停電が発生して、信号機なども機能しなくなり、交通事情も悪くなっているという事を教えてもらい、地震の影響の小さくない事を感じました。

みんとさんと行ったのは、大きな木がたくさんある公園なので、ことによっては地震のせいで朽ちかけている枝が折れて落ちて来るような事も考えられる為、みんとさんの気が済む程度に歩いた後は、ただちに家に戻りました。

大規模な停電のせいで鉄道運行に支障が出て、首都圏の帰宅困難者が多数出ているという報道があり、じじくんもこの日は帰宅出来ませんでした。

 11日の夜から12日の朝にかけて、何度も地震があって揺れるので、いつもならみんとさんはベッドルームに置いてあるメッシュクレートの中で寝るのですが、りどみぃのベッドで一緒に寝ました。

普段、じじくんの帰宅が遅い時は、玄関の方を見て待っていたりするみんとさんですが、この日はじじくんからの連絡を受けたりどみぃが「みんと、じじくんは今日は帰って来られないってさ」と教えたせいなのか、帰宅を待ったり、群のメンバーが欠けていることに対して心配している様子を見せませんでした。

 12日はしつけ教室はお休みになりました。まったく、被害状況を知るにつけ、犬のしつけどころではありません。

お昼頃にじじくんが帰宅しましたが、1時間程度の通勤時間のところ、帰って来るのに4時間かかったそうです。

今のところ、テレビのニュースを見て1日を過ごし、被災地に思いを致すしか出来ることがありません。冬ごもりの動物のように、ひっそりと身を潜めているりどみぃとみんとさんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

地震!

 東北太平洋沖を震源とする大地震が発生しました。

この震災で亡くなられた多くの方に、心からご冥福をお祈りいたします。また被災され、不自由な生活を送っていらっしゃる方々に、お見舞い申し上げます。

あまりの被害の大きさに言葉もありませんが、りどみぃの出来る限りを尽くして心を寄せたいと思っています。

地震発生時、りどみぃとみんとさんは自宅にいました。
この日はりどみぃ母の家に行くつもりだったので、用意を整えてもう家を出るばかりになり、一度は玄関で靴を履いたものの、忘れ物を思い出して再び家に上がった、そんな時に地震が来ました。

リビングと廊下との境のドアがカタカタカタカタ震えて音が鳴り続け、次に大きく家全体が揺れました。りどみぃは、みんとさんを抱きかかえ、廊下の隅に避難しました。そこは、家具も無いし両側が壁なので構造的に強いと思われた上、天井の照明等からも離れている為、照明が落下したとしても被害を免れることが出来るのではないかと思ったからです。


地震発生後15分頃のみんとさん

家は大きく揺れ続けましたが、それは前後左右という揺れ方ではなくて、時計回りにぐるんぐるんと大きく円を描いて揺れるような揺れ方で、あまりにも長く続くので、乗り物酔いのように目が回り始めました。

それでも他にしようが無いので、ひたすらみんとさんを抱えたまましゃがんでいましたが、背後の浴室では、浴槽に蓋がしてあるにもかかわらず、中のお湯が大きく波打ったせいで蓋を押し上げては、じゃっぽんじゃっぽんとバケツの水を叩きつけるような大きな音を立てながら飛び出していました。

みんとさんは、そのお風呂からの音とリビングのドアがガタガタ鳴り続けるのが怖かったようで、小刻みに震えていました。

ようやく少し揺れが収まったので、りどみぃは外に出る可能性を考えてみましたが、外に出れば目の前に電信柱があるし、家同士が建て込んでいるので、我が家の前に出たとしても、何か落下物があればかえって危険だと判断し、廊下の隅に居ることにしました。

揺れている間、リビングの薄型テレビが倒れるんじゃないかと思って遠くから見ていたのですが、倒れることはありませんでした。そこで、リモコンを掴んで廊下へ出てからテレビを点けてみたら、地震速報が始まり、次々と情報が流れ始めました。

余震は何度もありましたが、揺れる度にみんとさんを抱き上げて廊下の隅に身をひそめました。みんとさんは微動だにしないでおとなしく抱かれていました。

出かける身支度をしていたので、りどみぃはウェストにごほうび入れのチョークバッグを着けていて、中にはささみやチーズが入っていたので、地震で揺れる度にみんとさんに食べさせました。みんとさん、最初は震えていましたが、チーズが食べられたので、物が食べられる程度の恐怖感になんとか収まっていたようです。

その後、余震の度に、りどみぃがみんとさんを呼んで抱き上げてはごほうびを食べさせていたので、リビングのドアがカタカタ鳴ったら自ら来るようになりました。

30分過ぎる頃には顔も明るくなり、じじくんやりどみぃ姉とも取り敢えずの安否確認が完了。りどみぃ母はりどみぃ姉が様子を見に行ける範囲にいて、そちらも大丈夫だったとのこと。

あまりにも大きな地震で、広範囲に大変なことになったので、りどみぃとみんとさんは出かけるのを中止して、自宅にいることにしました。

余震もだいぶ収まった頃になってから、2階へオカメインコのぴこちゃんの様子を見に行ってみたら、結構平気な顔してごはんを食べていたのでほっとしました。

オカメインコは蚤の心臓とか言われたりもするようで、個体によっては爪を切る為に人間が手で保定しただけでショック死してしまうこともあると鳥獣店の店主に聞いたことがあります。

ぴこちゃんも、暗くなってから急に近くで物音がすると、かごの中に居てもバサバサ羽をはばたかせてパニックになったりして、かごに羽が引っ掛かって、本来なら抜けるはずの無い羽が何本も抜けてしまったことがあり、その時は羽の根元に血が付いていて、かなり痛々しかったことがあります。

地震の揺れに動揺して同様の事が起こっていないかと案じていましたが、ごはんを食べられる程度なら、精神的にかなり立ち直っていると言えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

「食べないで」の心?

 公園の花壇の菜の花がきれいに咲いたので、みんとさんを前に座らせて、季節のスナップ撮影と洒落込みました。

いつもは、近くの遊歩道を通るだけなので、まじまじと菜の花を見たことはありませんでした。

ああ、咲いてるのね・・・もう春なんだねぇ(*^^*)

程度の認識。

しかし、今回みんとさんをなんとか菜の花の近くに”おすわり”させて・・・とポーズをつけるのに近付いたことで、気が付いたことがありました。

テグスが張ってある・・・!(・◇・;)

太めのナイロン製の糸のような、釣り糸のような・・・透明な太めのテグスが菜の花の上をカバーするように張りめぐらされていたのです。

これは・・・何の為であろうか・・・?(・_・)

りどみぃが気が付かなかっただけで、種まきした時から張ってあったのかもしれません。それなら、種を小鳥にほじくられたり食べられたりしない為の用心だったのかもしれません。

しかし、気が付いたのが菜の花が咲いてからなので、どうしても”菜の花泥棒”対策かと連想してしまいました。

そうです、実はりどみぃ、昨年ここから菜の花を手折って持ち帰るおばちゃん達を目撃しているのです。根性無しのへなちょこりどみぃなので、周囲の遊歩道を目を点にして通り過ぎるのが精一杯で、「菜の花採るのは止めて下さい」等の注意は出来なかったのですが、会話が漏れ聞こえて来たところによると、つぼみの菜の花を摘んで食べる目的として持ち帰る為採取していたらしいのです。

りどみぃが目撃した時、おばちゃん達はロープで仕切られた菜の花畑の内側にがんがん☆入って摘み取っていたので、もしかしてテグスは人間の侵入禁止なのかな?と思ったことでした。

みんなで観賞して楽しむべき公園の菜の花を、自分の欲望(食欲)のままに摘み取ってしまうなんて、なんて心無いのかと思ったことを思い出してしまったテグスでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

丘の上で遊んだら

 みんとさんと丘の上の公園に行ったら、いつものようにやっぱり貸切状態でした。どうもここは丘のふもとの方にも別の公園が2つもあるので、丘の上まで登るのは見合わせてしまうらしい・・・

特にこんな風が強い日だと、みんとさんが遊ぶ広い草地の場所は、稜線の上にあるので、風が吹き抜けるからお散歩コースから外すのかも。

フリスビーだとどこに飛んで行ってしまうからわからない程風が強かったので、コントロールしやすい手作り紐付きコングを投げて「“持って来い“」で遊びました。

りどみぃが投げて、みんとさんが走って取りに行くだけでは“みんと大”の成績は振るわないので、りどみぃも歩数を稼ぐ為に一緒に走ったりして・・・息が上がります。

30分位遊んだら、みんとさんも相当走ったのでお水をごくごく☆飲みました。以前なら、器に汲んでやらなければ上手に飲めなかったのに、ペットボトルの口に着けたボトルキャップの先から出る水を上手に飲めるようになったようです。

ひと休みしてから、広さを活かして遠隔のお勉強をしてみました。ロングリードは10mのと7mとのを持って行っていたので17mは離れたことになります。

りどみぃが言葉を発しないで、手で合図を送るだけの遠隔はずっとやっていなかったのですが、みんとさんはちゃんとりどみぃの動きに注目していて、”ふせ”も”おすわり”も”おいで”もちゃんと1発で出来ました。

みんとさん、レッスン前に遊んでから行く方が集中するように、日々の訓練もまずは遊んで気が済んでから行った方が話が早いようです。

みんとさんがりどみぃに注目してくれるのでいい気になって、“行進中の○○“も何種類か練習しましたが、どれもちゃんとやっていました。特に“行進中(速歩)のふせ”が出来たのにはびっくり。

遊んだ後のやる気十分のみんとさんは、別の犬のように優秀なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

グリーンジャンボ

 どうせ夢を見るのなら発売されてすぐに買えば長い間夢が見られるのに、じじくんはいっつも発売日の終了間際に買っている宝くじ。グリーンジャンボも「買おうかな」と言っていたけれど、毎日お仕事で忙しくて宝くじ売り場が閉まった後に帰宅するので、買えていなかったのでした。

仕方が無いので、りどみぃとみんとさんとでお散歩の足を伸ばし、駅前の宝くじ売り場で10枚買って来ました。

売り場では、数字等に験をかついで買い求める人もいるせいで、売り場の方が「(上から)何番目が良いですか?」なんて聞いてくれる所もあるのですが、今回は何も聞かれず、一番上のが渡されました。

聞かれたら、みんとの名前に語呂合わせして310(みんと)のみで、上から3番目のをお願いしようと思っていましたが、ま・・・こちらから申し出る程思い入れがあるわけじゃ無し・・・と黙って受け取りました。

当たるかな・・・?

当選日まであまり時間が無くて、短い間しか夢が見られないじじくんに、帰って来たら渡してあげようと、みんとさんと家路についたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

犬笛はゆっくり覚える

 言葉による呼び戻し「”おいで”」を集中的にお勉強していたので、犬笛は持ち歩いてはいても、使ってはいませんでした。

でも、十分にフリスビー等で遊んだ後に訓練のおさらいをあれこれしていた時、犬笛による指示もやってみたところ、ちゃんとそれぞれが出来て驚きました。

以前のみんとさんは、”おいで”と”ふせ”の合図を混同して居て、ちゃんと区別して反応していたのでは無く、適当に勘でどちらかをやってみているという状況でした。

毎日練習している頃は、りどみぃが”ふせ”の合図を吹いても、”おいで”だと早合点して走り寄って来るばかりだったのですが、しばらく練習しなかった間にみんとさんの中で正しく消化出来たのか、間違えずに出来るようになっていました。

人は、寝ている時に脳が情報を処理すると言いますが、みんとさんのこれもそういうパターンかもしれません。毎日練習している時は、次々と情報が入って来るので混乱しがちで、しばらく練習しないでいる間に、情報の整理整頓が出来たのかも・・・クリッカーで芸を教えている時にも、似たような事があったので、毎日毎日熱心に教えるのも大事だけれど、お休みするのも近道になる大事なことかもしれないと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

一本橋連続写真

 公園の遊具のある場所の隅っこに数段のコンクリートの階段があるので、側を通る時にはそこで“一本橋”の練習をしています。

みんとさんとしても、細いコンクリートの上をすたすた☆歩けると達成感が得られ、端までたどり着くとごほうびが貰えるということで、楽しいらしいのです。

ほら、笑ってるでしょ?

でも、こんな風にたるんだ気持ちだと、細いところを真っ直ぐ歩くのは難しいらしい・・・この後、バランスを崩して落ちました。

端っこまで歩けたら、そこで待っているりどみぃがごほうびを食べさせるという形で練習しているので、こんな風に途中で落ちちゃったらごほうびは無しです。みんとさんも悔しいらしくて、やり直した時には真面目な顔でしっかりと歩いていました。

端っこまで歩き通してごほうびを貰って、一応の満足を得たみんとさんでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

春はそわそわ

 春めいて過ごしやすい土曜日・・・しつけ教室のレッスンは、先生のやる気とは裏腹に、わんこ達はそわそわしていて、集中していませんでした。

優秀なお友達わんこでさえその状況ですから、みんとさんは言うまでもありません。

何年もしつけ教室に通っていますが、どうもわんこ達は春になるとこんな風にそわそわするようです。

なんでかな~?(・_・)

花が咲いたりして、いろいろな匂いがするとか?わんこも恋の季節なのか?理由はしかとは解りませんが、レッスンどころではないらしい。

結局、わんこ達の集中力がいつものレッスン程度にまで戻ったのは、レッスンのかなり終盤になってからでした。集中しない犬をなんとか集中させようとしたので、いつもにも増して疲れた飼い主さんたちは、潮が引くように帰って行きました。

が・・・みんとさんは、お散歩が足りていないので、これからひと走り。

さっきまで、全然りどみぃに注目しないでぼーっとしていたみんとさんなのに、レッスンが終わった後の遊びでは、犬が変わったように目を輝かせてフリスビーに集中。

この集中力がレッスンの時にあれば、楽なのになぁと改めて思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

新しい保険証

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの新しい保険証が届きました。

以前は、”動物健保診療記録簿“という名前だったプラスチックカードは、”どうぶつ健康保険証”と言う名称になったそうです。

また、保険での支払い割合が90%、70%、50%と3種類の商品があるので、それが一目で判るように一番上のラインや支払い割合を表す数字の色が青、緑、オレンジで表示されているようです。

みんとさんは、昨年は特にお医者さんにかかるようなことも無かったので、支払い割合50%のままにしておきました。

惜しむらくは、保険証の写真を変更したかったら、2か月前までに変更したい画像をアップすれば出来たのですが、1月中はあれこれ忙しくてすっかり失念してしまい、締め切りを過ぎてしまった為、自動的に去年の保険証と同じ写真が使用された物になってしまいました。

 みんとさんは、アニコム損害保険株式会社の基準によると”混血犬(10kg未満)”に該当し、適用されるのが2011年4月3日からにしてあるので(みんとさんのお誕生日の翌日)年齢は5歳となり、保険料は月々3,000円ちょっとですが、みんとさんのいざという時の安心料として、大事な備えだと思っています。

こんな風にいつも元気に楽しく過ごしていて欲しいですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

ひな祭りはワイルド

 お正月過ぎからスーパーマーケットではひな祭り用のお菓子やら白酒を売るコーナーが設けられていて、りどみぃも時折おやつに食べていたもので、なんだか日付の感覚が狂ってしまい、みんとさんとのお散歩中に気がつきました。

あ!今日が3月3日でひな祭り本番の日だ!( ̄□ ̄;)

2月中には、「ひな祭りの時は、みんとさんに、桃缶のシフォンケーキでも焼いてやろう」とか考えていたくせに、あたしのバカ~!

取り敢えず、華やかなる桃の節句の気分を盛り上げようと、桃の代わりに梅園の梅なんか見てみたりして・・・気休めですな。

桃缶のシフォンケーキは日を改めて作ってやることにして、みんとさんには、ちょっとごちそうという意味で、鳥の手羽中&手羽先を買ってやりました。

骨をべきばき☆噛み砕いて生肉を食べているみんとさんって、ちょっとワイルド過ぎて怖い・・・(・_・;)

自分で買ってやった手羽ですが、そんなこと思ったりして。

人間用の晩御飯用にまぐりを買って来て潮汁を作ったので、そのおつゆも冷ましてからやりましたが、とても美味しそうに食べていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

ベンチのリフレッシュ

 お花見の季節の前に環境を整えているのか、それとも3月末までに年度内の予算を使い切る為なのかは不明ですが、公園内のお手入れがまめまめしく行われています。造園業者さんも複数入っていて、花壇のお手入れで苗を植える作業をする方たち、木の枝を掃う作業をする方たちと様々です。

みとさんと休憩するのに座ったこともある藤棚の近くのベンチも、お化粧直しとなっていました。

公園内の別の場所では、作業途中のベンチとリフレッシュが終わったベンチが並んでいたので、作業の手順が理解出来ました。

どうやら、まずは古くなったベンチの座面や背もたれの横木をボルトを緩めて外し、鉄のフレームのペンキを塗り替えるようです。

取り外された横木は風雨にさらされて朽ちかけていましたが、それを支えていたフレームの表面の塗装もかなり劣化しているのですね。横木がある時には目につきませんが、横木が外されているのを見たら、それが良く解りました。

フレームのペンキを塗り直したのがこちら。新品みたいにぴかぴか☆です。

この塗り替えたペンキが乾いたところで、新しく横木を取り付けるようです。

きれいになったベンチの前で、みんとさんもごきげんです。「ペンキ塗りたて」の表示が取り外された頃、またここでおやつを食べて休憩しようね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

がんばれ!みんと大

いつ発売だったのかは知りませんが、2月の中旬に東京・汐留シオサイトの日テレ屋で売っていたので、それより前だったのでしょう。同テレビ局が毎年お正月に放送する箱根駅伝をテーマにした歩数計がありまして、りどみぃも買ってみました。

元はと言えば、りどみぃ母にウォーキングを楽しくしてもらいたくて、母用にゲーム感覚の歩く励みになるような歩数計を探していて、四国のお遍路さんを疑似体験(?)出来る商品“歩く遍路”とこの箱根駅伝の”箱根駅伝を歩こう”とで迷って、1個ずつ買ってみたのでした。

母には“歩く遍路”を贈り、既にいくつかのお寺を参拝したことになっているようですが、りどみぃも独自に箱根駅伝を歩き(走り?)初めております。

元々、みんとさんとのお散歩でとても疲れる日もあれば、心身ともに軽くていっぱい歩ける日もあるので、どれ位歩いているのかが気になっていたのと、以前使っていた真面目な(?)歩数計は、毎日歩数や距離が測れるだけで、続けることの喜びが感じられなかったので、このゲーム感覚に魅かれて試してみることに。

自分が駅伝に参加している気分になれるように、大学名を設定出来るので、りどみぃは”みんと大”にしてみました。

体重や歩幅を設定してスタートすると、ちゃんと大手町をスタートするイベントが表示され、アナウンサーの実況も表示されます。

3Dセンサータイプの歩数計なので、バッグの中に入れたり、ポケットに入れたりしてもカウントしてくれるそうで、りどみぃはコードリール式キーホルダーを着けて、お散歩の時はキーホルダーの一方をベルトに通して万が一にも落とさないようにセットして、本体はジーンズの後ポケットに入れて歩いています。

どうも5000~7000歩歩くと順位はキープされるか上がるようで、雨だったり肝心の歩数計を家に忘れて行ってカウント出来なかったり、少なかったりすると(2000歩台でも)順位が落ちてしまいます。

一方、たくさん歩いた日に1万2000歩程度カウントしたら、「みんと大、ごぼう抜きです!」と実況が表示され、9位だったのが4位になったりしました。

あまり歩けない日が続くとたすきリレーが出来ず、繰り上げスタートになってしまったりもするらしい・・・

それって悲しすぎるっっっ(T▽T)

思った通り、継続して歩くことが順位をキープすることにつながり、単なる歩数や距離がわかるタイプの物よりも励みになります。

現在、みんと大は花の2区をエースが走っていて、4位→2位→3位と順位が変動しつつも、戸塚中継所でのたすきリレーまで、あと700mの所まで進んでいます。

がんばれ、みんと大!\(^□^)/

なんて感じで、これからも往路箱根芦ノ湖のゴールを目指し、やがては復路大手町のゴールを目指して、根気良く続けて行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »