« 雪ならいいです | トップページ | 約束の焼き芋 »

2011年2月12日 (土)

もったいない犬

 みんとさんがこのままだと”もったいない”そうです。

このままと言うのは、みんとさんがりどみぃの指示に従ったり服従したりする心を持たず、独自の判断で適当にやってることらしい・・・

確かにね!(・△・;)

しつけ教室の先生がおっしゃるには、みんとさんがレッスンの時にりどみぃの言うことをきいているのは、「半分遊びみたいなもの」だそうで、服従しているわけではないそうです。

それは、みんとさんにりどみぃがある場所で「”ふせ”」と命じても、しばらくすると勝手に立ったり座ったり、近くを通るお友達わんこやママにちょっかい出したりと、勝手なことを始めてしまうことからも分かります。

真面目な気持ちでりどみぃの言ったことを守ろうと思っていたら、勝手なことはしたくてもしないで我慢しているはずだからです。

原因は、りどみぃのみんとさんに対しての接し方だそうで、やっぱり「まぁいいや」の心がにじみ出てしまうらしくて、そのせいでみんとさんの方も「まぁいいや、言われたこと守らなくても」となってしまうらしいです。

先生は、みんとさんはもっと素晴らしい素質があるのに、そこまで能力を伸ばしてやらないのはもったいないという意味でおっしゃるようで、りどみぃの接し方を改めるようにとご指導がありました。

みんとさんには、りどみぃに対しての緊張感が足りないそうです。

可愛がってるからなぁ・・・だって愛してるんだもん。(´ヘ`;)

りどみぃの甘やかしや毅然とした態度が足りない事で、みんとさんはすぐに気を緩めてしまいます。

これはレッスンの時のひとコマですが、みんとさん、かたっぽの前足を上げています。

これは、先生がおっしゃるには、りどみぃへの甘えの表現だということです。

レッスン中で、みんとさんにはある場所で”おすわり”を命じ、そこから動いたり勝手に立ち上がったりすることをさせないようにして、りどみぃの指示に従う練習をしていたのですが、みんとさんとしては楽しくも無いので嫌になっちゃって、「もういいでしょ?」の気持ちになっているらしい・・・

「お手々が可愛い」とか思っちゃだめなのね~(^▽^;)

みんとさんにスーパードッグになって欲しいわけではないのですが、4歳10カ月になっても、嬉しくて興奮するとりどみぃの言うこと等耳に入らなくなり、リードを引っ張り過ぎて息がつまり、けほけほ☆なってしまうようなところは変わっていません。これがコントロール出来るようになったら、どんなに良いだろうかとも思います。

みんとさんに対して先生が求めているような接し方をすると、すぐに態度が改まり、”すごくいい子”になります。緊張感も持ち、りどみぃに注目し、指示を出せば喜んで従うのです。

まるでりどみぃの価値が上がったような変化です。りどみぃの一言はみんとさんにとってはとても貴重な物のように重みを持ち、その指示を求めて、みんとさんが必死になるようにさえ見えます。

テキメンなのよね。 (・_・;)

でも、その接し方を続けるには、りどみぃ側には相当なエネルギーを必要とするので、なかなか続けられません。

基本的にびしっ☆っとした性格ではないので、気力でそれを補わなくてはならないのですが、心身ともに元気な時じゃないとそんなエネルギーは出せません。

みんとさんは、りどみぃじゃない飼い主に飼われた方が幸せだったのかもしれないなぁ。そうしたら能力を最大限に引き出してもらえて、もったいなくなかったかも・・・(T▽T)

なんてちょっと凹んでみるりどみぃ、今後、気力を充実させることが出来るのかっ?!

|

« 雪ならいいです | トップページ | 約束の焼き芋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/38856047

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない犬:

« 雪ならいいです | トップページ | 約束の焼き芋 »