« フリスビーを作ろう!2 | トップページ | 穴あきわんこ »

2011年2月 8日 (火)

一本橋は芸のうち

 建築用語では、階段の踏み板を支える両側の構造体を側桁(がわげた)と言うそうな・・・では、公園にあるコンクリートの階段のこの両側の細い部分も側桁なのかしらん?

もしそうだとしたら、りどみぃが失われたバランス感覚を取り戻そうと、平均台よろしく落ちないように歩く練習をしているこれも、側桁なんでしょうかねぇ?

自分が歩くのはひとまず置いておいて、みんとさんがここを歩けたら面白いだろうな・・・と思い、クリッカーとごほうびとで練習することにしました。

芸の名前は良いのが思いつかなかったので、“一本橋(いっぽんばし)”とし、みんとさんがこの細い側桁(?)の上に乗ったらクリック☆&ごほうび。階段の踏み板の方へ落ちてしまったら「残念~」でごほうびは無し。

みんとさん、最初は何を求められているのか解らなかったようですが、すぐにその法則を理解しました。

1日1回、あちこちの似たような構造の階段で練習していたところ、3日目位にはなんとか落ちないように努力するようになりました。

その応用で、縁石の上も上手に歩けるようになりました。

一本橋~一本橋~♪(^◇^ )

みんとさんも落ちないように歩けるとある種の達成感があるらしく、ごほうびを貰える喜びとは別に、ちょっと得意げです。

何かの役に立つわけではないけれど、またひとつ芸が増えたみんとさんでございました。

|

« フリスビーを作ろう!2 | トップページ | 穴あきわんこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/38834739

この記事へのトラックバック一覧です: 一本橋は芸のうち:

« フリスビーを作ろう!2 | トップページ | 穴あきわんこ »