« 水仙の向こうから | トップページ | 2個あることは3個ある »

2011年1月22日 (土)

ナスよりフリスビー

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、今週もフリスビーで遊んでからしつけ教室に向かいました。

みんとさんのフリスビーキャッチの技術はかなり向上していて、「絶対取る!」的な気迫が感じられるナイスプレーが連発です。

投げるりどみぃの方も、最初の頃よりはマシになって来ました。

でも、まだ全然良く解からない~(^▽^;)

上手く投げることが出来ても、なぜ上手く行ったのかがイマイチ不明なので、偶然上手く投げられた状態であって、どこをどうすればいいのかがまだ解らないので、同じように投げられないのです。

 思いっきりフリスビーをして楽しくなったせいか、みんとさんの集中力は高く、この日のしつけ教室のレッスンでも、開始直後からかなりりどみぃの指示に従っていました。

この日は、なるべく自分の近くを歩かせての行進や“行進中の○○”の練習で、いかに犬を自分に注目(集中)させるかのお勉強で、各自が鳴るおもちゃを使っての練習でしたが、みんとさんは自分のナス(鳴るおもちゃ)よりも、隣のスージーちゃんの鳴るおもちゃが魅力的に見えるらしく、ついついよそ見しがちで、ナスはあんまり役に立ちませんでした。

今のみんとさんには、ナスよりフリスビーの方がウケたかもしれません。

でも、フリスビーは鳴らないからなぁ・・・(・_・)

”楽しいフリスビーで遊んでくれる魅力的な飼い主”という存在になれたら、みんとさんはりどみぃに注目し続けてくれるのかなぁ?

|

« 水仙の向こうから | トップページ | 2個あることは3個ある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/38582680

この記事へのトラックバック一覧です: ナスよりフリスビー:

« 水仙の向こうから | トップページ | 2個あることは3個ある »