« 池の氷 | トップページ | 遊びの発展形 »

2011年1月12日 (水)

フリスビーわんこへの道?

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんが、急にフリスビーに興味を持ち始めました。

事の起こりは年末の大掃除・・・2階の部屋に置いてあったみんとさんのお道具箱(?)を1階に持って来てあって、新年になってから、中身を全部点検し、もう音が鳴らないおもちゃは捨てたり、汚れている物は洗ったりしようと選別していた時、部屋の隅っこの方に居たみんとさんが、いきなり嬉しそうな顔をしながら(↑のしゃしんのような顔をして)りどみぃの方へと歩み寄って来たのです。

その時、りどみぃの手にはオレンジ色の布製のフリスビーがあり、どうやらみんとさんがそれを見ているようなので言ってみました。

みんとさん、これ憶えてるの?やってみる?(*^^*)

戯れに部屋の隅っこの方へと軽く放ってみたら、壁に当たって落ちたのを、みんとさんが追って拾って来ました。

それならば・・・ということで、お散歩に行く時に持って行き、広い場所で投げてみました。

・・・拾って来ました。

そうそう、みんとさん、以前練習した時も、フリスビーが地面に落ちるのを待って、それを拾って持って来る遊びだと勘違いしていた傾向があり、

そういう遊びじゃないんですけど・・・(^▽^;)

と理解させようとしたものの、りどみぃが思うように投げられない事がネックとなって、なんとなくフェードアウトした遊びだったのでした。

 思い返してみると、みんとさんに、なんとか“空中でキャッチする遊び”なのだという事を解って欲しくて、りどみぃが手にフリスビーを持って、みんとさんにぱく☆っとやるように促した練習をしたことがありました。

フリスビーの高さは、みんとさんが立ち上がって、ほんの少しジャンプしないと届かないような高さにして、差し出してみるわけです。

今回、同じようにしてみると、フリスビーの向こう側で嬉しそうに笑っていたみんとさんが、あっさりと・・・

低くかがんで・・・

笑いながらジャーンプ!

ばくっ☆っといった瞬間、クリッカーをクリック☆&ごほうび。

おおっ!みんとさん、やるではないか!!(・◇・;)

その後も、りどみぃがフリスビーを手に持って、「OK」と許可を与えると、みんとさんがばくっ☆っと食いついて来るようになりました。求められている行動が解ったようです。

みんとさん、フリスビーわんこへの道を歩み始めたのでしょうか?

なんだかとっても楽しそうなので、お散歩の時に練習してみようかな~

|

« 池の氷 | トップページ | 遊びの発展形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/38484850

この記事へのトラックバック一覧です: フリスビーわんこへの道?:

« 池の氷 | トップページ | 遊びの発展形 »