« ZAIMの新作わんこクッキー | トップページ | 右頬派? »

2010年12月13日 (月)

猫の肝だめし

 公園の花壇の花が植え替えられて、かなり雰囲気が変わったので、りどみぃは思ったのでございます。

花壇を背景に、みんとさんのスナップ写真を撮ろう!(^▽^)

と。

斜面の下の方に作られた花壇の前に、みんとさんをおすわりさせての撮影。が、すぐに「これは失敗だったかな」と思いました。

斜面の下にりどみぃがカメラを構えたせいか、花壇の花が全然写りません。本当は、上から見ると、長方形の花壇にバラのようにきれいなピンクの葉牡丹がダイヤの形に植えてあって、その四隅にはパンジーがあしらってあるのに、それが全然わからない。

りどみぃ、気持ちを切り替えて、「取り敢えずみんとさんだけが写っていればいいや」ということにしました。デジカメの背面の液晶モニターを見ながらぱちり☆とシャッターを切りたいのですが、みんとさんが相変わらずカメラ目線をくれません。

どうも自分の右側の方に視線が泳いでいて、正面でカメラを構えるりどみぃなんぞには目もくれません。

「みんとさん!」と大きな声で呼んでみたら、一瞬だけこちらを見ましたが、また横を向いてしまうしまうので、シャッターが切れた瞬間はカメラを見ていない写真しか撮れません。

「こうなったら・・・!」と、みんとさんの正面に立ち、真上から見下ろすようにしてみたら、やっとりどみぃを見上げることで、カメラを見てくれました。

”花壇とみんと“というテーマはぶっ飛んでいましたが、「まぁいいや」と、液晶モニターから目を上げたら、驚いたのなんの!

ひえええっ!猫?!( ̄□ ̄;)

なんと、みんとさんの右隣1mの場所に、猫がおすわりしていたのです。そう、まるでみんとさんと並んでのスナップ撮影を行っているかのように!

りどみぃの声に驚いて、猫は近くの棚の上に逃げてしまいましたが、こんなからくり(?)だったとは。

みんとさんがずっと右側を気にしていた理由が解りました。

というよりも、状況が解ってみたら、良くもまぁ猫がすぐ近くに寄って来たのに、りどみぃの指示を守っておすわりを続けていたものです。

この猫は、公園に棲んでいる猫の内の1匹なのですが、この時は、何の為にみんとさんの隣に接近して来たのかは不明でした。

もしかして、猫の肝だめし?

「あの犬にどこまで近寄れるか・・・」とか。(・_・;)

みんとさんが、こんな状況でもりどみぃの指示を守った事に、少なからぬ感動を覚えた出来事でした。

|

« ZAIMの新作わんこクッキー | トップページ | 右頬派? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/38071154

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の肝だめし:

« ZAIMの新作わんこクッキー | トップページ | 右頬派? »