« ヒートの時は別の犬 | トップページ | 太めのロールオーバー »

2010年12月10日 (金)

豪華なリボン

 12月9日は、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの2010年のトリミング最後の日でした。

いつもながら、みんとさん、一見お嬢様のように見えます。

「みんとちゃん、終わりました」と電話を貰ってからお迎えに行った時、担当のトリマーさんは、既に次のわんこのトリミングにかかっていて直接伝えられませんでしたが、いつもながらの可愛らしい仕上がりに大満足♪

可愛くしてくれて、ありがとう~!\(^^@)/

トリマーさんからのメッセージとして伝えられたのは、「今年最後なので、リボンを豪華にしてみました」とのこと。

確かに、サービスなのに、とっても豪華なリボンです。

まず、ベースとなるリボンは、赤のリボンなのですが、これがただの赤のサテンのリボンではありません。どうも、赤のサテンのリボンと白の同じ幅のレースのリボンとを重ねてあるようなのです。

赤のリボンは、両端はサテンでありながら、中央部は幅1cm程度に透ける素材(赤いオーガンジーみたいな)になっていて、下に重ねてある白いレース確認出来ます。一見しただけではわかりませんが、隠された豪華さとでも申しましょうか・・・心憎いばかりの演出です。

リボンの中央は、白いレースと赤いサテンでバラの花のように作られていて、別につぼみや葉まであしらわれている凝った作りです。

葉っぱも、中心の赤いバラに添えられているのは、緑の無地のサテンで作った小さな葉っぱ。白いレースの花の外側のは、緑のオーガンジーに白い水玉模様の透ける素材の葉っぱ・・・と工夫されています。

赤のバラの中心には、金のビーズ、他に銀のボールチェーンも4方向に出ていて、揺れるようになっていました。

このリボンひとつで、豪華な花束の様になっているんですね。

す、すごいな・・・(・◇・;)

こういうのも、デザイナーがいて、日々素材やテーマを変えてデザインし続けていらっしゃるんでしょうかねぇ?

とっても心意気や技を感じたりどみぃでございました。

みんとさんが、こんなに豪華なリボンにふさわしいわんこかどうかというのはちょっと疑問ですが、ふさわしくあるべく精進したいものでございます。

|

« ヒートの時は別の犬 | トップページ | 太めのロールオーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/38064673

この記事へのトラックバック一覧です: 豪華なリボン:

« ヒートの時は別の犬 | トップページ | 太めのロールオーバー »