« 鉄橋恐怖のその後 | トップページ | 皆勤賞の世間体 »

2010年12月17日 (金)

猫とリス、互いの作戦

 青空がきれいな日でございました。

みんとさんとりどみぃは、公園をのんびりお散歩。午後になったばかりのこの時間帯だと、ウォーキングの人や他のお散歩わんこも少ないので、ことさらのんびりしておりました。

と、視界を猫が1匹横切ったかと思うと、1本の木の根元近くで姿勢を低くし、何かを凝視しています。

何見てるのかな~?(・_・)

ちょっと知りたくて、猫が見ている方を見たのですが、りどみぃには特に何も見えません。しかし、こういう時って大抵、リスが木から地面に下りて来ていてどんぐりを探しているとか、木から木へ飛び移ろうとしている時だったりするので、リスの姿を探してみました。

いたいた!(・◇・;)

思った通り、りどみぃもリス発見。みんとさんは、全然気が付いておりません。猫が居るのだけは気が付いているようですが、りどみぃがリードを押さえているので、ちょっかい出しに行くことも出来ずに、ちょっと退屈気味。

りどみぃとしては、猫がリスを狩りたい気持ちは理解出来るのですが、この時点でリスは地面に降りたら猫が待っているというのに気が付いた模様。

もう無理だろ・・・ゞ( ̄△ ̄;)

と思いました。が、猫は諦めないのです。ぴくり☆とも動かず、まるで地面の一部になってしまったかのように気配を消しています。

なんか後ろ姿がかっこいい・・・(☆☆)

ふとりどみぃが気付くと、リスは見当たらなくなっていました。逃げられちゃったのだと思われましたが、猫は少しも姿勢を変えません。「猫には見えているのかな?」と、根気良く探してみたら、ずっと上の方の木のコブにしか見えないのが、じっと動かないでいるリスでした。

猫の方が動かずに地面と同化する作戦なら、どうやらリスの方も動かないで木に同化する作戦。両者互いに動きを止め、いつ終わるのかわからない静かな攻防が始まりました。

・・・と、何分待っても動かないので、りどみぃもみんとさんも退屈極まりなくなり、この勝負を見届けることを諦めました。

確かに。( ̄  ̄;)

|

« 鉄橋恐怖のその後 | トップページ | 皆勤賞の世間体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/38336099

この記事へのトラックバック一覧です: 猫とリス、互いの作戦:

« 鉄橋恐怖のその後 | トップページ | 皆勤賞の世間体 »