« こんな川でいいのか? | トップページ | 植物園の秋 »

2010年11月10日 (水)

独自の判断で跳ぶなっ!!

 先日のしつけ教室で、りどみぃとみんとさんの生活態度には、緊張感が足りない・・・という事が判明しましたが、それって”みんとさんがりどみぃの言う事をきかない”というのと同じ結果をもたらしたりします。

これも、その一例。りどみぃが、柱の向こう側で、みんとさんに“ふせ”を命じておいたのに、りどみぃが柱のこちら側に移動して姿が見えなくなったので、勝手に立って柱の陰からこっそりのぞいて見ているところです。

不安な気持ちがそうさせるのですが、その不安を我慢して、命じられた通りに“ふせ”の姿勢を続けているのが正しいわんこ。「飼い主の命令を聞かなくてはいけない」という強い気持ち・・・緊張感があると、ちゃんと”ふせ”をまっとうするのではないかと思われます。

それを、「立っちゃえ。だってどこに行ったのかふせしたままじゃ見えないもん」とか独自の判断をして立ってこっそりのぞいていたりするわけです。

こういう時、りどみぃがわざとらしく、「あら?!」っとみんとさんが立っている事に気がついて咎めるような口調の声を出すと、みんとさんはさっ☆っと”ふせ”の姿勢に戻り、「一度も立ち上がったりしませんでしたよ」なんて顔で迎えたりします。

悪わんこめ・・・( ̄△ ̄;)

まぁ、この程度なら、みんとさんの独自の判断による弊害は無いのですが、そういう気楽さがいけなかったらしい・・・先日、海の公園に行った時、みんとさんの独自の判断による行動に度肝を抜かれました。

独自の判断で跳ぶなっっっ!!!( ̄□ ̄;)

そう叫びましたが、後の祭り・・・

何が起こったかと申しますと、みんとさんってば、結構高い石垣の上から跳び下りたのです!

海の公園の八景島方面を散策し始めた時、みんとさんの背後に海という写真を撮ろうとして、みんとさんを石垣の上にのせました。幅が50cmもあろうかという、がっしりとした石垣なので、みんとさんが上に”おすわり”しても十分な幅があり、みんとさんも安定感があるので、怖がったりしていませんでした。

しかしこの石垣、高さは1m近い高さがあったでしょうか・・・のせる時は、もちろんりどみぃが地面に居るみんとさんを抱き上げ、石垣の上にそっと下ろすという形でした。

みんとさんの少し前にカメラマンのじじくん、その背後にりどみぃという立ち位置でスナップ撮影を始めたわけですが、じじくんは、いつも何枚か撮影すると姿勢を変えます。しゃがみ込んで撮影していたら、立ち上がったりしますし、立って撮影していたら、その場から数歩歩きだしたりするわけです。

まぁ言うなれば、じじくんの動きが撮影終了の合図ともなっている状態。でも、りどみぃとしては、みんとさんに「”待て”」とかじじくんの撮影の間中ハンドサインや言葉で指示を出しているわけですから、たとえじじくんがいきなり踊り出そうが、走り出そうが、みんとさんはそのままで居なくてはいけないという理屈です。

この理屈が、りどみぃとみんとさんの間にちゃんと緊張感があって、みんとさんに服従する(我慢する?)心があれば通るのですが、緊張感を失うと、みんとさん独自の判断で勝手な事をし始めます。

今回、そんな高い石垣にのせた事がそもそもいけなかったのかもしれませんが、今後も何が起こるかわかりません。もしかしたら、ある日、リードがぶちっ☆っと切れて、みんとさんが勝手に走り出すかも・・・そしてそこに車が来て、りどみぃがみんとさんを止めようと「”待て”!」と叫ぶ日が来るかも・・・でも、その時、ちゃんとりどみぃの言いつけを聞くみんとさんだったら、ぴた☆っと動かなくて車に接触しないで済むところを、”待て”と命令しても独自の判断で走り出してしまうようなみんとさんなら、今生の別れになってしまうかも・・・そんな風にあれこれ考えてしまいます。

「みんとさんの安全を守る為にも、きちんとりどみぃの指示に従って、勝手な事をしないような関係を築かなくてはならん」と、改めて心に誓いました。

|

« こんな川でいいのか? | トップページ | 植物園の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37728866

この記事へのトラックバック一覧です: 独自の判断で跳ぶなっ!!:

« こんな川でいいのか? | トップページ | 植物園の秋 »