« クレートカバー(大)をミシンパッチで作ろう4 | トップページ | おいしいワン!! »

2010年11月17日 (水)

みんと、大井で悟る

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんは、自動車での移動の時には後部座席に固定したメッシュクレートに入っていますが、その隅っこに寄りかかるようにして、運転席と助手席の間から見える行く手を見ています。

みんとさんなりに、ちゃんと風景と到着先での経験とを合わせて記憶しているらしく、その記憶の引き出しには、「大きな坂を登ったら○○公園だ」とか「並木がある道を走ったら××公園だ」とか「青空がずっと続いたら海だ」とか、ちゃんとラベルも貼ってあるようです。

おまけに、みんとさん、電車に乗れば車掌さんのアナウンスの駅名も聞いていますし、カーナビの内容もチェックしているようです。

りどみぃがそれに気がついたのは、電車の場合は、「次は新○○です」と駅名のアナウンスがあった時、それまで座席下のスペースに入れたキャリーバッグの中で伏せていたみんとさんが、ぴく☆っとなってメッシュの天井越しに、りどみぃに「降りるの?」と確認しようとアイコンタクトをしてきたから。

実は、りどみぃ達の降車駅名は”新”が付かないひとつ向こう側の駅、○○駅だったのですが、みんとさんは後半を聞き分けて、反応したと思われます。だって、新○○駅の手前の駅までは、何回停まろうとも似た駅名が無いので、無反応だったのですから・・・

同様に、大井海浜公園のドッグランに遊びに行く時、何度かカーナビに行き先を登録して、高速道路の渋滞状況等をチェックしながら行った事があったものですから、みんとさんの頭の中では「大井=楽しい公園」という図式が出来上がってしまった模様。

別の場所への移動中、単に大井付近を通過するだけでも、カーナビが「あと○kmで大井料金所です」なんてアナウンスすると、興奮して鳴いたりするようになってしまいました。

みんとさん!大井って言えば、高速下りて遊べるわけじゃないんだってば!( ̄□ ̄;)

車がそのまま大井を通過すると、トンネルがあったりして風景が変わるので静かになるのですが、それまでは諦めきれないのか、「大井ですよ!今、大井って言ってましたよ!下りましょうよ!!大井ですってば!!!」と知らせているつもりなのか・・・鳴きますの。

じじくんが運転手、りどみぃが助手席という2人一緒の移動なら、鳴いたみんとさんを「いけない。静かに」とりどみぃが振り向いてクレート内のみんとさんを制するのですが、今回、久しぶりにりどみぃとみんとさんとの長距離移動で大井に通りかかり、みんとさんの“大井で下りようよ鳴き”が始まりました。

トンネルの向こう、臨海副都心や有明辺りまで渋滞しているという事なので、大井料金所を過ぎてすぐの場所にある、大井PA(東行き)に寄る事にしました。りどみぃもちょっと休憩しておく必要があったからです。

みんとが鳴いたから停まったんじゃないからね!(・△・;)

みんとさん、最初は嬉々として車外に出ましたが、自分が思ってたのと違う・・・と早々に悟ったようです。

まず、お天気が良くない為に寒い。それに歩く場所が公園のように芝生や土ではなくて、アスファルト舗装やタイルで覆われていて、そのタイルが肉球にとっては冷たかったと思われます。

トイレと自動販売機と休憩の為の駐車スペース以外は何も無いというシンプルなPAには、みんとさんの野望も崩れた模様。

大井と言っても楽しい事ばかりではないのだと悟ったようです。

以後、車に戻っても素直に車内に入り、りどみぃ運転の車が再び本線に合流しても、後部座席のみんとさんが「下りましょう!」と鳴く事は、2度とありませんでした。

|

« クレートカバー(大)をミシンパッチで作ろう4 | トップページ | おいしいワン!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37729028

この記事へのトラックバック一覧です: みんと、大井で悟る:

« クレートカバー(大)をミシンパッチで作ろう4 | トップページ | おいしいワン!! »