« エンゼルストランペット | トップページ | 海の公園・八景島方面 »

2010年11月 6日 (土)

1番ダメなのはみんと

 先週、雨でレッスンがお休みだったツケが回って来たかのように、今日のレッスンはきつかったのでした。

レッスンの後、先生から「みんとが1番ダメだな」と、反論できない事実のご指摘が・・・!

うへへへへへへ。そーですね。(^▽^;)

どんなことをしたかと言うと、この日は犬と飼い主とが8組参加だったので、4組ずつが向かい合って並び、飼い主が先生の指示に従ってそれぞれ交代して”おすわり”、”ふせ”、“立て”をはじめ、行進をしたりしました。

自分の家の犬ならばコントロール出来ることでも、よそ様の犬となると難しいものです。飼い主とその家の犬との間には、日頃から通じ合う呼吸のようなものがあるので、それがあれば出来ることでも、交代しただけのにわかハンドラーには、やって欲しい事を上手く伝えられなかったりするわけです。

しかし、上手く伝える事が出来れば、よその犬でもちゃんと指示に従い、動かす事が出来ます。それが技術というものらしい・・・

こういうレッスンによって、飼い主の技術がどの程度なのかのチェックと犬の日頃の飼い主との関係のチェックが出来るそうな。

さて、一番ダメだったみんとがどんな風だったかと言うと、ペアを組んだ方の脚側にきちんと付かず、りどみぃの方に鼻先が向いていて、体が曲がっている状態だったり、リードを目一杯引っ張って、勝手に脱走してりどみぃの元に走って来ようとしたり、行進する時もちゃんと一緒に歩かずに、りどみぃの方ばっかり見ていたり・・・と、集中力が無く、甘ったれた根性が丸見えになってしまったのでした。

りどみぃ、お勉強仲間の他のわんことペアを組んでいたので、そのこに指示を出しつつ、横目でみんとをチェックしておりましたが、心の中では、みんととペアを組まされている飼い主さんに申し訳なくて、叫んでおりました。

うちの犬がすみませんっっっ!(T▽T)

みんとさんがこのようにダメであるのは、日頃の飼い主との関係に、緊張感が無いからなのだそうです。この日は、じじくんは用事でレッスンには同行していなかったので、先生から「パパに言っといてね。生活態度改めるように」と冗談とも本気とも取れる伝言がありました。

緊張感ねぇ・・・そー言えば無いかも。(・_・)

そう、最近は、駅前での動かない練習もやめてしまったし、家では床の近くが冷える季節になって来たので、特に難しい芸もさせずに膝の上に抱っこしてやったりしているし(芸をした報酬としての抱っこになっていない)、部屋の出入りもみんとさんを「”後へ”」とかイチイチ止めないで先に出入りさせちゃってるし・・・トリミング後の毛の短さから、ブラッシングの時間が短いので、お手入れされている間辛抱させるということも無いわけで・・・

もう少しぴりっ☆っとしないと、我儘な犬としてひと様にご迷惑をかけることになりそうなので、生活態度をちょっぴり見直そうと思います。

 しかし、飼い主交代を終えて、本来の飼い主と犬のペアに戻ってからは、みんとさんの集中力はすごかったです。なんか、「一瞬でも目を離したら、りどみぃは、お友達のわんこと仲良く離れて行ってしまう」とでも考えているのか、アイコンタクトしまくり。行進の時も、片時も離れないという必死な様子でした。

これが緊張感なのかしらねぇ?(・△・;)

緊張感。なかなか良いものかもしれません。

|

« エンゼルストランペット | トップページ | 海の公園・八景島方面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37568383

この記事へのトラックバック一覧です: 1番ダメなのはみんと:

« エンゼルストランペット | トップページ | 海の公園・八景島方面 »