« ライトアップの準備始まる | トップページ | プレゼント用クリスマスのチャーム »

2010年11月23日 (火)

くまサンタのチャーム

 秋も深まり、クリスマス・イルミネーションの点灯式のニュース等見ていると、みんとさんの首輪に付けたチャームも、葉っぱ(箱根寄木細工)から、クリスマス風の何かに換えたくなって来ます。

りどみぃとしては、洗って大切に取ってあったので、昨年付けた”クリスマス・ソックス“のチャームにするつもりだったのですが、じじくんが「また?」なんて不満そうな指摘をしたので、小心者のりどみぃ、別のチャームを考えることに。

雪の結晶、ベル、サンタさんのオーナメントを使った物はどうかと考えていましたが、みんとさんがピンクのミニチュア・テディ・ベアのチャームを着けていた時に可愛かったのを思い出し、同じような大きさの茶色のくまちゃんに、サンタ帽を作ってかぶせてみることにしました。

この茶色のミニチュア・テディ・ベアは、手芸材料として2個180円で売っていた物で、頭の上にストラップに仕立てる時の為の白いコードの輪が縫い込まれています。

りどみぃが買った時、同じタイプで様々な大きさのテディ・ベア(うさぎも)に、グルーガンでレースやリボン、ビーズ等をデコレーションして、ドレスを着たように見える、デコレーション・ベア(またはうさぎ)のストラップを作るワークショップをやっていました。

直径4cmの円テンプレートを使って、赤いフェルトを裁ち、このくまちゃんのサンタ帽を作る計画だったのですが、直径4cmでは大き過ぎたようです。途中で端を5mm位裁ち落しました。

最初から直径3cmの円を使って作ればよかったらしい・・・くまちゃんの頭は、思っていたより小さかったのです。

立体にする前に、赤いフェルトの円弧に沿って、白い並太のアクリル毛糸をそわせ、手芸用ボンドで貼ろうとしましたが、なかなか上手に端っこに固定出来ず、途中からフェルティングニードルでぶすぶす☆刺す、フェルティングの手法に変更。

こちらは、赤いフェルトに白い毛糸を固定・・・という意味では上手くいきましたが、最初の手芸用ボンドが乾いた所が固くなっていて、針が刺さり難くなっていて苦労しました。最初から、ボンドは使わずに、フェルティングで固定する方法にした方が良さそうです。

帽子のてっぺんのポンポン☆に見立てて、白いアクリル毛糸を2本どりにして丸カンに通してから片結びし、結び目を赤いフェルトでくるむようにして中に入れてあります。その上で、赤いフェルトの上からフェルティングニードルでぶすぶすと刺し固めました。

赤いフェルトの帽子の部分は、円に切った赤いフェルトの120度分を使ってますが、半径と半径を2mm程重ねるようにして帽子の形にして、フェルティングして仕上げました。

そして、帽子とくまちゃんとは、内側同士をひと針ずつすくうようにして一周させてから糸を引いて縫い付けたのと、帽子の上からくまちゃんの頭にフェルティングニードルをぶすぶす☆っとしてフェルティングによって固定させたのとのダブルになっております。

が・・・やっぱりこんなに小さなくまちゃんの頭に、サンタ帽越しにとは言え針を刺すのは気が引けてしまい(残酷?)、手心を加えたので、いつの日公園等でぽろっ☆っと落としてしまうかもしれません。

みんとさん、お似合いよ~(*^^*)

少しだけクリスマス気分になった、みんとさん。今日からこれでお散歩に行きました。

|

« ライトアップの準備始まる | トップページ | プレゼント用クリスマスのチャーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37796160

この記事へのトラックバック一覧です: くまサンタのチャーム:

« ライトアップの準備始まる | トップページ | プレゼント用クリスマスのチャーム »