« 魔女装束のわんこ、臨港パークにて | トップページ | うんちから避難? »

2010年10月24日 (日)

踊りたくない

 踊りたくない・・・(・_・;)

そう思っているのは、りどみぃです。

だって、23日(土)のしつけ教室のレッスンの時、先生がなんか変なこと(?)言ったような気がしたから・・・

この日のレッスンでは、向かい合った飼い主同士が居場所を交代し、自分の犬の正面、5m程離れた場所から遠隔で”おすわり”から”ふせ”や”ふせ”から“立て”、”飼い主の脚の右側におすわりさせる”等のお勉強もしましたが、”バック”というのもあったのです。

犬を飼い主の左脚の横につけて一緒に歩く”(脚側)行進”というのがありますが、あれの後退番。

つまり、犬も飼い主も一緒に後に歩くってやつです。

先生が仰るには、犬が常に飼い主の動きに注意をはらい、同じように動くというのが大切で、それがどれだけ出来ているかの確認にもなるらしい・・・

みんとさんの場合も、りどみぃと一緒に歩き出すと、前進すること以外には想像力が働かないらしく、りどみぃがぴた☆っと歩みを止めて停止すると、みんとさんだけが50cm位前に行き過ぎてしまいます。

自分だけ前に行って、リードがぴん☆と張った時点で、「あれ?りどみぃは?」とか気がつくらしい・・・つまり、みんとさんは、りどみぃに動きに対して注意力が足りていないわけです。
同じクラスの他のわんこ達は、ちゃんと飼い主さんの動きに合わせていたし、中にはアイコンタクトをずっとしているような子もいて、一応出来ていたので、みんとさんだけが注意力散漫で、浮いている感じ。

この写真だって、本当はりどみぃの左脚の横に座っていなければいけないので、みんとさんのお鼻は、りどみぃの爪先と同じ方向を向いていなければいけないのに、こんな風に振り向いて、じじくんに助けを求めていたりして・・・お尻も、りどみぃのかかとの後にずれています。

だめじゃん( ̄△ ̄;)

確かに、みんとさんとりどみぃ、コンビとしてはまだまだなのです。しかし・・・先生は、「前でも後でも一緒に動けなきゃ。停座(おすわり)も、”つけ”と言ったら左脚の横に、右側を指示したらそのように」と、飼い主の動きや指示に合わせて犬が自在に動くレベルの一体感を求められ、「出来るように練習して下さい」と仰った時、「それが出来れば、みんなで一斉に右なら右、前なら前と動かして、犬と一緒に踊ることも可能なんですから!」という意味のことを仰ったのです。何か企んでいるような、意味深な表情で。

まさか、公園のしつけ教室のお手伝いの時に、みんなでデモンストレーションで歩いたり、”おすわり”させたりして見せるように、”みんなで犬と踊らせる“なんて考えてるんじゃ・・・?!

考えると、現実になってしまいそうなので考えない方が良さそうですが、もし、そんなことになったら、りどみぃはお手伝いを休んじゃいます。

勘弁して下さいよ~!( ̄□ ̄;)!!

りどみぃ、これまではいろいろ頑張って来ましたが、踊るのは勘弁してもらいたい。

どうしても踊らなきゃならないとなったら、しつけ教室をやめちゃう覚悟ですっっっっ!

それくらい嫌。( ̄△ ̄;)

|

« 魔女装束のわんこ、臨港パークにて | トップページ | うんちから避難? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37465257

この記事へのトラックバック一覧です: 踊りたくない:

« 魔女装束のわんこ、臨港パークにて | トップページ | うんちから避難? »