« お肉屋さんの猫 | トップページ | さらば、鈴一総本店の甘栗 »

2010年10月21日 (木)

クレートカバー(大)をミシンパッチで作ろう2

 寒くなって来たので、みんとさんのクレートカバー(大)制作も、急がなくてはなりません。

大雑把な計画の後、製品の寸法として公表されている寸法ではなくて、実際にみんとさんが使っているメッシュクレートの大きさを測って、前回の真っ赤っかのクレートカバーとどの程度サイズが違うのかを厳密に比べてみたり、みんとのマットを眺めている内に、ナインパッチの1辺は3×3cmの正方形を横に3列、縦に3段つないで9×9cmにすることにしました。

前回考えていた1辺4cmだと、1ブロックが12×12cmになるので、早く縫えるとは思いますが、ピースワークが細かい方が、出来上がった後は見飽きないので、ちょっと頑張ることにしたのです。

型紙作り:

型紙は、とりあえず2種類作りました。

ひとつは、1ピースを裁つ為の3×3cmに縫い代0.7cmを足した、4.5×4.5cm(厳密に足すと4.4×4.4cmになるけれど、0.1cmは誤差としてしまい)の型紙。

もうひとつは、9ピース全部を縫い合わせた時(ナインパッチのブロックが1つ完成した時)寸法を合わせる為の、10.5×10.5cmの正方形の型紙です。

色柄合わせ:

使う布は、完成時にはみんとさんのクレートは寝室の隅に置く事を考えて、落ち着いた雰囲気の配色にしたいので、カントリー調の布で統一することにしました。

結局いつもと同じだわね。(・△・;)

これまでに小物やキルトを作った時に出たはぎれや裁ち落しを取ってあるので、そこから出来るだけ切り出します。

ナインパッチの方針:

ナインパッチは、濃い色の布と薄い色の布を交互に配置するタイプにするつもりで、それも、縦横に濃い布が配置されるのではなくて(①)、対角線状に濃い布が配置されたタイプ(②)が好みなので、用意する布も濃い色の布の方が多めになります。(各ブロックごとに1ピースずつ濃い色の布が多いから)


濃い色の布×4と薄い色の布×5の組み合わせ


濃い色の布×5と薄い色の布×4の組み合わせ

明日もひたすら布を裁ち続ける作業が続きます。

|

« お肉屋さんの猫 | トップページ | さらば、鈴一総本店の甘栗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37351043

この記事へのトラックバック一覧です: クレートカバー(大)をミシンパッチで作ろう2:

« お肉屋さんの猫 | トップページ | さらば、鈴一総本店の甘栗 »