« アメリカンは腰に来る | トップページ | 空き缶にパンチ☆ »

2010年10月 3日 (日)

茹で栗も簡単

 秋でございます。

秋の味覚として、ぴかぴか☆大粒の栗が売っていたので、大きなお鍋で茹でてみました。

茹で栗?(・_・)

もちろん、茹で上がってからは、りどみぃが包丁で皮をむいて、みんとさんにも分けてやっていましたが、1個1個を手を切らない様に慎重に鬼皮からむくりどみぃに対して、食べるだけのみんとさんは楽なものです。

「次の栗はまだですか?」とか「もう食べちゃいましたよ」と知らせるかのように、りどみぃの膝頭を濡れたお鼻でちゅん☆ちゅん☆っと突っつきます。

最初の内は、「待ってねーもう少しだからねぇ」となだめながら次の栗、次の栗とむいてやっていたのですが、何個も続けてむいている内に、りどみぃの苦労も知らんと催促するみんとさんの相手をするのが面倒になりました。

そこで、

えーい、そんなに急いで食べたいのなら、自力でやらんかっっっ!( ̄□ ̄;)!!

とばかりに、丸ごと1個の栗を放ってやったのです。

りどみぃ的には、甘栗どころの固さではない鬼皮なので、時間稼ぎ&「無理だろう」という前提の元だったのですが、みんとさんは鬼皮を苦も無く破壊して、渋皮の内側のほくほく☆の美味しい部分のみを上手に食べてしまいました。

その速いこと!

甘栗を自力で食べるのは見慣れていましたが、茹でた栗さえも自分で苦も無く破壊して食べ、ケロリ☆とした顔をしているのには驚きました。

渋皮の内側なんぞ、舌でぺろぺろ☆と舐め上げるようにして、栗の甘い部分はほんの少しも残さないという丁寧な仕上げ舐め(?)をしとりました。

鬼皮の固さなんて、これっぽっちも気にならないらしい・・・またひとつ知ってしまった、みんとさんのたくましさでございました。

|

« アメリカンは腰に来る | トップページ | 空き缶にパンチ☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37168156

この記事へのトラックバック一覧です: 茹で栗も簡単:

« アメリカンは腰に来る | トップページ | 空き缶にパンチ☆ »