« 鴨と鯉の上前 | トップページ | わんこと東照宮参拝 »

2010年10月 7日 (木)

トリミングしてお帽子を

 みんとさん、トリミングに行って来ました。

いつも通りにトリマーのおねーさんが、とっても可愛くしてくれました。

トリマーさんが、「みんとちゃんは、“座って“と言うとちゃんと座ってくれるんですよ」と教えてくれました。「やりやすいですね」とお褒めの言葉も!

おおっ!しつけの効果が意外なところでもお役立ち!!(☆☆)

りどみぃは、トリミング直前のもこもこ☆したみんとさんが好きですが、直後のみんとさんのほっそり☆とした優美な雰囲気も良い感じです。

特に前脚のほっそり感は、いつまでもすべすべ☆と撫でていたい感じ・・・小さな足は、いたいけなパピーの頃を思い出させます。

短く(1cm)バリカンで切り揃えられた背中は、ビロードのような手触り。これ程短いと、あまりカールした感じは無くて、でも被毛は柔らかです。

最近のパターン通りに、直接家に戻らずに、駐車場のある大きな公園まで行って、みんとさんを開放してやりました。

秋が深まって行くせいか、どんぐりやくぬぎの実がいっぱい落ちています。

落ちた後、お散歩やジョギングをする人に踏まれて粉々になっている実もたくさんありますが、時折上からぽとん☆ぽとん☆と落ちて来るので、丸々としてぴかぴかに光った実もたくさんあります。

かなり大粒で、秋になると八百屋さんの店頭に並ぶ、栗の小粒の物と同じ位です。

きっと、これは食べられるな・・・(・_・)

とちの実はとち餅にするとか、どんぐりは干してあくを抜いて粉にするとか小耳にはさんだ事がありますが、くぬぎはどうやって食べるものやら・・・「ちょっと調べてみよう」とか考えている、食いしん坊な自分がおりました。

実と一緒に落ちているくぬぎの帽子も、もじゃもじゃでラブリー♪なので、みんとさんの頭にのせてみました。

重くないせいか、まんざらでもないご様子。

しかし、この後、冬支度の為に、これらの実を拾いに来るリスの匂いを嗅ぎつけたのか、くぬぎの帽子を落として、柵の向こう側へと追跡開始。

柵の少し向こう側は藪になっていますが、その向こうは崖のようになっているので、みんとさんには追跡を諦めてもらうしかありません。

せっかくきれいにしてもらったばかりなので、怪しげな藪に入る前に、みんとさんを促して、別の場所へと移動しました。

|

« 鴨と鯉の上前 | トップページ | わんこと東照宮参拝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/37168197

この記事へのトラックバック一覧です: トリミングしてお帽子を:

« 鴨と鯉の上前 | トップページ | わんこと東照宮参拝 »