« ホームの待合室にて | トップページ | 紺のボーダーパイルの服 »

2010年9月 2日 (木)

金魚のチャーム

 9月になったので、「いつまでもひまわりのチャームでもないだろう」と思い、お月見のイメージでうさぎを着けてみたところ、じじくんに「来年うさぎ年だから、お正月に着けたら?」と指摘され、「ごもっとも・・・」と納得。

何かないかな・・・とチャーム候補の在庫の箱をかき回していたら、ブリキの金魚のストラップ(根付け?)が出て来ました。

これは、以前、河口湖のおもちゃの博物館である北原ミュージアム Happy Daysを訪れた時、博物館内のミュージアムショップ(オリジナルグッズやおみやげ用のお菓子等も置いてあるコーナー)で買ったブリキで出来ているストラップでした。

「みんとさんのチャームにしよう」と思っておみやげに買って来たのを、すっかり忘れていたのです。

このきんぎょ、ブリキで出来ておりますが、Maid in Japanだけあって、こんなに小さいのに、実に精巧に出来ております。

金魚と言えば季節としては夏であろう・・・ということで、残暑厳しい9月に、滑り込みで着けてみることにしました。

いつものように、りどみぃが、ストラップ部分をヤットコ等を使って外し、代わりにナスカンや丸カンをつけて、チャームに改造。

写真では、金魚の後側に行ってしまっていて判りませんが、小さな金色の鈴も付いていたので、みんとさんが歩くと小さな音がリンリン☆聞こえて可愛い感じです。

きんぎょの鮮やかな色も、みんとさんの被毛に映えるので、しばらくは可愛らしい姿が見られることでしょう。

|

« ホームの待合室にて | トップページ | 紺のボーダーパイルの服 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/36553812

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚のチャーム:

« ホームの待合室にて | トップページ | 紺のボーダーパイルの服 »