« 悪あがき中のご感想 | トップページ | 空き缶がこわい »

2010年9月18日 (土)

居酒屋の宣伝のぬいぐるみ

 18日土曜日のしつけ教室は、空き缶問題で大事件が起こったのですが、これは別の機会にまとめることとして・・・

優良家庭犬普及協会認定グッドシチズン検定模擬試験は翌日なのに、この日のみんとさんは、お教室の学友わんこのママやパパに跳び付こうとしてばかりで、それを止めるりどみぃの言うことなんて耳に入って無い感じでした。(聞こえていたけど無視されたとは考えたくない)

明日も試験官に跳び付くかもしれん・・・かなり不安・・・( ̄  ̄;)

不安な気持ちのまま模擬試験に臨むのは嫌なので、出来るだけの事をしておこう・・・と、しつけ教室から1度帰宅してひと休みした後、改めて駅前まで出かけて行きました。”おすわりして待つ練習”をする為です。

夕暮れ時になって来たので、みんとさんの光る首輪(赤い輪)のスイッチを点灯にオン。(点滅モードもあるので)

尻尾の後に、小さなLEDランタンを置いて、上からの外灯の灯りで出来る、みんとさん自身の影が出来ないようにしました。その上、首輪のスイッチ部分等は赤くならないので、そこにはペンダントタイプの赤と青の点滅するライトを着けて、どの角度からでもみんとさんが見えるようにしました。

・・・通行する方がつまづいて転んだりしないように・・・という配慮からの電飾(?)だったのですが、思わぬ反響がありました。

なんと、みんとさん、”居酒屋の宣伝用に置かれたぬいぐるみの犬の置物”だと思われたのです!

中高年の女性の方が、みんとさんの近くで割引券を配っていた居酒屋のアルバイトの女の子達に、たずねたそうな。

まず、あまりに動かないので、生きているとは思えなかったらしく、店の入り口に置かれた「営業中」と書かれている看板をくわえている犬の置物のように見えたらしい・・・

・・・そういう見方もなさる・・・のね。(・△・;)

そんな風に近くの人に質問する方がいるとなると、質問された方へご迷惑になるので、みんとさんの近くに“お札(おふだ)”を作って置くことにしました。

“お札”と言えば、1年ほど前にも作って、公園で待つ訓練に使いましたが、この時は声をかけられたら鳴く位だったので、この時の“お札”は使えません。

子犬の頃は、りどみぃが背中を向けただけで鳴いていたみんとさんが、鳴かないで何分も待てるようになっただけでもすごいのに、今度は”触られても動かない”を目指すなんて、随分と成長したものです。

家でお札を作り直しながら、「努力すれば報われるんだなぁ」と、みんとさんの成長を心から喜んだのでした。

駅の東口と西口での15分と5分の動かないで待つ練習は問題無く終わり、その間、小学校低学年位の男の子がみんとさんにずーっと触りたそうにしていて、お母さんに呼ばれて走り去る時、意を決したように、みんとさんの後からぽふ☆っと頭を撫でて行きました。

みんとさん、この時も、「ん?」と上を見ましたが、立ち上がったりはしませんでした。

すごいじゃない・・・(・◇・;)

そして、コーヒーショップ前のテラス席に移動。ここでは、2回立ち上がってしまいましたが、前回が3回立ったのに比べると、1回減っています。

「やるだけのことはやったね」と、がんばったみんとさんと顔を見合わせ、翌日の模擬試験は、自然体で臨もうと思えたわしらなのでした。

|

« 悪あがき中のご感想 | トップページ | 空き缶がこわい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/36827183

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋の宣伝のぬいぐるみ:

« 悪あがき中のご感想 | トップページ | 空き缶がこわい »