« 中津川で泳ごう 新学期編 | トップページ | 泥のように眠りたくても »

2010年9月 5日 (日)

川の中のジャーキー

 クリッカーで何かを教える時は、成功させて、犬が気分良い状態でお勉強を終えるのが大切だそうで、みんとさんの泳ぎの練習に関しても、同様の事が言えましょう。

こんな風に笑っている間は良いのですが、川の中に居るりどみぃの元へ、ジャーキーのかけらを貰いに来ては岸に戻る・・・という事を繰り返している内に、石をまたぎ、水の中を歩くということに、みんとさんも疲れて来るようです。

段々と顔が辛気臭くなってまいります。

りどみぃが小さなジャーキーのかけらを「これあげるよー」と掌にのせて見せても、みんとさん、岸から動こうとしなくなりました。

じじくんもりどみぃも暑くて、「そろそろ引き上げよう」と思っていたのですが、このタイミングでじじくんやりどみぃが岸に上がって帰ることにしたら、みんとさんの意思に従ったことになってしまいます。

川から引き上げるタイミングは、群のリーダーであるじじくんとりどみぃが、みんとさんに相談することなく決めなくてはならないのです。

それに、「もう川に入るのが嫌だな」と感じさせて終わったら、泳ぎの練習としてイメージが悪い状態で終わってしまう事になります。

ここはもう一発、良い印象をつけておかねば・・・(・△・;)

そこで、りどみぃ、みんとさんにやる気を出させる為に、ジャーキーを丸々1本奮発。指でつまんで腕を高く上げて振り回しながら、みんとさんに「みんと~ほらジャーキーまるごとだよー!これあげるよ♪」とアピール。

みんとさんが岸から見ているのを確認しつつ、石の上に置きました。

決して深い場所ではありません。

でも、もう帰りたくなっているみんとさんは、取りに来ないかもしれないな・・・と、ちょっぴり思いつつ、りどみぃはそのまま川の中で待っておりました。

岸のみんとさん、数秒間迷っていたようでしたが、意を決したのか、自主的に川の中に一歩踏み出しました。

おおっ!大物(?)ジャーキーの為なら来るのかっ?!( ̄□ ̄;)!!

ジャーキーは、ちゃんと見えているので、最短距離で進みます。

やがて、無事にジャーキーの元にたどり着きました。

みんとさん、がんばったねぇ(*^^*)

それまで、ジャーキーのかけらは、みんな石の上にあるのを発見すると、その場で食べていたので、りどみぃ、てっきり今回もその場で食べるものと思っておりました。

が・・・大物は落ち着いて岸で食べたいのでしょうか、みんとさんは、ジャーキーをぱくっっとくわえると、くるり☆と方向転換をして、岸に向かって戻って行きました。

岸に戻って、大物ジャーキーを美味しそうに食べるみんとさん、これで水に対して良いイメージで終えることが出来ます。

ジャーキー丸ごと1本の為なら、ちょっぴり頑張れたみんとさんなのでした。

|

« 中津川で泳ごう 新学期編 | トップページ | 泥のように眠りたくても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/36642178

この記事へのトラックバック一覧です: 川の中のジャーキー:

« 中津川で泳ごう 新学期編 | トップページ | 泥のように眠りたくても »