« 新しい階段と流しそうめん | トップページ | センサーライト »

2010年8月 4日 (水)

保冷剤入れ付きバンダナ 失敗編

なんか変・・・(・_・)

みんとさんに、保冷剤入れ付きのバンダナを作って、試着を兼ねてお散歩に行った時、りどみぃ言わずにはいられませんでした。

みんとさんとしては、散歩に行けさせすれば、熱中症予防の涼を取る方法が、濡れたパイルの服だろうが、保冷材入りのバンダナだろうがどうでもいいらしく、特に気にしてはいないようです。

気になるのは、お鼻の乾き具合だけ?(^▽^;)

この保冷剤入れ用のポケット付きのバンダナは、りどみぃがそれなりに考えて作ってみたのですが、構造上に問題があるらしい・・・

ポケット部分は、バンダナの首の部分に縫いこんでありまして、よくバッグの内側のポケットなんかに見られる、“吊り下げ式のポケット”にしたのですが、これが失敗だったようです。

首に巻く時に、両脇が引っ張られるので、バンダナの三角部分が上に引き上げられ、吊り下げられたポケットはその場に取り残されている感じになってしまうのです。

その上、こうして“おすわり”している状態なら、保冷剤も胸に当たっていて、その機能を果たしていますが、みんとさんが立ち上がってすたすた☆歩こうものならば、保冷剤は胸の前でぶらぶらしているだけで、首や胸に密着することが出来ない為、これっぽっちも役に立たない感じです。

ほんの少し、冷気を漂わせながら揺れている・・・って感じ?(・△・;)

家に帰ってから、縫い込んであった部分をほどき、ポケットを吊り下げ式から縫い付けタイプに変更し、なるべく下の三角に近い方へ縫い付けてみました。

サイズ確認の為に保冷剤を入れてみて、少し上の方を出した状態で撮影しましたが、実際は保冷剤はすっぽりポケットに収まるので、みんとさんがちくちくすることもありません。

修正してから、みんとさんに室内で試着してもらいましたが、これなら大丈夫そうです。

これで、お教室の時に涼しく活動出来るでしょうか?

洗い替えも必要だろうし、もうひとつ作ってみようと思います。

保冷剤入れ付きバンダナ制作編へつづく

|

« 新しい階段と流しそうめん | トップページ | センサーライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/36047116

この記事へのトラックバック一覧です: 保冷剤入れ付きバンダナ 失敗編:

« 新しい階段と流しそうめん | トップページ | センサーライト »