« 犬笛を聴け! | トップページ | お腹までなら自主的に? »

2010年7月 7日 (水)

公園で雨宿り

ちょっと遠くの郵便局へ行く用事があったので、みんとさんにも付き合ってもらうことにしましたが、半分位まで行った所で雨が降り始めました。

今日は七夕なのにねぇ(゚O゚;)

気温が高い曇りの日の雨なので、濡れても気持ちが良い位でしたが、結構大粒の上に雨脚も強くなって来て、黒い雨雲が行ってしまうまで、雨宿りすることにしました。

雨宿りしたのは、住宅街にある、とっても小さな公園です。

小さな公園なのに、大きな木が数本あるので、それらの葉が重なり合っていて、雨が落ちて来ません。

公園の前の道路は、既に色が変わってしまうほど濡れているのに、みんとさんが立っている地面は乾いたままなのです。

木のベンチも全く濡れていないので、りどみぃは座って、休憩しちゃいました。

最初は、明るい曇り空だった空を見上げて、特別黒い雲が動いていたので、「あの雲が行っちゃったら雨が止むだろう」と思っていましたが、黒い雲は次々と移動して来るのが見え、空全体が暗い色になってしまいました。

こうなると、夕立の時のように、ひとしきり降った後には陽が差す・・・なんてことは期待出来そうもありません。

少し雨が弱くなったタイミングを見計らって、濡れていなかったりどみぃとみんとさんは、果敢に雨の中へ出ることに。

郵便局での用事を済ませた帰り道でも、雨はぱらぱら降っていました。

途中の商店街のお肉屋さんでお買い物をして、みんとさんにも自分の手羽先2個を持ってもらいました。

雨が降っているので、りどみぃが持っても良かったのですが、「みんとさん、雨だったらどうするかな?」と知りたい気持ちがあったので、一応持たせてみたわけです。

申し訳ないけれど、りどみぃの予想としては、雨に濡れて不快になったみんとさんが、「もうバスケット持ってるどころじゃない!」と頑張る心を失って、その辺に捨ててしまうのではないかと・・・

しかし、意外にも(?)みんとさんは、濡れながらもがんばりました。

みんとさんに、お肉屋さんから自分の手羽先を持ち帰ってもらうのは2回目*1なので、みんとさんにも「これは自分の晩御飯だ」というのは理解されているようです。

*1 前回は、1度だけ途中で捨てました。

それだけに、「捨ててしまったら、家に帰ってから食べられなくなってしまう」という結果も理解しているらしいのです。

りどみぃには、みんとさんが雨にも負けずに「持って帰らなきゃ!絶対に持って帰らなきゃ!」とがんばって運んでいるのが伝わって来ました。

そうだよ、みんとさん!がんばれ!!獲物は巣穴に持ち帰ってからゆっくり食べたいもんね!(^◇^;)

結局、みんとさんは家の玄関前まで、ちゃんと持って帰りました。

雨に濡れても頑張る、みんとさんの根性を見たような気がします。

|

« 犬笛を聴け! | トップページ | お腹までなら自主的に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/35707505

この記事へのトラックバック一覧です: 公園で雨宿り:

« 犬笛を聴け! | トップページ | お腹までなら自主的に? »