« 生地見本でブックカバー2 | トップページ | 夏服次々 »

2010年7月15日 (木)

日陰の原っぱ

散歩の時間には早いし、日の傾き加減も足りてはいませんでしたが、小腹が空いたので、おやつを買いに行くのとお散歩を兼ねたかったりどみぃは、みんとさんに濡らしたパイルの服を着せて出たのでございます。

家を出る時は、おやつを買ってから公園に行き、ベンチでピクニック気分でおやつタイムにしようと思っていたのですが、少しばかり歩いただけで汗ばんで夏バテを感じたりどみぃ、「おやつを買ったら、そこで力尽きて、そのまま家に帰りたくなってしまうだろうな」と思えてきました。

マンションや住宅の影が続く道を選んで歩いて行ったせいか、みんとさんの方は、全然暑そうではありませんでした。

そこで急遽予定変更。まずは、行く予定にしていたのと別の”里山の公園”に寄って、みんとさんを気が済むまで遊ばせ、帰り道に買出しをすることに。

公園に着いてみると、みごとに全面が日陰になっていて、非常に過ごしやすい状態でした。どうやら、この公園は、周囲を建物や小さな山に囲まれているせいで、午後の早い時間から日陰になるようなのです。

おまけに、設備としてはベンチがいくつかあるだけなので、みんとさんがロングリードで走り回るのに充分なスペースがあります。

日陰の原っぱというわけか・・・(・_・)

まだ近所のわんこ達がお散歩に来るには時間が早いので、みんとさんの貸切状態。

りどみぃが手作り紐付きコングを投げてやると、何度でも全力疾走しては、持って来ました。

どうやら濡らしたパイルの服効果で涼しい上に、公園全体の気温が低めなので、走っても暑くならないらしい・・・

お口から舌の出方が少ないことでも、みんとさんが涼しそうなのがわかります。全力疾走して、コングの落下位置に飛び込むので、クローバーの花がお鼻の上に付いちゃいました。

その内、さすがのみんとさんも、息が上がってきた模様。

まだ遊ぶのかえ?(^◇^;)

と、水を飲んでいるみんとさんに聞いてみたら、まだまだやる気充分でした。

しまいには、日陰とは言え、これまた全力でコングを投げ続けたりどみぃの方が疲れてしまい、「みんとさん、もう勘弁してください」。

いい運動をして、小腹が空いたどころか、腹ぺこ状態になったりどみぃは、みんとさんをうながし、おやつの買出しに向かったのでした。

|

« 生地見本でブックカバー2 | トップページ | 夏服次々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/35775196

この記事へのトラックバック一覧です: 日陰の原っぱ:

« 生地見本でブックカバー2 | トップページ | 夏服次々 »