« わんこのオクラシフォンケーキ | トップページ | 気分だけでも »

2010年7月10日 (土)

みんとの夏服2010

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、被毛の色が黒っぽいせいか、夏になるとすぐに暑そうになり、ボールを投げて「“持って来い”」遊びをしても、2、3回すると、草の上や土の上に腹這いになって、自主的に休憩しようとします。

みんとさんがそんなことし始めたら、”濡らして着せるパイルの服”の出番です。

今年も、雨上がりの夕方、かなり蒸し暑い時に着せてみたら、いつもなら休憩してしまうみんとさんが、継続的に走っていました。

みんとさんが走って暑くなると、舌も耳の内側も赤く&熱くなってしまうものですが、濡らした服が乾く時に熱を奪ってくれるせいか、休憩無しで走り続けても、なかなか耳まで熱くなりませんでした。本犬も、ばてばて☆にならずに、涼しい顔をしております。

ちょうど同日、お友達のダックスフンドの大地くんのママが、大地くんの為にブルーのパイルのお洋服を作って、濡らして着せていらっしゃいました。

一緒に居た他のお友達わんこ達が、三々五々休憩モードに入るところを、大地くんとみんとさんだけは元気に走り続けていたりして・・・

やっぱり濡らしたパイルの服は、涼しいんだな。(・_・)

と、感じずにはいられませんでした。

改めて、パイルの服の恩恵を認識したりどみぃ、この時雨上がりで地面がどろどろだったせいで、みんとさんのお腹側が汚れたせいもあり、洗い換えとして何枚か用意したくなりました。

作るしかあるまい・・・!(^◇^;)

大地くんのママが作られたのは、汚れやすいお腹部分を別布にするという一工夫がされていたので、みんとさんも真似っこさせてもらうことに。

生地は、2年前の今頃、180×100cmを買ってしまった2種類のシマシマのパイル生地・・・

まずは、白地に赤と黄色のシマシマの生地で、みんとさんの濡らす服を1着ばっかり作ってみたものですが、これっぽっちも減った感じが無いまま、部屋の隅に山積みされておりました。

2種類のシマシマの内、また使っていなかった、白地にオレンジとグリーンの縞のパイルを使い、お腹側はりどみぃのお下がりのカットソー(濃オレンジ)を利用することに。

型紙は、昨年作った型紙で、元はお気に入りのジャストサイズの服をなぞって作り、その後、みんとさんの好みに応じて修正して作った物です。

今まで、本を見たりして、何種類かの方法で縫ってみましたが、仕上がりはともかく、りどみぃとしては、1番作るのが簡単な印象がある手順*1で縫いました。

*1 右肩(前身頃と後身頃)→襟ぐりをストレッチテープではさんで縫う→左右のアームホールをストレッチテープではさんで縫う→右脇から裾までを縫う→裾をストレッチテープではさんで縫う→左脇を裾まで縫い合わせる

背中が少し寂しいような気がしたので、市販のラベル(うさぎ柄)をミシンで縫いつけました。これは、クレートカバーを作った時に使った残りです。

無事に、惜しげの無い洗い換えが出来ましたが、やはり濡らしてから着せるせいか、1回お散歩に行くと、相当泥汚れ状態になります。

日替りで着替えられる位の用意が必要かもしれません・・・

ま、生地ならたっぷりあるし♪(^_^;)

|

« わんこのオクラシフォンケーキ | トップページ | 気分だけでも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/35707535

この記事へのトラックバック一覧です: みんとの夏服2010:

« わんこのオクラシフォンケーキ | トップページ | 気分だけでも »