« 羽を伸ばしたぴこちゃん | トップページ | てるこ、出番だ! »

2010年6月25日 (金)

わんこのレモンシフォンケーキ

りどみぃが公園に手荷物で何か袋を持って行くと、いつも味見をしてくれるわんこ達は、「ケーキ?ケーキ?」と思うらしい・・・

「ご、ごめんねっ。今日は違うんだよ」と持っていた袋を開いて見せたら、「本当に入ってないの?」と顔を突っ込んで確認していたりして・・・

可愛過ぎるっ(☆☆)

なんか期待を裏切ってしまったような罪悪感に襲われたりどみぃ、わんこ達の喜ぶ顔が見たくって、翌日、シフォンケーキを焼くことにしました。

が・・・特に何味のシフォンケーキを焼こうとか、事前にプランが無かったので、家にあった国産のレモンを使ってみることに。収穫後の防カビ剤や防腐剤、ワックス等が不使用なので、皮も安心して使えるレモンです。

わんこのレモンシフォンケーキ

材料:

17cmシフォン型用

卵黄

4個分

卵白

4個分

小麦粉(薄力粉)

90g

砂糖

40g

レモン

1個 (皮と果汁を使用)

下準備:

材料は量って用意しておく。

レモンは、始めに丸ごとのまま、おろし金で皮の黄色い部分をおろして集めておく。

今回使用したレモンは、国産で、収穫後の防カビ剤や防腐剤、ワックス等が不使用なので、安心して皮ごと使える物です。

皮をおろした後、2つに切、それぞれを絞って果汁を用意しておく。

果汁のみで50ccあればそのまま。足りなければ水を足して50cc用意する。

オーブンは180℃に予熱しておく。(りどみぃの場合は、メレンゲが出来上がりそうになった段階でスイッチを押して予熱を始めるようにしています)

型の用意も忘れずにd(*^^*)

1.

卵を卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖(今回は30g)でメレンゲを作る。

メレンゲの作り方は別に詳しく書いてあります。d(*^^*)

今回は冷凍庫に白身を入れて置いておく時間が短めだったので、ボウルの下に保冷剤を当てながらハンドミキサーで泡立てましたが、室温が高いので、結局はきめの粗い泡になってしまったようです。

シフォンケーキの作り方はいつも同じ手順です。一応書いておきます(^^;)

2.

卵黄をボウルに入れ、軽く泡立て器で割りほぐしてから、残してあった10gの砂糖を入れ、泡立て器で良く混ぜてマヨネーズ状にする。

3.

2にレモンの皮のおろした物、絞った果汁(+水の場合も)の順で加える。均一になるように混ぜる。

4.

3に小麦粉を1/3量ふるいながら加えてなめらかになるまで混ぜる。(最近のりどみぃは、この辺はゴムベラで混ぜております)

この時、まだオーブンの予熱が完了していなかったら、完了するまで小麦粉を混ぜないで予熱が完了するまで手を止めて待っています。

小麦粉は混ぜてから時間が経つと粘り気が出てしまうので、ケーキの焼き上がりが重たくなってしまうからです。

5.

4に残りの小麦粉を1/3ずつ2度に分けてふるいながら加える。練らないように短時間で混ぜ、多少粉が見える程度でも良い。

6.

メレンゲを今一度かき混ぜて泡を均一化し、1/3量を5に混ぜる。
この時は、粉っぽい部分が無いように全体的にきちんと混ぜること。

7.

6にメレンゲの残りを2度に分けて加える。

8.

7を型に流し込み、表面を軽く平らにする。型の底を2,3cm持ち上げてトン☆と落とすことを2,3回繰り返して、もし型に入れた時に大きな気泡が出来ている場合に備えて空気を抜く。

9.

180℃で30分焼く。20分程度焼いて焼き色がついてしまったら、アルミホイルをあらかじめ用意しておき、オーブンを一瞬だけ開けてふんわりのせると焦げなくて良い。

10.

焼きあがったらオーブンから出して型ごと逆さまにして冷ます。

11.

型の上から素手で触っても熱くない程度まで冷ましてから、パレットナイフやシフォンナイフ、竹串などを使って型から外し、切り分けて食べる。

暑い季節には、こんな風に酸味が効いたシフォンケーキが美味しいようです。酸味があるだけに、わんこに対してのウケはどうであろう?と思っていましたが、どの子も最高の笑顔で、喜んで食べてくれました。

|

« 羽を伸ばしたぴこちゃん | トップページ | てるこ、出番だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/35497309

この記事へのトラックバック一覧です: わんこのレモンシフォンケーキ:

« 羽を伸ばしたぴこちゃん | トップページ | てるこ、出番だ! »