« ジーンズでマット | トップページ | 海老名で待つ »

2010年6月12日 (土)

ブロワーは羽ばたきの音

穿き古しのジーンズからマットを作っていた時、ミシンを使っていて、下糸のボビンを入れる釜の部分等の埃が気になりました。

生地を裁ったり縫ったりすると、どうしても繊維の埃が出て、いつの間にか溜まっていきます。手入れが良くないとミシンの故障の原因にもなるということなので、カメラの手入れ等にも使われるブロワーを使って、埃を掃っておく事にしました。

いや、みんとさん、息でふーっとやりたくなるけど、呼気には湿度が含まれてしまうから、精密機械にはいけないそうだよ。ミシンも、錆の原因になるから、息で埃を飛ばしちゃいけないらしい・・・だから、ブロワー登場ってわけなのですよ。

りどみぃのブロワーは、こんなのです。オレンジ色の部分を握ると、黒い管の先から空気が出て来る仕組み。
吹き飛ばしたい埃に黒い管の先を向けて、オレンジ部分をぱふぱふ☆とやるわけです。

ぱふぱふっ・・・と。(・_・)

りどみぃがミシンの釜部分にぱふぱふ☆と始めたら、それまで床の上で寝ていたみんとさんが、がばっっと起き上がって、オカメインコのぴこちゃんのかごの前に駆けつけました。

その時、ぴこちゃんはぽりぽり☆と殻付き餌をついばんでのごはん中。りどみぃも、「なんだ?なんだ?なんだ?」と目が点になりました。

「狩りの夢でも見たのかな?」なんて思いましたが、ミシンの掃除を続けると、すぐに理由が解りました。

どうやら、りどみぃがブロワーをぱふぱふ☆やって空気が出る音は、ぴこちゃん・・・鳥類が羽をぱたぱたやる羽ばたきの音と似ているようなのです。

確かに、鳥の羽ばたきは、羽が風・・・空気を切る音ですから、ブロワーの起こす風のような音は似ていて、りどみぃにも同じ種類の音なのだという事が解りました。その為、りどみぃがブロワーをぱふぱふ☆すると、みんとさんはぴこちゃんの羽ばたきなのかと思って、かごの前でうろうろと動いて、狩れないことに身もだえするのです。

みんとさん、かごを前足でかりかり☆やってはいけないことは解っているので、どうにも手をこまねいてしまい、思わず「ぁ・・・ぅん」とか鳴いちゃって・・・

羽ばたきの音は、みんとさんの本能を刺激するのねん。(^_^;)

みんとさんには、りどみぃの元に呼び寄せて、ブロワーから風が出ていることを理解してもらう事にしました。

いきなり風が顔にかかったら驚くだろうと思い、みんとさんの目の前で「これだよ、これ。ぴこちゃんじゃないよ」と言いながら、りどみぃが右手でブロワーを押して、左掌で風を受けるようにして見せ、みんとさんが自由に匂いを嗅ぐように鼻を寄せて来るままにしておいたら、黒い管に注目して、仕組みを理解したようでした。

そこで、次は、みんとさんに対してブロワーを真横にして、黒い管の先がみんとさんの鼻に向くようにして、ゆっくりとオレンジ部分を握って、弱い風を出してみたところ、「なに、それ?」と怪しんでおりました。特におもちゃと間違えて欲しがる様子も無く、羽ばたき音ではないと悟ると、途端に興味を失った模様。

さっさとまた寝る姿勢に戻ったみんとさん。りどみぃはミシン掃除の続きを行いました。

|

« ジーンズでマット | トップページ | 海老名で待つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/35255797

この記事へのトラックバック一覧です: ブロワーは羽ばたきの音:

« ジーンズでマット | トップページ | 海老名で待つ »