« なじみのスーパー前で待つ(前編) | トップページ | バーベキュ☆ »

2010年6月 4日 (金)

なじみのスーパー前で待つ(後編)

みんとさん、スーパーマーケット前で待つ訓練をしていた時、知らない人(買い物に来たお客さん)が声をかけたり、なでなでしても、立たないようになりました。尻尾は超高速で激しく振ってましたけど。

その後、知らない人が散歩の途中で犬連れで通りかかっても、立ち上がらなくなりました。みんとさんの目の前50cmという所を通っても・・・です。

通り過ぎたわんこの残り香を嗅ぎたいけれど、それは風が運んでくれる分を嗅ぐだけとし、自分が立ち上がって嗅ぎに行く事は我慢出来たってことです。

その次の段階では、知っている人・・・近所の人やお友達わんこの飼い主さんが出入しても、鳴いたり立ったりしないようになりました。

みんとさんとしては、ちゃんと個人を認識していて、「こんにちは!」と愛を伝えたい気持ちはやまやまなのですが、りどみぃには「”ふせ”、”待て”」と言われたので、それを守っているということですから、すごいことです。

なんという・・・忠犬!( ̄□ ̄;)

そして、最近では、みんとさんがパピーの頃から可愛がって下さっている、みんとさんが大好きな方(友達わんこのママ)に声をかけられても、立ち上がらないということがあり、ここまで出来ると、りどみぃの方がびっくりです。

声をかけてくれた大好きなママさんの後姿を見送るみんとさんの顔には、「残念」という落胆した気持ちは見えませんでした。それよりも「今は、”待つ”という仕事中なんで!またお会いしましょう!」というような、晴れやさが見えました。

”待つ訓練”が終わると、りどみぃにほめてもらえて、その後はごほうびをもらってから公園に散歩に行けるということで、みんとさんにとっては、”待つ”という事が、嫌な事、不安な事ではなくなったようです。

すごいじゃない・・・(・◇・;)

今後も、初めて行った公園で待たせてみたり、りどみぃの姿は見えるけれど30m位離れてみたり・・・と条件を微妙に変えて様子を見つつ、訓練を続けていこうと思うのでした。

|

« なじみのスーパー前で待つ(前編) | トップページ | バーベキュ☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/35099164

この記事へのトラックバック一覧です: なじみのスーパー前で待つ(後編):

« なじみのスーパー前で待つ(前編) | トップページ | バーベキュ☆ »