« スタバ前で待つ | トップページ | すずめのお宿 »

2010年5月29日 (土)

50m記念

「あの銀色の棒の所まで行って、みんとを置いて、戻っておいで」という先生の言葉に、りどみぃは冷汗の出る思いをしながら従い、スタート地点の先生の元に戻る時に考えていました。

*訓練士の先生の指導の下、犬の身に危険が及ぶ事は考え難い、許可された場所で行っています。

何をさせるのかな~?(ーー;)

スタート地点に戻ると、先生はあんな豆粒みたいなみんとに、声だけの指示で”ふせ”をさせろと仰る。

・・・うへ~( ̄△ ̄;)

「あんな所まで届く声が出せるかな?」と思いつつ、叫んでみましたが、案の定、みんとさんはぴく☆っとは動きましたが、おすわりの姿勢を崩しませんでした。

やっぱりね・・・(^△^;)

そこで、「手で合図を送って」とハンドサインを出して良い事になり、りどみぃ、右手を真っ直ぐ上に上げてから、手のひらが地面に着く位に、体全体を沈めるようにして合図を送ったところ、みんとさんが”ふせ”の姿勢になりました。

おおっ!やった!!( ̄□ ̄;)

クラスの皆もじじくん&りどみぃもびっくり☆みんとさん、快挙です。
しかし、先生はまだまだ容赦ありませんでした。

今度は、「じゃ、次は立たせて」と”立て”の号令をかけろと仰います。

ダメモトで、「”立て”!」と叫んだら、みんとさんが立ちました。

ぎゃーっ!?感激っ!!!(☆◇☆)

これには先生も驚かれたようです。

りどみぃも、物凄く驚きました。こんなにみんとさんと離れたことは無いし、ましてやこの距離での訓練なんて、1度もしたことはありません。アジリティーの時だって、こんなに離れたことはありません。まさに奇跡!

「じゃ、呼んで」と、先生から最後の指示は、”おいで”の呼び戻し。

りどみぃが「”おいで”!」と叫ぶと、みんとさんがぱっ☆っと駆け出しました。

距離があるので、みんとさんが一所懸命走っても走っても、中々りどみぃの足元まで到着できません。それでも弾丸のように一直線に駆けて来る姿は、映画の1シーンを見るようでした。

犬が遠い道のりを苦労して飼い主の元に戻るパターンの映画では、ここで飼い主の胸に飛び込んで、がっし☆と抱き合うのよねぇ・・・りどみぃの気持ちは感動でいっぱいでしたが、少し前に脚側停座でフィニッシュが上手に出来なくて、「最後がなぁ」と注意を受けていたので、感動はぐっっとこらえて”つけ”で終了しました。

その後、先生が、「スタート地点から銀色の棒の場所までは、50mはある」と仰るじゃありませんか!

50mですと?!Σ(○ω○ノ)ノ!

知らなかった時より、もっとびっくりです。

みんとさんってば、50mも離れた場所で、伏せたり立ったりしたらしい・・・飼い主りどみぃ、信じ難くて目が点状態に。

みんとさん、すごいわぁ~(・□・;)

50mという距離を思うと、とってもすごい事を成し遂げたような気がします。飼い主がシャンパンで乾杯して祝ってやる、記念すべき日なのかもしれません。

|

« スタバ前で待つ | トップページ | すずめのお宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/34965054

この記事へのトラックバック一覧です: 50m記念:

« スタバ前で待つ | トップページ | すずめのお宿 »