« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

電話連絡?!

 みんとさんが”里山の公園”でロングリード+延長ロングリードにリードを替えて、いざダンベルを投げて”持って来い”で遊ぼうとした時、飼い主(ママ)とそのお友達の年配のご婦人(以下、お友達と表記)に連れられて、クッキーくんが登場。


クッキーくんは、シーズー&プードルのハーフです。シープー?

みんとさん、パピーの頃に出会って、可愛がっていただいたので、久しぶりの再開が嬉しくて仕方ありません。クッキーくんにも、ママにもご挨拶して、ご機嫌になっていました。

そんな様子を見ながら、お友達が、りどみぃにお聞きになりました。

お友達「さっき、銀行にいらっしゃった?」

りどみぃ「ええ」

実はこの10分程前、近くの商店街の銀行のATMコーナーに立ち寄ったのです。みんとさんは、ガラスの自動ドアから見える銀行の敷地内にリードをつなぎ、”ふせ”を命じて待つ訓練を兼ねて待たせておりました。

お話していて分かったのですが、この時、お友達はみんとのことをクッキーくん自身だと思ったそうで、「クッキー」と声をかけたのだそうです。りどみぃとしては、みんとが甘えてあんあん☆鳴いている声しか聞こえなかったので、「あいつ、また、よそ様に甘えおって・・・跳び付かなきゃいいけど・・・」とガラス越しに気をもんでおりました。

多分、あまりに落ち着きが無い様子が「あら、似てるけどクッキーじゃないわ」と気がつかせたのでしょう。

そこで、お友達、クッキーくんのママに携帯で電話をかけてお知らせしたそうなのです。「いま、銀行にクッキーにそっくりな子がいるわよー!」って。

電話連絡っ?!(^◇^;)

その時、クッキーくん&ママもお散歩中だったので、「あら、クッキーにそっくりだなんて、もしかしたら”みんみんみんと”かしら~♪」とおっしゃって、お友達と合流したそうです。

が・・・その時には、そんな遣り取りを知らない、りどみぃの銀行での用事は終わり、待っていたみんとさんをねぎらって、公園へと移動していたのでした。

お友達は、「会わせたかったのに、もういなくなちゃったわー」と残念がっていらしたそう・・・そこで、里山の公園へクッキーくんのお散歩に寄ったら、まさにそっくりなみんとがいたので、「さっき、銀行にいました?」との確認になったようです。

クッキーくんのママは、みんとのことを”みんみんみんと”と呼んで下さっていて、以前良く待つ訓練をしていたコンビニ前等を通る時、「みんみんみんといないかしら?」とチェックしたりして、気にかけて下さっていたそうです。思いがけず、りどみぃもクッキーくん&ママに会えて、とても嬉しかったのでした。

お友達が電話連絡して下さらなかったら、クッキーくんとママは別の散歩コースを通って帰宅したかもしれないのですから、電話連絡のお陰とも言えます。

ありがとう、電話連絡!\(^^@)/

みんとさん、また、クッキーくんとママに会えると良いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

すずめのお宿

用事があって出かけた目的地への途中、大井海浜公園に寄りました。

しおさいドッグランは、良い雰囲気ではありましたが、みんとさんは、りどみぃやじじくんの足元からあまり離れないので、走ったりはしませんでした。

楽しい気分にはなるらしく、顔は笑っていますが、やっぱり緊張するらしい・・・

ドッグランから退場したら、気が楽になったような顔をしていました。

用事がある為、長い時間公園に居られないのと、りどみぃがロングリードを家に忘れて来たのとで、この日のみんとさんは、運河の方を散策したり、広い芝生の上での”持って来い”遊びなどは出来ませんでした。

公園の東屋で休憩していたら、すずめのお宿を発見!

どこか・・・と言うと、この配電盤ボックスの中のようです。

配線の引き込み用の穴から、親すずめが出入りしているのが見えました。餌をくわえて戻ると、姿は見えねど、子すずめがちいちい☆ぴぃぴぃ☆喜んでいる声が聞こえて来ます。

箱の中に、子すずめは何羽いるのかな?すずめは、ツバメのように、オスとメスとが一緒にヒナの面倒をみるのかな?餌になる小さな虫がたくさん捕れそうな公園だけに、子すずめたちのお腹は満たされているのかな?それとも際限無く食べたいのかな?いろいろな事を考えつつ、いつまでも見ていたい気持ちになったのですが、時間が無いので行かなくちゃね・・・

すずめちゃんにエールを送って、公園を後にしたのでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

50m記念

「あの銀色の棒の所まで行って、みんとを置いて、戻っておいで」という先生の言葉に、りどみぃは冷汗の出る思いをしながら従い、スタート地点の先生の元に戻る時に考えていました。

*訓練士の先生の指導の下、犬の身に危険が及ぶ事は考え難い、許可された場所で行っています。

何をさせるのかな~?(ーー;)

スタート地点に戻ると、先生はあんな豆粒みたいなみんとに、声だけの指示で”ふせ”をさせろと仰る。

・・・うへ~( ̄△ ̄;)

「あんな所まで届く声が出せるかな?」と思いつつ、叫んでみましたが、案の定、みんとさんはぴく☆っとは動きましたが、おすわりの姿勢を崩しませんでした。

やっぱりね・・・(^△^;)

そこで、「手で合図を送って」とハンドサインを出して良い事になり、りどみぃ、右手を真っ直ぐ上に上げてから、手のひらが地面に着く位に、体全体を沈めるようにして合図を送ったところ、みんとさんが”ふせ”の姿勢になりました。

おおっ!やった!!( ̄□ ̄;)

クラスの皆もじじくん&りどみぃもびっくり☆みんとさん、快挙です。
しかし、先生はまだまだ容赦ありませんでした。

今度は、「じゃ、次は立たせて」と”立て”の号令をかけろと仰います。

ダメモトで、「”立て”!」と叫んだら、みんとさんが立ちました。

ぎゃーっ!?感激っ!!!(☆◇☆)

これには先生も驚かれたようです。

りどみぃも、物凄く驚きました。こんなにみんとさんと離れたことは無いし、ましてやこの距離での訓練なんて、1度もしたことはありません。アジリティーの時だって、こんなに離れたことはありません。まさに奇跡!

「じゃ、呼んで」と、先生から最後の指示は、”おいで”の呼び戻し。

りどみぃが「”おいで”!」と叫ぶと、みんとさんがぱっ☆っと駆け出しました。

距離があるので、みんとさんが一所懸命走っても走っても、中々りどみぃの足元まで到着できません。それでも弾丸のように一直線に駆けて来る姿は、映画の1シーンを見るようでした。

犬が遠い道のりを苦労して飼い主の元に戻るパターンの映画では、ここで飼い主の胸に飛び込んで、がっし☆と抱き合うのよねぇ・・・りどみぃの気持ちは感動でいっぱいでしたが、少し前に脚側停座でフィニッシュが上手に出来なくて、「最後がなぁ」と注意を受けていたので、感動はぐっっとこらえて”つけ”で終了しました。

その後、先生が、「スタート地点から銀色の棒の場所までは、50mはある」と仰るじゃありませんか!

50mですと?!Σ(○ω○ノ)ノ!

知らなかった時より、もっとびっくりです。

みんとさんってば、50mも離れた場所で、伏せたり立ったりしたらしい・・・飼い主りどみぃ、信じ難くて目が点状態に。

みんとさん、すごいわぁ~(・□・;)

50mという距離を思うと、とってもすごい事を成し遂げたような気がします。飼い主がシャンパンで乾杯して祝ってやる、記念すべき日なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

スタバ前で待つ

ゴールドクラブ試験に備えて・・・という意味もありましたが、考えてみれば、みんとさんはずーっと待つ訓練をしています。ええ、春夏秋冬、1年中。

これは、4月30日に待つみんとさん・・・

ビルの1階のテナントに入っているスターバックス・コーヒー(略称:スタバ)へ、りどみぃがランチ用のキッシュやハーブティーを買いに行っている間、このように”ふせ”の状態のまま、数分間待っていました。

このお店は、総ガラス張りで、注文&レジカウンターからもちゃんとみんとさんを待たせている場所が見えるので、りどみぃがみんとさんから目を離さずにいられます。

また、逆に言うとみんとさんの方も、ガラスを通してりどみぃの姿がずーっと見えているわけで、「まだかなー」の心がそうさせるのか、ガラス越しのアイコンタクトが継続します。

惜しむらくは、ドッグパーキングやドッグキーパーのような犬留めの類が無い事です。みんとさんも、ロングリードを柱に回して結ぶという、大規模な仕組みでつながせてもらっております。

このビルの敷地自体は、犬が立ち入り禁止というわけではないので、お散歩のついでに飲み物を買いたい飼い主のお客さんも複数いらっしゃるそうで、みんとさんのように待たせる用具(?)を持ち合わせていない方は、お店の出入口の自動ドアの所でお店のスタッフに声をかければ、出入口の所まで注文を取りに来て下さるそうです。(ここのお店のスタッフの方にお聞きしました。)

その後、犬のリードを片手に持ったまま、外で待てば、持ち帰りの商品を手渡し&お会計して下さるらしい・・・ありがたいことです。

* あくまでも、ここの店舗のスタッフの方のありがたいお申し出であって、他のスターバックス・コーヒー全国共通のサービスではありません。

りどみぃの場合は、みんとさんに待つ練習をしてもらいたいので、敢えてロングリードで柱にくくって、店内に注文に入りましたが、ロングリードを持って行くのを忘れた時など、”スタッフにお願い作戦”を使ってみようと思います。


動物病院の採血の後なので、止血帯付のみんとさん

りどみぃが持ち帰り一式が入った紙袋を持ってガラス扉から出て来た時、みんとさんは嬉しさから、思わず立ち上がってしまいました。

そこで、すかさず「”ふせ”」と元の姿勢に戻るように指示を出して、10m程離れました。
りどみぃが”ふせ”を命じてからお店に入ったのですから、戻って来たからといって、勝手に立ってはいけないのです。「行こう」とか「”おすわり”」とか別の事を指示するとか、「OK、もういいよ」等の解除をしない限り、「”ふせ”」と言った指示はずっと続いている・・・って意味からなのです。

みんとさんも、最近はそこのところは理解してきたようで、この時も思わず立ってしまったけど、「おっと!そうだった。”ふせ”でしたっけね。」とすぐに元の姿勢に戻りました。

ガラスを通しての距離と同じ位なのに、生のりどみぃが見える方が安心らしく、撮影中も余裕の微笑み浮かべております。

この後も、機会を作っては、みんとさんの待つ訓練は続けられたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

留守番前散歩

午後からりどみぃが出かけるので、みんとさんとお昼に散歩に行きました。

前日は、雨が降る前に・・・ということで、やっぱりお昼には外にいたので、みんとさんにとっては連日お散歩が真昼間ということに。

この時間帯だと、お散歩しているわんこなんてほとんど見かけないので、みんとさんとしては交流が持てませんが、それなりに楽しいようです。

バラのアーチの下で一息ついたり・・・

通りがかった畑で、麦が実っているのを見たり・・・


麦は今頃収穫時期?

じゃがいもの花が咲いているのを眺めたりするだけでも、わくわくするらしい・・・


じゃがいもの花

みんとさんが満足したようなので帰宅し、みんとさんには、りどみぃが出かける理由と出先での状況を説明。お留守番中にみんとさんがどう過ごすべきかを伝え、りどみぃより前には、じじくんが帰って来るであろう事も説明しておきました。

みんとさんは、小首を傾げつつ聞いておりましたが、りどみぃが「・・・ってことなのよ」と言葉を結ぶと、「わかった」と言うように、真面目な顔をしておりました。

ペットボトルに入れたターキーやバスターキューブに入れた大さじ2杯分のドッグフード(晩御飯として)コングに入れたスナギモ1個をサークル内に用意して、みんとさんにもサークルに入ってもらいましたが、ラジオを点けてりどみぃがリビングのドアを出る時、既に晩御飯の分のバスターキューブが転がされている音が・・・

もう晩御飯食べますか・・・まだ午後2時ですぜ。(^△^;)

まぁ、すきっ腹でなければグレることもないか・・・と、りどみぃが家を出ましたが、じじくんが帰宅したのはその6時間半後だったそうな。

お腹が満たされていたせいか、鳴かずにグレずに、ちゃんと留守番を務めていたそうな。ありがたいことでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

小さなピクニック

 午後3時頃から雨が降るという天気予報だったので、「午後の早い内にお散歩に行こうかな」とは思っていました。

が・・・みんとさんは、朝じじくんが1人でジョギングに行ったのがうらやましかったようで、何回も玄関に行っては、外に行きたそうな素振り。

あんた、そんなに外に行きたいかえ?(^△^;)

お昼を食べてから行くつもりでしたが、みんとさんの気持ちを汲んで、お昼前に出発する事にしました。行き先を、ちょっと遠くの公園に決めて、途中のコンビニでりどみぃのランチ(おにぎり&お茶)を買う計画です。

電車に対する恐怖を克服した人道橋を久しぶりに渡って、丘の上の公園に到着したら、ちょうど公園維持作業の委託業者の植木屋さんが来ていて、雨が降る前に、大きな木の剪定や下草の草刈を終えようと頑張っていました。

みんとさんお目当ての1番高い場所にある芝生の広場は、前日に草刈が終わったらしく、乾いた草のさわやかな香りがしていて、みんとさんとりどみぃの貸切状態です。

まだ空は明るくはありましたが、雲の動きを予感させる妙に涼しい風が吹いていたし、遠くに黒い雲も発見。
りどみぃがランチにする前に、みんとさんのリードをロングリードに換えて、「”持って来い”」と投げては持って来る遊びをしました。

みんとさんは、際限無く遊ぼうとするので、人間側がコントロールしてやらねば・・・と思い、度々クールダウンの為の休憩を入れました。木陰の土や草の上でひんやり☆しながらも、また遊びが再開されるのを楽しみにしているようです。

しばらく遊んでから、芝生の上にタオルを敷いて座り、りどみぃはおにぎりランチタイム。みんとさんには、ジャーキーやスナギモなど、ちょっとごほうびより大き目の物をあげました。

一緒にピクニックだもんね~っ♪(*^◇^*)

しばしの食休み中、風はいよいよ涼しく冷たくなり、空も段々と暗くなって来ました。傘は持って来なかったし、家から離れた公園なので、帰り道に降られたらずぶ濡れになってしまいそう・・・名残惜しいけれど、引き上げる事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

寝りゃいいんでしょ!

公園に入って、リードをロングリードに交換した直後・・・みんとさん、りどみぃに遠隔で「おすわり」や「ふせ」を一通りやらされ、挙句に「寝んね」と言われたのでした。

早く公園内を走りたいやら、外でなんか横になりたくないやら・・・みんとさんとしては、聞えないふりで済ませたかったようです。

しかし、こちらとしても1度命じてしまった以上は、「やらないから、もういいや」と引き下がるわけにはいきません。りどみぃとみんとさんの関係においては、そういう妥協が1番良くないらしいのです。

5m離れた場所から言ってもやらないので、2m程まで近付いたら、やっと「聞えないふりしてもダメかぁ・・・やらなきゃ許されないらしいなっ(‐_‐;)」と悟ったらしい・・・

ものすごく反抗的に見えますが、外で横になるのって、そんなに屈辱的なことなんでしょうかねぇ・・・?

10数える間ちゃんと頬を地面に着けていたので、すぐに解除となりました。

その後はごきげん、みんとさん♪

違う犬のようだわさ・・・( ̄△ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

延長リードのみでも

雨上がりの日のお散歩で使ったロングリードは、水たまりの中を引きずったり、まだ濡れている地面の上を通ったりすると泥だらけになり、帰宅後はみんと用洗濯物入れのバケツへと、直行となります。

翌日のお散歩の時、洗い換えのロングリードを持たねばならないのですが、りどみぃはすっかりそれを忘れておりました。

そして、公園の広場へ行って遊ぶ事にしましたが、持っていたのはロングロングリードにする時の延長用の方のロングリードのみだったのです。

一瞬、うっっと困ったりどみぃでしたが、面ファスナーを縫い付けてある方をみんとさんの首輪のDカンに通してみたら、なんの違和感も無くリードとして使えることがわかりました。

スナギモ入りのコングを使っての”持って来い”遊びも、みんとさん、無事に楽しむことが出来ました。

延長リードのみで切り抜けられて、よかった、よかった。

しかし、やはりちょっと投げただけで7m以上遠くに飛んでしまい、りどみぃがリードの端っこを持ったまま一緒に走らなければならなかったり、手加減して余りにも近くに投げると、みんとさんが走らずとも取って来られる(みんとさんにとって運動にならない)等、ロングリード+延長リードのありがたさを実感させるものがありました。

次回は忘れずに、ロングリードも持って出かけなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

あのこも待ってるし

お散歩帰りの通り道、ドラッグストアで買いたい物があったりどみぃは、じじくんとみんとさんに、ちょっと待っててもらうことにしました。

と・・・いつもなら、みんとさんが待つ訓練をしていた場所に、可愛いシーズーさんがいるではありませんか!

どうやら飼い主さんが店内に居て、お買い物を終えて出て来るのを待っている模様。鳴いたり、うろうろしたりすることも無く、ひっそりとおとなしくしています。

いつもなら、りどみぃが店内に入ったら、ずーっと「いつ出て来るのかな?」と店内を気にして覗き込むようにしているみんとさんですが、この時は、店内のりどみぃよりも、この”待ち仲間”のシーズーさんが気になったようです。

みんとさん、「あのこも待ってるし、みんとも待てるもん」と思ったのか、この時は、1度としてお鼻を鳴らすことも無く、りどみぃが出て来るまで待てたのでした。

みんとさんも、やれば出来るじゃないの~!(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

トピアリーと一緒に

しつけ教室のレッスン開始前にみんとさんを遊ばせて楽しい気分にさせる・・・この作戦が、今日は出来なかったので、レッスンは予想通りにダメダメでした。


行進の練習なのに遅れがちなみんとさん

夏のような暑さ&陽射しに、みんとさんは、ついダラダラしてしまいますし、りどみぃはそれを「無理もないやね」と許してしまうのがいけないらしい・・・

暑くても辛くてもやらんかいっ!( ̄□ ̄;)

という位、強い気持ちを持たねばならんようです。

(気合入れるだけでも暑くなりそうだな~( ̄  ̄;) )

レッスンでお会いした時に、トトロちゃんのママに、”トトロちゃんトピアリー”をお渡しする事が出来ました。

とても喜んで下さって、レッスン後にトピアリーと一緒に記念撮影することに。

ボーダーコリーのラッキーちゃんとみんとも、お言葉に甘えてご一緒しました。

レッスンを終えた開放感もあり、みんないい笑顔です。

トトロちゃんの優良家庭犬普及協会認定、グッドシチズン検定合格というおめでたさを理解し、祝福しているようにも見えますなぁ~♪

わんこの友情を感じさせる、記念の1枚となりました。

みんな、可愛いわぁ(☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

わんこのにんじんオレンジシフォンの試作

わんこと一緒に食べられるように、砂糖控えめ&ベーキングパウダーとオイルは不使用で焼くシフォンケーキ・・・今回は、にんじんとオレンジジュースを使って挑戦してみました。

直径17cmのケーキ1個に対して、生のにんじんを50gすりおろして入れてみたのですが、焼き上がってみると、特ににんじんの味がするでもなく、かと言ってオレンジ風味・・・でもなく、なんとなくにんじんの香りがするだけの、プレーン・シフォンケーキに限りなく近い物となっておりました。

次回は、にんじんの量を2倍の100gにして、加熱してから混ぜてみたらどうだろうかと思っています。

一方、オレンジジュースの量(40cc)はちょうど良かったようで、焼き上がりはふんわり☆とふくらみ、食感については文句無しでした。

もう1度挑戦して、工夫が上手くいったら、レシピを載せたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

わんこのトピアリー

 みんとのしつけ教室の先輩わんこであるブラック・ラブラドール・レトリバーのトトロちゃんが、念願だった優良家庭犬普及協会のグッドシチズン検定試験に合格しました。


トトロちゃんは、ゴールドクラブ試験認定にも合格済です

15項目からなる、そのテストの難しさを知っているりどみぃ&みんとさんは、トトロちゃんとママの偉業を、心から祝福したいと思い、犬のトピアリーを作って贈ることにしました。

参考にした本は”モスの動物たち”で、何年も前から本の中の可愛い動物のトピアリーを眺めては「欲しいなぁ」とは思いつつ、なかなか実行に移せずにいたのです。

書名:モスの動物たち

著者:大木 良実

発行: 文化出版局 (2000/08)

ISBN 4-579-20725-4

定価:本体1,200円(税別)

発売日: 2000/08

今年の5月初旬(母の日近い頃)にも、大型スーパーの特設会場で動物型トピアリーのアレンジメントがたくさん売られていました。

りどみぃ、買いたい気持ちをぐっと我慢して、「今年こそ作ってみるぞ!」と決意をし、同書を参考にして、ホームセンター等で材料を揃えて取り掛かりました。

同じ姿に出来上がるのに、素材や作り方は3通りあって、りどみぃは、中身が針金で芯を作り、ココナッツの繊維で大体の形にして、外側をモス(ミズゴケ)で包む方法をチョイス。

2000年の発行時は、材料キットの通信販売も行われていたようですが、もう10年も経っているのでそれもかなわず、似たような素材や用途のあれこれを、なるべくホームセンターで見つけるようにしました。
例えば、華道用の細い銅線は、ワイヤー売り場で1番細い銅線を選んで代替品にし、ココシート(ココナッツの繊維のシート)は、ハンギングバスケット用の椰子マットを手でほぐして使うという具合です。

目と鼻のパーツは、ホームセンターでは手に入らなかったので、手芸材料店のテディベアの材料コーナーで買いました。

初めて作ったにしては、ちゃんと可愛らしく出来上がったので満足です。トトロちゃんのママが喜んで下さると良いのですが・・・

今回、初めてではありましたが、当のトピアリーがトトロちゃんに似ると可愛かろうと思い、本の犬の型紙(?)よりも耳を小さくしてみたりしました。

みんとさんのトピアリーを作る時は、もっと耳を大きく三角にしたり、耳の付け位置を工夫すれば、みんとさんの雰囲気に作れるような気がします。

出来上がったトトロちゃんトピアリーをテラコッタのボウルに配置して、前足の所にワイヤープランツを植えてみました。そして、おまけにガーデンピックを刺してみました。

こちらは、お皿の上に豚の丸焼き(?)がのっていて、お尻部分にフォークが刺さっている・・・というブラックユーモアの物ですが、丸々した豚ちゃんがらぶり~☆

水をやって、陽に当てる為に玄関前に置いておいたら、お散歩から帰った時、みんとさんがお鼻ちゅん☆でご挨拶していました。

みんとさんにとっては、既に我が家の一員的存在?

このトトロちゃんトピアリーは、差し上げてしまうのですが、近い将来みんとさんのトピアリーを作れば、みんとさんが喜ぶような気がします。

今回のように玄関前に置いたなら、お散歩に行く時や戻った時に、ちゅ☆っと挨拶するのかもしれません。

うう・・・見たいっ!これは、がんばらねば!(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

その子は誰?!

 りどみぃが作業机の上であれこれと取り組んでいる間は、みんとさんは全然興味が無さそうでした。

りどみぃが手元で何をしているのかなんかより、床の上に置かれている鳥かごの中のぴこちゃん(オカメインコ)の方がずっと興味深い・・・という様子でした。

が・・・いきなり、目がキラン☆と輝いたかと思うと、りどみぃの膝の上に前足をのせんばかりにして背伸びをし、机の上をなんとか見ようと必死になりました。

その子は誰?!誰なの?!もっと見せて!(☆☆)

みんとさんがそう言っているように見えました。その一瞬前まで、みんとさんは無関心だったので、みんとさんが急に色めき立った事には、こちらの方がびっくりしてしまいました。

何?何?どーした、みんと?(・◇・;)

 その時、机の上に何があったのは、りどみぃが1時間余りを費やして、なんとか形にしたトピアリーの犬。

植木鉢の上に置いて、その足元に植物を植えたりする、動物型のトピアリーで、ミズゴケを巻いて透明のテグスで押さえたりして形を整えた物なのですが、「あーでもない、こーでもない」とりどみぃがこねくり回して、やっと犬がおすわりしている形に出来上がった時も、みんとさんは興味が無さそうでした。

制作中は、かなりミズゴケがぼろぼろと机の上から床にこぼれ、足元で寝ていたみんとさんの被毛の上にも降りかかっておりましたが、気にする様子も無く、視線だけはぴこちゃんの方へ向けつつも、だらりん~と寝ておったのです。

ところが、そのミズゴケの固まりに、差し込み式の樹脂製の目鼻をつけた物が視界に入ったらしく、いきなりがばり☆と起き上がったかと思うと、後肢で立ち上がって背伸びをし、しきりに机の上を見たがったのでした。

目と鼻とが付いたことで、みんとさんにはミズゴケの固まりという物体から、生き物・・・犬に見えるようになったらしい・・・

みんとさんがせがむので、出来上がったばかりのトピアリーを見せてやったら、ちゃんとお鼻ちゅん☆とやって挨拶していました。

みんとさんには、わんこに見えるようですな。(・_・)

目鼻があるかどうか・・・が、みんとさんにとって生き物なのか違うのかを見極めるポイントなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

手羽先は大事なのね

みんとさんのくわえているバスケットに入っているのは、鶏の手羽先(手羽中と手羽先のつながっている”く”の字状の物)です。

商店街のお肉屋さんに、お散歩を兼ねてのおつかいに行った時、みんとさんのバスケットも持って行きました。

人間用のお肉はりどみぃが持つことにして、みんとさん用に買った2本の手羽先だけは、家の近くの町角から玄関までの距離を、自分で持ってもらいました。

自分の手羽先なのだから、持ちたまえ~(^◇^ )

実はこれ、りどみぃとしては少し実験的な意味を持っていました。”みんとさんはちゃんと家まで運ぶか?”知りたかったのです。

と言うのは、2週間に1度のリサイクルごみの日、新聞や雑誌の他に出す、雑紙というのがあるので、みんとさんのバスケットにはトイレットペーパーの芯1個等を入れてやって、一緒にごみ出しのお仕事をしてもらおうとすると、玄関前から集積所に向かう90%の道のりはちゃんとバスケットをくわえているのに、もう少しの所で落とすという適当な振る舞いが見られるのです。

そんな時は、ちゃんとりどみぃがバスケットを拾って、落としたその場でみんとさんにくわえ直させ、「ちょうだい」とりどみぃの意思で受け取るまで運ばせるのですが、それはほんの1~2mのこと。

あと1~2mなのに、なんで捨てるかなぁ~( ̄△ ̄;)

どうやら集積所付近に、お散歩途中でマーキングする犬がいるらしくて、みんとさんとしては「ん?気になる匂いが!」と気がついた時点で、バスケットは邪魔になってしまうようなのです。

お肉屋さんで買った手羽先を、捨てたら晩御飯に食べる事も出来ないわけですから、多分捨てないだろうな・・・とは予測して集積所の近くからバスケットを持たせてみたのですが、案の定、みんとさんはしっかりと運んでおりました。集積所の匂いチェックなんてしようともしませんでした。

お鼻の良いみんとさんには、自分が運んでいる物が手羽先だという事は、ちゃんと匂いで解っていたと思われ、匂いチェックよりもお肉が大事だったと思われます。

無事に玄関前に到着したら、晩御飯で食べる時の事を想像したのか、「うひひひ」という笑いになっておりました。

野生の世界では、獲物を仕留めたら、安全な場所まで運んで食べるのでしょうから、手羽先の1本や2本の重さは大した事ないはずです。ましてや、トイレットペーパーの芯はもっと軽いので、重さが苦になって捨てていたのではなさそうです。

トイレットペーパーの芯と匂いチェックなら、匂いチェックの方が大事。でも、匂いチェックと手羽先なら、手羽先の方が大事・・・ってことでしょうか。

手羽先なら、ずっと捨てずに運ぶのかしら?(・_・)

1つの実験を終え、りどみぃに新たなる疑問が生じました。次回は、お肉屋さんからバスケットを持たせ、どこまで捨てずに運ぶかを検証してみたいものです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

みんとさん素敵!

今日は毎月1度ずつ通っているアジリティー教室の日でしたが、りどみぃ、みんとさんがカッコイイので感動しちゃいました。

今日のコースは、タイヤ、ハードル、ドッグウォーク、ハードル、トンネル、Aフレーム等を使ってのものでしたが、Aフレームの下にトンネルをS字に設置してあるという、ちょっと難しげな配置でした。

ハードルを跳び終わった後に、Aフレームなのかトンネルなのか、りどみぃの指示をちゃんと聞かなくてはいけないのですが、みんとさんは上り物が好きなので、最初の数回は勝手にAフレームを駆け上がっておりました。

が・・・りどみぃがタイミング良く(早く)声をかけることで注意を自分に向けさせる事が出来たり、みんとさんの行く手を少し邪魔するような立ち位置を取ることで、みんとさんの意識をトンネルに誘導したりと、りどみぃ自身が頑張る事で、みんとさんとの間に絶妙な呼吸が生まれました。

②↓

←(移動)

[Bハードル]

[Aハードル]

①↑

ハードル2つ(A,B)が横に並んでいるのを、Aはこちらから向こうへ(①)、Bは向こうからこちらへ(②)跳ばせる”180度”も、みんとさんはちゃんと理解していましたし、Aフレームを下りたらすぐに身を翻してトンネルに入る難しい順番の時は、みんとさんの身のこなしが無駄が無く、しなやかに舞うようで、良い感じでした。

みんとさん、ステキィ(☆☆)

みんとさんも、指示通りにクリア出来ると楽しさ倍増のようで、それはそれは楽しそうにやっていました。

良い運動になって、みんとさんが心から楽しめるので、精神衛生上もとても意義のある時間になっていると思われます。

みんとさんのこの笑顔の為に、来月も一緒に頑張ろうと、りどみぃは決意するのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

東京都立水の広場公園

しつけ教室が終わって(16日)から、高速道路をひた走り、東京のお台場へ行ってみました。

フジテレビの海側に当たるシンボルプロムナード公園の出会い橋の上に行ってみたら、夢の大橋にかけての部分が端っこの通路を除いて共同溝の為の工事で利用制限区域が設けられていました。

利用制限区間は2010年3月末までの予定だそうですから、しばらくはこんな状態なのでしょう。

幸い、通路は確保されているので、パレットタウンの前を通って、夢の大橋まで行く事が出来ました。

夢の大橋は、車の通行が無い上に人も少なく、広々しているので、みんとさんはここでロングリードでお散歩です。

今回は、りどみぃが前から行ってみたかった、夢の大橋とあけみ橋の間に見えている海岸線の公園、東京都立水の広場公園へ足を伸ばしてみました。

とは言え、この公園の名前を知ったのも現地に行って公園名を見て知った位なので、3つのエリアに分かれているという公園の全容は把握していませんでしたし、黄昏時になって来たので、駐車場まで戻る事も考えて、あまり公園の奥の方へは足を伸ばしませんでした。


水辺に見える細長く続く場所が公園なのね

帰宅してから知ったところによると、L字型の公園敷地の遊歩道を行くと、国際展示場の方まで続いているそうな・・・いつかみんとさんとお散歩しつつ、行ってみたいものです。

夢の大橋の上から見かける時、レンガ風の敷石や蔦の絡まる壁、水際の雰囲気が素敵だと思ってましたが、海側へ進むと階段状の舞台もあり、中央に水が流れ落ちていたりして、何処もかしこも絵になる感じです。


壁を背にしたベンチはウッドで優しい雰囲気

何が楽しいのか、みんとさんが自主的にこの1段1段が高めの階段を、ロングリードが許す限り上の方までびよぉんびょん☆と上がっては、また下りて来る・・・というのを何度も繰り返して遊んでおりました。

このような行動は、横浜の臨港パークの潮入りの池の近くの階段状の場所でも見られたので、みんとさんは、1段上がるだけでもジャンプが必要な位段差のある物が連続しているのをリズム良く上がるのはとても楽しいのかもしれません。特に上の方に上がって、見えなかった景色が見たい・・・というような目的を持った移動ではなくて、ぴょんぴょん☆する事自体が楽しそうに見えました。

達成感があるのかな?(・_・)

また、夢の大橋と平行して架かっているあけみ橋の向こう・・・海側では釣りをしても良いそうなので、公園と海岸線の境は鎖が渡されている区切りがあるだけで、足場の良い平らな石で護岸されていました。みんとさんも、平らで歩き易いと見たのか、勧めたわけでもないのに自主的に石の上を渡り歩いては、その隙間に鼻を寄せ、潮の香りを確認しているようでした。

日が暮れて来ると、外灯や足元の照明が点って、また落ち着いた雰囲気でした。ここから見るパレットタウンの夜景はきれいとのこと、帰宅後に調べて知りました。

2人で夜景を眺めるデートスポットとしてはロマンチックでしょうが、わしらは黒いわんこ(みんとさん)連れの上、光る首輪を持って来ていなかった事もあり、早々にパレットタウン方向へと戻る事にしました。

この時は、まだ夢の大橋の街灯は点いていませんが、橋の上で6時半になった時に次々と点灯して、ちょっと感動的でした。

東京都立水の広場公園やシンボルプロムナード公園は、開放感があって、のんびり歩けるので、またみんとさんと訪ねたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月15日 (土)

空飛ぶみんと

りどみぃには、みんとさんがちょびっと空を飛んだように見えて、少なからず驚きました。

そ、そこまでやるのか~(・・;)

しつけ教室で、先生が見本を見せて下さった時の事です。

この日は、行進の練習をしていたのですが、みんとさん、スタート地点に戻ってUターンして脚側停座で終わるというフィニッシュの段階が上手に出来なかったのです。

せっかく並んで5mとか10mとか歩く事が出来ていても、最後の最後に台無しにしてしまうという状況で、そこを直さなくてはいけないらしい・・・

上手にフィニッシュ出来ない理由としては、みんとさんがりどみぃの左脚の外を回る時、よそ見をしてしまう為、ふら~っっと脚から離れて大回りしてしまうからなのです。

大回りして、りどみぃの左脚より前の方へふら~っと行き過ぎそうになって、「”つけ”」と言われたのを思い出して脚側に座るので、行き過ぎて戻る・・・ようなロスもあり、もたもたしているように見えるらしい・・・

まぁ、実際もたついてるんですな。(^△^;)

そこをどうやって直すかと言うと、まずは”みんとさんによそ見をさせない”こと、つまりは”よそ見する事を許さない”で、りどみぃのペースに合わせて「いつも一緒(に歩いて、一緒に停まるん)だよ」と理解させるんだそうです。

どうも、りどみぃはみんとさんに対しての注意力が足りないようで、「あ、よそ見してる」と気がついた時には、みんとさんがやりたい事(よそ見)を完了してしまっているので、結果的にはまんまとみんとさんが好きなことをやってしまった事になってしまう為、この悪い癖がなかなか直らないで今日まで至っていたようです。

先生が見本を見せてくださった時、みんとさんは、いつもの癖でりどみぃと歩いている時のようによそ見をしそうになりましたが、先生はりどみぃより早いタイミングで声をかけたりリードをぴっ☆っと引いて合図を送ったりする事で、みんとさんの自分への集中を切らすことがありませんでした。

空飛ぶみんとさんに見えた方向転換の時も、実際はみんとさんが先生に遅れまいと早足で爪先立つように歩いていたのがそう見えたのですが、リードの扱いはりどみぃが思っていたよりもずっとタイトで、脚に近い場所を通していました。

りどみぃ、イメージを忘れない内に・・・と、みんとさんが自分の元に戻ってきた後、先生の真似をして方向転換の練習をしてみました。

うーむ、りどみぃが思ってたよりも少しみんとさんを引き気味にして・・・っと( ̄△ ̄;)

と、何度もくるくると方向転換しては、その度に「りどみぃに遅れるな~!」とばかりに、みんとさんをぐいぐいっっとリードで引っ張るようにしてみた為、・・・先生、ちょっと心配になったらしく、「こうするのは練習の時だけだよ」と声をかけて下さいました。

うへへ・・・そんなに強引にやってました?(^◇^;)

強引にならないように気をつけつつ、みんとさんがよそ見しないように練習したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

カーミングシグナルですか?

りどみぃは、今、カーミングシグナルについて書かれている本を読んでいて、みんとさんの出しているシグナルについて理解を深めているところです。

カーミングシグナル(CALMING SIGNALS)というのは、犬同士が無言の内に行動で示しているコミュニケーション手段で、それによってお互いの意図を伝え合って、争いを避ける為の合図のような物のようです。

例えば、みんとさんにカメラを向けると、カメラ目線をくれないので、「カメラのレンズが動物の目に見えて、怖いのかな?」という風に解釈していました。つまり、みんとさんは怖いので正視出来ない・・・しないという意味にです。

しかし、カーミングシグナルについてのあれこれを読んでいると、みんとさんの意図としては、「私はあなたを傷つけるつもりはありませんよ」とか「争うつもりはありません」というような気持ちを、顔を背けたり視線をそらす事によって、むしろ積極的に伝えようとしているらしいのです。

となると、りどみぃが考えていたように、りどみぃが手にしているシフォンケーキを見つめないのも、コングを凝視しないのも、「勝手にがぶっっと行くつもりはありません」という意思を、伝えようとしているのだという解釈で合っているのではなかろうか?

先日、パピーの頃にも行った、ビジネス・オフィスが入っているビルの敷地内のオブジェである犬の彫刻作品の所へ行ったら、ちょっと遠巻きにしておりました。

等身大の犬の彫刻は、みんとさんにはシルエットからは本物の犬に見えるらしくて、パピーの頃は、最敬礼でご挨拶しておりましたが、成犬になった今では、カーミングシグナルを使って、自らの気持ちを伝えようとしているのかもしれないのです。

例えば、相手を見ないで、地面の匂いを嗅いだりするのも、カーミングシグナルのひとつだそうです。

みんとさんは、このようにして、「私は争うつもりはありません」と、目の前のわんこ(ブロンズ)に伝えているのでしょうか?

これも、みんとさんがブロンズの犬の前で体を横に向けている、Tの字のポジションを取っているように見えます。英字のTに見えるこのポジションは、面と向かわずに体を横に向けることで、やっぱり「争うつもりは無いです」という気持ちを伝える事が出来るらしい・・・

そうだとすると、みんとさんとしては、いっぱい構成メンバーがいる犬の群に遭遇してしまった・・・という状況で、なんとか敵意の無い事を解ってもらおうとしているように見えます。

うん、とっても上手だね♪(*^^*)

みんとさんは、きょうだい(♂×1、♀×5)もいて、ある程度の月齢まで親元に居た為か、犬同士のコミュニケーションは上手なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

わんこのブルーベリーシフォンケーキ

特に意味は無いのですが、冷凍のブルーベリーを買ったので、ブルーベリー味のシフォンケーキを作ってみました。もちろん、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんと一緒に食べられるように、油もベーキングパウダーも使わず、お砂糖も最低限にしています。

今回は、1回目で美味しく焼けました。しかし、冷凍のブルーベリーを煮てピューレを作り、市販品のフルーツソースも使った為、ちょっと重たく出来上がりました。ブルーベリーたっぷりで、とても美味しかったけれど、こんなに入れなくても、充分美味しく作れるような気がします。

冷凍のブルーべりーとお水とか、フルーツソースだけ使って作る・・・とかね。

わんこのブルーベリーシフォンケーキ

材料:

17cmシフォン型用

卵黄

4個分

卵白

4個分

小麦粉(薄力粉)

90g

砂糖

30g

冷凍ブルーベリー

125g(250g入りの物の1/2袋)

ブルーベリーの
フルーツソース

50cc

下準備:

材料は量って用意しておく。

冷凍のブルーベリーを小鍋に入れて、加熱し(弱火)、やわらかくなったら木ベラでつぶしながら煮て、ピューレ状にしておく。

今回使用した冷凍ブルーベリーは、生のブルーベリーをそのまま冷凍したという商品で1袋の内容量250gの物でした。りどみぃは1度に2個の17cm型シフォンケーキを焼くので、1袋全量を使いました。(と言うか、半端に余ると解り難いので「えーい、入れてしまえ!」の精神です。(^_^;))

イメージはブルーベリーのジャムとかピューレなので、鍋の中で木ベラでつぶす程度でOKってことにしました。

ブルーベリーのフルーツソースは、瓶詰めで売っている物で、バニラアイスやヨーグルトにかけるよううられている商品でした。

今回はフルーツソースを使いましたが、冷凍ブルーベリーを煮て使うなら、単なる水で良いのではないかと思いました。

オーブンは180℃に予熱しておく。(りどみぃの場合は、メレンゲが出来上がりそうになった段階でスイッチを押して予熱を始めるようにしています)

型の用意も忘れずにd(*^^*)

1.

卵を卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖(今回は20g)でメレンゲを作る。

メレンゲの作り方は別に詳しく書いてあります。d(*^^*)

今回は冷凍庫に白身を入れて置いておく時間が短めだったので、ボウルの下に保冷剤を当てながらハンドミキサーで泡立てました。

シフォンケーキの作り方はいつも同じ手順です。一応書いておきます(^^;)

2.

卵黄をボウルに入れ、軽く泡立て器で割りほぐしてから、残してあった10gの砂糖を入れ、泡立て器で良く混ぜてマヨネーズ状にする。

3.

2に作ったブルーベリーのピューレ、フルーツソースの順で加える。均一になるように混ぜる。

4.

3に小麦粉を1/3量ふるいながら加えてなめらかになるまで混ぜる。(最近のりどみぃは、この辺はゴムベラで混ぜております)

この時、まだオーブンの予熱が完了していなかったら、完了するまで小麦粉を混ぜないで予熱が完了するまで手を止めて待っています。

小麦粉は混ぜてから時間が経つと粘り気が出てしまうので、ケーキの焼き上がりが重たくなってしまうからです。

5.

4に残りの小麦粉を1/3ずつ2度に分けてふるいながら加える。練らないように短時間で混ぜ、多少粉が見える程度でも良い。

6.

メレンゲを今一度かき混ぜて泡を均一化し、1/3量を5に混ぜる。
この時は、粉っぽい部分が無いように全体的にきちんと混ぜること。

7.

6にメレンゲの残りを2度に分けて加える。

8.

7を型に流し込み、表面を軽く平らにする。型の底を2,3cm持ち上げてトン☆と落とすことを2,3回繰り返して、もし型に入れた時に大きな気泡が出来ている場合に備えて空気を抜く。

9.

180℃で30分焼く。20分程度焼いて焼き色がついてしまったら、アルミホイルをあらかじめ用意しておき、オーブンを一瞬だけ開けてふんわりのせると焦げなくて良い。

10.

焼きあがったらオーブンから出して型ごと逆さまにして冷ます。

11.

型の上から素手で触っても熱くない程度まで冷ましてから、パレットナイフやシフォンナイフ、竹串などを使って型から外し、切り分けて食べる。

いつもながら、撮影の間は「食べる気ありません」と目を背けているみんとさんですが、晴れて食べられる状況になったら、喜んで食べておりました。

桃のシフォンケーキの時よりは、焼き上がりの香りは薄いようで、直前まではそんなに興奮していなかったのですが、ひと口食べたらもう「たまらん(☆☆)」になったようです。

ブルーベリーの果肉の部分が美味しいらしく、とても喜んでいました。

ブルーベリーには瞳に良いアントシアニンがたっぷりなので、みんとさんのきらきら☆した瞳が、より一層魅力的に輝く事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

みんとも見たい?

城南島海浜公園へ行った時のこと。

つばさドッグランを退場して、海岸線に沿っての小道を辿るコースを歩き始めました。

天気の良い日で、水平線の向こうの東京湾に面した建物が見えたり、防波堤の柵のすぐ向こう側には波消しブロックが積んであるのを「こうなっているのか~」とじじくんとりどみぃが柵越しに見下ろしながら話していたら、仲間に入りたかったんでしょうね。

なんとか防波堤の向こう側を見ようと、精一杯背伸びして立ってみたようです。

ちびっこいのに頑張っているので、仲間に入れてやることにしました。抱き上げて、防波堤の柵の前にのせてやると、みんとさんにも向こう側がどうなっているのか解ったようです。

じじくんやりどみぃと同じ風景を見て、自分なりに納得出来、すっかり群の仲間として満足したらしい、みんとさんでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

やっぱりお持ち帰り?!

ある日のこと、じじくん、りどみぃ、みんとさんとが連れ立って公園内の遊歩道を歩いていたら、トイレ前のスペースに、公園在住の猫が集まっていました。

おお、猫の集会かね?家族会議かね?(・_・)

なーんて軽い気持ちで横を通り過ぎたのですが、何気なく写真を撮ったじじくんによると、この時右端の猫(注目の猫)がさっ☆っと居なくなったそうなのです。


確かにこつぜんと姿を消しています

遊歩道を進んだりどみぃとみんとさん、少し前を行って、みんとさんを撮影しようとしていたじじくんの「あっ、猫が・・・!」という声に一瞬きょろきょろ。

「後、後」と言われて振り向いたら、こんな光景が目に飛び込んで来ました。

みんとさんもりどみぃも、ぎょっ★としたのなんの!

この猫、以前の見学者と同一猫物ではないかと思われます。やっぱりみんとさんのリードをお持ち帰りしようと狙っていたらしく、植え込みの下をくぐって、遊歩道の先の方へと先回りしておったのです!

さっき集まっていた猫達の元に、獲物として持って行くつもりでしょうか?

りどみぃがリードを引っ張ったら、猫がくわえたまま釣られて数歩来てしまい、結果的にみんとさんの目の前に登場。
みんとさんと猫とが大接近です。

ぎょえーっ?!Σ(○ω○ノ)ノ!

りどみぃ、みんとさんと猫との間のリードが猫のお口から2本どり状態になっているところを掴み、ぴぴっ☆っと引っ張ってみたら、猫の口から取り戻す事が出来ました。

それでも猫は立ち去ってくれないので、りどみぃとみんとさんとがダッシュで逃げました。

この日はどうしてもこのリードが欲しかったのか、5m走っても追いかけて来て、諦める様子が無いことに、りどみぃとみんとさんは、もう1度ぎょっ★

結局、20m位走って離れたら、ようやく諦めたようです。


りどみぃ達を見送っている猫

それにしても、先回りされるとは・・・わしらは、完全に狙われているようです。

困っちゃうなぁ( ̄  ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ペットカートのみんとさん

ホームセンターに寄ったのは、みんとさんの血液検査の結果を聞きに動物病院へ行った日の帰り道。

みんとさんは、ペット用カートに乗って、りどみぃはバスケットに買いたい物を次々入れて・・・と広い店内を縦横無尽に移動して、作って来た買い物リストに漏れがないかどうかチェックしてからお会計。

りどみぃがレジの担当者にお金を払っている間に、会計済みの物を次々と袋に入れてくれたアルバイトのお姉さんが、カートのみんとさんに「ちょっとごめんね」と話しかけ、入れ終わったばかりで封をした袋を、みんとさんの横のスペースに入れてくれました。

みんとさん、自分の居場所が狭くなってしまって、ちょっと困惑しとります。

お会計してもらう間、ちゃんとカートの中にお座りしていたのに、居場所が身の置き所が無くなってしまったって感じ?

駐車場までエレベーターにのせたりするので、エレベーターホールでの待ち時間の間、「”おすわり”」と言ってみたら、狭いながらにちゃんとお座りしてました。

買った物は、乾燥ミズゴケやらオカメインコのぴこちゃん用のフードやらなので、みんとさんが隣に座っても、重かったり痛かったりはしないはずです。

もともと狭い場所の方が敵に襲われる心配も無くて安心なのを思い出したのか、それなりに落ち着きを取り戻したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

帳尻合わせ

今度は、帳尻合わせですか・・・( ̄△ ̄;)

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、試験中でもちゃっかり者でした。

ゴールドの試験課目の内、”待つ”事に関しての課目は3つあって、その内の2つは、飼い主が犬の正面に立っている、姿が見えている状態でのもの、残りの1つは、飼い主が犬から見えない場所に移動して、姿が見えない状態でのものです。

スーパーマーケットの出入口横での練習の効果があってか、みんとさんは以前に比べるとだいぶ落ち着いて待てるようになってはいるのですが、試験会場は馴染みの無い場所なので、行き慣れている場所に比べて、ただでさえ落ち着かない気分であろうと思われます。その上、じじくんやりどみぃの姿が見えなくなったら、不安になるのは必至です。

犬をおすわりさせて、飼い主は正面15m離れた場所に立って5分間等、姿が見える状態での2課目はなんとか済ませ、みんとさんを所定の位置で”ふせ”させてから、先生の指示で近くの建物の陰に移動しました。先生だけが、みんとさんから15m離れた場所で見ているわけです。

みんとさんからじじくんが見えていてはならないので、カメラマンであるじじくんも一緒です。だから、わしらにはみんとさんがどうしているのか、これっぽっちも見えませんでした。


こんな感じで待っていなければいけない

りどみぃとしては、鳴き声が聞えてこないだけでも「OK~!\(^^@)/」って感じ。

しかし、実際は、ちっともOKじゃなかったのです。

建物の陰に居るわしらの元にそっと先生が近付いて、「みんとは好きなことやってるよなぁ」と仰るではありませんか!
「立ってますか?」とお聞きしたら、「そこらへんの匂いを嗅いでるよ」との答え。

・・・みんとさん、あなたって子は・・・!(^_^;)

「みんとは、どうしていいか分からないんだな」と先生。りどみぃ、心の中で「伏せてりゃいいのに・・・」。

やがて時間が来て、元の位置に戻るように指示され、わしらは建物の陰から試験会場である場所へと出て行きました。

その時です、みんとさんがりどみぃの姿に気付くと、その場でぱたっ☆っと”ふせ”をしたのは!

みんとさんの顔には、「ずっと真面目に待っていました。ええ、立ったりなんて、これっぽっちもしなかったですよ」と書いてありました。

こ、こいつ・・・帳尻を合わせやがった。( ̄△ ̄;)
(動揺の為に、心の中のお言葉が悪くなっております)

途中で立ってたことなんて、無かった事にしちゃってます。みんとさんってば、すごいちゃっかり者です。でも知らん顔したって無理があるのです、だって、みんとさんが帳尻を合わせて”ふせ”をした場所は、最初に”ふせ”を命じて待たせていた位置から5mも前だったんですから!

5mも歩いて来ておいて、「ずっと”ふせ”ていました」は無理ってもんです。

もちろん、減点対象です。

一段落ついた時に先生が「みんとはなぁ~澄ました顔して(^_^;)」と、みんとさんの帳尻合わせに驚いて苦笑なさっていましたが、じじくんとりどみぃは思っていました。

先生・・・みんとって、前からこういう奴なんです。(^_^;)(^_^;)

JKCの家庭犬訓練試験のCD-Ⅰ、CD-Ⅱを同時受験した時、”灰かぶり”で走り回ったみんとさん・・・今回の試験でも、”帳尻合わせ”というドラマを作ってくれました。

落ち着いて考えると、最悪の場合は、みんとさんがもっと不安にかられて建物の陰までわしらを捜しに来る・・・ということも有り得たのですから、それよりはマシかと。(このポジティブ思考が甘やかしにつながるんだわね、アタクシってば。)

ま、いいか・・・最終的には合格したんだから。(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ゴールド・シュナプー誕生!

みんとさんが、ゴールドクラブ認定試験に合格しました!

めでたい、めでたいっ\(^^@)/

みんとさん、合格を祝って、お気に入りのわんこのクッキーを買ってもらい、嬉しそうです。

今回、本試験が行われた、みんとさんが毎週通っているしつけ教室の独自に定めた基準である、ゴールドクラブ認定試験・・・内容を比べてみると、JKCのCDⅢの試験よりちょびっと難しい物のようです。

どのように違うかと言うと、JKCでは3秒で良いところを、5秒だったり、10m離れて行うものを15m離れた状態で行うなど、基準が厳しくしてあるみたいなのです。

そのかわり、JKCでは、知らないの犬がいっぱいいる訓練競技会の会場で受験しなくてはならないのに比べて、知らない犬は居ない環境で受けられるところは易しくなっているとも言えるでしょう。

つまりプラスマイナス0で、JKCのCDⅢレベルってこと?(^△^;)

いずれにしても、かつてのみんとさんからは考えられないほどレベルの高い試験だったのですから、めでたいことです。

正直言って、こんな日が来るとは、りどみぃは思ってもみませんでした

晴れてゴールドの認定をいただいたので、ゴールド・シュナプーの誕生です。これからは、この資格を剥奪されないように、みんとさんの我慢する心のお手入れをしなくてはなりません。

試験の前日、りどみぃとみんとさんは、フィラリア予防用の血液検査の結果を動物病院でお聞きした後、試験会場の下見に行きました。これまで、1度も行ったことの無い場所だったので、いきなり試験開始直前に行ったのでは、周囲の匂いが気になって、みんとさんが集中しないのではないかと思ったからです。

会場は、静かな場所で、みんとさんの態度も落ち着いたものでした。大興奮するような匂いや刺激は無さそうです。
その会場で、試験の練習も、ちょびっとしてみました。

それから、りどみぃとみんとさんとで、試験合格を願って、神社(犬立ち入り禁止ではない神社)にもお参りしました。


会場到着直後のみんとさん

試験当日の朝、会場へは1時間前に到着し、作戦(?)通りに、お散歩をしたり、”持って来い”遊びをして、みんとさんが楽しい気分になるようにしましたが、お天気が良くて日向は暑いので、なるべく日陰にいるようにしました。


すっかり楽しくなったみんとさん

ハードルのジャンプの練習もしましたが、何度もやると暑くなったり疲れたりして、みんとさんのやる気が目減りしてしまうので、2、3回にとどめておきました。

自由課題は、”シット・ハイ(ちんちん)”、”寝んね(寝ろ)”、”お手、おかわり(両方やって1つ)”、”ハウス”、”お使い”の5つにしました。

先生が仰るには、当日の試験会場のコンディションは、天気、気温、地面の状態どれをとっても最高だったそうです。

りどみぃも、もう少し暑くなったら、みんとさんが言う事を聞かなくなると思うので、合格の勝因は、このコンディションの良さにあったように思います。

いずれにせよ、受かって良かったー! ほっとしました。(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

じんわりは憶えてる

4月30日に採血したみんとさんの血液検査の結果が出たとの事で、動物病院に行きました。

みんとさん、待合室では楽しそうにしていましたが、「みんとちゃん、どうぞ」と診察室のドアが開いて自分の名前が呼ばれると、待合室の椅子の下の隅っこに小さくなって隠れようと後ずさりしました。

お前はやどかりかっ!?( ̄□ ̄;)

この時気がつきましたが、1週間前に採血の為に病院を訪れた時は、隠れようとなんてしないで、平気で診察室へと入って行きました。

ということは、狂犬病予防注射は、ちくん☆と短時間で接種が済むせいか、「ひどい目に遭った」ような被害者意識を持たないようです。記憶に残らない、または残っていても、獣医師の先生に会える喜び比べれば、気にならない程度らしい・・・

一方、採血は、じんわり☆と血を抜いていくので長時間に渡り、その間ずっと身体は保定されていて、前足はがっちり☆掴まれているという印象を持つのか、「みんなで、寄ってたかってひどい」とか考えそうなみんとさん。

その印象は嫌な事として強く残り、その後病院を訪れた時、「またこの前みたいにされてはたまらん」という気持ちが待合室で隠れようとさせるのでしょう。

そして、その記憶は、2009年の場合は、半年以上残っていました。

今年はどれ位の間憶えているのでしょうか?

早く忘れておしまいなさい(^_^;)

”病院大好きわんこ”のみんとさんを、今後も見守っていきたいものです。

肝心の血液検査の結果は、すべて異常なしで、みんとさんはこの日、フィラリアの予防薬である”カルメディック・チュアブル 肉タイプ”が解禁に。りどみぃが渡したら、とても美味しそうに食べておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

やる気が出たら先読みし

みんとさんのやる気を出す傾向がわかったので、家を出て親戚の家に行く途中に寄ることにした大井海浜公園でも、試験の為の行進や遠隔の練習をしてみました。

この日は、”しおさいドッグラン”入場してみるも、みんとさんはやはりじじくんやりどみぃの離れようとはしませんでした。試験に向けて、りどみぃがリーダーであるという雰囲気作りをしていた為に、みんとさんが(勝手に)遊びに行かなくなったのかな?と思い、「OK」とか「行っていいよ」と声をかけて促してみたのですが、少しだけ柴犬さんを誘おうと数歩近付いた程度で、結局は走りに行こうとはしませんでした。

みんとさんが少しだけ「一緒に遊ばない?」と誘おうとした柴犬さんは、飼い主さんによれば、犬より人が好きな子だそうで、みんとさんの誘いにもさっ☆っと身を翻して、気がつかない振りをして去って行きました。

みんとさん、片思いって事もあるよ・・・(^△^;)

というわけで、ドッグランだけではそう気分が盛り上がった様子が無いので、広い草地の上でぬいぐるみを投げて”持って来い”ごっこ。

これはみんとさんのお誕生日のプレゼントとしてあげた物で、エビのぬいぐるみです。ぶたちゃんの時のように、「大物だっ」とみんとさんの狩りたい魂をくすぐるらしく、楽しい気分になったようです。

楽しい気分になったところで、行進の練習を少しして、ロングロングリード(2本のロングリードをつないで総延長15m位)分離れての遠隔による指示(おすわり→ふせ、ふせ→おすわり、おすわり→たて)のおさらいをしましたが、やっぱりみんとさんはちゃんとやっていました。

が・・・毎日試験の順番通りに練習をしていたもので、みんとさんが流れを先読みして、りどみぃが「”ふせ”」と指示する前に「ふせりゃ良いんでしょ」と言わんばかりに自主的にふせてみたり、「次は”たて”でしたよね」という具合に、順番まで記憶して、どんどん指示する前にやろうとし始めました。

これはこれでダメなのです。”指示に従ってやっている”ことにならないので、やり直しせねばならないことでしょう。1度の指示で出来ないわけですから、減点になってしまいます。

みんとさん・・・順番は合ってるけど、勝手に先読みしてやるのはやめて・・・(^_^;)

やる気が出たら出たで問題ありとは、みんとさんらしいっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

みんとさんの傾向と対策

どうやらみんとさんは、最初に公園1周の長い散歩をしたり、短い時間でも「”持って来い”」遊びをしたりして、”楽しい気分”になった後は、積極的に指示に従ってきちん☆とあれこれやるようなのです。

一緒に散歩や遊びをして、「りどみぃと一緒だと楽しいな」と感じさせれば「あなたの為なら何でもします♪(☆☆)」という気持ちで従うけれど、散歩も無しにいきなりお教室の場に到着してレッスン開始!では、「こんなんやってられるかっ(="=)」という反抗的な気持ちになるらしい・・・

しかし、お教室前に楽しい気持ちにさせると言っても、わんこ友達と好き勝手に遊ばせたりすると、興奮し過ぎたり疲れたりして、それはそれで集中力が無くなる・・・ということのようです。

ほどほどが大切なのね。(・_・)

そこで、翌日の東扇島東公園のドッグランでも、遊んだ後に練習をしたら、強い風の中なのに、一通り言う事を聞くではありませんか!

やはり、じじくんとりどみぃが考えた”みんとさんのやる気の法則”は正しいようです。

みんとさんは、楽しい気分だと言うことを聞く傾向にある・・・!

これまでは、初めて行った公園で遊んだ後や、たまにしか行かない公園でしたが、この法則が正しいのなら、いつも行っている近所の公園でも、”最初に遊んで、みんとさんが楽しい気分になった後”なら、ちゃんと練習が出来るはずです。

そこで、公園に到着後、花ショウブと背比べをしたり・・・

ダンベルを投げて、「”持って来い”」をして遊んだり・・・

おともだちわんこのマーキングを心ゆくまでチェックしたり・・・と、みんとさんにとって楽しい気分になりそうなことをさせた後、練習してみました。

この日は、みんとさんのマイ・ハードルを用意して行って、ジャンプの練習でしたが、案の定、ちゃんと指示通り跳ぶではありませんか!

これで”みんとさんのやる気の法則”が正しい事が確認出来ました。となれば、試験対策としては、”みんとさんをほどほどに楽しい気分にさせる”これに尽きますな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ゴールドクラブ認定試験前

みんとさんが通っているしつけ教室の”ゴールドクラブ試験”、以前模試を受けましたが、先生にお願いして、暑くなる前に本試験を受けさせていただく事になりました。

5月9日(土)午前中に実施予定なのです。

4月中には天候不順が多かったので、JKCの試験前のように、出来るだけ練習したという実感は得られていませんでした。そのせいか、4月24日のお教室の時にはそこそこがんばっていたみんとさん、翌週の5月1日のレッスンでは、ちっとも言う事を聞こうとしませんでした。

とっても不満そうです。前週のレッスンの時は、楽しそうにしていたので、みんとさんにとってもノリが良い日と悪い日ってことなのでしょう。


4月24日のみんとさん

しかし、以前先生にもご指摘を受けた、このムラッ気・・・

困っちゃうなぁ・・・(・_・、)

りどみぃ、頭が煮えそうになりました。

あまりにもみんとさんが勝手に振舞うので、先生に練習の仕方を質問したところ、「貸してごらん」と先生がみんとさんのリードを手に取り、行進中の停座と行進の適切な練習の仕方を見せて下さいました。

先生がリードを持ち、適切なタイミングでみんとさんに声をかけたら、みんとさん、深く反省した模様・・・

先生に対してとりどみぃに対してとでは、態度が違い過ぎる!!( ̄□ ̄;)

本試験まで1週間なので、まことに暗雲垂れ込めております。

危機感を抱いたりどみぃ&じじくんは、毎日ちゃんと試験の項目の練習をすることにしました。

早速、翌日5月2日の”つばさドッグラン”の帰宅途中で、”行進中の○○”や”15m離れての遠隔による指示(おすわりやふせ等)”の練習をしたら、驚いたことに、みんとさんはどれもキチン☆とやるのです。

やるじゃん!(・・;)

じじくんとりどみぃ、顔を見合わせてしまいました。

そして、なんとなくみんとさんのやる気の法則が見えて来ました。

見出した法則が正しければ、それに則って試験に向けての練習をしたり、当日の予定を立てれば、最悪の事態は避けられるのではなかろうか・・・

じじくんとりどみぃは、うなずき合ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

並びシュナプー

お天気の良い日(5月2日)に城南島海浜公園で過ごしたら、りどみぃもじじくんもちょっと疲れてしまいました。

こういう時は、りどみぃ、思っちゃうのです。

お散歩さぼっちゃおうっかなー(ーー;)

でも、みんとさんは昼間ずっと寝ていて疲れも取れてリフレッシュ済み。可愛い顔で小首かしげて、「今日のお散歩はまだですか?」とりどみぃの顔を覗き込んだりするのです。

すると、やっぱりお散歩に行かないわけにはいかない気持ちになりますが、実際は身体はキツイ・・・そんな時の妥協案は、ドッグランというわけです。

そんなこんなで、東扇島東公園のドッグランに到着したのは夕方。ここは何度も来たことがあるので、「みんとさんもひとりで走ってくれるのではないか?」という淡い期待を抱きつつ公園の駐車場から”わんわん広場”に向かっていたら、ちょうど出入口の前の通路にいるご家族と2頭のわんことをお見かけしました。

ひと目で、2頭のわんこの内の1頭を、「みんとさんと雰囲気が似てるなぁ」と感じたのですが、それはあちら様も同様だったようで、近くまで行ってご挨拶させていただいたところ、シュナプーだということがわかりました。

お名前はらんちゃんという、女の子だそうです。

らんちゃんに会えて舞い上がり、楽しいスイッチが入ってしまった落ち着きの無いみんとさんと対照的に、らんちゃんは落ち着いていて、優しい雰囲気のシュナプーさんでした。

ここ東扇島東公園のドッグランでは、これまでにも男の子のシュナプーの○○くん(ブログに載せて良いかどうか許可を得るのを忘れたので伏せてあります)や閃くんに会えた事がありますが、女の子のシュナプーに会えたのは初めてです。

貴重な機会なので、お願いしてみんとさんと並んでのお写真を撮らせていただきました。

朗らかならんちゃんの表情に比べて、みんとさん、なんか眉間に縦じわ入ってそうな顔しておりますが、これは風が強かった為です。

らんちゃんご一家はお帰りになるところだったので、みんとさんがご一緒することは出来ませんでしたが、「また、会えたらいいねぇ。」と話しつつ、わしらはドッグランへと入場したのでした。

もっと早く家を出たら、もっと早く公園に到着出来て、らんちゃんとみんとさんとで一緒に遊べたのかな?

怠惰な気持ちに引っ張られた自分を、ちょっぴり☆反省したりどみぃでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

ドッグランはどこ?

東京都の大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森(以下大井海浜公園)にある”しおさいドッグラン”は利用に登録が必要ですが、その登録証は別の公園にある”つばさドッグラン”と共通だそうです。


しおさいドッグランを調べるみんとさん

つまり、みんとさんは、”しおさいドッグラン”の利用登録証を持っているので、”つばさドッグラン”も利用させてもらえるってわけです。しかし、これまでは1度も行った事が無く、「いつか行きたいな」程度に思っていました。

そこで、この連休中に行ってみることになったのですが、りどみぃは特に行き先を詳しく調べようとは思っていませんでした。しかし、これは間違いでした。

”つばさドッグラン”というドッグランの名前はそらんじていたせいで、勝手に”つばさ公園”にあると考えたりどみぃ、車のナビをセットする時に行き先を”京浜島つばさ公園”に設定してしまったのでございます。

そして・・・

と、みんとさんに聞かれてしまう事態に。

いやはや言い訳になりますが、京浜島というのも大井に近いと言えば言えるのです! そして名前が”つばさ”ってついていて・・・

でも、”つばさドッグラン”がある公園とは、全く別の公園だったの・・・ね。(^△^;)

”京浜島つばさ公園”は、羽田空港の近くにあって、海岸線に沿っての細長い公園でした。

飛行機の離発着を見たり、写真に収めたりするのに最適だそうで、この日もたくさんの方が眺めを楽しんでいました。

眺めは良く、人が少ない場所も多いのですが、みんとさんが遊べそうな草地は細長くて幅が狭いので、来たばかりではありましたが、本来の目的地へと移動する事にしました。


京浜島つばさ公園横歩道にて

じじくんが、携帯電話を駆使して、”つばさドッグラン”のキーワードで調べてくれたところ、実際の”つばさ~”は、”城南島海浜公園”にあることが判明。

みんとさん、今度こそドッグランで遊ぼうね!(^◇^;)

城南島も京浜島から近いので、移動には大して時間がかからず、駐車場にもすんなり入れたので、喜んでいたのですが、肝心のみんとさんがドッグランでちっとも遊びません。

ドッグラン内にはたくさんのわんこと家族が遊びに来ていたので、気後れしてしまったのかもしれませんが、ラン内の草の匂いを嗅ぎまわっているだけで、ちっとも走ったりせず、りどみぃとじじくんの足元から離れようとしないのです。

他のわんこも、ほとんどがそれぞれマイペースでそこにいる・・・という状態で、挨拶だけはお互いにしていたようですが、「一緒に遊ぼう」という雰囲気はありませんでした。

あまり木陰が無い上、みんとさんも離れないので、じじくんとりどみぃの方が「もういいや」という気分になり、ドッグランからは退場して、公園内をお散歩することにしました。

人が居なくて広い場所では、ロングロングリード&木のダンベルで「”持って来い”」遊びをして、みんとさんもごきげん。

ドッグランじゃなくても、みんとさんは幸せなのですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

肉タイプのために

例年、4月中に、フィラリアの予防薬であるカルメディック・チュアブル(肉タイプ)を始めて良いかどうか、みんとさんの感染の有無を調べるべく、血液検査をせねばならないのですが、 狂犬病の予防注射を早々に済ませてしまった事で気が楽になってしまったらしく、「いつにしようかな~」なんて考えている内に、月末(4月30日に実施)になってしまいました。

みんとさん、血液検査の為に採決した直後のお散歩。ちょっと白い止血帯が痛々しくもらぶり~♪

昨年の検査の時も同様でしたが、獣医師の先生がみんとさんの事を「この子はおとなしいから、前足から採りましょう」と仰いました。

みんとさんが”おとなしい”って・・・この時以外は聞かない評価ですなぁ(^△^;)うはははは

診察台の上での体重測定では5.5kg、その後、獣医師2名&動物看護師1名のチームで、保定と採血が手際良く行われたたのでした。

採血はじんわり☆と血を抜いて行くので、他の予防注射の時よりも時間がかかります。その間、りどみぃがみんとさんの視界内に居ると、みんとさんは助けてもらえるかと思うらしく、ちょっと動こうとしたりするようなので、りどみぃはさり気無く、みんとさんを保定している看護師さんの後に隠れていました。

すまん・・・でも、みんとさんの大好きな肉タイプのお薬を食べるためには必要なのだよ。(ーー;)

血液検査で行う検査項目は、フィラリアの感染の有無だけ調べる1番少ない項目の物から、赤血球や白血球の数他、検査項目があれこれと多く3段階のコースに分かれているので、みんとさんは1年に1回ということも考慮して、1番検査項目が多いコースをお願いしています。

検査項目が多いということは、1番少ないのに比べれば、検査に必要な血液の量も大目に必要になり、採血の時間もじんわり☆と長いというわけです。

昨年春から今年の春にかけての1年間、ドッグフードは10日に1,2回程度で、後はほとんど生肉と野菜他の”手作り食”ならぬ混ぜるだけの”手混ぜ食”を食べさせてみたので、栄養状態や内臓の機能などに不足や不全が無いかどうかが気になっていたりどみぃ、1つでも多くの検査項目について調べていただきたかったのです。

結果はゴールデンウィーク明けに来院してうかがう事になり、みんとさんとりどみぃは、この日の1大イベントを終了。

前夜の晩御飯以降は絶食だったので(血糖値などの数値を正しく知りたい場合は、朝御飯抜きで採血する必要があるので)、りどみぃはみんとさんのお弁当を持参しており、お会計を待つ間に、待合室でブランチさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »