« 記憶は薄れる | トップページ | 桜吹雪 »

2010年4月10日 (土)

和のココロ

寒い日や雨の日があるせいか、今年の桜の花は長持ちしていて、土曜日になってもまだまだきれいなので、しつけ教室に向かう時間よりずっと早く家を出て、お花見をしてから行く事にしました。

保土ヶ谷公園の梅園は、梅まつりの時に梅がきれいでしたが、桜のお花見にも人気の場所のようです。

バス停から梅園に下りられる新しい木のスロープが出来ていたので行ってみました。スロープの一番上からは、遠くランドマークタワーも見えるという眺めの良さ。下の梅園を見下ろすと、ピクニックシートを敷いてお花見をしている家族がたくさんいました。

沢山の桜の木が梅園を囲むように植えられているので、梅園からなら、どこを見ても桜が見えて、日当たりも良く、ゆったりとした空間になっていました。

その上、梅まつりの時に寄れずに残念に思っていた茶屋が、梅園の一角に出ているのを発見。

お抹茶だけ(干菓子1個付)とお抹茶+おまんじゅうのセットがあったので、わしらはセットの方を頼み、はらはらと桜吹雪の舞う中で、和のココロを満喫しました。

みんとさんは、腰掛の下からおまんじゅうの匂いを嗅ぎたそうにしたり、抹茶の香りに鼻をひくひく☆。おまんじゅうなんて食べさせたこと無いのに、美味しい物は美味しそうな匂いがするのでしょうか・・・

見慣れない大きな茶碗は、みんとさんにとってはフードボウルに見えたのか・・・? あまりに興味を持つので、お抹茶のきれいに泡立った部分を指でひとすくいして目の前に見せてやりましたが、匂いを嗅ぐだけで、舐めてみようとはしませんでした。

抹茶風味のシフォンケーキでも焼いてやれば、「この香りは美味しい物だ」と認識するかもしれません。

この日は、お勉強の前に楽しいお散歩の時間を設けた事が良かったのか、お教室の時、みんとさんは何でも良くやっていました。


”行進中の待て”の練習

先生がしみじみ、「しかし、みんとほど何でも出来るようなのに、日によって、こんなにやったりやらなかったりする犬って珍しいよね」とのたまい、りどみぃ、

みんとは珍しい犬なのか・・・(^△^;)

と、膝の力が抜けましたことよ。

みんとさん、”やる日”が少な過ぎます・・・

|

« 記憶は薄れる | トップページ | 桜吹雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/34296549

この記事へのトラックバック一覧です: 和のココロ:

« 記憶は薄れる | トップページ | 桜吹雪 »