« 夜の人形の家 | トップページ | レイトショー »

2010年4月21日 (水)

久しぶりの待つ訓練

りどみぃが調剤薬局で薬を受け取ろうとした時、ガラス越しに外につないで待たせたみんとさんは、通りかかった人に「寄ってかなーい?」とばかりに声をかけておりました。(つまり、あん☆あん☆と鳴いて呼んでいた)

ガラス越しにりどみぃが見ているのを知っていても、「えへへ」っとお愛想笑いをして見せながらも、自分のやりたい事優先で、りどみぃのハンドサインでの”ふせ”の指示に従おうとはしませんでした。

17日のしつけ教室の時も10日の時より言う事を聞かなかったし、最近、雨が多くて、ゴールデンの試験用に自主トレすることが全然出来ないせいか、トリミング直後で短い被毛になってコーミングの時間が短くて済むせいか、みんとさんに我慢強さが無くなって、身勝手な振る舞いが多くなって来たような気がします。

そこで、これは厳しい訓練が必要だろうと考えたりどみぃ、久しぶりに、きちんとした待つ訓練をすることにしました。(本当はもっとマメにやらねばならないのですが)

りどみぃが言うところの”きちんとした待つ訓練”・・・とは、”ふせ”なら”ふせ”を命じて待たせたら、その姿勢を崩してはいけないことを徹底する訓練で、「鳴かないで待てたらいいや」よりもずっと厳しいものです。

みんとさんは、りどみぃが離れると、その姿を追おうとして立ち上がってしまうし、犬好きの方が声をかけてくれると、跳びついて喜んだりしてしまいます。それを、させないように、みんとさん自身が「したいけどしない!」と我慢して、命令された姿勢のままでいるようにするわけです。

久しぶりなので、りどみぃはほとんどの間、みんとさんから姿が見える場所にいて、時々柱の陰に隠れたりして、姿が見えない時間も作ります。距離も、みんとさんから20mも30mも離れると、心配になって良く見ようとみんとさんが立ち上がる確率が高くなるので、10m程度であまり遠く離れないようにしました。

久しぶりでいきなり難しい条件じゃ、不安も大きいだろうし、それで「立つな」って言う方が無理だもんね。(・_・)

以前は、「今日は7分」とか「今日は10分」とか、待つ時間で訓練していましたが、この日はふと「延べ50人の人がみんとの前を通るまでにしよう」と思いついて、スーパーへの買い物客が出入する人数を数える事にしました。

時計は見ていなかったので、50人出入するまでの間にどれ位の時間が経ったのかは不明なのですが、この50人の内で、わざわざみんとの前に立ち止まって可愛がってくれた方々延べ3組の人を除いて、みんとが立ち上がることはありませんでした。

みんとを可愛がってくれた延べ3組の中には、スーパーに入る時も買い物を済ませて出て行く時も可愛がってくれた中高年の男性1名が含まれています。

余程の犬好きとお見受けします・・・(・_・)

りどみぃの理想は、そうして可愛がって下さる方に対してでも、姿勢は伏せのままでいて、跳びついたりしないみんとさん。

尻尾は、どれだけ振ってもいいけれど、りどみぃが「”伏せ”」と言ったのですから、言いつけは守って欲しいのよね・・・こうすることで、みんとさんの中の”我慢する心”を育てれば、今よりも落ち着いたわんこになるはずです。

怖くなった電車だって平気になれたんだもん、きっといつかは出来るようになるはず。

りどみぃは、信じてるよ、みんとさん!(^◇^;)

|

« 夜の人形の家 | トップページ | レイトショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/34345363

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの待つ訓練:

« 夜の人形の家 | トップページ | レイトショー »