« 花まつりの前 | トップページ | 記憶は薄れる »

2010年4月 8日 (木)

薬局前にて

どうも症状が例年の花粉症(スギ・ヒノキ他)っぽいので眼科に行ったら、やはりアレルギーを起こしているそうで、目薬と飲み薬の処方箋が出ました。

目が痒いと思ったよ・・・゚(=_=)

みんとさんにお留守番させて眼科医院に行っていたので、帰宅してすぐに散歩のついでに調剤薬局に行くことにしました。

みんとさんは、薬局の前で待機。薬局のガラス越しに、こちらからみんとさんが見えているのと同時に、みんとさんからもりどみぃの姿が確認出来るのですから、鳴いちゃいけません。

やはり、りどみぃの姿が見えていると安心なのか、これまでの”待つ訓練”の成果なのか、みんとさんは鳴かずに待っていました。

が・・・余裕があるという事は退屈でもあるようです。最初の内こそ、じっと薬局内のりどみぃを見つめていましたが、その内、りどみぃから目を離してきょろきょろし始めました。

その後、赤ちゃんを連れた若い女性が通りかかった時と、杖をついた年配のご婦人が通りかかった時にそれぞれ、甘えたような「あんあん♪」なんて声を出して鳴き、引きとめようとしていました。

りどみぃは、みんとさんが力いっぱい尻尾を振っているのを見つつ、薬局の内側から「ダメでしょ!」と怖い顔をしてみたら、みんとさんも勝手な振る舞いを控えて、おすわり。どなた様にも跳びつくことなく、やれやれ。

不安でりどみぃを呼ぼうと鳴くのがなおっても、違った意味であれ鳴いてしまう事にはかわりが無いので、まだまだ訓練が必要なみんとさんでございました。

|

« 花まつりの前 | トップページ | 記憶は薄れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/34289405

この記事へのトラックバック一覧です: 薬局前にて:

« 花まつりの前 | トップページ | 記憶は薄れる »