« 新しい保険証 | トップページ | 恩田川の桜 »

2010年3月31日 (水)

コミュニケートしちゃう?

ちょっと前の事ですが、アニマル・コミュニケーター(コミュニケート)に関する本を続けて読んでいました。

どれもそれなりに読むべきところはありましたが、偶然にも読んだ順番通りに興味深く感じました。1冊目がとても内容的に読み応えがあったので、2冊目、3冊目は違った切り口という事で理解して楽しめましたが、これが逆の順番だったら、後からの本を読む気になったかどうかはわからないところです。

最初の1冊は、アメリカ人の女性で、自らの幼い頃から持っていた”動物の言っている事が解る”という能力を、動物と人との橋渡しの為に使っている方が著者である本でした。

ペットのことばが聞こえますか

書名:ペットのことばが聞こえますか―動物語通訳体験記

著者:モニカ・ディードリッヒ
翻訳:青木多香子

出版社:たま出版

価格:本体1,429円+税

画像をクリックすると楽天ブックスで詳細が参照出来ます

犬や猫だけでなく、鳥や他の動物の言う事も同じように解るということで、数多い実体験のレポート集という内容だったので、とても読み応えがありました。

飼い主自身が行う為のヒーリングの方法や、コミュニケートの方法を具体的にどうすると良いのかが書かれていて、「ちょっと試してみようかな・・・」という気持ちになりました。

みんとさんには痛い場所等は無いので、ヒーリングに関しては試していませんが、じじくんが仕事で家に戻らない事を伝える時には、本に書いてあったやり方で伝えるべく努力してみたら、みんとさんにちゃんと伝わったようです。

なぜそう思うかと言うと、この本で学んだ方法で伝えていなかった時は、口で「みんとさん、今日はじじくん帰らないよ」と言っても、ずっとドアの方を見ていたりして、じじくんの帰宅を夜中を過ぎてさえ待っていましたが、今回は早い時間にイメージで伝えたら、みんとさんはじじくんの帰宅を待つことなく、さっさと寝る気になっていたからです。

今日は帰って来ないのだということを、理解したのか?マジすか?( ̄□ ̄;)

と、びっくりでした。

みんとさんは、以前から表情が豊かで、つまんなそうなのも楽しそうなのも全て伝わってはきましたが、こちらの事情や心境を伝えるという事は出来ていたわけではないので、相互理解という意味では勉強になりました。

2冊目の本は、テレビ番組にもアニマル・コミュニケーターとして登場することのあるハイジさんの著書です。

動物と話せる女性ハイジ

書名:動物と話せる女性 ハイジ

著者:ハイジ

出版社:ワニブックス

価格:1,470円

画像をクリックすると楽天ブックスで詳細が参照出来ます

これは、数々の動物とその飼い主とのエピソード集というよりは、ハイジさんという方がどんな生い立ちで、どんなお仕事を経て、現在に至るかなども紹介しているハイジさんの身の回りのことについての本です。

文字も大きくて読みやすいので、あっという間に読み終わってしまった印象です。

ハイジさんが、動物から受け取るメッセージは、具体的にどんな風に感じられるのか、見られるのか・・・等を解りやすく伝えているので、ハイジさんの受け止め方なども、自分のことのように理解出来るような気がしました。

3冊目は、日本人の男性で、イルカのヒーリング能力などに理解が深い方が著者でした。この方が、気功を使った治療もなさる動物病院の獣医師の元を訪れて目にしたレポートやエピソードは読み物として読み応えがありましたが、著者本人が動物とちゃんとコミュニケート出来ているわけではないので、どうやって話を出来るようになるかについての説明には、説得力が乏しい物足りなさを感じました。

犬と話ができる!

書名:犬と話ができる!―動物たちの心の声を聴くレッスン

著者:小原田 泰久

出版社:廣済堂出版

価格:1,575円

画像をクリックすると楽天ブックスで詳細が参照出来ます

どちらかと言うと、ペット・ロスに関しての記述など、読んで救われる方もいるだろうなと思える部分があり、そっちの方が一読するにはおススメって気がしました。

今回、アニマル・コミュニケーションについての本を読んで、とても興味深く、また勉強になりました。
日本にも同様の能力を持っている方は複数いらっしゃるようですので、いつの日か機会を作って、みんとさんの考えを通訳していただこうかとも思いますが、当分は見合わせようと思います。

だって・・・毎週しつけ教室に行く事なども、みんとさんが「お勉強でがみがみ言われるのが嫌です」なんて伝えて来たら、りどみぃの心は折れちゃいますからね。

今でさえ、お天気の良い時にお勉強を始めると、みんとさんってば、「んっふぅ~ん(--)」なんていかにも嫌そうなため息をつくんですの!そんな時、りどみぃは「ううっ・・・(ーー;)」っと指示する心が挫けそうになります。

今のところ、みんとさんが楽しいとか嬉しいとかいうのも、具体的に通訳していただかなくとも充分伝わって来るので、そこいら辺で折り合いをつけて行きたいものです。

|

« 新しい保険証 | トップページ | 恩田川の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/34138320

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケートしちゃう?:

« 新しい保険証 | トップページ | 恩田川の桜 »