« 梅観の会は雨天順延 | トップページ | 今頃クリスマス »

2010年3月 1日 (月)

危うく逆効果

今日は、りどみぃ1人で片手にみんとさんのマイ・ハードルを持ち、お散歩に行ってみました。

が・・・適当にりどみぃの穿き古しで作った横長のバッグでは、すごく持ち運びしにくい事がわかりました。改良せねばなりません。

縦長の巾着タイプにして、その紐には鉄砲ナスカンでも通しておき、一方、巾着の下部にはDカンでもつけておいて、かちゃ☆っと掛ける事で背中に斜めに背負えるようにしたらどうであろうかと考えています。

見た目は・・・背中に刀を帯びた忍者のようかもしれませんが、横長バッグで片手がふさがるよりは快適な予感がします。
今日は特に風が強かったので、横長に持ったハードルの板は風を受けて、一層扱いづらく感じられました。

家から馬肉のミンチを持って行ったので、公園内から鉄階段へ出ようと練習しましたが、みんとさん、3段下りるのは恐怖を感じなくなったのか、調子良く余裕を持って下りて、お肉をもらう態勢に入っておりました。

2段下りと3段下りを2度ずつおさらいした後、抱き上げたみんとさんを4段目におろしてやり、励ましていたら、意を決したように下ることが出来ました。

やはり、みんとさん、どうやら一晩か二晩寝ている間に成長するようです。

みんとさん、すごいわぁ(☆☆)

4段下りも2回行い、試しに一番上の段から下りてみるようにうながしましたが、これはまだ怖いようです。

しかし、「じゃ、4段もう1回やって終わろうか」と抱き上げようとすると、積極的に身を任せて来たので、「階段の練習なんて嫌だ(> <)、」という感じではないらしい・・・

最後の4段下りも上手にやってのけ、残っていたお肉をぱくぱく☆
密閉容器の底まで舐めて、満足したようでした。

公園内なら、木があるから少しは風が避けられるか?と思っていましたが、どこへ行っても下から上へ巻き上げるような風が吹き、厳しい状況でした。

少しひらけた場所にハードルを組み立てて置いてみましたが、りどみぃ、ちょっと不安でした。

風でハードルが倒れたりしたら、みんとさんが警戒心を抱くようになるだろうなぁ・・・(・◇・;)

みんとさんは、アジリティーのウィービングポールの習得をする時も、土台の金属をりどみぃが踏んだせいで、かちゃん☆と音がしただけで、その後何ヶ月もの間ずーっと警戒していたようなわんこですもの。

最初の内は、りどみぃが考えた”ハードルの向こう側へボーロを投げる”という練習を楽しそうにしていました。

ちゃんと跳んで行った時しか直接ボーロを食べるのを許さなかったので、跳ぶには跳ぶのですが、帰りは跳ばずに横を迂回して帰って来ようとするみんとさん・・・

どうもみんとさんにとっては、ハードルを跳ぶのは面倒なようです。少しでも楽してやろうという”ずるっこい心”がその不敵な微笑から解っちゃいます。

小知恵ばっかり使いおって。( ̄△ ̄;)

何度か練習している内に、やはり風が強くて、ハードルが倒れるという事が起こり、みんとさんが怪しむようになりました。

ボーロを投げてやっても、それまではハードルを跳んで取りに行っていたのに、以後はハードルの横を迂回して取りに行こうとする始末・・・

ひえええええっ!試験まで1ヶ月の今になってハードル怖くなったりしないでぇぇぇぇっ( ̄□ ̄;)

りどみぃ、早々にハードルをたたんで単なる板として平らに重ね、その上をボーロを投げる事でみんとさんを跳ばせるということを2度ばかりして、成功を印象付けて練習を終了しました。

みんとさん、風で動いたり倒れたりする可能性は無いと判断したのか、ぴょんぴょん☆ご機嫌で跳びました。

ほっ・・・大丈夫みたいね・・・練習するつもりが、危うく逆効果になるところであったのぅ。(^◇^;)

ちょっとやそっとの風じゃ倒れないように・・・ハードル自体も改良の必要があるかもしれませぬ。

|

« 梅観の会は雨天順延 | トップページ | 今頃クリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/33590569

この記事へのトラックバック一覧です: 危うく逆効果:

« 梅観の会は雨天順延 | トップページ | 今頃クリスマス »