« 鉄階段でお肉 | トップページ | 3段ならやります »

2010年2月25日 (木)

見学者は狙ってる

しばらくみんとさんと行進の練習などしていなかったので、びしっ☆っとやってみることにしたのですが、物陰からこっそりその様子を見学している猫が1匹。

見学ですか?!( ̄△ ̄;)

猫1匹でも視線を感じるとどうもやりにくくて、「どこかに行ってくれないかなぁ」と祈っていましたが、何が面白くて見ているのか、ずーっとその場を動きません。

遠隔の練習をしている時も、何をするでもなく、じーっとそのまま・・・

みんとさんも気になるのか、きちん☆とりどみぃの言うことを聞きつつも、時々猫をチェックしていました。

いくつかの課目を練習した後、引き上げようと、最後に遠隔で”まて(立ったままの状態)”から”ふせ”を命じ、みんとさんがふせた瞬間、いきなりこの猫がみんとさんに駆け寄り、ぎょっとしたみんとさんは、りどみぃの元に逃げて来ました。

と・・・みんとさんの背後に長く残ったロングリードの端っこめがけ、その猫が跳びかかるではありませんか!

あいつかーっ!!( ̄□ ̄;)

この公園の猫は繁殖しているので見た目が似ている個体がいるのですが、頭の黒さといい、このリードに対しての執着といい、先日追いかけて来た猫と同一猫物ではないかと。

どうも、この細い紐・・・リードがお気に入りらしくて、回収しようと引っ張れば引っ張るほどついて来て、自らを重しにしようとしてか、乗ったりするんですの!

挙句の果ては、口にくわえて持ち逃げしようとするじゃありませんか!

ひぃっΣ(○ω○ノ)ノ!

いやね、りどみぃは別に猫のことが嫌いなわけじゃありません。でも、みんとさんがシャッ☆っと引っかかれて怪我でもしたら嫌なので、野生の猫とは親密になりたくもありません。

だから、「くれ」と言われても、ロングリードをプレゼントしちゃうわけにはいかないのです。

りどみぃ、みんとさんと逃げることにしました。リードを少しずつ手元に回収して、3m程の距離まで猫が近付いて来た時、みんとさんに声をかけて、ダッシュで50m程走って逃げました。

今回も、猫は5m程は追って来ましたが、それ以上は諦めて、追って来ませんでした。

りどみぃが猫を見覚えているように、猫の方もみんとさんを見覚えていて、「あいつのあの紐、今日こそ持って逃げられるかな?」と狙っていたのかもしれません。

「今後は頭の黒い猫を見かけたら用心しよう」と心に決めたりどみぃでございました。

|

« 鉄階段でお肉 | トップページ | 3段ならやります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/33547615

この記事へのトラックバック一覧です: 見学者は狙ってる:

« 鉄階段でお肉 | トップページ | 3段ならやります »