« みんとさんとなまこ | トップページ | オリジナルカレンダー2010 »

2010年1月 4日 (月)

掘って!掘って!

海の公園へ行った時のこと・・・

波打ち際近くの砂浜で、誰かが穴を掘ったあとらしきくぼみがありました。

みんとさん、そのくぼみの底に興味があったのか、より深く前足で掘り掘り☆し、おもむろに鼻をずぼっ☆っと入れたりしておりました。

りどみぃ、ふと思いついて、みんとさんが前足で砂を掘るのに合わせ、「掘って掘って掘って!」と声をかけてみました。

作業中に声をかけられたみんとさんは、顔を上げてりどみぃを見て、「ん?」っと物問いたげでしたが、次の瞬間にはまた掘る作業に戻りました。

そこで、りどみぃがまた声をかけます。

掘って!掘って!掘って!(*^▽^*)

みんとさん、怪訝な顔でりどみぃを見るので、前足の辺りを指差して、「掘って」と言ってみました。

みんとさんが、りどみぃに「何を言ってるの?」と理解に苦しむという顔をしますので、クリッカーを手に持ち、「やって欲しいことがあるんだわよ」という意思を伝えます。

みんとさんは、クリッカーを見ると、「何をすれば鳴るのかな(ごほうびがもらえるのか)」を考え始めるので、最初は砂浜で”ふせ”をしてみたり、りどみぃが指差す先の匂いを嗅いでみたりしておりました。

何をしても「残念~(^^;)」と言われてしまい、正解出来ない(クリッカーが鳴らない)ので、みんとさんも焦れて「きゅ~ぅん」と意気消沈モードになりかけてしまいました。

これでは楽しい海のお散歩が台無しになってしまいます。

りどみぃ、自分でお手本を見せてみることにしました。
みんとさんに「見ててね」と声をかけてから、左手で砂浜の砂を手前に掘り掘りしながら、右手でクリッカーを鳴らし、「イエェェ~イ!\(^^@)/」とか大げさに喜んでみたりしたわけです。

では、次はみんとさん、どうぞ。(^_^)

とうながすと、みんとさんは砂浜の砂の上に前足をぺん☆ぺん☆っと、上下の動きをして見せました。

おしい!( ̄◇ ̄;)

「こうなのよ」と左手で砂を向こうから手前へと前後の動きを見せると、最初はそのお手本の手の上に自分の前足をのせてくれたりして(”お手”の手の甲版らしい)いましたが、みんとさんが「こう・・・?」と前足を手前に引いた時にクリッカーをクリック☆

みんとさん、「えっ?!これなの?」と目が点になったような顔でりどみぃを見ました。みんとさんが求められている動きを理解した瞬間です。

その内、「掘って」と言って砂浜を指差し(最初の内はくぼみのある場所で)、みんとさんが掘っている間は「掘って掘って掘って!いい子~!」と声をかけ続け、連続して掘り続けることなのだと理解してもらいました。

理解してから最初の内は、掘ってくれたらごほうびを次々食べさせて「これがやって欲しいのか」と理解させ、次の段階では、1、2回掘ってすぐにやめてからごほうびを貰いに来た時は少しだけ、3、4回続けて掘ってから貰いに来た時はいっぱい・・・とごほうびの量に差をつけて、「いっぱい掘るといっぱい貰えるんだな」とみんとさん自身に気がつかせるようにしました。

”掘る”ということを教え始めて、時々砂浜を散歩して場所を移しながら20分も経った頃でしょうか・・・それまでは、あらかじめ何かの理由でくぼんでいる場所を、みんとさんが掘ることでより深く穴にするという、言わば”掘り足し”の作業でしたが、「何のきっかけも無い平らな場所を掘る」様に教えたくて、砂に乱れが無い場所を指差し、「掘って」と言ってみました。

「えっ掘れってどこを?」と砂に視線を落として一瞬戸惑いを見せましたが、とりあえずその場を掘ってみることにしたらしく、ちゃんと何も無い砂浜を掘ってくれました。

ほんの少し教えただけなので、他の場所でも掘ってくれるほどには定着していないように思われます。もっと海の近くに住んでいたのなら、何度も行く度に教えて、いつでもどこでも掘ってくれるようになるのにねぇ。

声をかけると、みんとさんが穴を掘ってくれる・・・これはなかなか楽しいのでした。

・・・だからと言って、何の役に立つわけでもないけれど。(・_・)

|

« みんとさんとなまこ | トップページ | オリジナルカレンダー2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/32891341

この記事へのトラックバック一覧です: 掘って!掘って!:

« みんとさんとなまこ | トップページ | オリジナルカレンダー2010 »