« 元旦いきなりお留守番 | トップページ | みんとさんとなまこ »

2010年1月 2日 (土)

駅伝はみんな速い

2日の朝は、りどみぃとみんとさんとで、箱根駅伝の応援に行きました。

ちなみに、じじくんは完璧に寝ていて、りどみぃ達が家を出たのも、戻ったのも知らないそうです。

最初、朝になって、みんとさんをベッドサイドのメッシュクレートから出してやり、お布団のぬくぬく☆を共に楽しんでいたわしらですが、かなりはっきりと目が覚めたので、起きてスタート直後からテレビ観戦することにしました。

みんとさんは、ぬくぬく☆のお布団から出たくないようでしたが、置いて行くと寝ているじじくんの顔をいきなり舐めたりして、じじくんがぎょっとして心臓が停まりそうになるし、かといってメッシュクレートに戻すとりどみぃが部屋から出て行ったのを悟って鳴くので、これもダメ。

みんとさん、リビングのストーブ前で寝たまえよ。(・_・)

前々から応援に行こうと決めていたわけではないのですが、スタートから中継をテレビで見ていて応援気分も盛り上がり、「今日は暖かいし、行ってみようか」と急遽決定。当人としては急いで着替えたつもりでしたが、今年の選手達は快調に飛ばしていたようで、沿道への到着が選手通過直前になってしまいました。

選手が走るコースの国道1号線に向かって応援に行く人々の波の中にまぎれて進み、沿道に到着。応援用の小旗を貰って、人の少ない場所を見つけて陣取ったら、もう付近から「来るぞ」とワンセグなどで情報を取っている方々からの声が上がり、大会運営の先導の車が見えて来たというタイミングでした。

今年いただいた小旗は、布で出来ていました。(例年は紙のをいただいていた)持ち手は硬い紙で出来ていました。(ラップの心に使われているような硬いボール紙で、鉛筆くらいの太さ)

エコってこと?(・_・)

みんとさん、やはり飼い主と一緒に応援に来ていた柴犬さんの元へ行こうとリードを引っ張ったり、子供を肩車しているお父さんらしき方の足元の匂いを嗅ごうとしたりするので、りどみぃは応援に専念出来ないのを恐れ、みんとさんを抱きかかえて小旗を振りました。

駅伝の選手は、日頃見かけるジョギングの方々とはスピードが違い、姿が見えたかと思うと目の前を通り過ぎ、すぐに背中も見えなくなってしまうのですが、この日は沿道の方のスピードも相当なものでした。

最終ランナーの選手が通り過ぎ、大会の運営側の車が「選手はすべて通過しました」とアナウンスしながら走行すると、沿道に隙間無く並んでいた人が一斉にくるっ☆っと方向転換をして、三々五々急ぎ家路を辿るのです。

これは、すぐに家に帰ってテレビでその後の中継を見ようという理由からではないかと思われますが、あまりの人波の引きの良さに目が点になりました。

そらもーりどみぃが「駅伝の応援に行きました」という説明用の写真を撮る暇も無いほどの素早さなのです。

来年も沿道で応援できるかどうかはわかりませんが、行くとしたらもっと早く準備して家を出て、選手通過前に撮影しておかねば・・・と思ったことでした。

|

« 元旦いきなりお留守番 | トップページ | みんとさんとなまこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/32880326

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝はみんな速い:

« 元旦いきなりお留守番 | トップページ | みんとさんとなまこ »